1. ホーム
  2. パソコン・周辺機器
  3. PCソフト
  4. 音楽制作
  5. PreSonus Studio One 5 Professional日本語版【DTM】【DAW】【作曲ソフト】【プリソーナス】
期間限定 大人気定番商品 PreSonus Studio One 5 Professional日本語版 DTM DAW 作曲ソフト プリソーナス okumuracpa.com okumuracpa.com

PreSonus Studio One 5 Professional日本語版【DTM】【DAW】【作曲ソフト】【プリソーナス】

12840円

PreSonus Studio One 5 Professional日本語版【DTM】【DAW】【作曲ソフト】【プリソーナス】



※パッケージはイメージです。

製品概要

PreSonus Studio One 5 Professional日本語版【DTM】【DAW】【作曲ソフト】【プリソーナス】

防犯 ご自宅のセキュリティー・照明灯具に! LED ソーラーライト 屋外 自動点灯 防犯ライト ソーラー充電 LEDライト 防水 スポットライト ガーデンライト 角度調整 玄関灯 外灯 照明 送料無料 ###ソーラーライト4D-WH###茶碗入れ 桐箱【ヒモ付】卵焼き 卵焼き器 フライパン 小泉誠 あんばい ambai アンバイ コンパクト 鉄 ファイバーライン こびり付きにくい 焦げ付きにくい IH対応 玉子焼きフライパン フライパン 玉子焼 ih 卵焼き ambai アンバイ 玉子焼き 角 IH対応 卵 鉄 日本製 国産 キッチン雑貨 便利 料理 調理 卵焼き器 玉子焼き器 玉子焼き機 エッグパン 小泉誠 おしゃれ おすすめ プレゼント ギフト FSK-001 【送料無料】今治タオル使用 ラルフローレンソックス 男の子ギフトセット 送料無料 ◆5/9 10:00~ 150時間限定!P最大42倍!お買い物マラソン◆ おむつケーキ おむつケーキ男の子 出産祝い 名入れ ラルフローレン べビーソックス オーガニックソックス 襟付きスタイ 蝶ネクタイ フォトフレーム ひげ付きおしゃぶり 今治タオル フォーマル ベビーシャワー自分だけのオリジナルマーカー!(おもしろ ゴルフマーカー ゴルフ コンペ 景品)【メール便対応】ボールマーカー ゴルフマーカー 写真 名入れ オリジナル カジノチップマーカー作成 最強の自由度!画像さえあればOK♪[ボールマーカー コンペ 賞品 名入れ ギフト グッズ ](画像 写真 イラスト)【HTCOM】晴雨兼用で使える、生活防水設計のショートブーツの登場です。シンプルかつ女性らしさを感じさせる美シルエットなデザイン。雨の日だけでなく、デイリーユースにぴったり◎ 【送料無料】削れにくいヒールを使用した晴雨兼用ブーツ クッションや素材なども履きやすさをこだわったレインブーツ 一部5月下旬入荷予定横浜大飯店人気のおかずセット!! 横浜大飯店 おかずセットA 送料無料 点心セット 餃子 焼小籠包 焼売 母の日 福袋 ギフト お中元 お歳暮 贈り物 中華街 総菜 中華 お土産 グルメ お取り寄せ 横浜中華街 贈り物 食べ物 高級 点心 飲茶自分の時間を取り戻そう ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方/ちきりん【1000円以上送料無料】オススメ!持ち運びに便利な水パイプです。 喫煙具 パイプ 水パイプ ボング フェイクパイプ タバコ 煙草 たばこ 刻みタバコ 葉タバコ ハーブ シャグ鏡面仕上げのつや感 【送料無料】こたつテーブル モノトーン スタイリッシュモダンデザイン 「 UNO FK (ウノ エフケー)」テーブル単品 80x120cm 長方形 *布団は別売 オールシーズン 鏡面仕上げ シンプル コタツ おしゃれ【2022年春夏新作】【送料無料】履き心地と歩きやすさが向上、機能性に優れた防水スニーカー 【5月中エントリーでP10倍】コロンビア ホーソンレイン ロウ スリー ウォータープルーフ HAWTHORNE RAIN LO III WATERPROOF YU5529 メンズ レディース ユニセックス 防水 スニーカー 雨の日 ブラック ホワイト ネイビー レッド マンゴー Columbia打ち水効果の特殊素材でより涼しく快適に! (メール便) ヤケーヌ 爽COOL ベージュ 517 日焼け防止 UVカットマスク穴がやや大きめになっており、お寺のローソク立てにぴったりのサイズになっています。長さ・太さもお参りにちょうど良いサイズです。 巡拝ローソク 定型外郵便発送可!定形外郵便 350円/1点(補償なし:複数個ご購入の場合は重量に応じた送料となります) 四国八十八ヶ所参りには3箱必要です。4点迄 レターパックライト370円高耐久25年 高効率 低照度でも使える 単結晶 ソーラーパネル 110W 19.6V ソーラー 蓄電池 の専門店 SEKIYA サポート完全無料大切な思い出をおしゃれに飾る。プレゼントにも♪送料無料 ★無料ラッピング★ランキング1位再入荷★フォトフレーム 写真立て おしゃれ フォトスタンド アンティーク インテリア シンプル はがきサイズ ポストカード フォトディスプレイ アートフレーム ガラス 北欧 韓国 記念日 誕生日 ギフト 人気 ゴールド インテリア雑貨 ロジ#ラグマット #おしゃれ #可愛い #かわいい #円形 #パイル #厚手 #床暖房 #ホットカーペット #厚手 #ふわふわ #ふかふか #リビング マルーナ ラウンド ラグ (ライトグレー)【幅150cm×奥行150cm】Francfranc フランフラン三重県産伊勢海老、牡蠣、伊勢志摩産さざえ、北海道産ほたて、ホンビノス貝の海鮮カンカン焼きセットです。身入りの良い旬の時期に凍結しました。火にかけるだけの簡単調理。 美し国豪華海鮮海宝焼 伊勢海老半割小サイズ2個 ほたて片貝10個 ホンビノス貝2個 牡蠣4個 さざえ2個 送料無料 (牡蠣ナイフ、片手用軍手付)冷凍海鮮セット カンカン焼き ミニ缶入 海鮮バーベキューセット 父の日 ギフトダクトレール取付の1灯スポットライト 【TROY/トロイ】 1灯 ダクトレール用スポットライト ウッド おしゃれ レトロ LED電球 使用可イグニッションコイル 3本組 90048-52126 純正同等品 【ダイハツ MAX L950S L960S】

オウギカズラ 送電北松山線51番~48番送電鉄塔(愛媛県) 2020年5月11日(月)(ろぷろす暦2020年5月20日(月))

2020年5月11日(月)に、送電北松山線51番~48番送電鉄塔(愛媛県東温市松瀬川)に行ってきました。

その結果、わたしにとってかなりショッキングな事が判明しました。
なんとこの日に見た48番~52番送電鉄塔には巡視路道標および送電線がありませんでした。
送電北松山線の廃線を現実的なものとして実感してしまいました。
この分なら早くて今年中に遅くても1年後くらいには北松山線は消滅してしまいそうです。
消滅前に一つでも多くの巡視路および送電鉄塔を巡れたらと思います。

なお、今回の送電鉄塔巡りのルートは、ほぼお山へ行こう!さんの「稔山へ行こう!(https://oyamaeiko1.web.fc2.com/minori/index.html)」に依拠しています。
北松山線の巡視路道標および送電線がない状態では、このレポートがなければ巡ることは出来なかったかも知れません。
立派なレポートありがとうございます。


☆山野草

オウギカズラが2株だけありました。
とはいってもこの時はオウギカズラという意識はなく撮ったので、探せばもっとあるかもしれません。
オウギカズラは初めて見ました。
が、残念ながらまだ蕾だし1株は蕾すらありません。
そんなことで写真は2枚ほどしか撮っていません(苦笑)

タニギキョウが咲いていました。
白い小さな花が愛らしいです。
タニギキョウは高縄山地ではそれなりに見れると思います。

ジロボウエンゴサクが咲いていました。
こちらはピンクで愛らしいといえます。
ここにはそれなりにあったといえます。
写真を見ていて気がついたのだが、実もありました。
この花からこんな長い実ができるということです。
花を咲かせるにもエネルギーを使うが実を熟させる方がもっとエネルギーを使うといえそうです。
人間の子でも出産してから一人前の大人にするのには膨大なエネルギーを使うように・・・

マルバコンロンソウが咲いていました。
ここのマルバコンロンソウは茎葉の数が少ないです。
中には単葉のものすらあります。

ジャニンジンが咲いていました。
現地では意識がなく写真を見てジャニンジンではないかと気がつきました。
ジャニンジンを意識して見たのは初めてだと思うが、今回のようにどこかで見ていても気づかなかったということは大いにありうります(笑)

ホウチャクソウが咲いていました。
それなりに好きな草です。

マムシグサとアオテンナンショウが咲いていました。
マムシグサは終盤でアオテンナンショウはこれからという感じでした。

低地ではノアザミやオニタビラコやニワゼキショウが咲いていました。
ノアザミやニワゼキショウは小さい頃から親しみのある植物なのでとても懐かしさを感じます。

シラユキゲシが咲いていました。
この草は2019年3月20日(http://seink5.blog33.fc2.com/blog-entry-5153.html)にある場所で群生していたのだが、花もなく何の草か分かりませんでした。
その後2019年中にそこを通った時も花がなく分からなかったのだが、今回白い花がまだ咲き残っていてシラユキゲシと分かりました。
原産地は中国とのことなので園芸種として入ってきたものが逃げ出しここで繁殖しているのでしょうか。

蕾としてはナルコユリやトチバニンジンやマルミノヤマゴボウがありました。
マルミノヤマゴボウは高縄山地や中山川流域では点在であるがそれなりに見ます。
ナルコユリやトチバニンジンよりよく見ます。
なお、蕾の状態でもマルミノヤマゴボウと分かるのはここにあるのを知っているからです。
それにしてもマルミノヤマゴボウの新葉新茎は美味しそうです。が、有毒です。
ヨウシュヤマゴウボウやハシリドコロも新葉新茎は美味しそうです。でも有毒です。
美味しそうだからといって間違って食べないように。

シコクブシの若茎がありました。
高縄山地でシコクブシを見るのは初めてです。愛媛(四国)でシコクブシを見たのは堂ヶ森でです。
ここでシコクブシと書いているが、わたしにはいまのところトリカブト類の同定は出来ません。
わたしにとっては、トリカブトはすべてヤマトリカブトです(笑)
だから、堂ヶ森で見た時もヤマトリカブトと思っていました。
が、皿ヶ嶺の植物図鑑さんのHPで四国にあるトリカブト類はヤマトリカブトではなくシコクブシというのを知ってそれに追従しているということです。
ヤマトリカブトとシコクブシを並べられてどちらがどちらだと言われても今のわたしにはよく分かりません。
まぁ、それはトネアザミとヨシノアザミについてもいえると思います。
愛媛(四国)にあるのはヨシノアザミということなのでそれに追従しているということです。

イワボタンの実がありました。
実の裂開の仕方からヤマネコノメソウでないのは分かるのだが、ここらへんにはシロバナネコノメソウやコガネネコノメソウがあるので花がないとなかなか分からないのだが、葉のつき方からここではイワボタンとしました。
ともかく、ヤマネコノメソウ以外の実を見れてよかったです。

木本の花がそれなりに咲いていました。
この時期からは草本の花より木本の花が咲き誇ります。

ツルウメモドキの花を初めて見ました。
とはいっても、この時は何の花か分からなかったのだが、2021年1月5日(火)にこの場所を通った時にツルウメモドキの実があったので、そこで初めてこの花がツルウメモドキの花だと分かったのです。
これでこれからツルウメモドキの花を見ても同定できそうです。

ヤブウツギの花が咲いていました。
赤い花なのでそれなりに見栄えがあります。
中山川流域でヤブウツギの花をちゃんと見るのは初めてです。
時期はずれの秋に横峰寺湯浪登山口の近くで見ているのだが、その時は何の花か分かりませんでした。

サンショウの花が咲いていました。
ただ、この木にはほとんど棘(とげ)が見当たらなかったので、アサクラザンショウという棘のない種かもしれません。

コウゾの花が咲いていました。
コウゾの花(特に雌花)はなんど見ても奇妙です。どんな進化をしたらこんな花を咲かすのでしょうか。

ガマズミの花が咲いていました。
ガマズミ類は同定が難しいです。
別の場所には蕾があったのだが、こちらはミヤマガマズミとしました。
一応、ガマズミとミヤマガマズミと分けたのは、葉の先端の形が相対的にガマズミは尖りが少なくミヤマガマズミは尖っているということです。

スダジイの花が咲いていました。
ただ、このスダジイの木は高いとこにあったので全体でしか撮ることが出来なく、樹冠がドーム上に丸くなるということから同定しました。

この時期の主役はヤマフジです。
もう終盤だが、それでも目だっていまいした。

ノイバラが咲いていました。
ノイバラはどこにでもあります。花や実はそれなりに見栄えがするが、何せ棘があるので藪になるとやっかいものです。

蕾で開花を待っているものもありました。
カマツカやテイカカズラやネズミモチです。
テイカカズラは撮った時は分からなかったのだが、花柄が長いことからテイカカズラの蕾としました。

芽を出したものとしてはアカメガシワがあります。
アカメガシワはその名の通り、新芽新葉が赤いので目立ち同定も容易です。

さてさてこの時期だから、色んな昆虫が蜜や花粉を求めて花にやってきていました。

ノアザミには、ミヤマカラスアゲハやセスジハリバエやナミハナアブがいました。
ノアザミにきていたミヤマカラスアゲハは前翅の下部が破れていたが飛行に特に支障はないようでした。
多分、風で飛ばされた時に木の枝などに当たって破けたのではないかと思います。
何かに襲われて破けたとは思われません。
また、ミヤマカラスアゲハは別の場所では水溜りのとこで吸水をしていました。

カタバミの花にはコアシナガバチがサンショウの花にはムホンホソアシナガバチがいました。

ホソアシナガバチには、ムモンホソアシナガバチとヒメホソアシナガバチがいるとのことで、その違いはヒメアシナガバチは「顔面(頭楯)には黒条」があるとのことなのだが、撮った写真では確認できなくまたヒメアシナガバチの方が希少種とのことなので、ここではムモンアシナガバチとします。(*1)

(*1)
ヒメホソアシナガバチ;https://www.insects.jp/kon-hatihimehosoasi.htm(昆虫エクスプローラから)
ムモンホソアシナガバチ、ヒメホソアシナガバチ;http://takibi-club.a.la9.jp/hachi/hoso.html(ついでの鳥見人のField noteから)
アシナガバチ11種類を写真つきで解説!駆除前に知って正しい対処を|生活110番;https://www.seikatsu110.jp/library/vermin/vr_bee/149332/(【生活110番】から)

それにしても、アシナガバチ属って11種類もいるとは驚きです。
子供の頃、アシナガバチの巣を取って中の幼虫をフライパンで塩を振り油炒めして食べていたのだが、一体どのアシナガバチの巣だったのだろう。
ちなみにとても美味しいです。また、食べたいと思うがいかんせん最近ではアシナガバチの巣を見たことないです。

というようなことを書いてからしげしげと写真を見ていたら、どうも翅と目がアシナガバチ類と違うようなので改めて昆虫エクスプローラさんのハナバチ図鑑(https://www.insects.jp/konbunmakuhati3.htm)およびハナアブ図鑑(https://www.insects.jp/konbunsou2.htm)を見てみると、コアシナガバチと思っていたものはダイミョウキマダラハナバチでムモンホソアシナガバチと思っていたものはヒメハチモドキハナアブのようなので、詳細に調べて、各々ダイミョウキマダラハナバチとヒメハチモドキハナアブとしました。
正に、その擬態にわたしは騙されてしまったということです。
ほんと、昆虫は色んなのがいるってことです。

ツルウメモドキの花には、コアオハナムグリがいました。
集散花序の花の上を這い回るのでけっこう体に花粉がついていました。

その他の昆虫では、オオマルハナバチとハンミョウとヒメアメンボとウスシロエダシャクを見ました。
オオマルハナバチは花のない植林のとこにいたのでおそらく巣に戻っていたが巣作りをしていたのでしょう。
ハンミョウは色鮮やかで綺麗です。
十数年ぶりくらいに見ました。
ハンミョウは「ミチシルベ」といわれる様に人の先先に飛んで逃げるが、このハンミョウはそういうことはなかったのでじっくり撮影できました。
それで、分かったのだがハンミョウは大顎を持ちけっこう強面です。
2cmくらいの小ささだからいいけどこれが10cmくらいだったらちょっと怖いかも(笑)
まぁ、10cmもあったらその美しさに売買の対象になり取り尽くされて絶滅しているかも知れません。
資本主義社会では金になるものはすべて金にするというのが正義だから・・・うふっ
ヒメアメンボは、夕方頃に水溜りのとこでたくさん飛翔していました。
アメンボ類が飛翔しているのを初めて見ました。


☆山道など

丹原町某所から林道松瀬川本谷線起点までスクーターで行きました。

某所から市道を通って湯谷口温泉バス停のとこから県道327号線(湯谷口川内線)に入り、丹原側の終点から市道鍋谷線・市道鍋谷高月線・林道相之谷高月線・市道相之谷線を通って臼坂相之谷橋まで来ます。
臼坂相之谷橋を渡ると、東温市となり市道相ノ谷線を通り市道添谷相ノ谷線で梅ヶ峠を越え川内側の県道327号線と合流します。
しかし、ここでハプニングです。
合流点で右の稔山登山口側が通行止めになっているのです。
誘導員の方に聞くと、この先の新畑橋にて強化工事をしているとのことです。
工事期間を聞くと、6月くらいまでかかるとのことです。
ここが通れないと登山口まで行けません。
で、諦めて工事の看板の写真を撮っていたら迂回路という文字が目に入りました。
そこで誘導員の方に聞くと、左の国道11号線の方に行くと誘導員が立っておりそこから迂回できるとのことです。
思えば誘導員の方はわたしに迂回路のことを初めに言ったのですが、わたしが聞き漏らしていたのです。
 県道327号線合流点での通行止めの看板
 1枚目の写真は、県道327号線側から撮っており右が来た市道で左が通行止めの稔山登山口方面への県道327号線。
  
 
ということで、国道11号線の方に県道327号線を行くと、右側に誘導員のいる道がありました。
ひょうなことで山側の音田集落の主道路となっている市道を行くことになりました。
この市道は五柱神社の少し手前で県道327号線に合流したので、県道327号線に入り林道松瀬川本谷線起点へと行きました。
この迂回道までの県道327号線および迂回道では左右に送電鉄塔が多数見られました。
 迂回道合流点
 1枚目の写真で、前方中央やや右の誘導員のいるとこが迂回道の合流点。
 2枚目の写真で、右が県道327号線で左が迂回路の市道。
   
 迂回道合流点付近の県道327号線から見た送電鉄塔群
 1枚目の写真は前方(南)で2枚目の写真は右(西)で3枚目の写真は後方(北)で4枚目の写真は左(東)。
   
 
 迂回道など
 2・3枚目の写真は、右(東)側に見える送電鉄塔。
 7枚目の写真は、途中で見た本谷川の砂防設備災害復旧工事で振り返って見ている。
 10枚目の写真は、来た道を振り返って見ている。
 11・12枚目の写真は、右(東)側に見える県道327号線に架かっている新畑橋の工事現場。
 13枚目の写真で右に曲がって行くと県道327号線へ合流する。
   
   
   
   
 
 県道327号線との合流点
 1枚目の写真の前方が県道327号線で左が稔山登山口方面で右が国道11号線方面。
 2枚目の写真は、その稔山登山口方面で3枚目の写真はその国道11号線方面。
 4枚目の写真は、来た道を振り返って見ている。
 5枚目の写真は、合流点付近から来た側(南)を見たもので送電鉄塔が見える。
 6枚目の写真は、可愛らしい道標。
   
   
 五柱神社など
 1枚目の写真は、左側にある五柱神社の鳥居。
 2・3枚目の写真は、右側にある百十(ももと)桜。
 4枚目の写真は、稔山登山口方面への道で、5枚目の写真は遠方に見える送電松山東線の43番と思われる送電鉄塔。
 6枚目の写真は、国道11号線方面への道を振り返って見ている。
   
   
 林道松瀬川本谷線起点
 3枚目の写真は、林道松瀬川本谷線起点の指標が消えてしまっているがここはお山へ行こう!さんからの準拠による。
 4枚目の写真は、来た道を振り返って撮っている。
   
 
 
林道臼坂黒谷線の臼坂工区ではいまも林道工事をしていました。
この林道臼坂黒谷線の起点のとこから送電松山東線の42番送電鉄塔と北松山線の52番送電鉄塔が見えるのだが、52番送電鉄塔には撤去準備の為か送電線が無いように見えます。
 林道臼坂黒谷線の工事看板と送電鉄塔
 3枚目の写真の左上に2基の送電鉄塔が見える。
 4枚目の写真で左が松山東線の42番で右が北松山線の52番の送電鉄塔。52番送電鉄塔には送電線が無いように見える。
   
 
林道相之谷高月線の崩落箇所は道路も舗装されており修復工事は完了していました。ここは去年(2019年)の8月に通った時に道路も舗装され修復工事は完了していました。
 林道相之谷高月線の崩落箇所の修復完了
   

添谷集落の最初の民家あたりで、イタチが道を横切りました。
このイタチかどうかはわからないが、戻りでも同じところあたりでイタチを見ました。
川内側の県道327号線に沿った本谷川にはアオサギがいました。

今回は某所から林道松瀬川本谷線起点までノンストップで行く予定だったが、ところどころで寄り道してしまい2倍くらいの時間がかかってしまいました。
丹原側の県道327号線から林道松瀬川本谷線起点までは歩いてもけっこう見応えのあるとこだから、どうしても一度止まってしまうとなんやかやと写真を撮ってしまい時間を食ってしまいます。
悩ましいとこです。

林道松瀬川本谷線起点は広場になっており、ここのベンチで菓子パン(つぶあん)を1個食べました。
林道松瀬川本谷線を行く前に右側の川沿いを少し行くと砂防堰堤がありました。
戻って林道松瀬川本谷線をほどなく行くと三叉路となります。右が林道松瀬川本谷線で左も林道のようだが鎖で通行止めとなっています。
右に曲がると左が山側で右が谷側(本谷川)となります。
ほどなく行くと右に本谷川第3号堰堤(砂防ダム)があり、そこから更にほどなく行くと左に伊予銀行エバーグリーンの森の看板があり、その先の本谷川に架かっている橋を渡って左に曲がると三叉路となり左側に林道松瀬川本谷線の終点の指標があります。
橋を渡ったので本谷川は左手になります。
三叉路の左(直進)が稔山登山口で左は林道です。
稔山登山口には特に指標などはありません。知っている人ぞ知っている登山口です。
登山口のとこは送電鉄塔の工事があったので少し広くなっています。
途中で、法面を這っているトカゲ(ニホントカゲ)を1匹見ました。
 林道松瀬川本谷線起点から林道松瀬川本谷線終点(稔山登山口)までの道など
 2枚目の写真は右側で、3枚目の写真はその先にあった砂防堰堤。
 5枚目の写真は、三叉路で左の道には鎖のゲートがある。
 9~11枚目の写真は、本谷川第3号堰堤(砂防ダム)。
 14枚目の写真は、伊予銀行エバーグリーンの森の指標。
 15枚目の写真は本谷川に架かっている橋で、16枚目の写真はその左側に見える山側への道らしきもので、17枚目の写真は近くにあった地籍図根三角点。
 18枚目の写真は、三叉路で左側に林道松瀬川本谷線終点の指標があり左(直進)が稔山登山口で右は林道。
   
   
   
   
   
   
 林道松瀬川本谷線終点の指標
  
 稔山登山口
 2枚目の写真は振り返って見ており、右が来た道で左が林道で正面は少し広くなっているだけで駐車場か?
  
 ニホントカゲ
  

稔山登山口の近くで、ウバユリの写真を撮っていたら左側から「ちきちきちきちき」という音が聞こえてきました。
何の音だろうと思って左側を見たら蛇がいたので思わず危険だと後ずさりしたらちょっと斜面で砂のあるとこだったので尻餅をついてしまいました。
起き上がってよく見たら「ちきちきちきちき」という音は尻尾を振って出していました。
この時点で尻尾を振って威嚇の音を出すので、カラガラヘビかなと思いました。
いずれにしても毒々しい柄をしているので毒蛇だと思いました。
ただ、この蛇は胴体の太い50cm前後の蛇でありこちらに向かってくることもないので用心しながら写真を撮りました。
その間、蛇は何度も威嚇の為に尻尾を振り音を出していました。

この時はガラガラヘビと思っており、帰ってからガラガラヘビ(ガラガラヘビ属;https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%83%A9%E3%82%AC%E3%83%A9%E3%83%98%E3%83%93%E5%B1%9E(ウィキペディアから))で調べると柄が似ておりすっかりガラガラヘビと思い、日本でもガラガラヘビがいるのはペットのが逃げ出したのか捨てられたのかと思ってしまいました。
それでも念のためにマムシの尻尾の音で検索すると、YouTubeに「怒るマムシ、威嚇音付 マムシ・アタック! (https://www.youtube.com/watch?v=tR1UlT9ehZo)」というのがあり、このマムシがわたしの見たのと姿かたちと音が似ていたので、ガラガラヘビではなくマムシ(ニホンマムシ)だと納得同定しました。
ということで、今回で初めてマムシをしっかりじっくりと見れまたマムシは威嚇の為に尻尾を振って音を出すというのを知りました。

それにしても、このマムシが威嚇の為に音を出してくれて良かったです。
わたしは写真を撮るために前かがみになっていたのでマムシとの距離は50cmくらいであり、マムシが威嚇音を出さなければ接触する可能性もあったでしょう。だからこそマムシは威嚇音を出したのでしょうから。
そうなればお互いに不幸だったでしょう。
わたしは咬まれて毒にやられるでしょうし、マムシはマムシでその一生を終えたでしょう。
わたしはこのマムシがわたしを威嚇してくれたことに感謝しました。

このマムシはここでほとんど動かずに威嚇音だけを出していました。
マムシは毒を持っているという優位性故に逃げ足が遅く、敵に背を向けたらやれると思いじっと相手の出方を見ていたのでしょうか。
それともこのマムシは専守防衛型のマムシだったのでしょうか。
人や熊でもそうだけれどマムシもそれぞれです。攻撃的なのもいれば臆病なのもいるし相手が攻撃すれば反撃するというのもいるということです。
このマムシはわたしが攻撃しないかぎり反撃しないという感じでした。
もちろん、わたしは攻撃(捕捉)したりしないです。
マムシ酒を作る趣味はないです(笑)

もしかしたら、日向ぼっこか食事の後の休憩で気持ちよくてあまり動きたくなかったのかも知れません。
それで、威嚇音を出して邪魔をするな!と言っていたのかも知れません。
まぁ、そんなことでかなりじっくりと写真が撮れてわたしとしてはラッキーでした。
おかげで、マムシの目はネコの目のように細く縦型というのも確認できました。
 マムシ(ニホンマムシ)
 3枚目の写真に見られるようにマムシの瞳孔は細く縦長。
 8枚目の写真の真ん中にある上が白くなっている大石の手前の草のとこにいた。
   
  低価格なのに安心の子ども用歯ブラシ FEED(フィード)ハブラシ/歯ブラシ/子ども用 歯科専売品【カラー指定不可】 【送料無料】歯科専売品 子ども用 (6~12歳) 歯ブラシ 20本【日本製】シュシュ ジュニア【子供用】 
   
 

ということで、ここにはマムシがいるのでここから登る方は気を付けて下さい。
特に沢沿いの岩陰や藪は要注意だと思います。
マムシに咬まれた人の体験談がYouTubeにありました。
【実録】マムシに咬まれて死にかけた話。。。と、マムシ対策! - YouTube;https://www.youtube.com/watch?v=FmkM0a3hE38
あと、ジャパンスネークセンターの解説もあります。
【知って欲しい!】身近に潜むマムシの危険 - YouTube;https://www.youtube.com/watch?v=oZpomTVu8NY

また、マムシに咬まれた時の対処としては、
マムシ咬傷 - 救命救急センター 東京医科大学八王子医療センター;https://qq8oji.com/pg-report/821(救命救急センター 東京医科大学八王子医療センター)
マムシ咬傷 - 鳥取市立病院;https://hospital.tottori.tottori.jp/files/20170529105851.pdf(鳥取市立病院から)
毒蛇咬傷について | メディカルノート;https://medicalnote.jp/diseases/%E6%AF%92%E8%9B%87%E5%92%AC%E5%82%B7(医師・病院と患者をつなぐ医療検索サイト | メディカルノートから)
マムシ咬傷 | 健康チェック | 健康トピックス | 一般社団法人 福山市医師会;https://www.fmed.jp/cnt/kenkou/check/2001/0106.html(一般社団法人 福山市医師会から)
全国調査によるマムシ咬傷の検討 - JST;https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsem/17/6/17_753/_pdf(J-STAGE Homeから)
マムシ咬傷 高松赤十字病院 研修医 神野泰輔;https://www.takamatsu.jrc.or.jp/archives/010/201609/%E3%83%9E%E3%83%A0%E3%82%B7%E5%92%AC%E5%82%B7.pdf(高松赤十字病院 - 日本赤十字社 [香川県]から)
医療関係者の方へ 咬傷の診断|ジャパン・スネークセンター;https://www.snake-center.com/diagnosis(ジャパン・スネークセンターから)
マムシ咬傷 - meddic;https://meddic.jp/%e3%83%9e%e3%83%a0%e3%82%b7%e5%92%ac%e5%82%b7(MEDDICから)
年間2000人が被害に…「マムシ咬傷」での致死率は0.8%|日刊ゲンダイヘルスケア;https://hc.nikkan-gendai.com/articles/276163(日刊ゲンダイヘルスケアから)
毒ヘビ(マムシ、ヤマカガシ、ハブ)、ニシキヘビ、ガラガラヘビなど、対処方法や血清などの話[Webセミナー][#96] - YouTube;https://www.youtube.com/watch?v=pVwvXZ0QZ3c(YouTubeから)
などが参考になるかと思います。

それにしても、マムシに咬まれる人が1年で1000~3000人もいるとはちょっと驚きです。
田舎では、咬まれることはそんなに珍しいことではないとも言えそうです。
熊に1年で1000~3000人も被害を受けたら大問題になるだろうに蛇だとそれほど問題にならないということなのでしょうか。(*1)

(*1)
クマによる被害 |WWFジャパン;https://www.wwf.or.jp/activities/basicinfo/2406.html(WWFジャパンから)
クマ類による人身被害について [速報値] - env;http://www.env.go.jp/nature/choju/effort/effort12/injury-qe.pdf(環境省から)

ところで、蛇はなぜ虫偏なのだろうか。
ということを常々思っていて、昔は蛇も虫としていたのだろうと想像していたのだが、今回ネットで調べると、獣,鳥,魚以外はひっくるめて虫としていたそうです。ようするにわけわからんものはすべて虫という概念にひっくるめていたということです。なんとおおらかな(笑)(*2)
なにせ、蛇の上位概念の爬虫類に堂々と虫というのが出てくるくらいだから(笑)
そんなことから、マムシは毒があるので「魔の虫」と言われていてそこから転じて「マムシ(蝮)」になったのではないかと妄想したりしますが・・・

(*2)
どうして「蛇」は虫ではないのに虫偏なの? | 日本語不思議辞典;https://wisdom-box.com/kanji/mystery/hebi-mushi/?doing_wp_cron=1611723553.2795290946960449218750(日本語不思議辞典から)
なぜ「虹」は虫じゃないのに虫偏なの? 知って楽しい漢字豆知識;https://www.mag2.com/p/news/260414(まぐまぐニュースから)
なぜ虫偏?蛸(タコ)の語源・漢字の由来について;https://seafood-reference.com/tako/tako-seitai/entry800.html(魚の食べ方探求から)
「虹」はなぜ「虫へんに工」なのか?;https://zatugakuunun.com/yt/kotoba/4935/(雑学ununから)
「蛸」には「虫へん」が付いていますが、どうして「魚へん」ではないのですか?|漢字文化資料館;https://kanjibunka.com/kanji-faq/mean/q0397/(漢字文化資料館から)

そんなちょっとびびりもありながら、左手に本谷川を見ながらそれなりに進むと、右側に送電松山東線41・42番送電鉄塔への巡視路道標があります。
この道標は右の上りの山道を示しています。
2019年6月20日(http://seink5.blog33.fc2.com/blog-entry-5392.html)(以下、6月20日と言う)の時はこの上りの道を行きました。
いまここで改めてこの道標を見ると、41番が右の上りの道で42番は来た道方向を指しています。
おそらくこの道標の立てる位置が悪いのだと思います。
この道標を反対向きに立てれば、42番が右の上りの道になり41番は左の川を渡る道となります。
今回川側を歩いた結果から言うとこの川側の道はもう使われていないので、単純に右の上りの道を42番とするだけで良いと思います。
この道標は6月20日と同じ向きだから、6月20日の時はこの上りの道を行ったら42番に出会ったという結果から書いたようです。
直したいとこだが、勝手に直すのはご法度(器物損壊罪?)と思われるので見て見ぬふりをします。
なお、この道標には6月20日の時にはあった送電北松山線52番は消されていました。
以後、今回歩いた範囲では北松山線への道標はすべて消滅していました。
この近くにカナヘビ(ニホンカナヘビ)がいました。
トカゲ(ニホントカゲ)は、どちらかと言うとすぐ逃げるのにカナヘビはほとんど逃げません。
これが不思議です。
おそらくトカゲを捕食するものはカナヘビも捕食すると思うのでこれでは食べてくださいと言っているようなものだと思うのですが・・・
それともこれは死んだふりなのでしょうか、とてもそうは見えませんが・・・
まぁ、おかげで撮影するのは楽なのですが・・・
 稔山登山口から送電松山東線の41番・42番送電鉄塔巡視路道標までの道
   
 
 送電松山東線の41番・42番送電鉄塔巡視路道標
  
 カナヘビ(ニホンカナヘビ)
   

今回はお山へ行こう!さんが歩いた本谷川沿いを行くことにします。
というのはここからが送電北松山線の51番送電鉄塔に一番近いと思われたのと未知の道を歩いてみたいということです。
左の本谷川を渡って、本谷川の右岸を上流方向へ行きます。
それなりにそれらしき道があります。
しばらく行くとまた蛇に出会います。こんどはシマヘビです。
シマヘビはすばやく大石の間に逃げ込み、頭だけを出していました。
タゴガエルやサワガニのいるそれなりに明るい谷を行きます。サワガニは2箇所で1匹ずつ見ました。(*3)
それなりに行ったとこで道はとぎれ、左岸に渡ることになります。
 41番・42番送電鉄塔巡視路道標から沢(本谷川)を左岸に渡る道までなど
 1枚目の写真で巡視路道標のとこから沢を右岸に渡る。
 3枚目の写真で遠方に見えている送電鉄塔は松山東線の42番。
   
   
   
   
   
 左岸に渡るとこ
 
 シマヘビ
 1枚目の写真に見られるようにシマヘビの目は丸い。
  
 タゴガエル
   
 サワガニ
   
   
  

(*3)
このタゴカエルだが始めはヤマアカガエルだと思っていました。
ヤマアカガエルで調べている内に、ニホンアカガエルとヤマアカガエルとタゴガエルの見分け方 - 広島大学デジタル博物館(https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~main/index.php/%E3%83%8B%E3%83%9B%E3%83%B3%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%82%AC%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%81%A8%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%82%AC%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%81%A8%E3%82%BF%E3%82%B4%E3%82%AC%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%81%AE%E8%A6%8B%E5%88%86%E3%81%91%E6%96%B9(広島大学から)と森林に棲むタゴガエル~アカガエル4種の見分けについて - ダイビングと生き物の写真ブログ3~魚・鳥・花・蝶・トンボなどなど(https://blog.goo.ne.jp/assistyanagi2015/e/af3296b6f1e28e928a1cae7145d12fcb(ダイビングと生き物の写真ブログ3から))によって、似たものが4種いると知って、このカエルはタゴガエルとしました。
ほんと、あきれるほど生物って色んな種類がいるんだなと思ってしまいます。
余談だが、ナガレタゴガエルの部屋・繁殖行動の観察会 4.多くの人が誤解している点(https://www.ranasakuraii.com/file4.htm(ナガレタゴガエルの部屋・繁殖行動の観察会から))で言っていることはよく分かります。
図鑑の記述などを見ても?になることはそれなりにあるし図鑑間で記述が違っているものもあるしで・・・
全部自分で調べるわけにはいかないのである程度は信じるしかないので・・・
研究者といっても御用学者のように肩書きだけの者もいるしで・・・
真理は望むべきもないが、せめて誠実な真実は欲しいとこです。

左岸に渡ると少し鬱蒼となり道も荒れている感じになるが、沢沿いを行けばいいので迷うことはありません。
ほどなく行くとまた沢を渡り再び右岸を行きます。
倒木や藪気味のとこもある道をどんどん行くと、お山へ行こう!さんの「稔山へ行こう! 登山道案内 城ヶ台へ(https://oyamaeiko1.web.fc2.com/minori/a_2.html)」の5番の変形十字路に来ます。
ここまで思っていたより遠く感じました。
お山へ行こう!さんの上記の記事を読んだ感じではそんなに歩かなくても変形十字路に着くと思っていたからです。
この変則的十字路(変形十字路)に着いて、あれっと思ったのは、送電鉄塔への巡視路の道標がなくなっていることでした。
上記の記事では、送電北松山線52番と送電松山東線41番・42番の巡視路の道標の写真があります(北松山線51番へはこの写真では分かりません)。
そういうことでももうこの道は巡視路の役目を終えているのかも知れません。
 左岸に渡ってから変則的十字路までの道
 4枚目の写真のとこで右岸に渡る。
 8~10枚目の写真は、藪気味のとこ。
   
   
   
   
 
 変則的十字路
 1枚目の写真は、分かりづらいが変則的十字路で左が送電松山東線41番送電鉄塔へ正面(真ん中)が北松山線の51番送電鉄塔へ右が鉄の橋のある北松山線52番および松山東線の42番への道。
 2枚目の写真は、左の道。
 3枚目の写真は、正面の道。
 4枚目の写真は、右の道。
 5枚目の写真は、来た道を振り返って見ている。
 6枚目の写真は、右の道から変則的十字路を見ており左が来た道で正面が41番送電鉄塔へ右が51番送電鉄塔への道。
   
   

左右の道(左が送電松山東線41番への道で右が送電北松山線52番と送電松山東線42番への道)も気になるのだが、今回は送電北松山線51番が目的なので正面の沢に沿った道を行きます。
倒木を避け沢を渡り左岸を行くと、前方の沢が伐採した木で覆われているとこに出ます。
これではもう沢は行けないので、道に迷ったかと思ったのだが、左を見ると山道らしきものがあるので、沢を渡ってその道を行きます。
沢から離れるこの道は右が山側で左が谷側となる幅50cm以下だが沢沿いの道に比べたらずっと明瞭なので、これで51番送電鉄塔に行けると思い、ほっとしました。
緩やかな上りの道をそれなりに行くと、前方が開けたとこに出てその先に送電鉄塔が見えます。
この送電鉄塔を見て、ぎょっとしました。それは送電線(電線)がなかったからです。
北松山線の廃線ももうここまできたのかと思い、もの寂しさを感じました。
ともかくなんとか送電北松山線の51番送電鉄塔まで来ました。
ここはかなり広く木々が伐採されていました。なんでここまで広くしているのか・・・
そのため、北松山線52番と松山東線42番がよく見えます。52番と42番の高さの違いが改めてよく分かります。52番にも送電線はありません。
その2基の送電鉄塔の背後の遠景には石鎚山地の一部である瓶ヶ森・石鎚山・堂ヶ森などが望めます。ここからだと堂ヶ森の反射板も見えます。
ここで、おにぎり(鮭)を1個食べました。
 変則的十字路から送電北松山線51送電鉄塔までの道
 5枚目の写真の真ん中あたりの左側に道があり、6枚目の写真がその沢から離れる道。
   
   
   
   
   
 
 送電北松山線の51番送電鉄塔
 1枚目と8枚目の写真で見るように広く伐採している。
 2枚目の写真の送電鉄塔の左後方に50番送電鉄塔への道がある。
   
   
  
 瓶ヶ森と石鎚山など
 1枚目の写真の左に送電北松山線の52番(左)および送電松山東線の42番(右)があり、遠景には左に瓶ヶ森が中央に石鎚山が右に堂ヶ森がある。
 2枚目の写真は、左が北松山線の52番送電鉄塔で右が松山東線42番送電鉄塔。
 3枚目の写真は、左が石鎚山で右が堂ヶ森の尾根。右の手前の山は面木山で川内幹線の送電鉄塔が走っている。
 4枚目の写真は瓶ヶ森で、5枚目の写真は石鎚山で、6枚目の写真は堂ヶ森で反射板が見える。
   
   

お山へ行こう!さんの「稔山へ行こう! 登山道案内 寄り道ルート(https://oyamaeiko1.web.fc2.com/minori/a_3.html)」によると、ここに丁字路があり右側が52番に行く道でお山へ行こう!さんはその道を行っているのですが、わたしはその丁字路に気づきませんでした。

次は送電北松山線の50番送電鉄塔を目指します。
とはいってもここには巡視路の道標はありません。
見ると、送電鉄塔の左後方に巡視路らしき道があるのでそちらへ行きます。
少し下りそれから上ります。道幅が20cmくらいのとこもあるので用心して通ります。
それなりに上って行くと三叉路(T字路)に出てそこに巡視路の道標があります。
その道標は、松山東線の41番送電鉄塔を示しています。
その矢印は上に←で下に→すなわち41番に行って戻ってくるということです。
三叉路の右に上ったとこにあるのは、北松山線の50番送電鉄塔です。送電線(電線)はありません。
ここからも石鎚山・堂ヶ森が見え右側には皿ヶ峰連峰も見えます。
残念ながら、皿ヶ峰連峰の山はどこがどの山か分かりません。
ただ、電波鉄塔がかすかに見えるのでそこは陣ヶ森でしょう。
 51番送電鉄塔から50番送電鉄塔までの道
   
   
   
 
 送電松山東線の41番送電鉄塔への巡視路道標
 3枚目の写真は、三叉路(T字路)の右(上り)で直ぐに北松山線の50番送電鉄塔がある。
 4枚目の写真は、三叉路(T字路)の左(下り)で松山東線の40番送電鉄塔方向。
   
 
 送電北松山線の50番送電鉄塔
   
   
   
 石鎚山・堂ヶ森・皿ヶ峰連峰など
 11枚目の写真の左側に12枚目の写真の右側に電波鉄塔とおぼしき物が見えるので陣ヶ森でしょう。
 13枚目の写真は石鎚山で、14枚目の写真は堂ヶ森。
   
   
   
   
  

50番送電鉄塔の後方は、三叉路(Y字路)になっています。
ここにも巡視路の道標はなく、右の道は下りで戻る感じなので、左(直進)の上りの道を行きます。
ほどなく行くとT字路に出て、そこの左側に松山東線の巡視路の道標があります。
道標は、左を40番送電鉄塔へ右を42番送電鉄塔へ来た道を41番送電鉄塔へと示しています。
 50番送電鉄塔から送電松山東線の40番~42番送電鉄塔の巡視路道標までの道など
 1枚目の写真で分かりづらいが中央くらいのとこで三叉路(Y字路)となっており、右の道が下っている。
 4枚目の写真は、左側に見える松山東線の40番と思われる送電鉄塔。
   
   
   
 送電松山東線の40番~42番送電鉄塔の巡視路道標
  

左の40番の方へ行きます。
右の42番の方へは戻りの時に行きます。
右(北)が山側で左(南)が谷側の50cm~1mほどの道をほどなく行くと右(東)側から尾根が下ってきて合流します。ここを稔山西尾根合流点とします。
この右側の尾根を上って行くと稔山に行けると思います。
お山へ行こう!さんが稔山から下って来たのはこの尾根だと思います(稔山へ行こう! 登山道案内 山頂と尾根歩き(https://oyamaeiko1.web.fc2.com/minori/a_4.html)の番号7のところ)。
 松山東線の40番~42番送電鉄塔の巡視路道標から稔山西尾根合流点までの道
   
 稔山西尾根合流点
 1枚目の写真の右側の尾根を上れば稔山(の頂上)に行けると思われる。
 2枚目の写真は、振り返って見ており右の道が来た道で左の尾根が稔山(の頂上)への尾根と思われる。
  
 
この尾根道は快適です。
相対的に右側は険しい谷のため雑木林で左は緩い谷のため植林帯となっています。
そんな尾根道からややトラバース気味になったとこを行くと右側に松山東線の巡視路の道標があります。
道標は前方を40番送電鉄塔へ来た道を41番送電鉄塔へと示しています。
なんでここに道標があるかというと、右側に上りの道があるからです。
 稔山西尾根合流点から40番・41番送電鉄塔巡視路道標までの道など
 3枚目の写真は、右側の険しい谷の一例。
 7枚目の写真のとこからトラバース(巻き道)。
   
   
  
 送電松山東線の40番・41番送電鉄塔の巡視路道標
 1枚目の写真で左(直進)が松山東線40番送電鉄塔へ右の上りが北松山線49番送電鉄塔への道。
  

とりあえず右の道を上ってみます。
しばらく行くと尾根の開けたとこに出て右側に送電北松山線の49番送電鉄塔があります。
当たりという感じです(笑)
もちろんこの49番送電鉄塔にも送電線(電線)はありません。
この49番の送電鉄塔では頭に「49」と番号標が取り付けられているのが見えました。
40番台まで来たということでここで撤退しようと思ったのだが、右前方(北西)に48番の送電鉄塔が見えたので色気が出て48番まで行くことにしました。
だが、このことでちょっと怖い目をしました(笑)
 松山東線の40番・41番送電鉄塔巡視路道標から北松山線の49番送電鉄塔までの道
 3枚目の写真で右側に49番送電鉄塔があり、左側は48番送電鉄塔へつながる尾根道。
   
 送電北松山線の49番送電鉄塔
 5・6枚目の写真で送電鉄塔の頭に黄色地に黒で「49」とある。
   
   
 49番送電鉄塔から右前方(北西)に見える48番送電鉄塔
  

48番送電鉄塔を目指します。
再び尾根道を行くことになります。
気持ちのいい尾根をかなり行き、地籍図根三角点のあるとこから下っていくと三叉路(Y字路)となります。
49番送電鉄塔から見た48番送電鉄塔は尾根からはずれていたので、巡視路があるならこのあたりだと目算して右の道を行きます。
ちなみに、左(真っ直ぐ)は尾根道で二子藪に行くと思われます(前掲の稔山へ行こう! 登山道案内 山頂と尾根歩きを参照)。
 北松山線49番送電鉄塔から三叉路までの道など
   
   
   
   
  
 三叉路(Y字路)
 1枚目の写真にて右が48番送電鉄塔への巡視路で左(真っ直ぐ)は尾根道。
 2枚目の写真は振り返って見ており、左が48番送電鉄塔への巡視路で右は来た道。
 3枚目の写真は、三叉路から見た左の尾根道。
   
 
右の道をそれなりに行くと48番送電鉄塔が見えてきます。
ところが48番送電鉄塔までの20mくらいが痩せ尾根です。
高所恐怖症気味のわたしとしてはちょっとびびり行くのを躊躇したのだが、ここで引き返すのも癪なので両手両脚を使って慎重に48番送電鉄塔まで行きました。
行ったらいったで戻りが憂鬱です(笑)
送電北松山線の48番送電鉄塔も送電線(電線)はありません。
ここから巡ってきた49番送電鉄塔が右(南東)側に見えます。
ここで菓子パン(ミルクコーヒー)を1個食べて一息入れます。
 三叉路から北松山線の48番送電鉄塔までの道
   
   
 送電北松山線48番送電鉄塔
   
   
 痩せ尾根
 1枚目の写真は鉄塔の前方の痩せ尾根で、2・3枚目は通ってきた痩せ尾根を振り返って見ている。
   
 48番送電鉄塔から右(南東)側に見える49番送電鉄塔
  

今日は48番送電鉄塔までで終わりです。
戻りも痩せ尾根をちょっぴりびびりながら両手両脚を使って慎重に行きます。
痩せ尾根を通過してほっとしました。
しかし、こういうとこで送電鉄塔を建てたり解体したりするのだから、そういう人たちはわたしからみたら超人です。わたしなんか絶対に作業できないです。高所作業は絶対無理です。

来た道を戻り、送電松山東線40番・41番・42番送電鉄塔への道標のある三叉路(T字路)まで来ます。
来た道は41番送電鉄塔の方だが、戻りは42番送電鉄塔の方へ行きます。
42番送電鉄塔への道は松山東線の巡視路ということで、道幅は50cm~1mくらいあって北松山線の巡視路のように狭くて危なかっしいとこはないです。戻りなので左(北)が山側で右(南)が谷側となります。
ただ、ここからは植林帯なので景色は代わり映えがしないです。
 松山東線40番・41番・42番送電鉄塔への道標のある三叉路(T字路)
 1枚目の写真で、右が北松山線の50番送電鉄塔から上って来た道で左がこれから行く松山東線の42番送電鉄塔への道。
  

それなりに行くと左側に松山東線の巡視路道標があります。
道標は、前方を42番送電鉄塔へ来た道を41番送電鉄塔へと示しています。
この41番と42番を示す巡視路道標はこの後でも出てくるのでここを1番目としておきます。
 松山東線40番~42番送電鉄塔巡視路道標から1番目の41番・42番巡視路道標までの道
   
  
 1番目の41番・42番巡視路道標
  

それなりに行くと三叉路(Y字路)となり、ここの右側に2番目の41番と42番を示す巡視路道標があります。
道標は左(直進)を42番送電鉄塔へ来た道を41番送電鉄塔へと示しています。
三叉路の左(直進)を行きます。右は下っているのでもしかしたら北松山線のどれかの送電鉄塔へ行けるのかも知れません。
 1番目の41番・42番巡視路道標から三叉路までの道
   
 2番目の41番・42番巡視路道標
 1枚目の写真の巡視路道標のとこが三叉路。
  

それなりに行くと枯れ沢を渡ります。
この枯れ沢は位置的に最初に通ってきた沢すなわち本谷川ではないかと思ったりしますが・・・
かなり行くと3番目の41番と42番を示す巡視路道標が左側にあります。
道標は前方を42番送電鉄塔へ来た道を41番送電鉄塔へと示しています。
 三叉路から3番目の41番・42番巡視路道標までの道
 5枚目の写真の前方に枯れ沢がある。
 6枚目の写真はその枯れ沢で、7枚目の写真は上流側で8枚目の写真は下流側。
   
   
   
   
  
 3番目の41番・42番巡視路道標
  

この3番目の道標を過ぎると見覚えのある緩い広い谷に出ます。
6月20日の時は、この谷を上って稔山方面へ行きました。
谷を緩やかにジグザグと下ると左(北)から下ってくる尾根と合流します。ここを稔山南尾根合流点とします。
ということで、稔山西尾根合流点からこの稔山南尾根合流点までの道は稔山の南側のトラバース道(巻き道)ということです。
 3番目の41番・42番巡視路道標から稔山南尾根合流点までの道
 4枚目は緩く広い谷の上方。
    
   
 稔山南尾根合流点
 写真では明確ではないが、左(北)側から稔山の南尾根が下りてきている。
 

見知った道を少し行くと4番目の41番と42番を示す巡視路道標が左側にあります。
道標は前方を42番送電鉄塔へ来た道を41番送電鉄塔へと示しています。
 稔山南尾根合流点から4番目の41番・42番巡視路道標までの道
 
 4番目の41番・42番巡視路道標
  
 
ほどなく行くと三叉路(T字路)となり左側に松山東線の巡視路道標があります。
道標は右(真っ直ぐ)を42番送電鉄塔へ左を43番送電鉄塔へ来た道を41番送電鉄塔へと示してます。
2020年1月13日(http://seink5.blog33.fc2.com/blog-entry-5456.html)の時にこの左の43番送電鉄塔からこの三叉路に来ました。
 4番目の41番・42番巡視路道標から三叉路(T字路)までの道
 2枚目の写真は、境第1号境界石杭だがもうかなり判読できなくなっている。
  
 41番・42番・43番の巡視路道標
 1枚目の写真の巡視路道標のとこが三叉路。
  

右(直進)を行きほどなくすると北松山線52番送電鉄塔と松山東線42番送電鉄塔のとこに出ます。
52番送電鉄塔にも送電線(電線)はありません。
42番送電鉄塔の近くの左側に巡視路道標があり、来た道を41番と43番の送電鉄塔へと示しています。
ここから右(西)側には巡ってきた北松山線の51番~49番の送電鉄塔と松山東線の41番・40番・39番などと思われる送電鉄塔があり、また林道松瀬川本谷線も見えます。
左(東)側には、送電鉄塔として北松山線と松山東線と四国中央中幹線と川内幹線が見え、遠方には黒森山や沓掛山や笹ヶ峰や瓶ヶ森が見えます。
この42番送電鉄塔だけど、お山へ行こう!さんの撮っている42番送電鉄塔は旧松山東線のものです。
42番送電鉄塔の方が52番送電鉄塔より高いので安易に新だと思ったが、ここは交差するので元から42番送電鉄塔は高くしてあったということです。よく見ると1回線だし銘板も古いです。ということでわたしにとっては貴重な旧松山東線の写真です。
 41番~43番の巡視路道標から北松山線52番送電鉄塔と松山東線42番送電鉄塔までの道など
 2枚目の写真は、左(南南東)に見える柳曽集落(左下)や松山道の桜樹橋(中央)や林道高月相之谷線の崩落修復箇所(右上)。
 3枚目の写真は、左(南南東)に見える面木山の川内幹線の送電鉄塔。
   
  
 送電北松山線52番送電鉄塔
 2枚目の写真で後方の送電鉄塔は松山東線の42番。
   
  
 送電松山東線42番送電鉄塔
 6枚目の写真で左後方の送電鉄塔は北松山線の52番。
 10枚目の写真で右の送電鉄塔は北松山線の52番。
   
   
   
 
 松山東線の41番・43番巡視路道標
  
 右(西)側の北松山線や松山東線など
 1枚目の写真で、右が北松山線で左が松山東線。
 2枚目の写真は、北松山線で手前から行った51番・50番・49番送電鉄塔。
 3枚目の写真は、松山東線で手前から41番・40番送電鉄塔で3つ目は39番送電鉄塔か。
 4枚目の写真で、中央下に林道松瀬川本谷線が見え、5枚目の写真はそこを望遠で撮ったもので本谷川第3号堰堤も見える。
   
  
 左(東)側の松山東線や四国中央中幹線や川内幹線や北松山線など
 1枚目の写真の送電鉄塔は松山東線で一番手前が50番でそれなりに順次、奥に四国中央中幹線の送電鉄塔、遠方に黒森山や沓掛山や笹ヶ峰が見える。
 2枚目の写真は、松山東線の43番送電鉄塔。
 3枚目の写真は、松山東線で手前の送電鉄塔が50番でそれなりに順次、奥に四国中央中幹線の送電鉄塔が見える。
 4枚目の写真は、松山東線で右端の送電鉄塔が54番でそれなりに順次、奥に四国中央中幹線の送電鉄塔があり、左上で松山東線と四国中央中幹線がクロスしておりその送電鉄塔の大きさの違いが分かる。大きい方が四国中央中幹線の送電鉄塔。
 5枚目の写真は、松山東線で右端の送電鉄塔が54番で64番までは順次と思われる。
 6枚目の写真は、北松山線で中央下の導電鉄塔が57番でそれなりに順次、奥に四国中央中幹線と川内幹線の送電鉄塔、遠方に瓶ヶ森が見える。
 7枚目の写真は、6枚目の写真と同様であるが手前の送電鉄塔は53番から55番のどれかだが、その後ろの送電鉄塔は57番でそれなりに順次。
 8枚目の写真は、北松山線で手前の送電鉄塔は53番から55番のどれかだがすでに送電線はない。同様にその後ろの送電鉄塔57番でそれなりに順次。
 9枚目の写真は、北松山線の53番から55番のどれかの送電鉄塔ですでに送電線はなし。
 10枚目の写真は、北松山線の57番(下)と58番(上)の送電鉄塔でまだ送電線はある。
 11枚目の写真は、北松山線で下から58番・59番・60番の送電鉄塔。
 12枚目の写真は、北松山線で左から60番・61番・62番の送電鉄塔(と思われる)。
 13枚目~15枚目の写真は、四国中央中幹線と川内幹線の送電鉄塔で大きい方が四国中央中幹線。
 16枚目の写真は、四国中央中幹線と川内幹線がクロスしておりその送電鉄塔の大きさの違いが分かる。大きい方が四国中央中幹線の送電鉄塔。下の小さな送電鉄塔群は北松山線でその北松山線も左端で四国中央中幹線とクロスしている。
   
   
   
   
   
 
 後方(北)の稔山
 写真で左後方の山が稔山
 
 
ここから下りとなりそれなりに行くと右に曲がるとこの左側に巡視路道標があります。
巡視路道標は、下って来た道を42番送電鉄塔へと示しています。ここはかっては三叉路だったようです。
 北松山線52番・松山東線42番送電鉄塔から松山東線42番巡視路道標までの道
   
 
 松山東線42番巡視路道標
  

右に曲がりジグザグとかなり下ると松山東線41番・42番の巡視路道標つまり最初の沢を渡ったとこまで来ます。
マムシを警戒しながらも林道松瀬川本谷線起点のスクーターのとこまで戻ります。
戻って、おにぎり(梅)を1個食べました。
 松山東線42番巡視路道標から松山東線41番・42番の巡視路道標までの道
   
   
 
 松山東線41番・42番の巡視路道標
  

ということで、送電北松山線の廃線が着々と進んでいるということになります。
松山東線の巡視路以外は廃れてしまうと思われます。
間伐などの林業が行なわれれば杣道(そまみち)として利用されるかもしれませんがあまり期待はできないでしょう。
もう今でも倒木や崩落気味になっており両手両脚を使わなくては通れないとこもあるのだから。
わたしは手袋を使うのはあまり好きではないのだが、さすがに両手を使わないと行けそうもないので軍手をしました。
今回49番と48番まで行ったので分かったのだけど、稔山西尾根合流点からの尾根は植林も少なく気持ちいいとこでした。
お山へ行こう!さんが「いいお山でした。」と言うのもこの尾根を少しだけど歩けて得心しました。

さて、ここまで北松山線の送電鉄塔および巡視路を巡ってきて思うのは、北松山線の送電鉄塔は傾斜のきつい場所に立っていることが多いということです。
だから巡視路も道幅が狭く危なっかしいです。
この状況を見て妄想が起こりました。
とはいっても、四国電力の送電線の歴史が分かればこんな妄想をしなくて済むのですが(笑)まぁ、妄想は妄想で面白いので・・・

北松山線と松山東線は共に1回線で西条発電所と北松山発電所をつないでいます。
で、どちらの送電線が先に出来たかというと、おそらく松山東線でしょう。
それは松山東線はわりと立地条件がいいからです。
送電鉄塔は、尾根-谷-尾根となっている地形で尾根と尾根に建てるのが適していると思われます。
送電鉄塔間の送電線は垂れさせなければならないのでその垂れているところが谷になれば木などと接触することはなくなります。
また送電鉄塔を建てる尾根のとこはある程度傾斜が緩やかである必要があります。
ということで、西条発電所から北松山発電所までのそのような立地条件のとこにまず松山東線を作ったのだと思います。
その後、需要が増えたために松山東線を2回線にする必要が生じたので、とりあえずという感じで北松山線を作ったのだと思います。
だから西条発電所から北松山発電所までの立地条件のいいとこは松山東線がすでに作られているので北松山線は立地条件のあまり良くないとこに作らざるをえなかったのでしょう。
北松山線が稼動できるようになると、西条発電所と北松山発電所の送電は主に北松山線にまかせ、松山東線を順次2回線用に建替えていったのでしょう。
松山東線の建替えの模様の痕跡が実は5月15日現在のグーグルの航空写真に残っているのです。
それは、松山東線の写真に新旧送電鉄塔が写っているのです。なかには1箇所に新旧送電鉄塔がありまさに立替工事を象徴しています。
 送電松山東線のグーグルマップの航空写真からの引用
 例として58番から64番までを示す。
 1回線の送電線がつながっているのが旧送電松山東線だと思われる。新松山東線は送電鉄塔を建設中。
 ただし、2022年3月18日(金)現在のグーグルマップの航空写真では新しくなっていてこの画像はありません。
   
   
 

2回線にする大きな目的は、なんらかのことで送電線にトラブルが発生しても停電しないための2重化ということのようです。
停電がどのくらいの頻度で起こるのかしれないけど、そのためにこれだけの冗長性を持たせなくてはいけないということです。
安全・安心のためには大きな投資が必要ということです。(*4)

(*4)
停電の基礎知識と対策 山洋教室 TECH COMPASS 山洋電気;https://techcompass.sanyodenki.com/jp/training/power/ups_basic/001/index.html(TECH COMPASS 山洋電気から)
送電線「空き容量ゼロ」は本当に「ゼロ」なのか?~再エネ大量導入に向けた取り組み|スペシャルコンテンツ|資源エネルギー庁;https://www.enecho.meti.go.jp/about/special/johoteikyo/akiyouryou.html
再エネの大量導入に向けて ~「系統制約」問題と対策|再生可能エネルギー・新エネルギー|スペシャルコンテンツ|資源エネルギー庁;https://www.enecho.meti.go.jp/about/special/tokushu/saiene/keitouseiyaku.html
(以上、経済産業省・資源エネルギー庁から)
架空送電線の再閉路 音声付き電気技術解説講座 公益社団法人 日本電気技術者協会;https://www.jeea.or.jp/course/contents/04108/(公益社団法人 日本電気技術者協会から)
基幹送電線の利用率の考え方と最大利用率実績(確報値)について;https://www.occto.or.jp/oshirase/sonotaoshirase/2017/files/180312_kikansoudensen_riyouritsu.pdf(電力広域的運営推進機関ホームページから)
本予備受電方式・ ループ受電方式について - J-Stage;https://www.jstage.jst.go.jp/article/ieiej/29/10/29_812/_pdf(J-STAGE Homeから)

ここまでに巡った送電北松山線の送電鉄塔の一覧です。
送電北松山線 187kV,1回線
北松山変電所と西条変電所の間の送電線で送電鉄塔の番号は北松山変電所の1番から開始(と思われます)。
48番 2020年5月11日(月)(送電線なし)
49番 2020年5月11日(月)(送電線なし)
50番 2020年5月11日(月)(送電線なし)
51番 2020年5月11日(月)(送電線なし)
52番 2019年6月20日(木)
    2020年1月13日(月)
    2020年5月11日(月)(送電線なし)
53番 2020年1月13日(月)
54番 2020年1月13日(月)
55番 2020年1月13日(月)
56番 2019年12月29日(日)
80番 2020年4月25日(土)
81番 2020年4月25日(土)
82番 2020年4月25日(土)
83番 2020年4月25日(土)
84番 2020年4月3日(金)


送電北松山線は、2021年中に撤去が完了し今は存在していません。


☆山人など

某所から県道327号線まででは十数台の車およびせとうち周桑バスとすれ違いました。
また、通学中の中学生十数人とすれ違いました。1組の女子2人組から挨拶されたので挨拶を返しました。
たまに挨拶をしてくる中学生や小学生がいます。
県道327号線からは誰とも会わなくなり市道相ノ谷線でイタチを見た後に車1台とすれ違いました。
川内側の県道327号線との合流点ではすでに述べたように工事中の誘導員に事情を聞きました。
迂回路の入口のとこの誘導員に軽く挨拶しました。
迂回路では車3台とすれ違い、県道327号線の合流地点近くでは壮年の男性が歩いていました。
再び県道327号に入ってからは誰とも会わなくなります。
もちろん、送電鉄塔巡りでは誰とも会いません。

戻りでは、迂回路で車1台とすれ違ったがが、再び県道327号線に入ってからはまた誰とも会わず、丹原町臼坂の宝ヶ口集落の県道327号線で車1台とすれ違いました。
市道に入ってから某所まででは車4台とすれ違いました。


☆補足など

天気は朝方は少し雲があったが、徐々に雲はなくなり快晴でした。
暑く帽子を被りました。
そんな天気でも朝夕のスクーターでは寒いのでウインドブレーカーの下は長袖シャツを着ました。
トレッキングではウインドブレーカーの下の長袖シャツをTシャツに替えました。
当然ながら汗はかくのでTシャツは3枚持っていき1枚替えました。
汗はふきでるというほどのものではなく気持ちのいい汗でした。

飲料はポカリスエット500ミリリットル×2と水600ミリリットルと缶コーヒー(ワンダ極微糖)370gを持っていったが、ポカリスエットと缶コーヒーを全部を飲みました。
水は飲料と手洗いなどの兼用で持っていっています。
予備の飲料水としてのスクーター内のポカリスエット500ミリリットルは使うまでには至りませんでした。
もうそろそろ900ミリリットルのポカリスエットが欲しいのだがまだ売っていません。

食料は、おにぎり2個(梅,鮭)と菓子パン3個(つぶあん,ミルクコーヒー,チョコパン)を持って行ったのだが、すでに記したように、おにぎり2個と菓子パンを2個だけ食べました。

特に筋肉痛はありませんでした。腰に少し違和感があったぐらいです。

撮影枚数は6233枚でした。バッテリーは5本使いました。


地図情報

地理院地図から
 林道松瀬川本谷線起点;https://maps.gsi.go.jp/#16/33.849190/132.963897/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f0
 稔山登山口;https://maps.gsi.go.jp/#16/33.851368/132.966761/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f0
 送電北松山線51番送電鉄塔;https://maps.gsi.go.jp/#16/33.855520/132.968924/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f0
 送電北松山線50番送電鉄塔;https://maps.gsi.go.jp/#16/33.856233/132.966401/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f0
 送電北松山線49番送電鉄塔;https://maps.gsi.go.jp/#16/33.857444/132.962470/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f0
 送電北松山線48番送電鉄塔;https://maps.gsi.go.jp/#16/33.859297/132.958092/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f0
 送電北松山線52番送電鉄塔;https://maps.gsi.go.jp/#16/33.854194/132.973404/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f0

goo地図から
 稔山登山口;https://map.goo.ne.jp/map/latlon/E132.58.8.832N33.50.51.524/zoom/9/
 送電北松山線51番送電鉄塔;https://map.goo.ne.jp/map/latlon/E132.58.16.839N33.51.7.464/zoom/9/
 送電北松山線50番送電鉄塔;https://map.goo.ne.jp/map/latlon/E132.58.7.285N33.51.10.356/zoom/9/
 送電北松山線49番送電鉄塔;https://map.goo.ne.jp/map/latlon/E132.57.51.361N33.51.14.953/zoom/9/
 送電北松山線48番送電鉄塔;https://map.goo.ne.jp/map/latlon/E132.57.38.258N33.51.20.864/zoom/9/
 送電北松山線52番送電鉄塔;https://map.goo.ne.jp/map/latlon/E132.58.33.267N33.51.2.901/zoom/9/

地図検索ならMapionから
 稔山登山口;https://www.mapion.co.jp/m2/33.851349967973675,132.96669242915323,16
 送電北松山線50番送電鉄塔;https://www.mapion.co.jp/m2/33.856464237242605,132.96607015666186,16
 送電北松山線49番送電鉄塔;https://www.mapion.co.jp/m2/33.85749774575204,132.9622292333531,16
 送電北松山線48番送電鉄塔;https://www.mapion.co.jp/m2/33.85919053439403,132.95813081797894,16
 送電北松山線52番送電鉄塔;https://www.mapion.co.jp/m2/33.854218986004184,132.97330139216504,16

送電北松山線の送電鉄塔の位置は、お山へ行こう!さんの稔山へ行こう!に準拠しています。


行程情報

スクーター移動
某所(7:28)→林道松瀬川本谷線起点(10:28)

花見トレッキング
林道松瀬川本谷線起点(11:03)→稔山登山口(11:31)→送電松山東線42・41番送電鉄塔分岐(11:55)→変則的十字路(旧送電鉄塔分岐)(13:07,13:22)→送電北松山線51番送電鉄塔(13:44,14:06)→送電北松山線50番送電鉄塔(14:30)→送電北松山線49番送電鉄塔(14:58)→送電北松山線48番送電鉄塔(15:28,15:40)→送電松山東線40・41・42番送電鉄塔への分岐(16:13)→送電北松山線52番送電鉄塔・送電松山東線42番送電鉄塔(17:06,17:20)→稔山登山口(17:57)→林道松瀬川本谷線起点(18:10)

標高
林道松瀬川本谷線起点(約464m)→稔山登山口(約517m)→送電北松山線51番送電鉄塔(約758m)→送電北松山線50番送電鉄塔(約780m)→送電北松山線49番送電鉄塔(828m)→送電北松山線48番送電鉄塔(約836m)→送電北松山線52番送電鉄塔・送電松山東線42番送電鉄塔(約727m)

18時29分にスクーターで帰途につき、19時56分に某所に着きました。


草本

☆花期
タニギキョウ(谷桔梗)(キキョウ科タニギキョウ属)
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%8B%E3%82%AE%E3%82%AD%E3%83%A7%E3%82%A6(ウィキペディアから)
 https://www.matsue-hana.com/hana/tanigikyou.html(松江の花図鑑から)
 https://mikawanoyasou.org/data/tanigikyou.htm(三河の植物観察から)
ジロボウエンゴサク(次郎坊延胡索)(ケシ科キケマン属)
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%AD%E3%83%9C%E3%82%A6%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%82%B5%E3%82%AF(ウィキペディアから)
 https://mikawanoyasou.org/data/jirobouengosaku.htm(三河の植物観察から)
 http://plants.minibird.jp/kansai/kansai50/kansai_sa/con_si/jirobouEngosaku/jirobouEngosaku.html(西宮の湿生・水生植物から)
マルバコンロンソウ(丸葉崑崙草)(アブラナ科タネツケバナ属)
 https://mikawanoyasou.org/data/marubakonronsou.htm(三河の植物観察から)
 http://plants.minibird.jp/kansai/kansai50/kansai_ma/con_ma/marubaKonronsou/marubaKonronsou.html(西宮の湿生・水生植物から)
 http://saragamine.web.fc2.com/ma/ma/marubakonron/marubakonron.html(皿ヶ嶺の植物図鑑から)
ジャニンジン(蛇人参)(アブラナ科タネツケバナ属)
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%B3(ウィキペディアから)
 https://matsue-hana.com/hana/kejaninjin.html(松江の花図鑑から)
 http://plants.minibird.jp/kansai/kansai50/kansai_sa/con_si/jyaNinjin/jyaNinjin.html(西宮の湿生・水生植物から)
ホウチャクソウ(宝鐸草)(イヌサフラン科チゴユリ属)「有毒」
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%82%A6%E3%83%81%E3%83%A3%E3%82%AF%E3%82%BD%E3%82%A6(ウィキペディアから)
 https://matsue-hana.com/hana/houtyakusou.html(松江の花図鑑から)
 https://mikawanoyasou.org/data/houtyakusou.htm(三河の植物観察から)
マムシグサ「有毒」
アオテンナンショウ「有毒」
ナツトウダイ「有毒」
ツボスミレ(ニョイスミレ)
トウバナ
ミズタビラコ
ムラサキケマン「有毒」
オオバタネツケバナ
タチタネツケバナ
ミヤマハコベ
ツルカノコソウ
タチツボスミレ
コナスビ
ノアザミ(野薊)(キク科アザミ属)
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%82%A2%E3%82%B6%E3%83%9F(ウィキペディアから)
 https://matsue-hana.com/hana/noazami.html(松江の花図鑑から)
 https://mikawanoyasou.org/data/noazami.htm(三河の植物観察から)
オニタビラコ(鬼田平子)(キク科オニタビラコ属)
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%8B%E3%82%BF%E3%83%93%E3%83%A9%E3%82%B3(ウィキペディアから)
 https://matsue-hana.com/hana/onitabirako.html(松江の花図鑑から)
 https://mikawanoyasou.org/data/onitabirako.htm(三河の植物図鑑から)
ニワゼキショウ(庭石菖)(アヤメ科ニワゼキショウ属)
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%AF%E3%82%BC%E3%82%AD%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%82%A6(ウィキペディアから)
 https://matsue-hana.com/hana/niwazekisyou.html(松江の花図鑑から)
 https://mikawanoyasou.org/data/niwazekishou.htm(三河の植物観察から)
シラユキゲシ(白雪芥子)(ケシ科シラユキゲシ属)
 https://matsue-hana.com/hana/sirayukigesi.html(松江の花図鑑)
 https://mikawanoyasou.org/data/sirayukigesi.htm(三河の植物観察から)
 https://pino330.com/archives/27422(優しい雨から)
カキドオシ
オヤブジラミ
コマツヨイグサ
コメツブツメクサ
オオイヌノフグリ
タチイヌノフグリ
カタバミ
ムラサキサギゴケ
ヘビイチゴ
キランソウ(ジゴクノカマノフタ)

☆蕾期
オウギカズラ(扇葛)(シソ科キランソウ属)
 http://plants.minibird.jp/kansai/kansai50/kansai_a/con_o/ougikazura/ougikazura.html(西宮の湿生・水生植物から)
 https://www.ootk.net/cgi/shikihtml/shiki_531.htm(四季の山野草から)
 http://saragamine.web.fc2.com/a/o/ougikazura/ougikazura.html(皿ヶ嶺の植物図鑑から)
ナルコユリ(鳴子百合)(キジカクシ科アマドコロ属)
 https://matsue-hana.com/hana/narukoyuri.html(松江の植物観察から)
 https://mikawanoyasou.org/data/narukoyuri.htm(三河の植物観察から)
 http://saragamine.web.fc2.com/na/na/narukoyuri/narukoyuri.html(皿ヶ嶺の植物図鑑から)
トチバニンジン(栃葉人参)(ウコギ科 トチバニンジン属)
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%81%E3%83%90%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%B3(ウィキペディアから)
 https://matsue-hana.com/hana/totibaninjin.html(松江の花図鑑から)
 https://mikawanoyasou.org/data/totibaninjin.htm(三河の植物観察から)
 https://www.pharm.kumamoto-u.ac.jp/yakusodb/detail/003406.php(熊本大学薬学部 / 大学院薬学教育部から)
マルミノヤマゴボウ(丸実の山牛蒡)(ヤマゴボウ科ヤマゴボウ属)「有毒」
 https://matsue-hana.com/hana/maruminoyamagobou.html(松江の花図鑑から)
 https://mikawanoyasou.org/data/maruminoyamagobou.htm(三河の植物観察から)
 http://saragamine.web.fc2.com/ma/ma/maruminoyamagobou/maruminoyamagobou.html(皿ヶ嶺の植物図鑑から)
サワギク
ハハコグサ

☆茎期(新芽新葉)
シコクブシ(四国附子)(キンポウゲ科トリカブト属)「有毒」
 http://saragamine.web.fc2.com/sa/si/sikokubusi/sikokubusi.html(皿ヶ嶺の植物図鑑から)
 https://www.ne.jp/asahi/photo/takeno/yasou/shi/shikokubushi.html(徳島の滝・風景写真のページから)
 http://hanamist.sakura.ne.jp/flower/riben/kinpou/sikokubusi.html(野の花賛花から)
ウバユリ
キバナアキギリ
イタドリ
ミツバ
ムラサキニガナ
イワタバコ
モミジガサ
ヨシノアザミ
ヤマジノホトトギス
ヨウシュヤマゴボウ「有毒」
カラムシ
タケニグサ「有毒」
ボタンヅル「有毒」
キンミズヒキ?

☆実期(花後)
イワボタン(岩牡丹)(ユキノシタ科ネコノメソウ属)
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%AF%E3%83%9C%E3%82%BF%E3%83%B3(ウィキペディアから)
 https://mirusiru.jp/nature/flower/iwabotan(mirusiru.jpから)
 http://www.jplants.sakura.ne.jp/iwabotan.html(Tam's素人植物図鑑から)
ハシリドコロ「有毒」
ヤマネコノメソウ
ヤマルリソウ
エイザンスミレ
シハイスミレ
フキ
メハジキ
スイバ


木本

☆花期
ツルウメモドキ(蔓梅擬)(ニシキギ科ツルウメモドキ属)
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%84%E3%83%AB%E3%82%A6%E3%83%A1%E3%83%A2%E3%83%89%E3%82%AD(ウィキペディアから)
 https://matsue-hana.com/hana/turuumemodoki.html(松江の花図鑑から)
 https://flora-of-mikawa.sakura.ne.jp/data/turuumemodoki.htm(三河の植物観察から)
 https://www.ootk.net/cgi/shikihtml/shiki_363.htm(四季の山野草から)
ヤブウツギ(薮空木)(タニウツギ科タニウツギ属)
 https://mikawanoyasou.org/data/yabuutugi.htm(三河の植物観察から)
 http://saragamine.web.fc2.com/ya/ya/yabuutugi/yabuutugi.html(皿ヶ嶺の植物図鑑から)
 http://kobenohana.ec-net.jp/28syokuyarawa/yabuutugi506.html(神戸付近の野草・樹木の観察紀行から)
サンショウ(山椒)(ミカン科サンショウ属)
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%82%A6(ウィキペディアから)
 https://matsue-hana.com/hana/sansyou.html(松江の花図鑑から)
 https://mikawanoyasou.org/data/sanshou.htm(三河の植物観察から)
 http://saragamine.web.fc2.com/sa/sa/sanshou/sanshou.html(皿ヶ嶺の植物図鑑から)
コウゾ(楮,栲)(クワ科コウゾ属)
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%82%A6%E3%82%BE(ウィキペディアから)
 https://mikawanoyasou.org/data/kouzo.htm(三河の植物観察から)
 https://www.uekipedia.jp/%E8%90%BD%E8%91%89%E5%BA%83%E8%91%89%E6%A8%B9-%E3%82%AB%E8%A1%8C/%E3%82%B3%E3%82%A6%E3%82%BE/(庭木図鑑 植木ペディアから)
ガマズミ(莢蒾)(レンプクソウ科ガマズミ属)
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%83%9E%E3%82%BA%E3%83%9F(ウィキペディアから)
 https://matsue-hana.com/hana/gamazumi.html(松江の花図鑑から)
 https://mikawanoyasou.org/data/gamazumi.htm(三河の植物観察から)
 http://www.forest-akita.jp/data/2017-jumoku/45-gamazumi/gamazumi.html(あきた森づくり活動サポートセンターから)
スダジイ(すだ椎)(ブナ科シイ属)
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%80%E3%82%B8%E3%82%A4(ウィキペディアから)
 https://www.matsue-hana.com/hana/sudajii.html(松江の花図鑑から)
 https://mikawanoyasou.org/data/sudajii.htm(三河の植物観察から)
 http://www.jugemusha.com/jumoku-zz-sudajii.htm(木のぬくもり・森のぬくもりから)
ヤマフジ(山藤)(マメ科フジ属)
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%83%95%E3%82%B8(ウィキペディアから)
 https://matsue-hana.com/hana/yamahuji.html(松江の花図鑑から)
 https://mikawanoyasou.org/data/yamahuji.htm(三河の植物観察から)
ノイバラ(野茨)(バラ科バラ属)
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%82%A4%E3%83%90%E3%83%A9(ウィキペディアから)
 https://www.matsue-hana.com/hana/noibara.html(松江の花図鑑から)
 https://mikawanoyasou.org/data/noibara.htm(三河の植物観察から)
アケビ
ヤブツバキ(ツバキ)
コナラ?

☆蕾期
ミヤマガマズミ(深山莢蒾)(レンプクソウ科ガマズミ属)
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%82%AC%E3%83%9E%E3%82%BA%E3%83%9F(ウィキペディアから)
 https://www.matsue-hana.com/hana/miyamagamazumi.html(松江の花図鑑から)
 https://mikawanoyasou.org/data/miyamagamazumi.htm(三河の植物観察から)
 http://zasshonokuma.web.fc2.com/magyo/mi/miyamagamazumi/miyamagamazumi.html(木々@岸和田から)
カマツカ(鎌柄)(バラ科カマツカ属)
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%9E%E3%83%84%E3%82%AB_(%E6%A4%8D%E7%89%A9)(ウィキペディアから)
 https://matsue-hana.com/hana/kamatuka.html(松江の花図鑑から)
 https://mikawanoyasou.org/data/kamatuka.htm(三河の植物観察から)
テイカカズラ(定家葛)(キョウチクトウ科テイカカズラ属)「有毒」
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%82%A4%E3%82%AB%E3%82%AB%E3%82%BA%E3%83%A9(ウィキペディアから)
 https://www.matsue-hana.com/hana/teikakazura.html(松江の花図鑑から)
 https://mikawanoyasou.org/data/teikakazura.htm(三河の植物観察から)
ネズミモチ(鼠糯,鼠黐)(モクセイ科イボタノキ属)
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8D%E3%82%BA%E3%83%9F%E3%83%A2%E3%83%81(ウィキペディアから)
 https://matsue-hana.com/hana/nezumimoti.html(松江の花図鑑から)
 https://mikawanoyasou.org/data/nezumimoti.htm(三河の植物観察から)
クマノミズキ
ハゼノキ「有毒」
ウツギ

☆茎期(新芽新葉)
アカメガシワ(赤芽槲,赤芽柏)(トウダイグサ科アカメガシワ属)
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%82%AC%E3%82%B7%E3%83%AF
 https://matsue-hana.com/hana/akamegasiwa.html(松江の花図鑑から)
 https://mikawanoyasou.org/data/akamegasiwa.htm(三河の植物観察から)
アオツヅラフジ「有毒」
フユイチゴ
タラノキ
コアカソ
イロハモミジ(イロハカエデ)
ヌルデ「有毒」
カラスザンショウ
ナワシログミ
シロダモ

☆実期(花後)
ミツマタ
ムベ
クサイチゴ
アオキ
シロモジ
ケクロモジ


昆虫

ミヤマカラスアゲハ(烏揚羽)(アゲハチョウ科アゲハチョウ属)
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%82%A2%E3%82%B2%E3%83%8F(ウィキペディアから)
 https://www.insects.jp/kon-tyomiyamaka.htm(昆虫エクスプローラから)
 https://konchu-zukan.info/miyamakarasuageha.php(昆虫図鑑から)
 https://butterfly-of-japan.com/miyamakarasuageha/(choublogから)
 http://www.forest-akita.jp/data/konchu/10-kuroageha/kuro-ageha.html(あきた森づくり活動サポートセンターから)
セスジハリバエ(ヤドリバエ科)
 https://www.insects.jp/kon-haesesujihari.htm(昆虫エクスプローラから)
 https://mushinavi.com/navi-insect/data-hae_hari_sesuji.htm(虫ナビから)
 http://yurinoki.main.jp/musi2/sesujiharibae.html(自然工房ゆりの木から)
ナミハナアブ(並花虻)(ハナアブ)(ハナアブ科ナミハナアブ属)
 https://www.insects.jp/kon-abuhana.htm(昆虫エクスプローラから)
 http://fukumitu.sakura.ne.jp/insect/NamiHanaAbu_.html(福光村昆虫記から)
 http://naturalism-2003.com/kansatsu/animal/insect/hae_diptera/namihanaabu.html(自然観察雑記帳から)
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%8A%E3%82%A2%E3%83%96(ウィキペディアから)
ダイミョウキマダラハナバチ(コシブトハナバチ科)
 https://www.insects.jp/kon-hatikimadarahana.htm(昆虫エクスプローラから)
 http://kitaibaraki987.blog.fc2.com/blog-entry-1234.html(北茨城周辺の生き物から)
 https://mushinavi.com/navi-insect/data-hati_kimadarahana_daimyou.htm(虫ナビから)
 https://insect.design/hachimoku/mitsubachika/daimyoukimadarahanabachi(ムシミルから)
 http://zatta.rakusaba.jp/insect/i-ht/0042.htm(ZATTAなホームページから)
ヒメハチモドキハナアブ(ハナアブ科)
 http://zatta.rakusaba.jp/insect/i-he/0022.htm(ZATTAなホームページから)
 http://tokyoinsects.web.fc2.com/diptera/himehachimodokihanaabu.html(東京昆虫館から)
コアオハナムグリ(小花潜)(コガネムシ科ハナムグリ属)
 https://www.insects.jp/kon-koganekoaohana.htm(昆虫エクスプローラから)
 https://mushinavi.com/navi-insect/data-kogane_koaohana.htm(虫ナビから)
 http://fukumitu.sakura.ne.jp/insect/syu_k/KoaoHanamuguri_.html(福光村昆虫記から)
 http://www.cgr.mlit.go.jp/ootagawa/Bio/terrest/index202.htm(国土交通省 中国地方整備局から)
オオマルハナバチ(ミツバチ科)
 https://www.insects.jp/kon-hatioomaruhana.htm(昆虫エクスプローラから)
 http://www.forest-akita.jp/data/konchu/03-maruhana/maruhana.html(あきた森づくり活動サポートセンターから)
ハンミョウ(斑猫)(ナミハンミョウ)(オサムシ科ハンミョウ属)
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%9F%E3%83%A7%E3%82%A6(ウィキペディアから)
 https://www.insects.jp/kon-hanmyohanmyo.htm(昆虫エクスプローラから)
 https://insect.design/koutyumoku/osamushika/hanmyou(虫の写真と生態なら昆虫写真図鑑「ムシミル」から)
ヒメアメンボ(アメンボ科)
 https://www.insects.jp/kon-suikamehimeame.htm(昆虫エクスプローラから)
 https://mushinavi.com/navi-insect/data-amenbo_hime.htm(虫ナビから)
 https://www.naturalism-2003.com/kansatsu/animal/insect/kamemushi_hemiptera/kamemushi/himeamenbo.html(自然観察雑記帳( 総合オンライン図鑑 )から)
ウスシロエダシャク(シャクガ科)
 http://www.jpmoth.org/Geometridae/Ennominae/Ectropis_obliqua.html(【みんなで作る日本産蛾類図鑑V2】から)
 https://mushinavi.com/navi-insect/data-ga_edasyaku_usujiro.htm(虫ナビから)


爬虫類

ニホンマムシ(日本蝮)(マムシ)(クサリヘビ科マムシ属)「有毒」
 MAWA ハンガー 滑らない 衣類 ノンスリップ 省スペース ドイツ 収納 レディース メンズ 男性 女性 最安値挑戦中 【GWもあす楽】 [全品送料無料] マワ Mawa ハンガー エコノミック 30cm~46cm 各20本セット Economic 30/P 36/P 40/P 46/P マワハンガー まとめ買い 機能的 新生活 すべらない ドイツ シルバー おしゃれ スリム あす楽(ウィキペディアから)
 https://www.insects.jp/kon-hebinihonmamusi.htm(昆虫エクスプローラから)
 https://tonysharks.com/Tree_of_life/Eukaryote/Opisthokonta/Nihonmamushi/Nihonmamushi.html(生きもの好きの語る自然誌から)
 https://www.nara-edu.ac.jp/ECNE/kaerhebi/kaisetu/mamusi.htm(奈良教育大学から)
 https://kiken.etc64.com/mamushi/(危険生物MANIAXから)
シマヘビ(縞蛇)(ナミヘビ科ナメラ属)
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%9E%E3%83%98%E3%83%93(ウィキペディアから)
 https://hatyu.info/shimahebi.php(両生類と爬虫類の種類 | 爬虫類図鑑から)
 https://mirusiru.jp/nature/animal/shimahebi(mirusiru.jp から)
ニホントカゲ(日本蜥蜴)(トカゲ)(トカゲ科トカゲ属)
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%9B%E3%83%B3%E3%83%88%E3%82%AB%E3%82%B2(ウィキペディアから)
 https://www.insects.jp/kon-tokagenihon.htm(昆虫エクスプローラから)
 https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~main/index.php/%E3%83%8B%E3%83%9B%E3%83%B3%E3%83%88%E3%82%AB%E3%82%B2(広島大学から)
ニホンカナヘビ(カナヘビ)(カナヘビ科カナヘビ属)
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%9B%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%8A%E3%83%98%E3%83%93(ウィキペディアから)
 https://www.insects.jp/kon-tokagenihonkanahebi.htm(昆虫エクスプローラから)
 https://amaru.me/animal/takydromus-tachydromoides/(動物図鑑から)


両生類

タゴガエル(アカガエル科アカガエル属)
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%82%B4%E3%82%AC%E3%82%A8%E3%83%AB(ウィキペディアから)
 http://kaerutanteidan.jp/index.php/database/2014-03-27-17-42-12/22-rana/67-ranatago(両生類保全研究資料室から)
 https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~main/index.php/%E3%82%BF%E3%82%B4%E3%82%AC%E3%82%A8%E3%83%AB(広島大学から)
 https://www.nikko.us/frogs/tagogaeru.html(たくき よしみつ が紹介する日光の情報から)


甲殻類

サワガニ(沢蟹)(サワガニ科サワガニ属)
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%AF%E3%82%AC%E3%83%8B(ウィキペディアから)
 https://orbis-pictus.jp/article/sawagani.php(目に見えるいきもの図鑑から)
 https://kurashi-no.jp/I0019392(暮らし〜のから)


ウィキペディアから
 東温市;https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E6%B8%A9%E5%B8%82
 四国電力;https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9B%E5%9B%BD%E9%9B%BB%E5%8A%9B
 四国電力送配電;https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9B%E5%9B%BD%E9%9B%BB%E5%8A%9B%E9%80%81%E9%85%8D%E9%9B%BB
 電力系統;https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E5%8A%9B%E7%B3%BB%E7%B5%B1
 送電;https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%81%E9%9B%BB
 電線路;https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E7%B7%9A%E8%B7%AF
 動物咬傷;https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8B%95%E7%89%A9%E5%92%AC%E5%82%B7
 ヘビ毒;https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%93%E6%AF%92
 毒蛇;https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AF%92%E8%9B%87
 石鎚山脈;https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E9%8E%9A%E5%B1%B1%E8%84%88
 停電;https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%81%9C%E9%9B%BB?msclkid=502de191a8a111eca0544c4231639ebd

山好きのための登山情報サイト - ヤマケイオンライン - 山と溪谷社から
 はじめての登山 - 初心者の登山 - 登山を始めるための登山初心者へのノウハウ&ハウツーが満載! Yamakei Online - 山と渓谷社;http://www.yamakei-online.com/beginners/

福原のページ(植物形態学・分類学など)から
 植物形態学;https://ww1.fukuoka-edu.ac.jp/~fukuhara/keitai/index.html

四国電力から
 四国電力の送電線の系統図
 系統アクセス情報の公表|四国電力送配電;https://www.yonden.co.jp/nw/line_access/index.html
 系統空容量マップ・運用容量(187kV以上系統)[2020年4月24日更新];https://www.yonden.co.jp/nw/assets/line_access/mapping1.pdf
 系統空容量マップ(66・110kV以下系統)(愛媛);https://www.yonden.co.jp/nw/assets/line_access/mapping2_ehime.pdf
 系統構成、予想潮流(1年度目、5年度目);https://www.yonden.co.jp/nw/assets/line_access/keitoukousei_yosouchouryu.pdf

株式会社タワーライン・ソリューションから
 架空送電線の話;https://www.k-tls.co.jp/overhead-tml/

一般社団法人 電気学会から
 電気の知識を深めようシリーズ;http://www.ieej.org/denki/
 1.電気とは何だろう;http://www.ieej.org/denki/pdf/denki_vol01_ver02_sp.pdf
 2.私達の身近にある電気;http://www.ieej.org/denki/pdf/denki_vol02_ver02_sp.pdf
 3.電気の基本を考えてみよう;http://www.ieej.org/denki/pdf/denki_vol03_ver02_sp.pdf
 4.電気をつくる;http://www.ieej.org/denki/pdf/denki_vol04_sp.pdf
 5.電気を送る・配る;http://www.ieej.org/denki/pdf/denki_vol05_sp.pdf
 6.電気を貯める;http://www.ieej.org/denki/books/denki_vol06_ver02.pdf
 7.スマートに安全・確実に電気を使う;http://www.ieej.org/denki/pdf/denki_vol07_sp.pdf


余談:四国電力送配電の送電鉄塔カード

四国電力送配電が鉄塔カードとして4枚1組のカードを発行しました。
ダムカードとかがあるからその流れとしての鉄塔カードの発行かも知れません。
がしかし、たった4枚では、コレクターの興味をあまり引かないと思われます。
少なくとも、四国電力送配電の超高圧(187kV以上)の送電線あたり1枚は欲しいところです。
裏面の説明が参考になるだけに・・・
ただ、ダムなどと違って多くの送電鉄塔は車では行けないとこにあるので、一般の人にとって親近感はいまいちといえないこともないです。
そんなことで鉄塔マニアは少ないと思われるのでコレクターもまた少ないでしょう。
鉄塔カードより送電鉄塔巡礼マップとかあるとマニアが増えるかも・・・

鉄塔カードについて|四国電力送配電;https://www.yonden.co.jp/nw/transmissiontower-card/index.html
鉄塔カードの制作および販売開始について ;https://www.yonden.co.jp/nw/press/2021/__icsFiles/afieldfile/2021/05/17/npr003.pdf
(以上、四国電力送配電から)

他の電力送配電会社でも鉄塔カードを出しているようです。
鉄塔カードについて | 会社情報 | 関西電力送配電株式会社;https://www.kansai-td.co.jp/corporate/transmission-tower-card/(関西電力送配電から)
茨城県版「鉄塔カード」と「ラインマンカード」の作成について|プレスリリース・お知らせ一覧|東京電力パワーグリッド株式会社;https://www.tepco.co.jp/pg/company/press-information/press/2021/1611075_8616.html(東京電力パワーグリッドから)
など


余談2:電柱の立替

2022年2月8日(火)に電柱1本の立替工事がありました。
A点にある電柱の位置をB点にするという立替工事なので移転という形です。
とはいっても旧電柱を持ってくるということではないです。
B点にはすでに電柱が立てられており、A点にある電線を外してB点にある電柱に新たに電線を張りA点の電柱を撤去するということです。
事前に停電する家庭は「停電のお知らせ」というちらしが配られていました。
それによると、停電する時間は10時30分から12時20分までの予定です。
 停電のお知らせのちらし
  

電柱には上部に6600Vの高圧線があり、その高圧線から適宜に変圧器(トランス)で100Vに降下して各家庭に配電しているとのことです。
だから、高圧線が断線したらかなり広範囲な停電となります。
が、今回は高圧線は移動だけなので変圧器から配電している数軒の家庭が停電となります。

作業員は6名で、2名が交通整理で4名が電柱の立替の作業を行ないました。
高所作業車は2台です。
まず、高所作業車を使いA点の高圧線をB点の電柱に移します。
6600Vだから作業者は対絶縁の手袋をして作業します。
それでも、電線の被膜が破れていたりしたら、びりっとくるそうです。
感電するというよりそのびりっに驚いてしまうでしょう。
だから、気持ちのいい作業ではないと言っていました。
高圧線の移設が終わったら100Vの配電線の作業となります。
配電線は家庭までの位置が変わるということで、切ったりつないだりするので、ここから停電となります。
高所作業車を使いながら、100Vの配電線を要所要所に接続していきます。

100Vの配電線の接続が終わると各家庭に電気が正常に接続されているか確認します。
それが終わると通電します。

A点の電柱は抜き取り、その穴を埋めて、電柱をトラックに積んで持ち帰りすべての作業は完了です。

今回は当事者なので、作業の一部始終を見れて面白かったです。
こんな風に作業をするんだというのがよく分かりました。

あと、電柱には上り下りするために足や手をかける足場ボルトがあるが、この足場ボルトは作業者以外が上れないように2mくらいの高所から始まっています。
だから作業者はどうやって上るのかなと思っていたのだが、今回これが見れました。
折りたたみ式のはしごがあってこれを最初の足場ボルトのひっかけてはしごにして上っていました。
もちろん、上るには胴綱と安全帯をつけます。


余談3:今年の土筆(つくし)

2022年3月12日(土)に今年も土筆を採りに行ってきました。
ここ3~4年は同じとこで採っているのだが、今年は例年に比べて土筆が少なかったです。
ある場所などはまったくなく、また有るとこでも例年の1/3から1/4くらいでした。
そして今年の土筆は例年に比べて背も低いし細いです。
これはどういうことでしょうか。
特にある箇所だけということではなく全体的に少ないということで、何らかの気候などの環境が影響しているのでしょうか。
時期的に遅いとか早いとかはないと思います。
大体、3月の上旬あるいは中旬に採っていました。
来年どうなるかで何かが見えてくるかもしれません。
とはいっても、わたしが食べるには十分な量を採れました。
例年は採っても採ってもあるって感じで採り疲れをするくらいでしたから。


本記事の参考HP一覧
ウィキペディア(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8
松江の花図鑑(島根県松江市の野草樹木シダの名前が分かる植物花図鑑)(https://matsue-hana.com/
三河の植物観察(https://mikawanoyasou.org/index.shtml
皿ヶ嶺の植物図鑑(http://saragamine.web.fc2.com/
徳島の滝・風景写真のページ(https://www.ne.jp/asahi/photo/takeno/index.html
野の花賛花(http://hanamist.sakura.ne.jp/index.html
西宮の湿生・水生植物(http://plants.minibird.jp/index.html
四季の山野草(https://www.ootk.net/shiki/
mirusiru.jp | 神奈川県南部「湘南・鎌倉・三浦半島」の花暦(https://mirusiru.jp/
Tam's素人植物図鑑(http://www.jplants.sakura.ne.jp/index.html
優しい雨(https://pino330.com/
熊本大学薬学部 / 大学院薬学教育部(https://www.pharm.kumamoto-u.ac.jp/
木のぬくもり・森のぬくもり(http://www.jugemusha.com/jumokuF.htm
神戸付近の野草・樹木の観察紀行(http://kobenohana.ec-net.jp/index.html
あきた森づくり活動サポートセンター | モリエールあきた/森と水の郷あきた(http://www.forest-akita.jp/
木々@岸和田(http://zasshonokuma.web.fc2.com/index.html
庭木図鑑 植木ペディア(https://www.uekipedia.jp/
昆虫エクスプローラ(https://www.insects.jp/
虫の写真と生態なら昆虫写真図鑑「ムシミル」(https://insect.design/
生きもの好きの語る自然誌(https://tonysharks.com/index.html
奈良教育大学(https://www.nara-edu.ac.jp/
福光村昆虫記(http://fukumitu.sakura.ne.jp/insect/_index.html
自然観察雑記帳( 総合オンライン図鑑 )(http://naturalism-2003.com/index.htm
大阪市とその周辺の蝶(http://butterflyandsky.fan.coocan.jp/main.html
虫ナビ(https://mushinavi.com/
国土交通省 中国地方整備局(http://www.cgr.mlit.go.jp/
自然工房ゆりの木(http://yurinoki.main.jp/index.html
危険生物MANIAX(https://kiken.etc64.com/
【みんなで作る日本産蛾類図鑑V2】(http://www.jpmoth.org/
ZATTAなホームページ(http://zatta.rakusaba.jp/index.htm
東京昆虫館(http://tokyoinsects.web.fc2.com/index.html
北茨城周辺の生き物(http://kitaibaraki987.blog.fc2.com/
昆虫図鑑 | 種類と特徴を調べる図鑑(https://konchu-zukan.info/
choublog | 趣味で取り組んでいることを紹介するブログです!(https://butterfly-of-japan.com/
両生類と爬虫類の種類 | 爬虫類図鑑(https://hatyu.info/
広島大学(https://www.hiroshima-u.ac.jp/
動物図鑑(https://amaru.me/animal/
両生類保全研究資料室(http://kaerutanteidan.jp/
たくき よしみつ が紹介する日光の情報 nikko.us(https://www.nikko.us/
ナガレタゴガエルの部屋・繁殖行動の観察会(https://www.ranasakuraii.com/top.htm
目に見えるいきもの図鑑(https://orbis-pictus.jp/index.php
暮らし〜の | アウトドア暮らしのウェブマガジン暮らし~の[クラシーノ](https://kurashi-no.jp/
ついでの鳥見人のField note(http://takibi-club.a.la9.jp/index.html
【生活110番】暮らしの中の「困った!」を解決します(https://www.seikatsu110.jp/
救命救急センター 東京医科大学八王子医療センター(https://qq8oji.com/
鳥取市立病院(https://hospital.tottori.tottori.jp/
医師・病院と患者をつなぐ医療検索サイト | メディカルノート(https://medicalnote.jp/
一般社団法人 福山市医師会(https://www.fmed.jp/cnt/
J-STAGE Home(https://www.jstage.jst.go.jp/
高松赤十字病院 - 日本赤十字社 [香川県](https://www.takamatsu.jrc.or.jp/
ジャパン・スネークセンター(https://www.snake-center.com/
WWFジャパン(https://www.wwf.or.jp/
環境省(http://www.env.go.jp/
MEDDIC(https://meddic.jp/index.php/%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8
日刊ゲンダイヘルスケア(https://hc.nikkan-gendai.com/
ダイビングと生き物の写真ブログ3~魚・鳥・花・蝶・トンボなどなど(https://blog.goo.ne.jp/assistyanagi2015
お山へ行こう!(https://angelcymeeke.web.fc2.com/
YouTube(https://www.youtube.com/
日本語不思議辞典 | 語源・漢字・類語・季語・由来・読み方・使い分け(https://wisdom-box.com/
まぐまぐニュース!第一線の専門家たちがニッポンに「なぜ?」を問いかける(https://www.mag2.com/p/news/
魚の食べ方探求(https://seafood-reference.com/
雑学unun – 日本最大級の雑学サイト 役立つ雑学満載(https://zatugakuunun.com/
大修館書店:漢字文化資料館(https://kanjibunka.com/
TECH COMPASS 山洋電気|現場課題を,解決へと導く技術がみつかる(https://techcompass.sanyodenki.com/jp/index.html
経済産業省・資源エネルギー庁(https://www.enecho.meti.go.jp/
公益社団法人 日本電気技術者協会(https://www.jeea.or.jp/
電力広域的運営推進機関ホームページ(https://www.occto.or.jp/
GSI HOME PAGE - 国土地理院ホーム(https://www.gsi.go.jp/top.html
goo地図(https://map.goo.ne.jp/
地図検索ならMapion(http://www.mapion.co.jp
愛媛県庁公式ホームページ(https://www.pref.ehime.jp/
山好きのための登山情報サイト - ヤマケイオンライン - 山と溪谷社(https://www.yamakei-online.com/
福原のページ(植物形態学・分類学など)(https://ww1.fukuoka-edu.ac.jp/~fukuhara/index.html
株式会社タワーライン・ソリューション(https://www.k-tls.co.jp/
一般社団法人 電気学会(https://www.iee.jp/
関西電力送配電(https://www.kansai-td.co.jp/
東京電力パワーグリッド(https://www.tepco.co.jp/pg/index-j.html
グーグルマップ(https://www.google.co.jp/maps/


オウギカズラ
 蕾です。
  

タニギキョウ
   
   
   

ジロボウエンゴサク
   
   
 

マルバコンロンソウ
   
  

ジャニンジン
  

ホウチャクソウ
   
 

ノアザミ
   
   
  

オニタビラコ
   
  

ニワゼキショウ
   

シラユキゲシ
   
   
 

ナルコユリ
 蕾です。
   
  

トチバニンジン
 蕾です。
   
 

マルミノヤマゴボウ
 蕾です。
   
   

シコクブシ
 新葉新茎です。
   
   

イワボタン
 実です。
   
    

ツルウメモドキ
   
   
  

ヤブウツギ
   
   
 

サンショウ
   
   

コウゾ
   
   
   

ガマズミ
  

ミヤマガマズミ
 蕾です。
   
   

スダジイ
   
  

ヤマフジ
   
   
  

ノイバラ
   

カマツカ
 蕾です。
   

テイカカズラ
 蕾です。
   

ネズミモチ
 蕾です。
   

アカメガシワ
 新芽新葉です。
   
  

ミヤマカラスアゲハ
   
   
   
   
   
   

セスジハリバエ
 

ナミハナアブ
   
   

ダイミョウキマダラハナバチ
   
   

ヒメハチモドキハナアブ
   
 
コアオハナムグリ
   
  

オオマルハナバチ
   

ハンミョウ
   
   
   
 

ヒメアメンボウ
   
  

ウスシロエダシャク
   
 


Enterに戻る


スポンサーサイト



クララ・タウソンさん 1回戦 勝利 カタール・トータル・オープンテニス 2022年2月20日(日)(ろぷろす暦2022年2月24日(日))

クララ・タウソンさんが、ベリンダ・ベンチッチさんを破って1回戦に勝利しました。
クララ・タウソンベリンダ・ベンチッチということで、楽しんで見ました。
お互いそれなりに持ち味を出した試合だと思います。
ただ、1回戦での対戦だったので惜しい気もあります。
負けた方は、ランキングポイントを獲得できないからです。
出来れば、準々決勝以降で対戦して欲しかったというところです。

クララ・タウソン(Clara Tauson)さんが、カタール・トータル・オープンテニス(Qatar TotalEnergies Open,カタール/ドーハ,本戦2022年2月20日(月)~2月26日(土),ハードコート,WTA1000)において、2月20日(日)に行われたシングルス本戦1回戦にてベリンダ・ベンチッチ(Belinda Bencic)さんを6-4,3-6,6-3で破りました。


第1セットの第1ゲームがベリンダ・ベンチッチさんのサービスで始まると、ベンチッチさんは40-0のラブゲームでキープします。
クララ・タウソンさんは第2ゲームをサーブで40-0とし2つ返されるも40-30でキープします。
ベンチッチさんは第3ゲームも40-0のラブゲームでキープしタウソンさんに付け入る隙を与えません。
タウソンさんも第4ゲームを40-15でキープします。
どちらも出だしはいい感じです。
タウソンさんはベンチッチさんのサービスゲームでは第5ゲームでやっと1ポイント奪うがここもベンチッチさんが40-15でキープします。
そうすると、先に崩れたのはタウソンさんで、ダブルフォールトありでベンチッチさんが40-0と3つのブレークポイントを握ると40-15であっさりとブレークしゲームカウント4-2と先行します。
しかし、好事魔多しという感じかブレークの直後のブレークバックということで第7ゲームでタウソンさんは40-15と2つのブレークポイントを握るとこれをものにします。
タウソンさんは第8ゲームは40-15でキープしゲームカウントを4-4のイーブンとします。
そうすると、第9ゲームをなんと40-0のラブゲームでブレークして、サービングフォーザセットの第10ゲームを迎えます。
タウソンさんは第10ゲームをエース3本を放って40-0のラブゲームでキープしてゲームカウント6-4でこのセットを取ります。

勝負の綾ってほんとよく分からないです(笑)
第6ゲームでベンチッチさんがブレークしてゲームカウント4-2としたとこまでは完全にベンチッチさんの流れでこのままベンチッチさんがこのセットを取ると思っていました。
だって、ベンチッチさんのここまでのサービスゲームは40-0,40-0,40-15でどう見てもタウソンさんに付け入る隙はないように見えました。
それが、ブレークした直後に同じスコアの40-15でブレークバックされると、その後はあれよあれよという間にタウソンさんにゲームを3連取されてしまいます。
しかも、40-15,40-0,40-0という一方的なスコアでです。
この一方的なスコアになったのは、見た目ではベンチッチさんの悪い癖が出て頭に血が上って冷静さを欠き力んで手打ちになりサーブもストロークもコントロールが悪くなっていたからです。
第6ゲームまではサーブもストロークもコントロールが良くまた相手を良く見ていてドロップショットなども使っていたのにです。
このセットのベンチッチさんはジキルとハイドでした。
ブレークした直後にブレークバックされるのはなぜなのでしょうか。
なかなかブレーク出来ない相手からブレーク出来たのということから勝ちが見えてきたので、ほっとして気が緩んだり勝とうと力んだりあるいは守りに入ったりするのでしょうか。
よく分からないが、第7ゲームをブレークバックされて自分に腹を立てたのか頭に血が上って冷静さを欠いてしまったようです。
こうなれば、タウソンさんはお付き合いせずに普通に自分のテニスをするだけです。
そんなことで、ベンチッチさんの自滅という感じでタウソンさんが第1セットを取りました。

第2セットの第1セットもベンチッチさんのサービスゲームで始まると、タウソンさんの流れという感じでタウソンさんが40-15と2つのブレークポイントを握るもここはベンチッチさんがしのぎデュースとするも結局A-40でタウソンさんが幸先よくブレークします。
タウソンさんは第2ゲームも40-0と3つのゲームポイントを握るもここからベンチッチさんにポイントを5連取されてブレークパックされます。
タウソンさんは第3ゲームでA-40と再びブレークポイントを握るもこれをしのがれと、ベンチッチさんがA-40でキープします。
そうすると、第4ゲームではベンチッチさんが40-30でブレークポイントを握るとこれをものにし再度ブレークします。
ベンチッチさんは第5ゲームでA-40と2度ブレークポイントを握られるもこれをしのぐとここもA-40でキープしゲームカウント4-1とリードします。
タウソンさんは第6ゲームを40-0のラブゲームでキープすると、ベンチッチさんも40-15でキープします。
タウソンさんが第8ゲームをA-40でキープしたので、ベンチッチさんはサービングフォーザセットの第9ゲームを迎えます。
ベンチッチさんは第9ゲームを冷静にプレーして40-30でキープしゲームカウント6-3でこのセットを取ってセットカウントを1-1のイーブンにします。

第2セットは第1セットと似たスコアになったかと思います。
第1セットは先にブレークしたベンチッチさんがその後連続で2ブレークされてセットを取られ、第2セットは先にブレークしたタウソンさんがその後連続で2ブレークされてセットを取られたからです。
まぁ、第2セットをベンチッチさんが取ったのは落ち着いてプレーをしたからということでしょう。
この2人の経験や力量を考えると、だいたい第2セットのような結果になるといえます。
お互いせめぎ合いをした末にわずかな差でベンチッチさんに軍配が上がるということでしょう。
こうなれば第3セットは、ベンチッチさんがどれだけ冷静に戦えるかだし、タウソンさんはどれだけベンチッチさんに頭に血を上らせ自滅に追い込むかということです。
そんなことを考えると、当然ここでタウソンさんはトイレットブレークを取るでしょう。
トイレットブレークを取っていったん気持ちをリセットし、今日の2セットの反省から傾向と対策を立てます。
その傾向と対策にはベンチッチさんの性格も入っているでしょう。
ベンチッチさんは調子がいいと早く試合をしたいと寸暇を惜しんでコートに入ります。
この時もタウソンさんのトイレットブレークを待ち切れず、コートに出て熊のようにあっちこっちと歩き回っていました。
ここらへんどっしりとベンチに腰掛けて試合の傾向と対策を練ればいいのにと思うのだが・・・
これで第3セットの第1ラウンドはタウソンさんの有利となりました。

第3セットの第1ゲームがタウソンさんのサービスゲームで始まると、タウソンさんは40-15でキープします。
ベンチッチさんは第2ゲームを40-30でキープします。
タウソンさんは第3ゲームを40-30でキープします。
そして、第4ゲームで40-15と2つのブレークポイントを握ると1つはしのがれるも40-30でブレークし、ゲームカウント3-1と先行します。
タウソンさんは今度は慎重に第5ゲームを40-0のラブゲームでキープしゲームカウント4-1とリードします。
ベンチッチさんが第6ゲームを40-15でキープするとタウソンさんは再び40-0のラブゲームでキープします。
ベンチッチさんが第8ゲームを40-0のラブゲームでキープしたので、タウソンさんはサービングフォーザマッチの第9ゲームを迎えます。
タウソンさんは第9ゲームも40-15でキープしこのセットをゲームカウント6-3で取って勝利します。

結局、ブレークポイントがあったのは第4ゲームだけで、あとはお互いブレークポイントなしのキープという締まったセットでした。
タウソンさんが一度のチャンスをものにしたということです。
タウソンさんは相手を見たコントロール重視の堅実なテニスをしました。
だから、ミスが少ない分相手にブレークチャンスを与えませんでした。
ベンチッチさんはやはり少し冷静さを欠いた分だけタウソンさんにチャンスを与えたということです。
そういうことではタウソンさんの戦略勝ちといえます。
タウソンさんのずる賢さの本領発揮といえます。
明らかに経験や力量の違う相手にも頭で勝ったといえるでしょう。
今回この2人は初対戦だったので、次の対戦が楽しみです。
ベンチッチさんが今回のことを教訓にするかそれともタウソンさんがそれを上回るずる賢さを発揮するのかです。
ともかく、ベンチッチさんは感情的にならずにテニスが出来るかどうかにかかっています。
性格というのはまたその人の魅力でもあるから直すのは難しいけど・・・

エースとダブルフォールトとウィナーとアンフォーストエラーは、タウソンさんが8(5,2,1)と1(1,0,0)と23(8,7,8)と19(7,7,5)でベンチッチさんが4(1,1,2)と4(1,2,1)と31(8,18,5)と31(9,12,10)です。
第3セットではベンチッチさんはウィナーに対してアンフォーストエラーが倍になっています。
ここらへんはベンチッチさんに少し力みがありまたタウソンさんが球を散らしていたということでしょう。

シングルス本戦1回戦(2月20日(日),本戦第1日,Centre Court第1試合)(1時間57分)
クララ・タウソン(Clara TAUSON,デンマーク,33位) vs. ベリンダ・ベンチッチ(Belinda BENCIC,スイス,22位)は、
クララ・タウソンが6-4,3-6,6-3で勝ちました。
第1セット 0-1,1-1,1-2,2-2,2-3,2-4,3-4,4-4,5-4,6-4(サーブはベンチッチから)
第2セット 1-0,1-1,1-2,1-3,1-4,2-4,2-5,3-5,3-6(サーブはベンチッチから)
第3セット 1-0,1-1,2-1,3-1,4-1,4-2,5-2,5-3,6-3(サーブはタウソンから)


タウソンさんの2回戦は22日(火)に第3シードでWTAシングルスランキング4位のパウラ・バドサ選手との対戦です。
状態が同じならまだタウソンさんにトップ10を倒す力はありません。
タウソンさんが100%でバドサ選手が80%くらいの力でタウソンさんの勝ち目が出るといえるでしょう。
逆に言うとバドサ選手に80%の力しか出させないようにどうやってするかということです。

選手の状態を「上,中,下」と分けて、更にその個々を「上,中,下」と分けるならば、上の上が90%台,上の中が80%台,上の下が70%台,中の上が60%台,中の中が50%台,中の下が40%台,下の上が30%台,下の中が20%台,下の下が10%台といえるかと思います。
そうすると、常に自分の力を上の状態で戦わなければ反省もなにもあったものではありません。
まずは、自分の状態を常に上にすることが最優先の課題となります。
これが出来てこそプロです。

さて、自分の状態を常に上にしていても勝てるということにはなりません。
勝つための変動要因としては大きく3つほどあると思います。
1.対戦相手
2.コート
3.環境

この3つの要因にどれだけ臨機応変に対応できるかということで勝敗が決まってきます。
やはり、要因で一番大きいのは対戦相手でしょう。
対戦相手は人だからその変動は大きいといえます。
基本的に人はみな時空によって違っています。
対戦する時にその都度要因を分析しなければなりません。
コートは基本的にハードとクレーとグラス(芝)ということだが、同じ種類であっても同じものではないのでそのコートで変動要因を知らなければなりません。
環境はある程度固定しているが、その時の温度,湿度,風などが変動要因となります。

これらにどれだけ対処できるかによって勝ちが決まるということになります。
考えて見れば常に勝つためには、才能と気の遠くなるような努力が必要ということです。
とはいっても実際にはそんなことをしていないので、多くは才能とその時の運で勝ち負けが決まっているということなのでしょう。
だから、今のような混沌の時代になっているのでしょう。

まぁ、ともかく出来ることからするということでは、最低でも自分の状態を常に上にしておくということでしょう。
これはかなり自分でコントロール出来ることだからです。
というかコントロールしないといけないことです。
そうでないと自分で納得できる試合は出来ないということになります。

今日のタウソンさんとベンチッチさんは上の中くらいの状態だったと思います。
両者とも持ち味を出した試合でした。
だから、握手の時に両者とも笑っていたのでしょう。

そういう大変な努力を考えるとみんながパワー系に走ったのも分かるといえます。
非常に単純に言えば、パワーテニスは来た球をともかく思い切り打てばポイントが取れるということだから、特に七面倒臭いなことは考えなくてもいいといえます。
だから、猫も杓子もパワーテニス礼賛になったといえます。
しかし、このパワーテニスはほんと力という才能で決まってしまいます。
もっともパワーがあるものが勝ってしまいます。
柔よく剛を制すではないです。
剛よく剛を制すです。
ここらへんにも日本選手が勝てない一因があるのかも知れません。


WTAから
Tauson upsets Bencic in Doha debut;https://www.wtatennis.com/news/2495065/tauson-upsets-bencic-in-doha-debut

Youtubeから
Belinda Bencic vs. Clara Tauson | 2022 Doha Round 1 | WTA Match Highlights - YouTube(https://www.youtube.com/watch?v=8dmkcw2z27Y
 


追記(2022.2.23.水):クララ・タウソンさん 2回戦 敗退

完敗でした。

クララ・タウソン(Clara Tauson)さんは、カタール・トータル・オープンテニスにおいて、2月22日(火)に行われたシングルス本戦2回戦にてパウラ・ダドサ選手に1-6,2-6で負けました。

パウラ・バドサ選手はスペインの第3シードでWTAシングルランキング4位です。

クララ・タウソンさんがバドサ選手に勝つには調子の比率でタウソンさんが100%とするならでバドサ選手が80%くらいで勝ちが見えてくると思っていたが、今日はこれが逆でバドサ選手が100%とするならタウソンさんは80%くらいでした。
これではこの結果もいたしかたないです。
バドサ選手はサーブもストロークも威力がありコントロールも良かったのでほぼ完璧のテニスをしたと思われます。
このバドサ選手にタウソンさんは防戦一方という感じになりアンフォーストエラーも25と多かったです。
アンフォーストエラーの多い時のタウソンさんはリズムを崩しているときです。
結局最後まで攻略方法を見つけられなかったということです。

タウソンさんは優勝した時のリヨン(http://seink5.blog33.fc2.com/blog-entry-5625.html)でバドサ選手と準決勝で対戦し7-5.6-1で勝っているが、今回はリベンジされたということになりました。
リヨンの時はタウソンさんが139位でバドサ選手が73位で、この2人はその後急成長し現在はタウソンさんが33位でバドサ選手が4位となっているが、今日の戦いではバドサ選手の成長が上回ったといえそうです。

相対的にタウソンさんはテニススタイルの似ているアシュリー・バーティ選手やバドサ選手にはまだまだ歯が立たないということで、これからの精進を期待したいです。
何ヶ月後かのバーティ選手やバドサ選手あるいはバルボラ・クレイチコバ選手との対戦を楽しみにしたいと思います。

WTAから
Badosa storms past Tauson in Doha; Krejcikova advances, Kvitova retires;https://www.wtatennis.com/news/2498127/badosa-storms-past-tauson-in-doha-krejcikova-advances-kvitova-retires

YouTubeから
Paula Badosa Gibert vs Clara Tauson FULL Highlights Qatar 2022 - YouTube(https://www.youtube.com/watch?v=XeSqb0crBbY
P. Badosa vs C. Tauson | Doha 2022 Singles Highlights - YouTube(https://www.youtube.com/watch?v=xpq8ctlNnDs
Paula Badosa vs Clara Tauson Full Match Qatar 2022 - YouTube(https://www.youtube.com/watch?v=5_vZ_aGgXic


カタール・トータル・オープンテニスの
HPは
 https://www.qatartennis.org/tournaments/qatar-total-open-2022/
 シングルスドロー;https://wtafiles.wtatennis.com/pdf/draws/2022/1003/MDS.pdf
WTAの表記は
 https://www.wtatennis.com/tournament/1003/doha
ウィキペディアは
 https://en.wikipedia.org/wiki/2022_Qatar_Total_Open
 https://en.wikipedia.org/wiki/WTA_Qatar_Open
 日本語版;https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%88%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%B3
です。


クララ・タウソンさんの
ウィキペディアは
 https://en.wikipedia.org/wiki/Clara_Tauson
ITFは
 https://www.itftennis.com/en/players/clara-tauson/800432120/den/wt/s/overview/
WTAは
 https://www.wtatennis.com/players/327793/clara-tauson
です。

ベリンダ・ベンチッチさんの
ウィキペディアは
 https://en.wikipedia.org/wiki/Belinda_Bencic
 日本語版;https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BB%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%83%E3%83%81
ITFは
 https://www.itftennis.com/en/players/belinda-bencic/800316955/sui/wt/s/overview/
WTAは
 https://www.wtatennis.com/players/319001/belinda-bencic
です。


注)断りのない限り表記のWTAランキングは、2022年2月21日(月)現在です。
  ランキングは基本的に毎月曜日に更新されます。


本記事の参考HP一覧
WTA(https://www.wtatennis.com/
ウィキペディア(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8
ITF(https://www.itftennis.com/en/
YouTube(https://www.youtube.com/


鳶が油揚げをさらう



Enterに戻る


ショウジョウバカマ 送電北松山線83番~80番送電鉄塔(愛媛県) 2020年4月25日(土)(ろぷろす暦2020年5月4日(土))

2020年4月25日(土)に、ショウジョウバカマと送電北松山線83番~80番送電鉄塔(愛媛県西条市小松町石鎚)を見に行ってきました。

ショウジョウバカマは可愛く咲いていました。
こんなに可愛い花とは思っていなかったのでちょっと驚きすらしました。

送電北松山線83番~80番送電鉄塔巡りはけっこう大変でした。
特に82番から81番までがけっこう難儀でちょっと道迷いすらしました。
巡視路を巡っていて思うのは四国の山は急峻なので巡視はほんと大変だということです。
知らずにこの仕事についたら少しびっくりすると思います。


☆山草など

ショウジョウバカマの花は初めて見ました。
可愛かったです(笑)
いままでは、花が終わったあとしかみていなく、花が終わると茎が伸びるので、イメージとしては花茎が40~50cmくらいあってその先に花が咲くと思っていました。
ところが、花茎は10~15cmくらいしかなく、気をつけて見ていなければ見過ごすくらいです。
こんなに花茎が低いとは思っていなかったので、ここでは成長が悪いのかと思ってしまいました。
想像していたより断然小さかったのでとても愛らしく感じてしまいました。
ショウジョウバカマ、好きになりました(笑)
ジョウジョウバカマは2箇所にあるだけです。

初めましてのジョウジョウバカマの花だったが、その他にも初めて見たものがあります。
それは、サイコクサバノオとヤマアイです。

サイコクサバノオが咲いていました。
サバノオ属としていままではトウゴクサバノオを見ていたのだが、西日本産のサイコクサバノオを初めて見ました。
サイコクサバノオの方が見た目が良いです。
ほぼ1箇所だけで10株ほどでした。
実になっているものもあったが、まだサバノオ(鯖の尾)状態にはなっていませんでした。

ヤマアイが咲いていました。
初めてなので何の花か分からなかったのだが、皿ヶ嶺の植物図鑑さんの「2020年11月15日 皿ヶ嶺の麓で植物図鑑ネタ探し(https://oiwasan4.web.fc2.com/hitori/2020/201115/)」を何気なく見ていてヤマアイに気づきこれではないかと思い詳細に見てヤマアイと分かりました。
ヤマアイは山にある藍(あい)ということです。

ツクバネソウが咲いていました。
ツクバネソウはこの中山川流域(正確には加茂川流域だが)で初めて見ました。
たった2株だけてそのうち1株は花茎が途中で折れていたがけなげに花を咲かせていました。
その気丈夫さはちょっとした感動物です。

コンロンソウの仲間は3種が咲いていました。
コンロンソウとマルバコンロンソウとミツバコンロンソウです。
コンロンソウは小さな群生を作っており一番多くありました。
ミツバコンロンソウはこの中山川流域(正確には加茂川流域だが)では初めて見ました。こちらは1箇所で2株見ただけです。
ところで、コンロンソウって検索してもあまりヒットしません。
似た植物にハダカコンロンソウやヒロハコンロンソウがあるとのことだが、一般にはそちらの方が多いのでしょうか。
ここにあるのはコンロンソウだと思うのだが・・・

コンロンソウの花頂にコツバメ(蝶)がいたのだが、蜜を吸っているというより日向ぼっこをしている感じでした。

ネコノメソウ属は4種が咲いていました。
ヤマネコノメソウとコガネネコノメソウとイワボタンとシロバナネコノメソウです。
この中山川流域ではヤマネコノメソウは何処にでもあり、ここでも一番多かったです。
ヤマネコノメソウは3月くらいから咲き始めるので標高の高いとこに僅かに花がある程度でほとんどが実になっていました。
コガネネコノメソウとイワボタンは今が花の盛りという感じだったが、シロバナネコノメソウは終盤という感じです。
イワボタンはほぼ1箇所でシロバナネコノメソウは1箇所で4株ほど見ただけです。
ところで、ヤマネコノメソウは実をよく見るのだが、それ以外は実を見た記憶がありません。
相対的にヤマネコノメソウが多いので目に付くだけなのでしょうか。
他のネコノメソウ属はあまりないので実の時期にそこにいけなかったあるいはどこかにあってもヤマネコノメソウと思ってしまったということなのでしょうか。

好きなエイザンスミレが咲いていました。
あったのは、1箇所だけです。
スミレ属としては、このエイザンスミレくらいしか同定に自信が持てません(笑)
他には、タチツボスミレやシハイスミレやツボスミレ(ニョイスミレ)が咲いていました。
この中山川流域では、白いスミレとしてはツボスミレしか見ていません。

ジロボウエンゴサクが咲いていました。
いままでで一番たくさん見ました。

オドリコソウが咲いていました。
オドリコソウはけっこう好きな植物なのだが、この中山川流域ではまだ2箇所しか知りません。
どちらも小さな群生を作っています。
オドリコソウって誰がつけたのか知らないけど粋な名前だと思います。

オオチャルメルソウが咲いていました。
オオチャルメルソウは中山川流域にはそれなりにあるということです。

フデリンドウが咲いていました。
フデリンドウは中山川流域ではちょこちょこと咲いています(ここに咲いているのは正確には加茂川流域だが)。

ヤマルリソウはところどころに咲いていました。
ここらへんはヤマルリソウは多いと思います。
けっこう咲いている期間は長くて3月下旬くらいから4月いっぱい見れるという感じです。

ハシリドコロが終盤だが咲いていました。
ほぼ1箇所で見ただけです。
ハシリドコロを中山川流域で見たのは2度目です。とは言ってもここは正確には加茂川流域ですけど。
鹿の忌避植物のわりにはあまり見ません。
中山川流域はハシリドコロの生育にはあまり向いていないのかも知れません。

ナツトウダイがありました。
ナツトウダイは場所によって、蕾を花を実をと三世代を見れてお得感バリバリでした。
同じ日なのに環境によってこれだけ花の時期に差があるということです。

茎期(新芽新葉)としては、クサアジサイやギンバイソウやキッコウハグマが目につきました。
クサアジサイとギンバイソウは似ています。
ギンバイソウの葉の先端が2つに裂けていなかったら同定に迷うとこでしょう。

木本としては目立つのはクロバイとツツジ類くらいです。

クロバイはいままで見ていたのだが、本ブログでは初めての紹介です。
小さな白い花がたくさん咲くので遠くからでも目立ちます。
このクロバイは愛ノ山のものだが、わたしの小さい頃はなかったと思います。
愛ノ山がジャングル(密林)になってから進出してきたものと思われます。

ツツジ類はミツバツツジ類が主だが、ヤマツツジも咲いていました。

トラマルハナバチはミツバツツジ類で蜜を吸っていました。
長い口吻が目に付きます。
トラマルハナバチはカキドオシやタチツボスミレでも蜜を吸っていました。
ミツバツツジ類では、クロマルハナバチではないかと思われるものも蜜を吸っていました。

ヤマブキが咲いていました。
しかし、1箇所で見ただけです。

ヤマザクラの咲き残りがありました。

クロモジ属はカナクギノキが咲いているだけで、クロモジやシロモジは標高の高いとこでは咲き残っている感じもするが基本的に葉展開の時期です。
クロモジの若葉を見たら毛が一杯あるので、これはケクロモジということなのでしょうか。
ということで、とりあえず中山川流域のクロモジはケクロモジとしておきます。

ハゼノキは蕾をつけていました。

茎期(新芽新葉)としては、アクシバやイワガラミあるいはツルアジサイやカナメモチやトチノキやノリウツギが目につきました。
アクシバはあるとこでは群生していました。この横峰寺領域ではアクシバは普通という感じでよく見かけます。
つる性植物が杉の木に絡み付いていたが、花のない時点ではイワガラミかツルアジサイかわたしには分かりません。
カナメモチは垣根(生垣)に使われていて赤い新芽新葉がよく目に付くのだが山で意識して見たのは初めてです。
垣根に使われているのは、セイヨウカナメモチ(レッドロビン)かも知れませんが・・・
トチノキは横峰寺のとこにあったので植栽かもしれません。
トチノキは救荒植物だからその可能性はあります。しかし、見たのは1株だけですが・・・

ヤマヤナギを初めて認識しました。
見たとこは何度か通っているのだが、気づかなかったということです。
もう花は終わっていたが、雄花の後や若実が目だっていました。

横峰寺では、シャクナゲや御室桜や園芸植物が咲いていました。
シャクナゲはまだ咲き始めで反対に御室桜は終盤です。
横峰寺のシャクナゲはツクシシャクナゲだと思われます。

シダ類としては、ゼンマイの新芽が目に付きました。
ゼンマイの新芽の巻には魅了されるものがあります。

ムネアカオオアリが地面を歩いていました。
山ではムネアカオオアリを時々見ます。
ムネアカオオアリはクロオオアリと共に日本最大の蟻とのことです。
小さい頃はクロオオアリを捕まえて巣の観察をしていました。
最近はあまりクロオオアリを見かけなくなりました。というか蟻そのものをあまり見ないような・・・
子供の頃のように蟻に注目しないので見ないだけかもしれませんが・・・

さすがに、春(3月末くらいから5月上旬くらいまで)は山野草が花盛りです。
たった、1ヶ月強ということで花の命は短しです。
1ヶ月強くらいでは行くとこが限られてしまいます。あな、悲し!
時期を逃すとまた1年待たなくてはいけません。
これが山野草行の弱点です(笑)


☆山道など

丹原町某所から横峰寺湯浪登山口(湯浪休憩所)まではスクーターで行きました。

某所から市道を通り、県道147号(石鎚丹原線)に入り、横峰寺湯浪登山口(横峰寺湯浪休憩所)まで県道147号線を行きます。
途中、要所要所で植物の写真を撮りました。
また、兼久の大池あたりから、三ヶ森の反射板と石鎚山の頂上の建物(おそらく石鎚神社頂上山荘)が見えました。(*1)
うまく光が当たっているということで記憶している限りここから初めて見えました。
 三ヶ森の反射板と石鎚山の頂上の建物
 1枚目の写真の遠景の山の右側が三ヶ森で左側が石鎚山。手前の山の送電鉄塔は送電松山東線。
 2枚目の写真は、三ヶ森の反射板。
 3枚目の写真は、石鎚山の頂上の建物。
   
 横峰寺湯浪登山口(横峰寺湯浪休憩所)
 1枚目の写真の左側が横峰寺湯浪登山口。
 3枚目の写真はトイレに貼ってあった新型コロナへの注意書きで戻りで撮ったもの。
   

(*1)
頂上山荘について | 石鎚神社;http://ishizuchisan.jp/mountain/summit/
石鎚神社頂上山荘;http://ishizuchisan.jp/sansou/index2.htm
 (以上、石鎚神社|霊峰石鎚山総本宮から)

横峰寺湯浪登山口からの横峰寺道はもう5回目なのでいつもの感じで上ります。
登山口から階段を上りほどなくして妙之谷川を左手に見て進み送電四国中央中幹線46番送電鉄塔巡視路分岐と同47番送電鉄塔巡視路分岐を過ぎると橋があり妙之谷川を渡ると以後4回橋を渡ったのちに妙之谷川と別れることになります。
今回ちょっと変わっていたのは、登山口からの階段を右に曲がったとこの階段に水が流れており沢(?)になっていたことです。
雨が降って水が溜まるとこのように沢(?)になるということです。とはいっても今回はそれほどの水量ではなかったですが。
例のとこには今回もカワムツはいなかったです。
 横峰寺湯浪登山口から妙之谷川と別れるまでの道
 3枚目と4枚目の写真は、水が流れ沢(?)になっている階段のとこ。
 11枚目の写真の右側が送電四国中央中幹線46番送電鉄塔への道。
 13枚目の写真の左側が送電四国中央中幹線47番送電鉄塔への道。
   
   
   
   
   
   
   
 
妙之谷川から別れるとそれなりにきつい上りとなりジグザグとかなり上ると古坊休憩所となります。 
 妙之谷川から古坊休憩所までの道
   
   
   
  
 古坊休憩所
   

古坊休憩所からもう一踏ん張り上ると横峰寺に着きます。
4月10日(http://seink5.blog33.fc2.com/blog-entry-6157.html)の時にあった階段のとこの倒木は切断されて道からは除去されていました。
 古坊休憩所から横峰寺までの道
 5枚目の写真で倒木が切断されて道から除去されている。
   
   
   
 

横峰寺は新型コロナウイルスの緊急事態宣言で納経所が閉鎖になっていました。
「納経所閉鎖のお知らせ 4/25(土)~5/10(日)閉鎖します 中の受付前に霊場会用紙と大師納経を準備しています 必要な方はお求め下さい (各お納経料300円) 60番横峰寺」の貼紙が納経所前にありました。
横峰寺にはわずかだが、雪が残っていました。
横峰寺で休憩しておにぎり(鮭)と菓子パン(つぶピーナッツ)を食べました。
 横峰寺
 7~9枚目の写真は、新型コロナによる納経所閉鎖の貼紙など。
 10枚目の写真は本堂。
 11枚目の写真は大師堂。
   
   
   
   
  

横峰寺から星ヶ森へ行きます。
横峰寺からそれなりに行った三叉路で林道横峰天ヶ峠線となり右の道を少し行くと左側が星ヶ森となります。
星ヶ森では今回も線状に雪の残った石鎚山を遥拝できました。
今日の遥拝所からの石鎚山はいままでで一番くっきりと見えました。
 横峰寺から星ヶ森までの道
 5枚目の写真の先が三叉路で林道横峰天ヶ峠線と合流する。
 6枚目の写真は林道横峰天ヶ峠線から三叉路を振り返っており、左が横峰寺から来た道で右は駐車場への道。
   
   
 
 星ヶ森
 1枚目の写真で右の直進の道は林道横峰天ヶ峠線。
 3枚目の写真は来た道を振り返って見ている。
   
 石鎚山の遥拝
 色を加工している写真もあります。
   
   
  

星ヶ森からは林道横峰天ヶ峠線を送電北松山線83番送電鉄塔巡視路分岐まで行きます。

今回はこの林道を通っている時に地形図に載っている送電四国中央中幹線や松山東線を横切って馬返(あるいは山ノ神)集落に出る破線の道が気になっていたので、ほんの200mほどだが行ってみました。
三叉路で右側の道です。
藪がない時期なら通れそうな感じもするので機会があったら送電線もあるということで行ってみたいと思います。
 星ヶ森から地形図の三叉路までの道
 4枚目の写真の右側に道がある。
   
 
 右側の道
   

林道横峰天ヶ峠線に戻ってそれなりに進むと2019年6月13日(http://seink5.blog33.fc2.com/blog-entry-5376.html)にはここで撤退し4月10日には左側の道を下ってきた縁のある三叉路となります。
 地形図の三叉路から縁のある三叉路までの道
   
 縁のある三叉路
 右が林道横峰天ヶ峠線
 

縁のある三叉路から4月10日に行った送電北松山線84番送電鉄塔巡視路分岐へと林道横峰天ヶ峠線を行きます。
それなりに行くと送電北松山線84番分岐となり、左側に巡視路道標があり左側の戻る感じの道を84番送電鉄塔へ前方を83番送電鉄塔へと示しています。
左側に石鎚山や瓶ヶ森が見え向かって右が石鎚山で左が瓶ヶ森になります。
その石鎚山と瓶ヶ森の間の手前の山に建物が見えました。
この建物はいったい何でしょうか。
ここらへんの建物としては石鎚登山ロープウェイの山頂成就駅くらいしかないからそうなのか。(*2)
この建物から石鎚神社成就社まで上り八丁坂を下るという感じからいけばそのようです。
もしそうならここから見えるということで新たな発見です。
戻りでは石鎚スキー場のリフトのケーブルと思われるものも見えました。
 縁のある三叉路から送電北松山線84番分岐までの道
   
 
 送電北松山線84番送電鉄塔巡視路分岐
 1枚目の写真の左側に84番送電鉄塔への巡視路がある。
 2枚目の写真は振り返って見ており、右側の上りの道が巡視路で左側が来た道。
    
 石鎚山や瓶ヶ森など
 1枚眼の写真の右奥が石鎚山で左の手前の山に建物がある。
 2枚目の写真の左奥が瓶ヶ森で右の手前の山に建物がある。
 3・4枚目の写真は石鎚山。
 5枚目の写真は瓶ヶ森。
 6・7枚目の写真は石鎚登山ロープウェイの山頂成就駅と思われる建物。
 8枚目の写真は戻りの時に撮ったもので石鎚スキー場のリフトのケーブルと思われるもの。 
   
   
  

(*2)
石鎚登山ロープウェイ株式会社;https://ishizuchi.com/

送電北松山線84番送電鉄塔巡視路分岐から送電北松山線83番送電鉄塔巡視路分岐へと行きます。
少し行くと右側に藪に埋もれた車があります。
わざわざここまで捨てにきたのでしょうか、それとも事故ったのをそのまま放置したのでしょうか。
左側には水源林造成事業の看板があり、遠方には送電川内幹線の送電鉄塔が見えます。
ほどなく行くと送電北松山線83番送電鉄塔巡視路分岐となり、左側に巡視路道標があり道標は左側を83番送電鉄塔へ来た道を84番送電鉄塔へと示しています。
 北松山線84番分岐から83番分岐までの道など
 1枚目の写真の右側に藪に埋もれた車があり、2枚目の写真はその車。
 3枚目の写真は左側にある水源林造成事業の看板。
 4枚目の写真は左側の遠方に見える送電川内幹線の送電鉄塔。
   
  
 送電北松山線83番送電鉄塔巡視路分岐
 1枚目の写真の先の左のちょっと広くなったとこが83番送電鉄塔巡視路分岐。
   

送電北松山線の83番送電鉄塔への巡視路を行きます。
ここまでは見知った道だったがここからは初めての道となります。
巡視路は50cm前後の普通の作業道です。
少し上ると尾根となり左右に道があります。左は戻る感じになるので右を行きます。
直ぐに下りとなり雑木林の中をジグザグとそれなりに行くと左右に道があるという感じになるが、右側は藪気味なので左側を行きます。
続けて雑木林の中をジグザグとそれなりに下って行くと左側が開けたとこに出ます。
ここから送電北松山線の84番から87番までの送電鉄塔が見えます。
北松山線からかなり離れた右側には送電川内幹線の送電鉄塔も見えます。
 送電北松山線83番送電鉄塔分岐から左側が開けたとこまでの道
 7枚目の写真は前方に見える送電川内幹線の送電鉄塔。
 8枚目の写真の右側にも道のようなものがあるが藪っているので左側を行く。
    
   
   
   
 
 左側が開けたとこから見える送電北松山線の84番~87番送電鉄塔と川内幹線の送電鉄塔
 1枚目の写真で左が送電北松山線の送電鉄塔で右が送電川内幹線の送電鉄塔で右から左へと連なっている。北松山線は手前(下)から84番~87番。
 2枚目の写真は北松山線の84番送電鉄塔。
 3枚目の写真は北松山線の85番送電鉄塔。
 4枚目の写真は北松山線の86番送電鉄塔。
 5枚目の写真は北松山線の87番送電鉄塔。右の送電鉄塔は川内幹線のもの。
   
  

ここらあたりで雑木林から植林帯となります。
支尾根なのでかわらずジグザクと下って行くのだが、かなり行っても83番送電鉄塔も送電線も見えないのでちょっと不安になるが、間違ったら戻ればいいと腹をくくります。
ここらへんは植林帯なので作業道(杣道(そまみち))と巡視路が曖昧なとこもあります。
そんな中かなりの急坂を下ると、支尾根の下り方向に木々の間から83番と思われる送電鉄塔が見えたので安心しました。
支尾根の下り方向に送電鉄塔を見ながらジグザクとそれなりに下ると巡視路道標があり右に曲がる方向を83番送電鉄塔へ来た道を84番送電鉄塔へと示しています。
右に曲がると前方に83番送電鉄塔が見えまた左側は伐採されて開けており、この開けたとこに行くと北松山線の84番~87番送電鉄塔と川内幹線の送電鉄塔が見えます。
無事に送電北松山線の83番送電鉄塔にたどり着きました。
83番送電鉄塔のとこは、鉄塔撤去のためなのか周りが伐採されて広くなっていました。
送電北松山線は、187kVの送電線であっても1回線なので送電鉄塔はそんなに大きくも高くもありません。
ここからは北松山線は見えないが川内幹線は見え、瓶ヶ森も見えます。
送電鉄塔の下側には巡視路道標はないが左右に道があります。
左側の道は先ほどの伐採されて開けている方へ行っています。
ここで菓子パン(チョコパン)を1個食べました。
 開けたとこから北松山線の83番送電鉄塔までの道など
 5枚目の写真は巡視路から支尾根の下り側を見たもの。
 12枚目の写真は途中で木々の間から見えた北松山線の84番~87番送電鉄塔。
 15枚目の写真は支尾根の下り方向に見える83番送電鉄塔。
 18番目の写真は、83番・84番送電鉄への塔巡視路道標。
 20枚目の写真は伐採して開けたとこ。
 21枚目の写真は開けたとこから見える左が北松山線の84番~87番送電鉄塔で右が川内幹線の送電鉄塔。
 22枚目の写真は開けたとこから見える北松山線の84番~87番送電鉄塔。
 23枚目の写真は開けたとこから見える川内幹線の送電鉄塔。
   
   
   
   
   
   
   
  
 送電北松山線83番送電鉄塔
   
   
   
   
  
 送電川内幹線の送電鉄塔と瓶ヶ森
 1・2枚目の写真は瓶ヶ森。
 1・3枚目の写真の遠方の送電鉄塔は川内幹線。
   
 送電鉄塔下側の左右の道
 1枚目の写真は右側の道。
 2枚目の写真は左側の道で植林のトンネルを抜けると伐採された開けたとこに出る。
  

ここからどうしようかということだが、右側の道は巡視路らしく思えるのでとりあえず行ってみて土砂崩れなどで不通になっていたら引き返せばいいということで、いま14時33分だから時間的にも余裕があるので行ってみることにします。
ほどなく行くと、巡視路道標が2つあり、一つは消えているがもう一つは前方を82番送電鉄塔へ左の下りを81番送電鉄塔へ来た道を83番送電鉄塔へと示しています。
81番は82番の方向ではなくなんで下り?と思ってしまったが、ともかく82番に行くことにしました。
 83番送電鉄塔から81番~83番送電鉄塔巡視路道標までの道
  
 81番・82番・83番送電鉄塔巡視路道標
   

少し行くともう送電北松山線の82番送電鉄塔に着きました。
82番は急な斜面に設置されています。
その為、4本の足の内、下側の2本と上側の1本の足には土を盛って土台(基礎)を作っています。
なるほど、こういう急斜面ならこの先に81番への巡視路は作れないなと思い、81番へは下るというのをそれなりに納得しました。
でも、こうやって82番および81番に行けるのに、なんで83番のところには82番および81番への巡視路道標はないのだろうか。
メンテナンスは81番側から83番へ行くということなのだろうか。
 81番~83番巡視路道標から82番送電鉄塔までの道
  
 送電北松山線82番送電鉄塔
   
   
   
  

81番~83番巡視路道標まで戻り、81番送電鉄塔へ行くために下ることにしました。
最初の下りは斜面が崩れているのでちょっと用心して下ります。
直ぐに植林帯の作業道という感じになってそれなりに下って行くと巡視路道標があり、前方を81番送電鉄塔へ来た道を82番送電鉄塔へと示しています。
ここに巡視路道標があるのはここがちょっと広くなっているので作業道の方へ行かないようにするためかと思われます。
 81番~83番巡視路道標から81番・82番巡視路道標までの道
 1枚目の写真は、82番送電鉄塔から戻ってきた81番~83番巡視路道標で81番へは右側の斜面を下る。
   
  
 81番・82番巡視路道標
  

81番・82番巡視路道標からもジグザグとどんどん下って行きます。
そうすると先が雑木林になっていて沢の音すら聞こえてきます。
結局、一番低い谷の沢まで下って来たということです。
この沢(川)は虎杖で加茂川と合流する加茂川の支流のひとつだが、川の名前を調べる地図では不明となっています。
ここに出たのにはいささか驚いたが、この天ヶ峠と虎杖(集落)をつなぐ道を歩いてみたいと思っていたので、図らずもそれの一端を歩けるということで嬉しくもありました。
ただ、尾根からここまで下りてきたので再度天ヶ峠まで上らなくてはいけないということでちょっとおっくうという感じもありましたが・・・
沢沿いに山道があるので三叉路(T字路)となっておりそこに巡視路道標が2つあり、ひとつは○幹2号線と書かれているだけでよく分からなく、もうひとつは送電北松山線のもので右の道を81番送電鉄塔へ来た道を82番送電鉄塔へと示しています。
 81番・82番巡視路道標から沢までの道
   
   
   
 2つの巡視路道標
 1枚目の写真の巡視路道標の先が沢。
   

右の沢に沿った左岸の上り(上流へ)の道を行きます。
左手に沢を見ながらほどなく行くと前方に倒木(流木)があり通れないので、少し沢の方に寄りごつごつした石のある左岸を歩くことになります。
右手に大きながけ崩れが見えるあたりから対岸に渡ります。
 沢に下り立ったT字路から沢を渡るとこまでの道
 4枚目の写真は、道をふさいている倒木(流木)。
 5枚目の写真は、沢よりの左岸。
 6枚目の写真は、沢を振り返って見ている(すなわち下流側)
 7枚目の写真で左へ行き右岸に渡る。
 8枚目の写真は右手に見える大きながけ崩れ。倒木(流木)はこのがけ崩れのもの?
   
   
  

対岸には山道があり今度は右手に沢を見ながら行きます。
沢沿いの気持ちのいい道をそれなりに行くとまた沢を渡るとこがあり、対岸に渡ります。
道は沢から離れる感じになります。
少し行くと赤いテープが右側にありそちらに行くと林道(作業道)に出ます。
林道の右側は下りで少し行くと藪になっています。
左側は上りで藪にはなっていないので左側を行くことにします。
 対岸に渡ったとこから林道までの道
 5枚目の写真は、対岸に渡るとこの沢。
 6枚目の写真は、沢の上流。
 7枚目の写真は、対岸。
 10枚目の写真の前方が林道(作業道)。
 11枚目の写真は、林道の右側(下り)。
 12枚目の写真は、林道の左側(上り)
   
   
   
   

林道の左側を行きます。 
林道を少し行くと沢は左へ林道は右へとなり沢から離れます。
ほどなく行くと林道を右に曲がるとこで正面に山道らしきものもあるが、このまま右に曲がって行きます。
が、しばらく行くと藪ってきます。それでも進んで行くととても進めないくらいの藪になります。
いくらなんでもこの藪を行くとは思えないしここから右後方(天ヶ峠方向)に送電鉄塔も見えたので、これはトラップだと思い林道と合流したとこまで戻ります。
 林道
 3枚目の写真で林道は右に曲がるが、巡視路は真っ直ぐの坂を上るということ。この時は右に曲がって林道を行く。
 8枚目の写真は、右後方(天ヶ峠方向)に見える送電鉄塔。
 9枚目の写真は、林道の撤退地点。
   
   
    

しかし、ここからどちらへ行くかです。
赤いテープはこの林道方向を指していて沢の上流方向を指してはいません。
で、ここで地形図を出して現在地を推測します。
そうすると、北松山線の送電線の下を通るとこがあるので、上空を見上げて送電線を探すと上手い具合に送電線がありました。
で、その送電線の天ヶ峠方向を見ると送電鉄塔があります。この送電鉄塔が81番とみてそちらを目的地とします。
 送電北松山線の送電線および送電鉄塔
 1枚目の写真は、林道合流地点付近から上空に見える北松山線の送電線。
 2枚目の写真は、林道合流地点付近から前方方向に見える送電鉄塔。
  

再び林道を上がって右に曲がるとこの正面にある山道らしき方に行きます。
この取っ付きのとこが崩れているために見誤ったといえます。
崩れたとこを上ると普通の50cm前後の植林帯の作業道(杣道(そまみち))がありました。
左に曲がり右に曲がって行くと、右上に81番送電鉄塔が見えてきます。
少し行くと三叉路となり巡視路道標があるのだが、示す番号は消えています。
81番送電鉄塔は三叉路の右上にあるので少し上ります。
送電北松山線の81番送電鉄塔もけっこうな斜面に建っています。
 林道から81番送電鉄塔までの道
 1枚目の写真は、林道を右に曲がるとこにある正面の巡視路。やや崩れているために分かりにくい。
 6枚目の写真は右斜め前方に見える送電鉄塔(81番)。
 7枚目の写真の右を上ると81番送電鉄塔。見えていないが左側に巡視路道標がある。
   
   
  
 送電北松山線81番送電鉄塔
   
   
    
 
81番送電鉄塔から戻り80番送電鉄塔を目指します。
特に巡視路道標はないが前方へ行きます。
少し行くと倒木で道がふさがっているが、なんとか隙間から通り抜けます。
それなりに行ってかなりジグザグと上ると前方にガードレールが見えます。
その先の右側に巡視路道標あり、先を80番送電鉄塔へ来た道を81番送電鉄塔へと示しています。
巡視路道標から右に曲がると林道戸石天ヶ峠線の壁面に出るので、左に曲がり壁面に沿って進むと天ヶ峠に出ます。
天ヶ峠のとこにはお馴染みの巡視路道標があるが、2019年10月16日(http://seink5.blog33.fc2.com/blog-entry-5438.html)(以後、10月16日と言う)の時には、81番送電鉄塔への矢印は行きだけだったが今回は双方向(すなわち行って戻ってくる)になっています。
つまり、81番送電鉄塔から82番送電鉄塔へは行かないということです。
今回わたしは82番から81番へと行ったのだが、そんなに通れないというほどの道ではなく、それよりも81番の近くの倒木の方がよほどやっかいだったけど・・・
82番へは83番から行って戻るということになります。
 81番送電鉄塔から天ヶ峠までの道
 1・2枚目の写真は、道を塞(ふさ)いでいる倒木。
 14枚目の写真は、途中にあった80番と81番を示す巡視路道標。
   
   
   
   
   
   
 天ヶ峠のとこの巡視路道標
 1枚目の写真の前方には80番送電鉄塔が見える。
 2枚目の写真の巡視路道標の80番送電鉄塔の矢印が双方向になっている。
 3枚目の写真は、天ヶ峠から振り返って見ており、右の道が81番送電鉄塔から来た道で左の道は林道戸石天ヶ峠線。
    
 
天ヶ峠から林道戸石天ヶ峠線を起点(下り)方向へ少し行くと右側のちょっと小高いとこに80番送電鉄塔が建っています。
この80番送電鉄塔は10月16日に見ているが、送電鉄塔の下に行くのは初めてです。
ちょっと小高いとこを上ると送電北松山線の80番送電鉄塔です。
ここには導電鉄塔の幅を確保できるくらいの平たい広さがあります。
ここから送電北松山線の山の陰になって見えない84番を除く81番から87番までの送電鉄塔と川内幹線の送電鉄塔が見えます。ただし、81番は木々に遮られて見えづらいです。
北松山線の山の陰になって見えない84番を除く81番から87番の送電鉄塔は下りてから木々の空けた林道戸石天ヶ峠線からの方がよく見えました。
ここ(林道)から見えるのを10月16日の時は気がつかなかったのか藪で見えなかったのかいまとなっては分かりません。
 天ヶ峠から80番送電鉄塔までの道
 2枚目の写真は、80番送電鉄塔から来た道を振り返って見ている。(上る時に写真を撮っていない)
  
 送電北松山線80番送電鉄塔
   
   
   
 送電北松山線の84番を除く81番~87番送電鉄塔と送電川内幹線の送電鉄塔
 1枚目の写真の左が北松山線の手前から84番を除く81番~87番で右が川内幹線の送電鉄塔。
 2枚目の写真は、川内幹線の送電鉄塔。
  
 林道戸石天ヶ峠線からみた送電北松山線の84番を除く81番~87番送電鉄塔
 1枚目の写真は、手前から81番~83番と85番~87番。
 2枚目の写真は、81番。
 3枚目の写真は、82番と83番。
 4枚目の写真は、85番~87番。
   
 

そして、80番送電鉄塔のとこから少し林道戸石天ヶ峠線を起点方向に下り、川内幹線の巡視路道標のある変則的十字路のとこを見に行きました。
10月16日の時に歩いた左側のゲートのある道はきれいに藪刈りをされているようでした。
行きたい気持ちはあったが、時間がもう16時40分過ぎなので締めました。
ここでおにぎり(梅)を1個食べました。
 川内幹線の巡視路道標のある変則的十字路
 1枚目の写真にて、右が林道戸石天ヶ峠線の起点方向で真ん中が川内幹線の49番・50番送電鉄塔への巡視路で左が10月16日に行った林道。
 2枚目の写真は、左の林道で藪刈りされているように見える。
 4枚目の写真は、変則的十字路付近で振り返って見た80番送電鉄塔。
   
 

まずは天ヶ峠まで戻ります。
天ヶ峠も変則的十字路です。
 天ヶ峠
 1枚目の写真にて、右が81番送電鉄塔への道(来た道)で真ん中が林道戸石天ヶ峠線の終点方向(上り)で左が79番送電鉄塔への道。真ん中の小高いとこにお地蔵さんがある。
 2枚目の写真は、そのお地蔵さん。
 3枚目の写真は、変則的十字路の左側。
 4枚目の写真は、左側の79番送電鉄塔へ行く道にある巡視路道標。
 5枚目の写真は、送電北松山線の79番送電鉄塔への道。
   
  

天ヶ峠から林道戸石天ヶ峠線を終点まで行きます。
天ヶ峠から林道戸石天ヶ峠線終点までの道など
 3・4枚目の写真は、「平成22年度」の林道戸石天ヶ峠線の開設指標。
   
   
   
 林道戸石天ヶ峠線の終点の指標
  

林道戸石天ヶ峠終点から林道横峰天ヶ峠線となり送電北松山線83番送電鉄塔巡視路分岐まで行きます。
途中で、左側では10月16日に見たとこから送電四国中央中幹線の送電鉄塔や丹原町の中心部や愛ノ山や兼久の大池やおしぶの森などがまたあるとこでは東予港及び住友共同電力の壬生川火力発電所が見え、右側では沢で右側の山側が崩落していたところと思われる崩落しているとこがありました。(*3)
 林道戸石天ヶ峠終点から送電北松山線83番送電鉄塔巡視路分岐までの道など
 3枚目の写真は、左(北)側に見える送電四国中央中幹線の送電鉄塔。
 4枚目の写真は、丹原町の中心部。愛ノ山や兼久の大池やおしぶの森などが見える。
 9枚目の写真は、東予港。左の白い煙突のあるところが壬生川火力発電所。
 11枚目の写真の右側のちょっと広くなったとこの下が崩落している。
 12枚目の写真は、その崩落地。
 14枚目の写真の右側が送電北松山線の83番送電鉄塔への巡視路。周回して戻ってきた。
   
   
   
   
   

(*3)
壬生川火力発電所 | 住友共同電力;https://www.sumikyo.co.jp/equipment/heat/heat03.html(住友共同電力より)
壬生川火力発電所;https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A3%AC%E7%94%9F%E5%B7%9D%E7%81%AB%E5%8A%9B%E7%99%BA%E9%9B%BB%E6%89%80(ウィキペディアから)

送電北松山線83番送電鉄塔巡視路分岐からは来た道を戻ります。
戻りでも遥拝所での石鎚山は綺麗でした。
日が長くなったとは言え今日は遅くなったので、沢(妙之谷川)に出たところで19時6分頃となりここから懐中電灯を使いました。
 途中で見た飛行機雲
  
 星ヶ森
   
   

ということで、無事、送電北松山線の83番送電鉄塔から80番送電鉄塔までを巡ることができ、今日の目的を達成しました。嬉し。
今日も1日楽しかったです。

2022年1月17日現在、送電北松山線の送電鉄塔はすべて撤去されていると思われます。
というのは、四国電力送配電の主要流通設備の整備計画書(https://www.yonden.co.jp/nw/assets/line_access/keikaku.pdf)にあった送電松山東線の工事中の表記がなくなっているからです。
このことから、送電松山東線の工事はすべて完了したすなわち送電北松山線はもう存在しないと思われます。


☆山人など

某所から県道147号線の大頭交差点までは9台の車とすれ違いました。
県道147号線の大頭交差点から横峰寺湯浪登山口(湯浪休憩所)までは6台の車とすれ違い1台の車に追い越されました。
この追い越された1台は横峰寺湯浪登山口(湯浪休憩所)まで行って勝手が違っていたのかその後すれ違いました。
 追い越されすれ違った車
 

横峰寺湯浪登山口(湯浪休憩所)にはすでに2台の車が駐車していました。
ちょっとして車が1台来たのですが、この車が水場で水を汲んでいました。軽く挨拶をしました。
またちょっとして軽四が来ました。
この軽四は、あの「横峰寺の主(ぬし)」(1年に300日くらい横峰寺に来る中高年の女性の方でわたしは以後、この方をこの名で呼びます)さんでした。
早速、挨拶をして今日は来るのが遅いですね、と言うと、ドラマを見てから来たりするので来る時間はまちまちとのことでした。
ショウジョウバカマの咲き具合を聞くと、今が盛りとことだったので、良かったと言いました。
咲いている場所も教えてくれました。
横峰寺の主さんは、早々と横峰寺に上って行きました。

横峰寺湯浪登山口(横峰寺湯浪休憩所)近くの植物などの写真を撮っていると、また車が1台来ました。
この車には中高年の男女が乗っており、おそらく夫婦でしょう。
挨拶してから、横峰寺に登るのかと聞くと登るとのことでした。わたしは今日はショウジョウバカマを見に来ましたと言いました。
女の人がトイレが新しくなっていると言ったのでわたしはトイレの開設銘板を見て去年(平成31年)出来たのだと言いました。

この夫婦よりわたしが先に上り始め、上りながらこの夫婦がなかなか追いついてこないのでちょっといぶかしく思っていました。

送電四国中央中幹線の47番送電鉄塔巡視路分岐を過ぎて少し行ったとこで、青年の男性とすれ違いました。軽く挨拶しました。このご時勢だからか男性はハンカチを手で口に当てていました。

そして、とある橋のとこでオオチャルメルソウの写真をしゃがんで撮っていると何か気配を感じたので飛び上がりました。
その気配の元はあの夫婦でした。
この時はこの方たちにまったく気づきませんでした。
もしかしたら、この方たちはわたしが写真を撮っていたので邪魔をしないように静かに通り過ぎようとしたのかもしれません。
ともかくわたしはかなり驚いたようで、男の方が川に落ちるのかと思ったとか言っていました。
わたしは、何度もびっくりしたと言いました。
四国には熊がいないからいいけど、これが熊だったらガブッって感じだったでしょう。
オオチャルメルソウを撮るのに集中し過ぎていました。あぶない、あぶない(笑)

舟形地蔵丁石六丁を過ぎたあたりで、下ってくる横峰寺の主さんと出会いました。
わたしは、ショウジョウバカマを見たと言い、想像と違って背丈が低くてとても可愛かったと言いました。
わたしが初めて見たと言うと、花が終わってから花茎が伸びると言いました。
ヤマブキが咲き始めており、またシャガはありふれているがきれいだと言っていました。
そして、横峰寺のシャクナゲは休憩所の近く以外ではまだ咲いていないと言って、その代わりその近くに御室桜(おむろざくら)が咲いていると言いました。
御室桜は仁和寺にある桜でここにそこからの1本を植えているそうです。
わたしは御室桜というのは初めて聞くのでメモしました。(*4)
また、今日は星ヶ森から石鎚山がきれいに遥拝できるとのことです。
今日はこれからどうするのですかと聞くと、買い物に行きますとの返事だったので、他の山には行かないのですかと聞くと、今日はもう行かなく明日、カタクリを見に鋸山と豊受山に行くとのことでした。
鋸山と豊受山は四国中央市にある山です。(*5)

(*4)
御室桜について 世界遺産 真言宗御室派総本山 仁和寺;http://www.ninnaji.jp/cherry_tree/(世界遺産 真言宗御室派総本山 仁和寺から)
御室桜が美しい京都を代表する遅咲き桜の名所である仁和寺の桜 - MKメディア;https://media.mk-group.co.jp/entry/sakura-ninnaji(MKメディアから)
仁和寺の御室桜2020。見ごろや開花状況。 - 京都旅行のオススメ;https://kyototravelnoosusume.hatenablog.com/entry/ninnajiomurozakura2015(京都旅行のオススから)
仁和寺の御室桜;http://www.tree-flower.jp/26/ninnaji_343/omurozakura.htm(巨樹と花のページから)

(*5)
鋸山・豊受山;http://plantosuki.boy.jp/2019yama/nokogiri/nokogiri.htm(花遊び 山遊びから)
No389 愛媛 鋸山~豊受山 カタクリは終わり みちくさおじさん山を歩く;https://hotaka443.exblog.jp/24455817/(みちくさおじさん山を歩くから)
豊受山 - とようけやま:標高1,247m-中国・四国 - Yamakei Online - 山と溪谷社;https://www.yamakei-online.com/yamanavi/yama.php?yama_id=19586(ヤマケイオンラインから)
豊受山;https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B1%8A%E5%8F%97%E5%B1%B1(ウィキペディアから)

舟形地蔵丁石三丁を過ぎ土砂崩れのあるあたりで、中高年の男性2人組とすれ違いました。軽く挨拶をしまいた。

横峰寺の休憩所の外のベンチにあの夫婦の方が居て、女性の方がショウジョウバカマがありましたと言いました。
そこからこの御夫婦と話すことになりました。
ここの外のベンチは2mくらい離れておかれているのでもう一方のベンチに座りました。
わたしはこの方たちは四国八十八箇所で来ていると思っているので、これからどこを回るのですかと聞くと、横峰寺に来ることが目的とのことでした。
ここを上るのが楽しみで来ているとのことです。
星ヶ森に行ったかと聞くと、横峰寺にはもう何回も来ているそうです。
石鎚山にも何回か登っており、以前は成就社の方から登っていたがこの所は歳で土小屋の方から登っているそうです。
そんなことで山登りをしているということなので、いままでどんな山に登ったのかと聞くと、日本百名山も70ほど登っており登ってないのは北海道と青森と秋田と言っていました。
そういうことで登山のベテランさんでした。
北海道と青森と秋田の方に行っていないのは遠いからだそうです。
住んでいるのが福山(広島県)なので車で7~8時間もかけて行くのはもう歳でおっくうになったそうです。
特に戻りがきついとのことです。
横峰寺は来ると落ち着くそうです。好きな場所とのことです。

納経所はコロナの影響で納経できないということからコロナの話になりました。
緊急事態宣言ということだが、お願いということではなく命令するべきだということになりました。
わたしとしては要するに責任回避ということだと思われます。
命令すれば当然責任が発生します。しかし、お願いでは必ずしも責任が発生しません。
お願いなんだから、それを聞く聞かないはあなたが判断すべきことだということです。
お願いならば、必ずしも損害賠償(補償)は発生しません。
さすがに責任逃れのうまい政府だと感心します(笑)こういうことにはとても長けています。
そんなことでこれからはもう方策というより成り行きにまかせるということになりました(笑)

オンライン帰省も世間知らずだと笑ってしまいました。
田舎の年寄りがどれだけパソコンを操作できるんだ、っていうかそもそもパソコンすらないということです。
オンラインにするなら帰省してセットアップしなければなりません。
正に、鶏が先か卵が先かです、多分、田舎の年寄りを役立たずと暗に馬鹿にしているんでしょう。

3密ということでは、丹原町のような田舎では「意識しないと3密にならない」が、東京都区部のような都会は「意識しないと3密になる」という違いがあります。
わたしのいる辺りでは1日歩いていても人に会うようなことはめったにありません。
スーパーでも3密になることはありません。
コロナは社会のシステムをひっくり返しています。

横峰寺では平野林道からのツアー参拝者が来なければ3蜜になることはないでしょう。
平野林道の通行料は1850円なのでこれもそんなに来る参拝者はいないでしょう。
横峰寺への山道を上ってくる参拝者は総じて少ないでしょう。

そんな田舎でも医療関係者は大変です。
わたしは歯医者さんに通っているのだが、先生は完全防護服で診察・治療をしています。
防護服といっても正式のものではなく、100円ショップに売っている雨合羽のようなものです。
わたしは山登りで使ったことがあるので分かるのだが、この雨合羽は通気性が良くないので汗もかき苦しいです。先生に言わせると2時間が限界とのことです。
ほんとに感謝です。ここまでして診察・治療をしてくれるのです。
ちなみにわたしの行っている歯医者さんは、大谷歯科医院で、先生は才色兼備です。

それにしても、ドラマや映画の話のようなパンデミック(感染症の世界的大流行)が起こったということでは夢のようでいまいち実感がわかないということもあります。
そういうことでドラマや映画のことが現実になるということから、将来はアンドロイドが人を支配するようなこともあるかもしれないというような話にもなりました。
これもあながち的外れではなくそのうち人よりAIの言うことの方が真実といわれるようなことはもうそこまで来ていると思います。
テレビのニュースのコメンテーターもAIがするようになるかもしれません(笑)

まぁ、我々一般の人間がいまいち危機に実感がわかないのはある意味しかたないが、東日本大震災や福島原発放射能汚染事故を経験しているのに危機管理のプロが危機管理の本質を見極められないとは情けないといわざるを得ないです。
今回も東日本大震災や福島原発放射能汚染事故と同じように御用学者は役立たずだった。本気でクラスター追跡で封じ込めれると思っていたのか。御目出度い御用学者。まぁ、「あちゃっ」と言わなかっただけましか。
御用学者が役立たずなのはイエスマンだから。イエスマン以外は首になるということ。学問的に優れた者ほどイエスマンから遠くなるということ。イエスマンでは到底革命的な新しい創造などできっこない。
まぁ、端的にいえば出る杭は打たれるということでイエスマンの集団が御用学者の集団ってこと。

そんなことでけっこう楽しく話しました。

この御夫婦と話している時に、青年の男性が通り、お互い挨拶をしました。
この男性はタートルネックで口の周りを覆面のように覆っていました。
先の青年と同じようにマスクがないのかその代用品で飛沫を飛ばさないようにしているのだと思われます。
感心します。
ちなみにわたしは花粉症なのでマスクは50枚入りのを1箱を持っていました。それを出し惜しみしながら使っています。だから、この日もマスクはしています。

御夫婦が去ってから、ショートパンツ姿の男女2人組が来たので軽く挨拶しました。
ショートパンツ姿なのでトレランの人かなと思います。

星ヶ森に向かっていると、あの御夫婦が星ヶ森から下ってきていました。
星ヶ森からの石鎚山は雪も残っていてきれいとのことでした。
男性の方がぜんまいを取っていたのでどうするのかと聞いたら食べるそうです。
下処理はぜんまいの毛とかを取ったりしなくてはいけなのでわらびなんかよりも手間がかかるとのことです。
ここのぜんまいは細いと言っていたので、わたしは植林のせいで土地が痩せているのではないかと言いました。
あと、男性の方がぜんまいを取るときに、これもオニだ、とか言っていたので、オニって何と聞くと、オニというのはオスだそうです。オスは硬くて食べれないそうです。
どうして見分けるのかと聞くと、ぜんまいのとこをつかむとオスは硬いとのことです。
確かにオスは硬かったです。
とはいってもわたしがぜんまいを取って食べることはないです。
わたしは山菜では、土筆(つくし)しか興味ないです。
丹原は土筆王国なので、今年も土筆はたっぷり取り食べました。妹にもやりました。

しばらくしてから星ヶ森から下ってくる中高年の男女2人組とすれ違いました。軽く挨拶しました。
星ヶ森の近くで山野草の写真を撮っていたら外国人に追い越されました。軽く挨拶しました。
横峰寺で外国の人と出会ったのはたぶん初めてです。
星ヶ森で壮年の男性とすれ違ったので軽く挨拶しました。
星ヶ森の鉄の鳥居の近くではあの追い越された外国人が石鎚山を眺めながら昼食を取っていました。
この石鎚山なら文句なく美味しい昼食になったでしょう。

これで、これから先は誰にも何にも会わないだろと思っていたら、車5~6台とすれ違いました。
車5~6台と書いたのは林道横峰天ヶ峠線ではなく右の脇道に確認のために入っていた時に見た(すれ違った)のでやや正確性に欠けるためです。

ここからはもうほんとに誰とも何とも会わなくなります。
ほんとに、人がくるのは星ヶ森までで、星ヶ森から天ヶ峠方面はわたしのためにあるようなものです(笑)

帰りでは、横峰寺湯浪登山口(湯浪休憩所)から大頭交差点までは誰とも会わず、大頭交差点から某所までは車7台とすれ違い3台に追い越されました。


☆補足など

天気は快晴でした。
朝方は風があり少し寒かったが、日中は風もなくポカポカでした。
そんな天気なのでトップスは長袖の2枚です。
汗はそれなりにかき2枚持って行った長袖シャツを1枚着替えました。

飲料はポカリスエット500ミリリットル×2と水600ミリリットルと缶コーヒー(ワンダ極微糖)370gを持っていったのだが、ポカリスエットと缶コーヒーを全部を飲みました。
水は飲料と手洗いなどの兼用で持っていっています。

食料は、おにぎり2個(梅,鮭)と菓子パン3個(つぶピーナッツ,チョコパン,いちごジャム)を持って行ったのだが、すでに記したように、おにぎり2個と菓子パン2個を食べました。

横峰寺道は急坂があり、また送電北松山線83番~80番送電鉄塔での急坂の上り下りがあったので、太腿は1日脹脛は2日くらい痛かったが、思ったよりは軽かったです。
4月3日に行っっているので足がそれなりに慣れていたのかもしれません。

撮影枚数は5743枚でした。バッテリーは5本使いました。


地図情報

地理院地図から
 横峰寺湯浪登山口;https://maps.gsi.go.jp/#16/33.848588/133.100026/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f0
 横峰寺;https://maps.gsi.go.jp/#16/33.837645/133.110987/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f0
 送電北松山線83番送電鉄塔巡視路分岐;https://maps.gsi.go.jp/#16/33.832048/133.098816/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f0
 送電北松山線83番送電鉄塔;https://maps.gsi.go.jp/#16/33.829507/133.099194/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f0
 送電北松山線82番送電鉄塔;https://maps.gsi.go.jp/#16/33.829639/133.099726/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f0
 沢(川)との合流点;https://maps.gsi.go.jp/#16/33.827842/133.100103/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f0
 送電北松山線81番送電鉄塔;https://maps.gsi.go.jp/#16/33.827428/133.092928/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f0
 送電北松山線80番号送電鉄塔;https://maps.gsi.go.jp/#16/33.826729/133.090628/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f0
 天ヶ峠;https://maps.gsi.go.jp/#16/33.826951/133.090580/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0m0f0

goo地図から
 横峰寺湯浪登山口;https://map.goo.ne.jp/map/latlon/E133.6.12.694N33.50.38.252/zoom/9/
 横峰寺;https://map.goo.ne.jp/map/latlon/E133.6.49.292N33.50.4.399/zoom/9/
 送電北松山線83番送電鉄塔巡視路分岐;https://map.goo.ne.jp/map/latlon/E133.6.4.177N33.49.43.758/zoom/9/

地図検索ならMapionから
 横峰寺湯浪登山口;https://www.mapion.co.jp/m2/33.84871252477771,133.09977291161763,16
 横峰寺;https://www.mapion.co.jp/m2/33.8379124148617,133.11082361275748,16
 送電北松山線83番送電鉄塔巡視路分岐;https://www.mapion.co.jp/m2/33.831977119874715,133.09846399361854,16
 沢(川)との合流点;https://www.mapion.co.jp/m2/33.82780612549139,133.10000894601092,16
 送電北松山線80番送電鉄塔;https://www.mapion.co.jp/m2/33.82705746393364,133.09099672372213,16
 天ヶ峠;https://www.mapion.co.jp/m2/33.827235717280104,133.0909538083779,16


行程情報

スクーター移動
某所(6:54)→横峰寺湯浪登山口(8:05)

花見トレッキング
横峰寺湯浪登山口(8:19)→古坊休憩所(10:11)→横峰寺(10:45,11:47)→星ヶ森(12:32)→送電北松山線83番送電鉄塔巡視路分岐(13:46)→送電北松山線83番送電鉄塔(14:16,14:33)→送電北松山線82番送電鉄塔(14:37)→沢との合流点(14:56)→送電北松山線81番送電鉄塔(16:15)→天ヶ峠(16:37)→送電北松山線80番送電鉄塔(16:38)→林道戸石天ヶ峠線終点(17:22)→送電北松山線83番送電鉄塔巡視路分岐(17:47)→星ヶ森(18:13)→横峰寺(18:29)→古坊休憩所(18:44)→横峰寺湯浪登山口(19:33)

標高
横峰寺湯浪登山口(約273m)→古坊休憩所(約603m)→横峰寺(約750m)→星ヶ森(820m)→送電北松山線83番送電鉄塔巡視路分岐(約840m)→送電北松山線83番送電鉄塔(約740m)→送電北松山線82番送電鉄塔(約730m)→沢との合流点(約606m)→送電北松山線81番送電鉄塔(約756m)→送電北松山線80番送電鉄塔(天ヶ峠)(809m)

19時39分にスクーターで帰途につき、20時12分に某所に着きました。


草本

☆花期
ショウジョウバカマ(猩々袴)(メランチウム科ショウジョウバカマ属)
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%83%90%E3%82%AB%E3%83%9E(ウィキペディアから)
 https://matsue-hana.com/hana/syoujoubakama.html(松江の花図鑑から)
 https://mikawanoyasou.org/data/shoujyoubakama.htm(三河の植物観察から)
 http://saragamine.web.fc2.com/sa/si/shoujoubakama/shoujoubakama.html(皿ヶ嶺の植物図鑑から)
 http://plants.minibird.jp/hydrophytes/plants/shissei/sa_gyou/shoujyoubakama/shoujyoubakama.html(西宮の湿生・水生植物から)
サイコクサバノオ(西国鯖の尾)(キンポウゲ科シロカネソウ属)
 http://saragamine.web.fc2.com/sa/sa/saigokusabanoo/saigokusabanoo.html(皿ヶ嶺の植物図鑑から)
 http://www.plantsindex.com/plantsindex/demo_html/demo_db/result18200.htm(植物検索システム・撮れたてドットコムから)
 http://sikoku.o.oo7.jp/akabosi/akbhana/hanam/hn005.htm(赤星山など四国中央市でのトレッキングと釣りの記録等々から)
ヤマアイ(山藍)(トウダイグサ科ヤマアイ属)「有毒」
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%82%A2%E3%82%A4(ウィキペディアから)
 https://matsue-hana.com/hana/yamaai.html(松江の花図鑑から)
 https://mikawanoyasou.org/data/yamaai.htm(三河の植物観察から)
 http://saragamine.web.fc2.com/ya/ya/yamaai/yamaai.html(皿ヶ嶺の植物図鑑から)
 http://www.e-yakusou.com/sou02/soumm246.htm(イー薬草・ドット・コムから)
ツクバネソウ(衝羽根草)(シュロソウ科ツクバネソウ属)
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%84%E3%82%AF%E3%83%90%E3%83%8D%E3%82%BD%E3%82%A6(ウィキペディアから)
 https://matsue-hana.com/hana/tukubanesou.html(松江の花図鑑から)
 https://mikawanoyasou.org/data/tukubanesou.htm(三河の植物観察から)
 http://saragamine.web.fc2.com/ta/tu/tukubanesou/tukubanesou.html(皿ヶ嶺の植物図鑑から)
コンロンソウ(崑崙草)(アブラナ科タネツケバナ属)
 https://matsue-hana.com/hana/konronsou.html(松江の花図鑑から)
 http://kyonohana.sakura.ne.jp/blogs/kyohana/2010/06/post-718.html(花図鑑から)
 http://had0.big.ous.ac.jp/plantsdic/angiospermae/dicotyledoneae/choripetalae/cruciferae/konronsou/konronsou.htm(Y.HADA'S Home Page,波田善夫から)
 http://www.jplants.sakura.ne.jp/konronso.html(Tam's素人植物図鑑から)
マルバコンロンソウ(丸葉崑崙草)(アブラナ科タネツケバナ属)
 https://mikawanoyasou.org/data/marubakonronsou.htm(三河の植物図鑑から)
 http://plants.minibird.jp/kansai/kansai50/kansai_ma/con_ma/marubaKonronsou/marubaKonronsou.html(西宮の湿生・水生植物から)
 http://saragamine.web.fc2.com/ma/ma/marubakonron/marubakonron.html(皿ヶ嶺の植物図鑑から)
ミツバコンロンソウ(三葉崑崙草)(アブラナ科タネツケバナ属)
 https://www.neko-net.com/hana/archives/7904(山川草木図譜から)
 http://www.plantsindex.com/plantsindex/demo_html/demo_db/result21850.htm(植物検索システム・撮れたてドットコムから)
 http://saragamine.web.fc2.com/ma/mi/mitubakonron/mitubakonron.html(皿ヶ嶺の植物図鑑から)
ヤマネコノメソウ(山猫の目草)(ユキノシタ科ネコノメソウ属)
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%82%B3%E3%83%8E%E3%83%A1%E3%82%BD%E3%82%A6(ウィキペディアから)
 https://matsue-hana.com/hana/yamanekonomesou.html(松江の花図鑑から)
 https://mikawanoyasou.org/data/yamanekonomesou.htm(三河の植物図鑑から)
コガネネコノメソウ(黄金猫の目草)(ユキノシタ科ネコノメソウ属)
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%82%AC%E3%83%8D%E3%83%8D%E3%82%B3%E3%83%8E%E3%83%A1%E3%82%BD%E3%82%A6(ウィキペディアから)
 https://mikawanoyasou.org/data/koganenekonome.htm(三河の植物図鑑から)
 http://plants.minibird.jp/kansai/kansai50/kansai_ka/con_ko/koganeNekonome/koganeNekonome.html(西宮の湿生・水生植物から)
イワボタン(岩牡丹)(ユキノシタ科ネコノメソウ属)
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%AF%E3%83%9C%E3%82%BF%E3%83%B3(ウィキペディアから)
 https://mirusiru.jp/nature/flower/iwabotan(mirusiru.jpから)
 http://www.plantsindex.com/plantsindex/demo_html/demo_db/result23530.htm(植物検索システム・撮れたてドットコムから)
シロバナネコノメソウ(白花猫の目草)(ユキノシタ科ネコノメソウ属)
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%AD%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%8D%E3%82%B3%E3%83%8E%E3%83%A1%E3%82%BD%E3%82%A6(ウィキペディアから)
 http://plants.minibird.jp/kansai/kansai50/kansai_sa/con_si/sirobanaNekonome/sirobanaNekonome.html(西宮の湿生・水生植物から)
 http://had0.big.ous.ac.jp/plantsdic/angiospermae/dicotyledoneae/choripetalae/saxifragaceae/shirobananekonomesou/shirobananekonomesou.htm(Y.HADA'S Home Page,波田善夫から)
エイザンスミレ(叡山菫)(スミレ科スミレ属)
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%82%B6%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%9F%E3%83%AC(ウィキペディアから)
 http://www.io-net.com/violet/violet1/eizan.htm(花の写真館 総合案内から)
 http://saragamine.web.fc2.com/a/e/eizansumire/eizansumire.html(皿ヶ嶺の植物図鑑から)
 http://www.jplants.sakura.ne.jp/eizansum.html(Tam's素人植物図鑑から)
ツボスミレ(坪菫)(ニョイスミレ)(スミレ科スミレ属)
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%84%E3%83%9C%E3%82%B9%E3%83%9F%E3%83%AC(ウィキペディアから)
 https://matsue-hana.com/hana/tubosumire.html(松江の花図鑑から)
 https://mikawanoyasou.org/data/nyoisumire.htm(三河の植物観察から)
ジロボウエンゴサク(次郎坊延胡索)(ケシ科キケマン属)
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%AD%E3%83%9C%E3%82%A6%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%82%B5%E3%82%AF(ウィキペディアから)
 https://mikawanoyasou.org/data/jirobouengosaku.htm(三河の植物観察から)
 http://plants.minibird.jp/kansai/kansai50/kansai_sa/con_si/jirobouEngosaku/jirobouEngosaku.html(西宮の湿生・水生植物から)
オドリコソウ(踊子草)(シソ科オドリコソウ属)
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%89%E3%83%AA%E3%82%B3%E3%82%BD%E3%82%A6(ウィキペディアから)
 https://matsue-hana.com/hana/odorikosou.html(松江の花図鑑から)
 https://mikawanoyasou.org/data/odorikosou.htm(三河の植物観察から)
オオチャルメルソウ(大哨吶草)(ユキノシタ科チャルメルソウ属)
 http://saragamine.web.fc2.com/a/o/oocharumerusou/oocharumerusou.html(皿ヶ嶺の植物図鑑から)
 https://keiko65.sakura.ne.jp/monthly2/tyarumeru/ootyarumeruso04.html(花調べから)
 http://hanamist.sakura.ne.jp/flower/riben/yukisita/ootyaru.html(野の花賛花から)
フデリンドウ(筆竜胆)(リンドウ科リンドウ属)
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%87%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%A6(ウィキペディアから)
 https://matsue-hana.com/hana/huderindou.html(松江の花図鑑から)
 https://mikawanoyasou.org/data/huderindou.htm(三河の植物観察から)
 http://saragamine.web.fc2.com/ha/hu/huderindou/huderindou.html(皿ヶ嶺の植物図鑑から)
ヤマルリソウ(山瑠璃草)(ムラサキ科ルリソウ属)
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%83%AA%E3%82%BD%E3%82%A6(ウィキペディアから)
 https://mikawanoyasou.org/data/yamarurisou.htm(三河の植物観察から)
 http://saragamine.web.fc2.com/ya/ya/yamarurisou/yamarurisou.html(皿ヶ嶺の植物図鑑から)
ハシリドコロ(走野老,莨菪)(ナス科ハシリドコロ属)「有毒」
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%89%E3%82%B3%E3%83%AD(ウィキペディアから)
 https://matsue-hana.com/hana/hasiridokoro.html(松江の花図鑑から)
 https://mikawanoyasou.org/data/hasiridokoro.htm(三河の植物観察から)
 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000079832.html(厚生労働省から)
ナツトウダイ(夏燈台)(トウダイグサ科トウダイグサ属)「有毒」
 ★ 深Vネックニットベスト レイヤードアイテムとしても万能 トップス レディース ニット ベスト レイヤード Vネック ノースリーブ シンプル【メール便可/100】〔人気商品!予約〕(ウィキペディアから)
 https://matsue-hana.com/hana/natutoudai.html(松江の花図鑑から)
 https://mikawanoyasou.org/data/natutoudai.htm(三河の植物観察から)
ムラサキケマン「有毒」
マムシグサ「有毒」
サンョウソウ
ツルカノコソウ
シャガ
カテンソウ
カキドオシ
コゴメツメクサ
マツバウンラン
ミツバツチグリ
ヤブヘビイチゴ
オオバタネツケバナ
ウワバミソウ
タチツボスミレ
ムラキササギゴケ
キランソウ(ジゴクノカマノフタ)
タネツケバナ
セイヨウタンポポ
オオアラセイトウ(ショカツサイ,ムラサキハナナ)
オヘビイチゴ?

☆蕾期
ミヤコアオイ
ホウチャクソウ「有毒」
ミズタビラコ

☆茎期(新芽新葉)
クサアジサイ(草紫陽花)(アジサイ科クサアジサイ属)
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%B5%E3%82%A4(ウィキペディアから)
 https://mikawanoyasou.org/data/kusaajisai.htm(三河の植物観察から)
 http://plants.minibird.jp/kansai/kansai50/kansai_ka/con_ku/kusaAjisai/kusaAjisai.html(西宮の湿生・水生植物から)
ギンバイソウ(銀梅草)(アジサイ科ギンバイソウ属)
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AE%E3%83%B3%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%BD%E3%82%A6(ウィキペディアから)
 http://plants.minibird.jp/kansai/kansai50/kansai_ka/con_ki/ginbaisou/ginbaisou.html(西宮の湿生・水生植物から)
 https://www.fureai-cloud.jp/tie/doc/view/18580/(知恵の輪ホームページから)
 http://saragamine.web.fc2.com/ka/ki/ginbaisou/ginbaisou.html(皿ヶ嶺の植物図鑑から)
キッコウハグマ(亀甲白熊)(キク科モミジハグマ属)
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%83%E3%82%B3%E3%82%A6%E3%83%8F%E3%82%B0%E3%83%9E(ウィキペディアから)
 https://matsue-hana.com/hana/kikkouhaguma.html(松江の花図鑑から)
 https://mikawanoyasou.org/data/kikkouhaguma.htm(三河の植物観察から)
アケボノソウ
アケボノシュスラン
キバナアキギリ
ミヤマウズラ
ヤブレガサ
モミジガサ
オオバショウマ
サラシナショウマ
ツルリンドウ
ヤマボクチ
キンミズヒキ
ユキノシタ
イタドリ
ウバユリ
ヤマジノホトトギス
サワギク(ボロギク)
キツネノボタン「有毒」
ボタンヅル「有毒」
ミヤマナルコユリ
ミズヒキ
ノブキ
ハルトラノオ

☆実期(花後)
ヒメオドリコソウ
フキ


木本

☆花期
クロバイ(黒灰)(ハイノキ科ハイノキ属)
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%90%E3%82%A4(ウィキペディアから)
 https://mikawanoyasou.org/data/kurobai.htm(三河の植物観察から)
 http://www.rokkosan-shizen.jp/sub394.html(神戸・六甲山系の森林から)
 http://jurin300.boo.jp/jumoku_ka/jumoku_ka_ku/kurobai.html(広島県の自生樹木から)
 http://zasshonokuma.web.fc2.com/kagyo/ku/kurobai/kurobai.html(木々@岸和田から)
ヤマブキ(山吹,棣棠)(バラ科ヤマブキ属)
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%83%96%E3%82%AD(ウィキペディアから)
 https://matsue-hana.com/hana/yamabuki.html(松江の花図鑑から)
 https://mikawanoyasou.org/data/yamabuki.htm(三河の植物観察から)
ミツバツツジ類(三葉躑躅類)(ツツジ科ツツジ属)
 資生堂 / 資生堂 お手入れコットン 天然綿100%使用 資生堂 お手入れコットン 天然綿100%使用(80枚入)【ACos】【資生堂】(ウィキペディアから)
ヤマツツジ(山躑躅)(ツツジ科ツツジ属)
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%83%84%E3%83%84%E3%82%B8(ウィキペディアから)
 https://matsue-hana.com/hana/yamatutuji.html(松江の花図鑑から)
 https://mikawanoyasou.org/data/yamatutuji.htm(三河の植物観察から)
カナクギノキ(鉄釘の木)(クスノキ科クロモジ属)
 https://www.matsue-hana.com/hana/kanakuginoki.html(ウィキペディアから)
 https://mikawanoyasou.org/data/kanakuginoki.htm(三河の植物観察から)
 http://saragamine.web.fc2.com/ka/ka/kanakuginoki/kanakuginoki.html(皿ヶ嶺の植物図鑑から)
ヤマザクラ(山桜)(バラ科サクラ属)
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%82%B6%E3%82%AF%E3%83%A9(ウィキペディアから)
 https://www.matsue-hana.com/hana/yamazakura.html(松江の花図鑑から)
 https://mikawanoyasou.org/data/yamazakura.htm(三河の植物観察から)
ミツマタ
ナガバモミジイチゴ
ニガイチゴ
クサイチゴ
ヤブツバキ(ツバキ)
ミヤマシキミ「有毒」
ツクシシャクナゲ(筑紫石楠花)(ツツジ科ツツジ属)(植栽)
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%84%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%82%AF%E3%83%8A%E3%82%B2(ウィキペディアから)
 http://sikoku.o.oo7.jp/akabosi/akbhana/hanam/hn287.htm(赤星山など四国中央市でのトレッキングと釣りの記録等々から)
 http://www.enyatotto.com/flower/spring/tsukushisyakunage.htm(吉野・大峰フィールドノートから)
モクレン(植栽)
シロバナジンチョウゲ(植栽)
御室桜(植栽)

☆蕾期
ハゼノキ(櫨の木,黄櫨の木)(ハゼ)(ウルシ科ウルシ属)「有毒」
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%82%BC%E3%83%8E%E3%82%AD(ウィキペディアから)
 https://www.matsue-hana.com/hana/hazenoki.html(松江の花図鑑から)
 https://mikawanoyasou.org/data/hazenoki.htm(三河の植物観察から)

☆茎期(新芽新葉)
アクシバ(灰汁柴)(ツツジ科スノキ属)
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%90(ウィキペディアから)
 https://matsue-hana.com/hana/akusiba.html(松江の花図鑑から)
 http://www.jugemusha.com/jumoku-zz-akusiba.htm(木のぬくもり・森のぬくもりから)
イワガラミ(岩絡み)(アジサイ科イワガラミ属)あるいはツルアジサイ(蔓紫陽花)(アジサイ科アジサイ属)
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%AF%E3%82%AC%E3%83%A9%E3%83%9F(ウィキペディアから)
 http://saragamine.web.fc2.com/a/i/iwagarami/iwagarami.html(皿ヶ嶺の植物図鑑から)
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%84%E3%83%AB%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%B5%E3%82%A4(ウィキペディアから)
 http://saragamine.web.fc2.com/ka/ko/gotouzuru/gotouzuru.html(皿ヶ嶺の植物図鑑から)
カナメモチ(要黐)(バラ科カナメモチ属)
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%8A%E3%83%A1%E3%83%A2%E3%83%81(ウィキペディアから)
 https://www.matsue-hana.com/hana/kanamemoti.html(松江の花図鑑から)
 https://mikawanoyasou.org/data/kanamemoti.htm(三河の植物観察から)
 https://www.uekipedia.jp/%E5%B8%B8%E7%B7%91%E5%BA%83%E8%91%89%E6%A8%B9-%E3%82%AB%E8%A1%8C/%E3%82%AB%E3%83%8A%E3%83%A1%E3%83%A2%E3%83%81/(庭木図鑑 植木ペディアから)
トチノキ(栃,橡,栃の木)(ムクロジ科トチノキ属)(植栽?)
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%81%E3%83%8E%E3%82%AD(ウィキペディアから)
 https://matsue-hana.com/hana/totinoki.html(松江の花図鑑から)
 https://mikawanoyasou.org/data/totinoki.htm(三河の植物観察から)
 http://www.forest-akita.jp/data/2017-jumoku/20-tochi/tochi.html(あきた森づくり活動サポートセンターから)
 https://kinomemocho.com/sanpo_tochinomi.html(木のメモ帳から)
ノリウツギ(糊空木,糊樹)(アジサイ科アジサイ属)
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%83%84%E3%82%AE(ウィキペディアから)
 https://mikawanoyasou.org/data/noriutugi.htm(三河の植物観察から)
 http://www.forest-akita.jp/data/2017-jumoku/89-noriutugi/nori.html(あきた森づくり活動サポートセンターから)
コバノフユイチゴ
フユイチゴ
イロハモミジ
ヤブコウジ
タラノキ
ハナイカダ
コガクウツギ
ヌルデ「有毒」
アカマツ
シロダモ

☆実期(花後)
ヤマヤナギ(山柳)(ヤナギ科ヤナギ属)
 https://www.matsue-hana.com/hana/yamayanagi.html(松江の花図鑑から)
 http://saragamine.web.fc2.com/ya/ya/yamayanagi/yamayanagi.html(皿ヶ嶺の植物図鑑から)
 http://jurin300.boo.jp/jumoku_ya/jumoku_ya_ya/yamayanagi.html(広島県の自生樹木から)
ケクロモジ(毛黒文字)(クスノキ科クロモジ属)
 http://had0.big.ous.ac.jp/plantsdic/angiospermae/dicotyledoneae/choripetalae/lauraceae/kekuromoji/kekuromoji.htm(Y.HADA'S Home Page,波田善夫から)
 https://elm3.web.fc2.com/top/ha-no-kaisetu/kekuromoji.html(葉と枝による樹木検索図鑑から)
 http://saragamine.web.fc2.com/ka/ke/kekuromoji/kekuromoji.html(皿ヶ嶺の植物図鑑から)
シロモジ(白文字)(クスノキ科クロモジ属)
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%AD%E3%83%A2%E3%82%B8(ウィキペディアから)
 https://mikawanoyasou.org/data/siromoji.htm(三河の植物観察から)
 https://blog.goo.ne.jp/utyucosmos/e/f013b94b4f9a4dfcfc6587f43cbe8677(里山コスモスブログから)
キブシ
ケヤマハンノキ?


シダ類

ゼンマイ(薇,紫萁)(ゼンマイ科ゼンマイ属)
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BC%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%82%A4(ウィキペディアから)
 https://www.matsue-hana.com/hana/zenmai.html(松江の花図鑑から)
 https://mikawanoyasou.org/sida/zenmai.htm(三河の植物観察から)


昆虫

コツバメ(小燕)
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%84%E3%83%90%E3%83%A1(ウィキペディアから)
 https://www.insects.jp/kon-tyokotubame.htm(昆虫エクスプローラから)
 http://butterflyandsky.fan.coocan.jp/shubetsu/shijimi/kotsu/kotsu.html(大阪市とその周辺の蝶から)
 https://www.j-nature.jp/butterfly/zukan/sijimi03.htm(蝶の図鑑から)
トラマルハナバチ(虎丸花蜂)(ミツバチ科マルハナバチ属)
 https://mushinavi.com/navi-insect/data-hati_toramaruhana.htm(虫ナビから)
 https://ikmn.world/2018/11/13/bombus_diversus/(世界の生き物図鑑ブログから)
 https://hanamokusanpo.jp/other_book/26811(はなもく散歩から)
クロマルハナバチ(黒丸花蜂)(ミツバチ科マルハナバチ属)
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%83%8F%E3%83%8A%E3%83%90%E3%83%81(ウィキペディアから)
 https://mushinavi.com/navi-insect/data-hati_kuromaruhana.htm(虫ナビから)
 https://animalbattles.wealthyblogs.com/?p=23212(野生動物や昆虫の知られざる生態 最強生物の座は?から)
ムネアカオオアリ(胸赤大蟻)(アリ科オオアリ属)
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A0%E3%83%8D%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%82%AA%E3%82%AA%E3%82%A2%E3%83%AA(ウィキペディアから)
 https://www.insects.jp/kon-arimuneakaoo.htm(昆虫エクスプローラから)
 http://ant.miyakyo-u.ac.jp/J/Taxo/F80903.html(日本産アリ類画像データベースから)
 https://antsbase.tokyo/shiiku/muneaka-oari/(あんつべから)


ウィキペディアから
 西条市;https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E6%9D%A1%E5%B8%82
 小松町;https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%9D%BE%E7%94%BA_(%E6%84%9B%E5%AA%9B%E7%9C%8C)
 横峰寺;https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%AA%E5%B3%B0%E5%AF%BA
 四国電力;https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9B%E5%9B%BD%E9%9B%BB%E5%8A%9B
 四国電力送配電;https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9B%E5%9B%BD%E9%9B%BB%E5%8A%9B%E9%80%81%E9%85%8D%E9%9B%BB

山好きのための登山情報サイト - ヤマケイオンライン - 山と溪谷社から
 はじめての登山 - 初心者の登山 - 登山を始めるための登山初心者へのノウハウ&ハウツーが満載! Yamakei Online - 山と渓谷社;http://www.yamakei-online.com/beginners/

福原のページ(植物形態学・分類学など)から
 植物形態学;https://ww1.fukuoka-edu.ac.jp/~fukuhara/keitai/index.html

株式会社タワーライン・ソリューションから
 架空送電線の話;https://www.k-tls.co.jp/overhead-tml/

一般社団法人 電気学会から
電気の知識を深めようシリーズ;http://www.ieej.org/denki/
1.電気とは何だろう;http://www.ieej.org/denki/pdf/denki_vol01_ver02_sp.pdf
2.私達の身近にある電気;http://www.ieej.org/denki/pdf/denki_vol02_ver02_sp.pdf
3.電気の基本を考えてみよう;http://www.ieej.org/denki/pdf/denki_vol03_ver02_sp.pdf
4.電気をつくる;http://www.ieej.org/denki/pdf/denki_vol04_sp.pdf
5.電気を送る・配る;http://www.ieej.org/denki/pdf/denki_vol05_sp.pdf
6.電気を貯める;http://www.ieej.org/denki/books/denki_vol06_ver02.pdf
7.スマートに安全・確実に電気を使う;http://www.ieej.org/denki/pdf/denki_vol07_sp.pdf

四国電力送配電から
 系統アクセス情報の公表|四国電力送配電;https://www.yonden.co.jp/nw/line_access/index.html
 系統空容量マップ・運用容量(187kV以上);https://www.yonden.co.jp/nw/assets/line_access/mapping1.pdf
 一般送配電事業における行為規制・系統ルール|四国電力送配電;https://www.yonden.co.jp/nw/rule/index.html


余談:FC2ブログ有料版へ

2022年1月6日(木)に本記事用の写真をアップしていたら転送できなく、「これ以上はアップロードできません。無料ユーザーの場合10GB以上のストレージはご利用いただけません。有料プランをご利用ください。」とのメッセージが出ました。

もうひとつFC2IDを作るとか他社のブログにするとかも考えたが、管理がめんどうになるのでこのブログを有料版の「FC2ブログPro」にすることにしました。
有料版なら使用容量に制限はありません。
契約料金(利用料金)は1ヶ月が300円で12ヶ月が3300円なので、当然ながら安い12ヶ月で契約することにしました。
ところが何度やっても「決済に失敗しました。内容を再度ご確認ください。」というメッセージが出て契約できません。
どうしようもないので、FC2に問い合わせのメールを出そうとメモ書きしました。
問い合わせする前にもう一度確認ということで、パソコンの電源を落とし再立ち上げして試みてみました。
でも、やはり駄目でした。
ところが駄目もとでといい加減にやると契約が完了しました。
しかし、契約のとこを見ると1ヶ月なのでこれではこまると延長で12ヶ月にすると(最初のとこで1ヶ月か12ヶ月を選択できデフォルトは1ヶ月です)やはり契約できません。
このことから、思い至ったのはクレジットカードの有効期限が2022年3月までなので、それで12ヶ月ははじかれているのではないかということです。
1ヶ月で契約でき12ヶ月で契約できないということならこれくらいしか考えられないです。
しかし、おそらく契約した時に12ヶ月分は払うと思うので有効期限は関係ないとも思うのだが・・・
ともかく新しいクレジットカードが来た時に12ヶ月を契約してみてそれでどうなるか見てみます。

なお、契約料金はクレジットの場合は当日の為替レートでドルに換算した金額とのことです。
1月16日に確認すると、307円でした。

実は、この有料版の「FC2ブログPro」は2013年4月3日~2017年4月3日まで使っていました。
その時に有料版にしたのは、1ファイルのアップロード容量が500KBまでだったので500KB以上のファイルをアップロードしたかったためです。
ところが、クレジットの期限切れで契約の更新を忘れていたのに、500KB以上のファイルが生きていたのでなぜかと思って調べたら1ファイルのアップロード容量が2MBになっていました。
それで、「FC2ブログPro」は必要なくなったので、更新をぜずに無料版を使っていました。
そんな僥倖で再度無料版になった訳だが、今回も無料版のファイル保存容量の最大値が10GBから20GBにならないかな・・・(笑)
まぁ、3300円が特別に高いわけではないのだが・・・タダに越したことはないというだけの話です。

FC2ブログ;https://blog.fc2.com/
FC2ブログPro(有料プラン)なら他社ドメインもご利用できます!;https://blog.fc2.com/contents/paid/?1609header


余談2:冷凍冷蔵庫の買い替え

2021年11月中旬に冷凍冷蔵庫が壊れました。
冷凍品はすべてダメになりました。
冷凍庫にほぼ満杯で入れていたので、おおよそ1万5千円以上の食材を廃棄せざるをえませんでした。
もったいないし、捨てる処理も手間がかかりました。

まぁ、壊れたものはしかたないので新しい冷凍冷蔵庫を買うことにしました。
壊れた冷凍冷蔵庫は日立のもので15年以上使っていると思うので寿命だと思います。
その日立のものは、「R-S38RPAM形(右開き) 376L 冷蔵185L 野菜89L(55L) 冷凍102L(66L)(2段分) 幅600mm×奥行685mm×高さ1720mm」なので、大きさも容量もほぼ同じものを買うことにしました。

そこで、ケーズデンキに行って、ある限りの冷凍冷蔵庫のカタログをもらってきて検討しました。
パナソニック、東芝、日立、三菱、シャープにほぼ同じクラスのものがあったので、この5社のどこにするかです。
最終的にパナソニックと東芝ということになりました。機能的にはパナソニックだがパナソニックは野菜室が下です。
東芝は野菜室が上です。つまり上から冷蔵室、野菜室、冷凍室となっています。壊れた日立もこの構成です。
わたしは野菜をよく使うので野菜をいちいちかがんで取るのはめんどくさいのです。

ともかく、このどちらかを購入しようとケーズデンキに行くと、パナソニックは17万円台で東芝は19万円台で並んでいました。
この2つを見ていたら、東芝の横に同じ大きさで11万円台のものがありました。
この11万円台のものは何かと店員さんに聞くと、これは「AQUA(アクア)」のもので、旧製品だから安いとのことでした。
機能的には、パナソニックや東芝のものと遜色ないということだし、それにこれは野菜室が冷凍室の上です。
それに面白いことに冷蔵室から野菜室が見えるのです。
そして、AQUAとは旧三洋電機から独立した会社とのことです。旧三洋電機はパナソニックに吸収合併されたのだが、洗濯機と冷凍冷蔵庫は業務用で実績があったので、AQUAとして独立したとのことです。
そこで、このAQUAに心が動いたので在庫はあるのかと尋ねると在庫はあるとのことなので、11万円台という魅力に負けて購入することにしました。

ただ、もし、これが展示品だけだったら購入はしていなかったでしょう。
やはり、冷凍冷蔵庫は食べ物を入れるものだから、展示品のように人がべたべた触ったものはちょっと考えてしまいます。
以前来た時に東芝のものが、同じように旧製品で11万円台であったのだが、それは展示品だけだったので店員さんに勧められたものの購入には至りませんでした。

それにしても2日間くらいかけて検討したのに検討もしなかったものを購入するってどういうことって感じでした。
やはりここらへんがお店で実物を見て買うということの強みなのでしょうか。
AQUAのカタログももらっていたが、AQUAってどこって感じで見ていなかったのです。
こういうとこも知識がないと安易にブランドものを買ってしまうということなのでしょう。

2021年12月24日に購入して、26日に搬入してもらいました。

AQUAのものは、「AQR-V43K(右開き) 430L 冷蔵211L(163L) 野菜67L(38L) 冷凍152L(79L)(2段分) 幅600mm×奥行710mm×高さ1840mm」です。

野菜室がやや狭い感じがするけど、野菜は冷蔵庫に置いてもいいので満足です。
外観の色はシックにブラックです。

なお、搬入の時に紙を渡されたのだが、その時は見ていなくあとから見ると{新型コロナウイルス感染拡大防止の取り組み}ということでマスクの着用のお願いなどを書いていました。
わたしはマスクはしていませんでした。もちろん搬入の方(2人)はマスクをしていました。
ちょっと申し訳ないことをしたと思ってしまいました。
こういうのは、購入した時に紙を渡すか、あるいは口頭で言ってもらいたいと思いました。
紙とか渡されてもその時にじっくり見ない場合もあるので・・・

ウィキペディアから
 AQUA(アクア (企業));https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%A2_(%E4%BC%81%E6%A5%AD)
 三洋電機;https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E6%B4%8B%E9%9B%BB%E6%A9%9F


余談3:懐中電灯

山野草行に行って遅くなる事もあるので、懐中電灯を所持しています。
使っていた懐中電灯が使用不可になったので、ダイソーの100円(税引き)の懐中電灯で代用していました。
明るさでは特に問題なかったが、やはり所詮100円のものなので耐久性が乏しくしばしば接触不良となり点灯しなくなることがあります。
その時は、叩いたり(大昔のテレビもしばしば接触不良をするので叩いて直していました(笑))電池を差し替えたりして再度点灯させていました。
しかし、だんだんめんどうになってきたので、アマゾンで懐中電灯を検索してみました。
そうすると、懐中電灯も進歩していて、USB充電式というのがあったのでこのタイプを購入することにしました。
このタイプの懐中電灯は種々あったのだが、価格と明るさから「懐中電灯 led 強力 軍用 最強 超高輝度3500ルーメン フラッシュライト 5つのライトモード調節可能なフォーカス USB充電式【3000mAh 大容量 18650電池】」とうやたらと長い品名のものを購入しました。
ブランドは「 FUOOX」とのことです。
価格は3500ルーメンのものが1980円でした。
2022年1月8日に注文して日時指定で11日に受け取りました。

さて、実際に充電して明るさを見てみると、すごく明るいです。
近くで光源を見たらしばし目がくらんでしまいます。
明かりを人に向ける時は気をつけた方がよさそうです。
山で夜に獣にあった時には、目くらましに使えそうです。
(映画などで暗視スコープ(暗視ゴーグル)を使っている相手に強い光を与えて目くらましをする場面があるがそういう効果です)
明るさはそれなりに調整できるがちょっと明るすぎたかなって感じだが、満足です。
明るさの調整は、5つの調光モードと5つの照明モード(高・中・低・フラッシュ・SOS)となっています。
また、USB充電式は双方向でスマートフォンのモバイルバッテリーとしても使えるとのことです。
付属のバッテリーは3000mAhの18650電池(リチウムイオン電池)でフル充電で最大8時間とのことなので、予備の18650電池を1本持っていれば万全でしょう。

ウィキペディアから
 ルーメン;https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%83%B3
 リチウムイオン二次電池;https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%81%E3%82%A6%E3%83%A0%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%B3%E4%BA%8C%E6%AC%A1%E9%9B%BB%E6%B1%A0

ノイズが発生しないLED作業灯・投光器のNLAセレクトから
 安全な18650電池を購入する為に必要な3つの確認事項とは? | LED作業灯通販|NLAセレクト/ブログ;https://led-outdoorgear.biz/wp/18650-pse/


本記事の参考HP一覧
ウィキペディア(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8
松江の花図鑑(島根県松江市の野草樹木シダの名前が分かる植物花図鑑)(https://matsue-hana.com/
三河の植物観察(https://mikawanoyasou.org/index.shtml
皿ヶ嶺の植物図鑑(http://saragamine.web.fc2.com/
イー薬草・ドット・コム(http://www.e-yakusou.com/
西宮の湿生・水生植物(http://plants.minibird.jp/index.html
花図鑑(http://kyonohana.sakura.ne.jp/blogs/kyohana/
Y.HADA'S Home Page,波田善夫(http://had0.big.ous.ac.jp/index.html
Tam's素人植物図鑑(http://www.jplants.sakura.ne.jp/index.html
植物検索システム・撮れたてドットコム(http://www.plantsindex.com/
赤星山など四国中央市でのトレッキングと釣りの記録等々(http://sikoku.o.oo7.jp/
山川草木図譜 | ふと気になった植物や自然の備忘録として(https://www.neko-net.com/hana/
mirusiru.jp | 神奈川県南部「湘南・鎌倉・三浦半島」の花暦(https://mirusiru.jp/
花の写真館 総合案内(http://www.io-net.com/index.html
花調べ(https://keiko65.sakura.ne.jp/TOP.html
野の花賛花(http://hanamist.sakura.ne.jp/index.html
厚生労働省(https://www.mhlw.go.jp/index.html
知恵の輪ホームページ(https://www.fureai-cloud.jp/tie/
神戸・六甲山系の森林(神戸市と六甲山系の自然のHP)(http://www.rokkosan-shizen.jp/
広島県の自生樹木(http://jurin300.boo.jp/index.html
木々@岸和田(http://zasshonokuma.web.fc2.com/index.html
あきた森づくり活動サポートセンター | モリエールあきた/森と水の郷あきた(http://www.forest-akita.jp/
木のメモ帳(https://kinomemocho.com/index.html
木のぬくもり・森のぬくもり(http://www.jugemusha.com/jumokuF.htm
庭木図鑑 植木ペディア(https://www.uekipedia.jp/
葉と枝による樹木検索図鑑(https://elm3.web.fc2.com/index.html
里山コスモスブログ(https://blog.goo.ne.jp/utyucosmos
吉野・大峰フィールドノート(http://www.enyatotto.com/index.html
昆虫エクスプローラ(https://www.insects.jp/index.htm
大阪市とその周辺の蝶(http://butterflyandsky.fan.coocan.jp/main.html
蝶の図鑑 日本産の蝶(チョウ)を写真で紹介する生態図鑑(https://www.j-nature.jp/butterfly/index.shtml
日本産アリ類画像データベース(http://ant.miyakyo-u.ac.jp/J/index.html
あんつべ|アリ飼育初心者向けブログants base label(アンツベースレーベル)(https://antsbase.tokyo/
虫ナビ(https://mushinavi.com/
世界の生き物図鑑ブログ|ありとあらゆる世界中の生き物をご紹介(https://ikmn.world/
はなもく散歩(https://hanamokusanpo.jp
野生動物や昆虫の知られざる生態 最強生物の座は?(https://animalbattles.wealthyblogs.com/
石鎚神社|霊峰石鎚山総本宮(http://ishizuchisan.jp/
川の名前を調べる地図(https://river.longseller.org/
世界遺産 真言宗御室派総本山 仁和寺(http://www.ninnaji.jp/
MKメディア(https://media.mk-group.co.jp/
京都旅行のオススメ(https://kyototravelnoosusume.hatenablog.com/
巨樹と花のページ(http://www.tree-flower.jp/index.html
花遊び 山遊び(http://plantosuki.boy.jp/index.html
みちくさおじさん山を歩く(https://hotaka443.exblog.jp/
GSI HOME PAGE - 国土地理院ホーム(https://www.gsi.go.jp/top.html
goo地図(https://map.goo.ne.jp/
地図検索ならMapion(http://www.mapion.co.jp/
山好きのための登山情報サイト - ヤマケイオンライン - 山と溪谷社(https://www.yamakei-online.com/
福原のページ(植物形態学・分類学など)(https://ww1.fukuoka-edu.ac.jp/~fukuhara/index.html
株式会社タワーライン・ソリューション(https://www.k-tls.co.jp/
一般社団法人 電気学会(https://www.iee.jp/
四国電力送配電(https://www.yonden.co.jp/nw/
FC2(https://fc2.com/
ノイズが発生しないLED作業灯・投光器のNLAセレクト(https://led-outdoorgear.biz/
住友共同電力(https://www.sumikyo.co.jp/


ショウジョウバカマ
   
   
   
   
   
    
 

サイコクサバノオ
   
   
  

ヤマアイ
   
   

ツクバネソウ
   

コンロンソウ
   
   
  
 
マルバコンロンソウ
   
   

ミツバコンロンソウ
 

ヤマネコノメソウ
   
   

コガネネコノメソウ
   
   
 

イワボタン
   
   

シロバナネコノメソウ
   
 

エイザンスミレ
   
   
   

ツボスミレ
   

ジロボウエンゴサク
   
   
 

オドリコソウ
   
   
   

オオチャルメルソウ
   
   
 

フデリンドウ
   
  

ヤマルリソウ
   
   
   

ハシリドコロ
   
 

ナツトウダイ
   
   
 

クサアジサイ
 新芽新葉です。
  

ギンバイソウ
 新芽新葉です。
  

キッコウハグマ
 新芽新葉です。
   

クロバイ
   
   
   
 

ミツバツツジ類
   
   
   

ヤマツツジ
   
  

ヤマブキ
   
   

ヤマザクラ
   

カナクギノキ
   
   

ケクロモジ
 花後です。
   
   

シロモジ
 花後です。
   
   

ハゼノキ
 蕾です。
   
 

アクシバ
 新芽新葉です。
   
   

イワガラミあるいはツルアジサイ
 新芽新葉です。
   

カナメモチ
 新芽新葉です。
   
    

トチノキ
 新芽新葉です。
   
   

ノリウツギ
 新芽新葉です。
   
 

ヤマヤナギ
 若い実です。
   
   
   
 
ツクシシャクナゲ(植栽)
   
   

御室桜(植栽)
   足ヒレの常識が覆る! 走れて飛び跳ねれる足ヒレ! 走れる足ヒレ 半魚FIN 2021 足ひれ シュノーケリング スキューバ ダイビング 初心者向け 水泳フィン ストラップフィン 着脱簡単 軽量 快適 大人 メンズ レディース 子供 キッズ waveo

ゼンマイ
 新芽新葉です。
   

コツバメ
  

トラマルハナバチ
   
   
 

クロマルハナバチ
   
   

ムネアカオオアリ
  


2022年(令和4年) 年賀



Enterに戻る


クレイモア テレサ謀殺説 漫画 全27巻

第3巻でテレサに盗賊がちょっかいを出してくるのがいまいち納得できなかったのだが、これはテレサを抹殺するために組織の仕組んだことだとするのならば得心できるということです。
なぜ、盗賊がテレサにちょっかいを出すのが納得できなかったかというと、クレイモアの初期の時代ならいざ知らずこの時代ではクレイモアは人々に「銀眼の斬殺者」として広く知られ妖魔と同じくらいに恐れられていたのに、いくら盗賊が荒くれ者といってもわざわざ殺されるような危険を冒すことはないと思えるからです。
組織にとっては、テレサは類い希なる強さを誇りまた賢く組織の内情も知っているので、このまま放置しておけば組織の災いになるということです。
そんなことで、このテレサ謀殺説を検証してみます。


テレサが妖魔との戦いにおいて討死するようであれば、組織としては何も問題はなかったであろうが、テレサを倒せるようなものは現状において存在しないといえるでしょう。
そこで組織としてはテレサを処罰することによって亡き者にしようとしたということでしょう。

組織がクレイモアを処罰できるのは概ね4つほどあります。
1.人を殺めた
2.組織から離脱(逃亡)した
3.命令違反した
4.覚醒した

この中でもっとも問題なくテレサを処罰できるのは、1番の人を殺めたでしょう。
そういうことで、組織はテレサが人を殺めるように仕向けたということです。
この人を殺めてはいけないというのは、ミリアによれば「人を殺してはならないという規律になどなんの意味もない。ただ組織が体よく戦士を始末できるように作り上げた罪と罰」とのことです。(第23巻21頁)

まず、その手始めとして、テレサの行動を制約させるためにクレアをテレサに近づけます。
テレサはテオの町の妖魔討伐で妖魔を7匹斬殺します。
テレサは討伐が終わったので去ろうとすると、一人の少女がテレサにまとわりつきます。
少女はテレサが7番目に斬殺した妖魔といっしょにこの町に来たとのことです。
そして、この少女がクレアです。

第1巻の144~145頁によると、クレアの兄が妖魔となり両親が喰われクレアも妖魔に喰われそうになった時にクレイモアが現れ兄の妖魔を斬殺します。
こうしてクレアは助かったのだが、村の者は誰もクレアの面倒を見ないようなので、この展開なら当然クレアは組織が引き取ったと思われます。
つまり、クレアが7番目の斬殺された妖魔といっしょにいたのは組織が仕組んだことだと思われます。
妖魔は意図的にクレアをいたぶります。
そして、そのような状況から逃れる方法は、ある日クレアの救世主としてこの妖魔を倒すクレイモアが現れそのクレイモアと一緒にいることしかないと洗脳します。
幼いクレアはこの状況から抜け出す唯一の方法としてテレサにしがみつきます。
おそらくこのような意図があったと思われます。

妖魔が人間の少女を連れ歩くというような目立つことをわざわざするのはなかなか理解しがたいことです。
まぁ、妖魔といっても個性があるから何らかのことで少女を連れ歩くこともなきにしもあらずだが、なにかのことでその少女が離反することもあるかもなので単独よりも危険性はずっと増すだろう。

クレアはこの状況から逃れるために蹴られても無視されてもひたすらテレサについて行きます。
生きる為にはそれしかないのです。
おそらく組織としては各々のクレイモアの性格などの情報は持っているので、最初はつっけんどんにしていてもいずれクレアを受け入れると踏んでいるのでしょう。
もちろん、組織はクレアがだめだったらまた何か新たな手を考えるということでしょう。
所詮、クレアは捨て駒なのだから。

そして、テレサがクレアを受け入れるための次の仕掛けは盗賊の襲撃です。
これにはテレサもびっくりしたということです。
まさか、人が襲ってくるとは思ってもいなかったからです。
おそらく、人に襲われたのはこれが初めてでしょう。
この盗賊たちの最初の者がクレアを襲おうとしたので、テレサは反射的にその盗賊の左手を斬り落としてしまいます。
盗賊の一団が姿を見せ、相手がクレイモアだと分かると手下はびびるが、頭(かしら)はクレイモアは掟で人を殺すことが出来ないと言ってなおテレサを襲おうとするが、テレサが己の体を見せるとみな興覚めになって引き上げます。

おそらく、この盗賊も組織が雇ったものであろう。
手下がクレイモアだと知ってびびったように、いくら盗賊でもクレイモアにはあえて手を出さないというのが普通でしょう。
しかし、頭はなぜかクレイモアが人を殺せないということを知っていてひるみません。
ここらへんは、組織に雇われた時にそういう情報を得ているということでしょう。
しかし、クレイモアは人を殺さずとも相手を叩きのめすことは出来ると思われるが、いかんせんクレイモアは人と戦ったことがないので、人を殺さない程度に叩きのめすということは難しいともいえましょう。
あと、盗賊を相手にせず逃げるということも考えられるが、しかし人から逃げるという発想がそもそもないと思われます。
例えば、人が兎から逃げたりすることはないでしょう。

そういうことがあってもクレアは行き場所がないのでテレサについていくと、テレサも遂に根負けという感じになり、クレアを次の町まで面倒を見ることにします。
テレサは少しずつクレアに情を持ち始め、名がないと不便ということでクレアにクレアという名をつけると、それが本名でテレサとクレアというのはこの国の双子の女神の名ということです。
こういうこともあって、この謀殺にクレアが選ばれたのかも知れません。

そんなテレサの前に片腕を斬られた盗賊の男が復讐心に燃えて現れテレサが無抵抗なのをいいことに犯そうとするも、クレアがテレサを守ろうと盗賊の頭を棒で叩くと盗賊は怒り狂ってクレアに殴る蹴るの暴行を加えたので今度はテレサがクレアを守るために短剣を突きつけ死の恐怖を与えると盗賊は立ち去ります。
盗賊が去るとクレアはテレサにしがみつき初めて口を利きテレサの心の闇を貫くとテレサは涙を流しクレアを抱きしめます。
ここで、テレサとクレアは双子の女神のように心を一つにします。

しかし、テレサはクレアを思えば思うほど自分といっしょにいることの不憫さを思い、ロクトの町で任務遂行後クレアを町の人に預けることにします。
テレサはクレアと別れた後、あのテレサを襲った盗賊とすれ違いあることに気づきます。
それはロクトの町では妖魔が盗賊からの防壁の役目になっていたが、いまテレサが妖魔を退治したためにその防壁が崩れ盗賊が殺到しているということです。
クレアの危険を感じたテレサが急いで町に戻ると、クレアはあの片腕の男に意識を失うほどにぼこぼこにされており、その姿に我を忘れたテレサはまず片腕の男を斬殺し皆殺しの宣言をします。
ところが、どういう訳か頭(かしら)の男はテレサを恐れず自信満々であったが、あっさりテレサに斬られると他の盗賊たちはテレサに関わったのを後悔し逃げ始めるもクレアが意識を取り戻した頃にはその宣言通り皆殺しにされます。

頭がテレサに対峙した時に、「妖魔がいるこの町に手を出さずにいたのはその正体が知れなかったからさ。闘う相手さえ見えてりゃ、妖魔だろうがクレイモアだろうがこの俺がたたき斬ってやらぁ」と自信満々に言っています。
ここで頭の言う「その正体が知れなかった」とは何を指しているのだろうか。妖魔が人の姿をしていると人には判別できないということなのでしょうか。
しかし、この町を襲った時に、「男は殺せ、女はさらえ。全て残らず奪いつくせ」と言っています。
つまり、男は殺すつもりなら誰かが妖魔であっても問題ないと思われます。
殺されそうになった者が妖魔になっても頭は殺す自信があるから対処できるし、仮に妖魔が潜伏していたとしてもこの町に長居をするわけでもないので問題ないだろう。
普通、妖魔に対処できないのは村なり町なりの人を皆殺しに出来ないからでしょう。でも盗賊は町の者(特に男)を皆殺しにするから問題ないということになります。
妖魔としても自分を殺すために来た者でない盗賊と戦う理由はないと思われます。盗賊が男を殺し女をさらっていったら食料がなくなるということがあったとしても妖魔が盗賊の誰かに化ければいいだけの話でしょう。
妖魔に襲われるということでは、人による差異はない(美味としての差異はあるかもだけど)のだからこの町に妖魔がいてもいなくても同じだろう。
要は盗賊がこの町を襲ったのは妖魔がいなくなったからではなくテレサが任務を果たしクレアをこの町に託していったからということでしょう。
テレサがクレアを連れてこの町を出ていたら盗賊はこの町を襲っていなかったかも知れません。
まぁ、とばっちりを受けた町の人は哀れということです。
ここらへんの頭の言動には矛盾があるので、やはり組織に雇われていたということでしょう。
まぁ、盗賊だからあんまし賢くないということで自分の言説の矛盾に気がついていないといえばそれまでだけど・・・

頭(かしら)がテレサに自信満々だったのは、おそらく組織が頭と交渉した時に訓練生あたりと頭を戦わせていたのだろう。
訓練生あたりだとあの頭の隼の剣には太刀打ちできなく殺されていたのだろう。
そんなことで、盗賊たちに頭がいればクレイモアも怖くないということを信じさせていたのだろう。
そういうことでないと、普通の感覚ではいくら荒くれ者の盗賊たちでもクレイモアと事を構えないだろう。
だから、頭がテレサにあっさり殺されると盗賊たちはクレイモアに対する恐怖心が蘇って一斉に逃げようとしたということです。

そして、この盗賊皆殺しの現場を組織の者が見ており、テレサに死の宣告をします。

なんで、組織の者がこの現場にいるのかというのも、組織がそれを仕組んだからということです。
テレサがこの町の妖魔を退治したのでその依頼金を取りにきたら偶然にもテレサの盗賊皆殺しの現場に遭遇したともいえるが、それにしてはこの組織の者はひややかです。
この時の組織の者の言いようはこのことが既定であるようにみえます。
「とうとうやってしまったか・・・いつかはこうなるような気がしていたよ・・・
 掟に例外はない。いかなる者であろうと、いかなる理由ががあろうともな・・・
 残念だよ・・・・・微笑のテレサ---」
組織としてはここまではテレサ抹殺の芝居は筋書き通りという感じでしょう。

ということで、テレサは組織の掟に従って粛清されることになったが、テレサはクレアの為に生きることにしたので、粛清者の四人を動けない程度に斬り粛清を拒絶します。

ここに組織の企んだテレサ抹殺劇は見事に失敗してしまいます。
しかもそれがテレサを落とし込める餌であったクレアによってということです。
まさか組織としては、テレサがクレアと情を通じることを目的にしていたとはいえここまでクレアに入れ込むとは思ってもいなかったということでしょう。
組織がこういう情に疎いのは、ナンバー10のラフテラが「恐れながら申し上げれば、組織の敗因は人である我々の心を知らなすぎた事です」と言っています。(第21巻21頁)

結局、この失敗が組織の崩壊の始まりということになってしまいました。
組織としては面子があるので、この離反した最強のテレサですら討伐しなければなりません。
テレサになにもせず野放しにしたらこの後に離反者が出ることもあるでしょう。
組織の掟に反する者はどのようなことをしても粛清しなくてはなりません。
それがどの組織でも組織を守る為の鉄則です。

で、組織はテレサ討伐の為に、ナンバー2~5を招集します。
ナンバー2のプリシラ、ナンバー3のイレーネ、ナンバー4と5のソフィアとノエルです。
だが、この4人でもテレサとの力の差は埋めがたくまったく歯が立ちません。
この屈辱に若いプリシラは暴走し妖気の制御が出来なくなりそれを哀れに思ったテレサが隙を見せた瞬間に覚醒したプリシラはテレサの首を刎ねます。
こうしてテレサは組織の思惑通りに粛清されたのだが、その犠牲は大きくプリシラは覚醒しその覚醒したプリシラはテレサだけではなくイレーネもソフィアもノエルも倒してしまいます。
ここに組織は、己の謀略によってナンバー1~5を一度に失ってしまいます。
組織はこの痛手を補うことが出来なく、これ以後は崩壊へと突き進んで行くということになります。

このテレサ抹殺がこれまで見てきたように組織が仕組んだことなら、正に組織は墓穴を掘ったということです。
そして、その墓穴は組織の使ったたった一人の少女クレアがもたらしたといえないこともないのです。
テレサとクレアが情を通じることを狙っていたとしても、これほど深い絆になるとは思わなかったということです。
そしてテレサはクレアによって情が蘇ったが為にプリシラに情けをかけたのがより災いを加速させたといえます。
テレサが躊躇なくプリシラを仕留めておけばおそらくテレサも3者の深淵の者と同じような扱いになったと思われます。
組織としてはテレサ討伐をしたが、ナンバー2~5が返り討ちにあったということならそれ以上どうすることも出来ないということで一応面子も立ち、新たな離反者を出すこともないといえます。
そういうことなら、テレサとクレアもどこかでクレアが死ぬまで仲睦(なかむつ)まじく暮らしていたでしょう。

とはいっても組織としてはテレサではなくクレアの方に的を絞ってテレサ抹殺を計ることも考えられ、その時には、組織の者あたりがクレアを拉致してテレサに死を強要するかもしれません。
クレアを助けたければおとなしく粛清を受けろ的なことだが、もちろんテレサが死んだらクレアはどうなるかは分からないということでテレサに受けいらせることは難しいとも言えます。
粛清の時に、テレサが組織の者にクレアの行く末を聞いたら「知る必要はない。もはや、お前には関係のないことだ」と言ったのがおそらくテレサが粛清を拒絶した大きな理由と思われます。
あの時、組織の者が「どこかの町で引き取ってくれる者を見つけてやる」とか言っとければテレサは粛清を受けたかもしれないので、ほんと言葉というのは運命を左右するってことでしょう。
一言には気をつけましょう(笑)
しかし、そういうことでクレアに危害が及ぶとおそらくテレサは本気になって組織に牙を剝(む)くということになり組織としてはリスクが大きすぎるので、おそらくそういうことはしないと思われます。

ところが、そうはならなくテレサが死にプリシラが覚醒したので、クレアはテレサの首を持って組織に入りテレサの血肉を宿してクレイモアとなりミリアたちと出会い、プリシラは深淵の者の一人イースレイと出会いそれによって深淵の者が動き出すということになります。

そんなことで、テレサがクレアと出会ったり盗賊たちを皆殺しにしたのは、組織がテレサを抹殺するために仕組んだことだというのがとりあえず一番納得すると言えそうです。
なぜ、この時だけテレサ(クレイモア)と争う盗賊(人)が出て来たのかというのも組織の謀略だとすれば納得します。
だから、その後にはクレイモアと人が争う場面はありません。
組織としてはテレサ以後にはこんな回りくどいことをしなくても粛清は出来るということです。テレサ以前にはあったのかどうかは分かりませんが。
クレイモアはどういう形であれ人では太刀打ち出来ない妖魔を倒しているので人にとっては必要不可欠な者でありまたその強さを実感しているので基本的に人からクレイモアにちょっかいを出すことはないと思われます。

クレアはそういうこと(組織のテレサ謀殺)には気づかずあくまでもテレサを殺したのはプリシラということで、テレサの仇としてプリシラに復讐心を燃やします。

そんなことから思うにクレアは純粋な心は持っていても賢くはないということです。
世界を見る目は狭量です。
おそらく、このテレサとの関わりの経緯をミリアかデネヴに話していたら、おそらくミリアやデネヴならその経緯は組織がテレサ抹殺の為に仕組んだことではないかと確信とまでいかなくても少なくとも疑いをもったであろう。
ところがクレアは組織には疑いを持たず、プリシラがテレサを殺すとこを見ているが故にその表層にとらわれ深層(本質)を見ることがなかったということです。

ここらへんはプリシラなんかも純粋ということで同じでしょう。
テレサを単純に人殺しで組織の掟を破った極悪非道者と決めつけると、テレサに「世の中そんなに単純で理想通りにはいかないんだよ、お嬢ちゃん」と言われてしまいます。
ということは、テレサはもしかしたらこの一連のことは組織の謀略だと感づいていたのかもしれません。

クレアにとっては、テレサはおそらく心を通わした唯一無二の存在なのでその(テレサの)ことをおいそれとは言えないということで、誰にも言わなかったということでしょう。
そういうことでは、ラキにしてもミリアたちにしてもクレアにとっての過去に関しては距離のある存在といえます。
まぁ、人にはおそらく誰にも話さず墓場まで持って行く秘密の一つや二つはあるでしょう。
クレアにとってもテレサのことはそういう事項ということなのでしょう。

そんなクレアだがテレサやプリシラの因縁を少しだけ他の者に語ったことがあります。
それはルシエラ×ラファエラ融合体とそれに飲み込まれたクレアがプリシラを包み込んで一つの塊として封印し、ラキの愛がその封印を解きクレアがクレイモアとして蘇った時です。
「奴の名はプリシラ。当時のナンバー1テレサの首をはねた者だ。テレサは私の恩人だ。幼少の頃、妖魔に連れ回され好きなようにいたぶられていた私をテレサは身も心も救ってくれた。テレサは私のために組織を離れ組織に追われ、差し向けられた追っ手の一人プリシラに覚醒と同時に首をはねられた。私はテレサの首を持って組織の門をたたいた。戦士になったのは自らの意志、絶望の中でそうする事でしか前に進めなかったからだ。そして・・・この中に埋めたのはテレサの血肉、だから私は半人半妖ですらない、4分の一なんだ。」
「私はテレサの復讐をするために戦士になった。プリシラを殺す事だけが私の生きている意味なんだ。それは相手がどんなに強大であっても、私の命で足りない事だとしても変えられない事実だ。」(第23巻150~153頁)
ここで意図的なのかどうかは分からないが、盗賊やその盗賊をテレサが皆殺しにして粛清されることになった経緯は触れていないのです。
つまり、テレサが組織から離反した理由をはしょっているのです。
なぜなんだろう。そして、聞いている誰もこのことを問わなかったのはなぜだろう。
クレアの話に驚くと共に危機が差し迫っているのでそこまで知恵が回らなかったのだろうか。
第24巻142頁でダーエが言うには、プリシラは妖魔の父を殺した記憶を戦士になった瞬間に忘れたとのことだが、クレアも同じように盗賊関連のとこは忘れているのだろうか。

こういう組織にとって邪魔な存在を抹殺する謀略は、クレアも遭遇しているのにそれに気づかないということです。
まず最初は、ミリア,デネヴ,ヘレンと共に組織に反抗的な分子として抹殺の対象になりパブロ山の山中で男の覚醒者に襲われ全滅しそうになるもミリアの精神的幻想でなんとか難を逃れるということになりました。
そしてその次には、ナンバー4のオフィーリアに殺されそうになるが、偶然にもイレーネに助けられるも右腕を失います。
3つ目は北の戦乱でミリアやデネヴやヘレンやジーンやフローラなどの総勢24名の問題児のクレイモアがリガルド率いる覚醒者の群れに襲われクレアの覚醒やここでもミリアの精神的幻想でなんとか7名だけ生き残るということになりました。
こういう組織の謀略にあってもまだクレアはテレサの死が組織の謀略かもしれないと思わないのだからどれだけ鈍感なのかということです。
というか、組織がテレサの血肉でもってクレイモアにしてくれたので組織への疑問は心が封印しているということなのか。
逆説的な見方をすれば、テレサと出会えたのはテレサ抹殺という組織の企みのおかげだから組織には恩があるってことかも。

ディートリヒがそんな感じで住んでいた村が妖魔や覚醒者に襲われその時奇跡的に助かり組織に拾われたので組織に恩を感じていた。
が、そのディートリヒは聖都ラボナが同じように急襲されて組織に疑義を抱くことになります。
でも、クレアが組織に疑義を抱く様子はみてとれません。

こういう者もいるってことです。
何度悲惨な目にあってもそのものへ疑いをもたないってことです。
ミリアは友の死にざまによって組織に疑問を持ったし、ガラテアは北の戦乱での組織の非道さに三行半を下して離反したというのに・・・
そういうことでは、弱き者は例え疑問を持ってもそれに対抗する力を持たないため自らそれを封印して見て見ぬふりをするということなのでしょうか。
その割にはクレアは組織よりももっと手強いであろうプリシラには対峙するのだから、やはり物事の本質が見えない狭量な性格(性質)ということなのだろう。
まぁ、純粋な者は純粋が故にその世界は狭いといえます。
世界を広げたらどこかでその純粋さは汚されてしまうでしょう。
クレアの純粋さはプリシラを倒すという一点だけで維持されているということなのでしょう。
ということなら、プリシラとしてはえらい者にとりつかれたといえそうです。
が、しかしプリシラ自身もクレアにとりつかれることを望んでいたということらしいです。
第25巻188頁~191頁でダーエが言うには幼い少女だけ見逃したのは後にその少女が戦士となって自分を殺してくれることを望んでいたからとのことです。
それはオフィーリアでありクレアということです。
人のプリシラが覚醒者のプリシラに幼い少女がその目に映らないように呪い(制約)をかけたように、幼いクレア(あるいはテレサ)がクレアの心にはただプリシアだけが映るように呪い(制約)をかけたのかも知れません。
つまり、最低でもそのくらいのことをしなければプリシラには対抗できないということなのでしょう。
そういうことならクレアは愚鈍ということではなくなります。
ようするに自分の持っているものをすべてプリシラに向けたということです。
それはあのテレサがプリシラに首を刎ねられた時に、プリシラとクレアがお互いにかけた呪い(制約)ということなのかも知れません。
そう考えることの方が納得するということです。
あの時にクレアがプリシラを倒すという運命が定まったということです。

つまり、組織を潰してもプリシアは残る(存在する)ということで、誰かが自己の全存在を賭けてプリシラを狩らなければいけないということ。
それが、テレサの血肉を受け継いだクレアということなのだろう。
クレアはあの時にそれを直感的に感じたということなのでしょう。

妖魔に関してはすべての元凶は組織だから組織を潰(つぶ)すというミリアの主張が最も理にかなっているだろう。
しかし、もしテレサの討伐で組織のナンバー1~5までが壊滅していなかったらこのミリアの主張も絵にかいた餅になっていただろう。
あの時テレサの情けを情けとしてプリシラが受けていて組織にいたらミリアは弱き者として組織を潰すことを心に秘めながら見て見ぬふりをするしかなかったということになるだろう。
しかし、プリシラの覚醒で組織からナンバー1~5がいなくなる共にこの大陸の勢力図が変わったからこそのミリアの組織潰しの成就なのだろう。
おそらく、組織に疑問を持つ者はミリアが初めてではなくいままでもいたであろうが秘かに始末されていたと思われます。
こういうのも運ということです。
どんなことである社会構造が崩壊するというのは正に予測不可能です。
プリシラが覚醒した時、将来組織が崩壊するとは誰も思わなかったでしょう。
否、テレサ抹殺の謀略がこのような結末になるとは誰も思わなかったということです。
テレサが人を殺し粛清の場に立つというとこまでは筋書き通りだったと思われるので・・・
運命というのは度し難いです。

天の時、地の利、人の和。

ところで、墓場まで持って行く秘密と言えば、ミリアの知見である妖魔がアサラカムとアサラカムの覚醒体を融合しそれを人に移植して出来たものであるということもそうだろう。
組織を壊滅させた時に、デネヴとヘレンをわざわざ別の方面に探索に行かせて自分だけがアサラカムのとこに行きリムトと共にアサラカムも殺して証拠を隠滅しました。
だから、組織の担当者以外でそのことを知っているのはミリアだけです。
なぜ、ミリアはこのアサラカムのことを墓場まで持って行こうとしたのでしょうか。
これがずっと疑問なのです。
今思っているのは、もしミリアが善人なら訓練生などもいるのでアサラカムの血肉を削ってそれを人に寄生させて妖魔が作られたという悲惨なことを隠そうとしたということです。つまり、いままで妖魔だと思って狩っていたものは元は人だということです。
そういう事情を知ったなら、人によってはかなりのショックを受けるということであり、逆に知らなくても生きるには支障のないことです。
そういうリスクマネジメントの観点から自分の胸の内にしまったということでしょう。
デネヴやヘレンを疑っている訳ではないが、人の口に戸は立てられぬということで知っているものが居れば居るほど漏れる可能性はあるし、その秘密を守る負担も増えるということです。
そういう苦悩は自分一人でたくさんだということかも知れません。
というようなことを、第23巻18~23頁のミリアから推測されます。

が、このような解釈は単なるセンチメンタルヒューマニズム(感傷的人道主義)でしかなく、冷徹さを併せ持つミリアほどの指導者なら実際は今後の戦いを考察しての証拠隠滅でしょう。
つまり、これからすべての妖魔を少なくともこの大陸から消滅させなくてはいけないので、妖魔が元は人であるなどということが知れると妖魔を狩るのを躊躇するくらいならまだいい方で妖魔との共存を模索する者すら現れてくる可能性があるということです。
プリシラの村で妖魔が出現しクレイモアを呼ぶ金がないので家族を2週間閉じ込めるということをすると、プリシラの父が妖魔で家族を捕食し出しプリシラがこの妖魔の父を斬り殺した。
この時のプリシラはダーエによると「殺した相手が妖魔という生き物ではなく、本当の父である事を知っていた」とのことです。(第24巻141~142頁)
このプリシラのように妖魔が元は人であることを知ると、自分の家族や知り合いの妖魔を庇護するものすら現れかねないということです。
ゾンビドラマで、自分の家族や知り合いをゾンビだと認めることが出来なく殺すことをためらうだけでなくある場所に隔離して庇護している者すら出ていたがそのようなことになるということです。
まぁ、妖魔はゾンビみたいに感染的に増えないのでそれは救いだけど。
そんなことで、すべての妖魔を徹底的に殲滅するための証拠隠滅というのが真実でしょう。

ミリアは指導者だから表(建前)と裏(本音)があるってことです。

ところで、わたしの記憶する限りでは、女性の姿をした妖魔は見ていません。
これはどういうことでしょうか。
唯一の例外としてはクレイモアの姿をした妖魔がいたが、これはおそらくクレイモアの姿に変形していただけでしょう。(第1巻121~123頁)
なぜなら、このクレイモアの姿をした妖魔は、自分のことをクレイモアと言ってラキに見破られてしまうのだから。
妖魔がある人になりきるには、2つの説があります。
ひとつは、妖魔が人を食らった時にその者の身体と脳を自らの物としてその者になりきるということです。(第1巻38~39頁)
もうひとつは、アサラカムとその覚醒体の肉を削り取りそれを融合したある生き物が人に取りつき脳に寄生するということです。(第23巻18~29頁)
そして、そこでは最初の説である妖魔が食らった人の容姿と記憶を模倣するのは組織が作ったでたらめだとミリアは言っています。
ただ、わたしとしてはどこかですでに記したと思うが2つ目の説であるある生き物が脳に寄生するというのはいまいち納得しません。

例えば、第1巻でラキの兄のザキが妖魔だったが、ザキはどうやって妖魔になったのだろうか。
組織がザキを拉致して施設である生き物を寄生させてまた村に送り返したのだろうか。
また、「身体を酷使し無理な変形などで肉体が壊れていくからその都度寄生する相手を変えてゆく」とミリアは言っているが、ではどのような方法でその寄生する相手を変えてゆくのだろうか。
またこのある生き物の寿命はどれくらいなのだろうか。
このある生物は寄生している人が死ねと即座に死ぬのだろうか。
もしこの寄生説が正しいとするならば、女性には寄生できないというこのなのか。

最初にアサラカムとその覚醒体の肉を削り取りそれを融合したある生物を人に寄生させるということは認めるとしましょう。
この寄生というのも組織の施設でというようなことではなくもっと簡単なものかも知れません。
しかし人に寄生して妖魔になった者が上記のミリアの言うように寄生する相手を変えていくというのはかなり疑問です。
これだとこのある生物は不死に近いということになってしまいます。
こういうことではなく、ある生物が寄生し妖魔になった者は一代限りということの方が納得するのだが。

あと、北の山の研究施設で男の覚醒者を作っていたが、この素材になった男たちは村や町で人がいなくなった(神かくしにあった)というような話は特にないのでいなくなってもあまり問題にならない盗賊や流れ者など一定の共同社会から外れた者を拉致したものと思われます。
そんなことからテレサ抹殺でも見知っている盗賊を使ったものと思われます。


「クレイモア」での生態系の頂点に立つ者は妖魔です。
つまり、人間は妖魔に捕食される存在です。
ただ、人間は捕食されるままの存在ではなく、その捕食するものを絶滅させようとします。
この物語でもそれが示され、最後にはこの大陸からすべての妖魔を消し去るということになります。
とはいっても、この物語ではその生態系の頂点に立つ妖魔は実は組織という人間集団が作ったものだから結局生態系の頂点に立つ者は人間だったということになるのだが。

どの生物からも捕食されない存在が生態系の頂点ということです。
で、現在の世界においては人間を捕食する者は実質的にこの地球上には存在しないということです。
だから、人間がこの生態系の頂点でありその他の存在は基本的に人間に捕食される存在です。
おそらくこのクレイモアに描かれるようにもし人間を捕食するものが現れても人間はその知恵を使ってその捕食者を絶滅させるでしょう。
実際、何らかのことで人食い虎とか熊とか現れても、人間は問答無用でその存在を抹殺します。
人類が出現した頃は、人を捕食する生物が存在していたのでしょうか。
そして、人間はその生物を絶滅させたのでしょうか。

ともかくこの地球上でもっとも怖い生物は人間です。
大体、自然界で生態系の頂点に立つ者は捕食される者よりも数が少ないです。
数が多いと食べつくしてしまうからです。
この物語でも、ミリアがプリシラを倒す為に覚醒者たちに食料のことで挑発して協力を仰いでいます。(第24巻18頁~24頁)
でも、人間の場合どういうわけか捕食される者より多いです。
だから、人間の場合は生産ということで被捕食者を非自然的に大量に作るということになります。
しかし、おそらくどこかで限界が来るでしょう。
その限界が来たら人間が人間を捕食するということになるかも知れません。
なぜならこの地球上には人間以外に人間を捕食するものがいないからです。

そんなことで人間を捕食する者というのは興味深いので、人間を捕食する者が登場し、捕食者と人間が戦うという物語があるということです。
捕食者の本命は地球外生命体ということでしょう。
なかなかこの地球上で人間以外で人間に対抗するだけの捕食者を見出すのは難しいでしょう。
この地球上の人間の捕食者は事故的なものだけでしょう。例えば、人食い虎とか熊とか。
吸血鬼やゾンビがどこからやってきたのかは分からないがこれらも一応人間の捕食者でしょう。
まぁ、この地球上の人間以外の生命体の全部あるいは一部が人間に対して反乱でもすれば別でしょうが。


補足:クレイモア 全27巻 キンドル版 購入

2021年11月14日(日)に、クレイモアの全27巻をキンドル版で大人買いしました。
しめて、11146円でした。

書物(紙)で全27巻持っているのだが、紙だと何かとかさぼって持ち運びに苦労するので、思い切って新たにキンドル版を購入しました。
これで持ち運びにはこまらないです。


クレイモアの
漫画版のHPは
 https://shonenjumpplus.com/episode/13932016480029012552
単行本のHPは
 http://jumpbookstore.com/item_list.html?keyword=CLAYMORE&_ga=2.86871006.778559365.1594798455-55559373.1594798455
ウィキペディアは
 クレイモア(CLAYMORE);https://ja.wikipedia.org/wiki/CLAYMORE
 クレイモアの登場人物;https://ja.wikipedia.org/wiki/CLAYMORE%E3%81%AE%E7%99%BB%E5%A0%B4%E4%BA%BA%E7%89%A9
です。

ウィキペディアから
 本;https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%AC
 大人買い;https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E4%BA%BA%E8%B2%B7%E3%81%84


本記事の参考HP一覧
ウィキペディア(https://ja.wikipedia.org/
少年ジャンプ+|少年ジャンプが贈る最強!無料!のWebマンガ誌(https://shonenjumpplus.com/
ジャンプBOOKストア!(http://jumpbookstore.com/


捕捉



Enterに戻る


チャオ・リーインさん(盛明蘭) 明蘭~才媛の春~ 華流ドラマ 全73話

チャオ・リーイン(趙麗穎)さんは、中国の役者(俳優(女優))です。
チャオ・リーインさんを知ったのは、GAYO!の無料動画での「楚喬伝~いばらに咲く花~」(https://gyao.yahoo.co.jp/title/%E6%A5%9A%E5%96%AC%E4%BC%9D%EF%BD%9E%E3%81%84%E3%81%B0%E3%82%89%E3%81%AB%E5%92%B2%E3%81%8F%E8%8A%B1%EF%BD%9E/5f7583c1-6543-4de9-b06e-26e3158ff95f)でです。

たまたまこのドラマを2021年9月28日頃に見たらきりっとした可愛くかっこいい女性が出ていて、それに惹かれて見ていました。
始めはなんとなく見ていたのだが、第16話くらいまで見てどんどん惹かれていくので、この役者さんは誰なのかと気になりはじめました。
そこで、「楚喬伝~いばらに咲く花~」で検索してこの役者さんが、チャオ・リーインさんであることを知りました。
チャオ・リーインさんのウィキペディア(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B6%99%E9%BA%97%E7%A9%8E)によると、生まれは1987年10月16日で、このドラマは2017年作とのことです。
これにはちょっとびっくりしました。
若く可愛いので20歳前後だと思っていたからです。この作品は30歳頃ということです。
30歳でこの可愛さは犯罪です(笑)
このドラマでも役(楚喬)はとある人物評で16歳くらいということです。
ほんとに16歳くらいの役なら30歳でその役ができるということにこれまたびっくりです。
このドラマを見た時は新人かなと思っていたが中堅くらいの役者ということでドラマや映画にもたくさん出ていて、わたしが知らなかっただけという感じです。

で、このウィキペディアのドラマの項を見ていたら、「明蘭 ~才媛の春~」(2018年作)というのがあり、こちらもGAYO!の無料ドラマ(https://gyao.yahoo.co.jp/title/%E6%98%8E%E8%98%AD%EF%BD%9E%E6%89%8D%E5%AA%9B%E3%81%AE%E6%98%A5%EF%BD%9E/60e6b59d-6815-48ea-bd77-7b31bfda6787)にあったので見てみることにしました。
こちらはかなり話数が進んでおり、10月14日頃に「第53話 男の未練」から見ました。
あまり期待はしていなかったのだが、これが何と面白く引き込まれてしまいました。
「第63話 決死の反撃」まで見てあまりにも面白いので、第1話から見ることにしました。
「第1話 投壺の勝負」から「第52話 側妻の災難」までを1日7話~10話くらいのペースで見ました。
次々と展開が変わるので引き込まれてしまい一気に第52話まで見たいと思ったが、あまり見続けると体調を悪くしかねないので、多くても10話くらいに制限しました。
第53話から第63話までを見ていた時には合点がいかないこともあったが、当然ながら最初から見たのでその合点のいかないことも納得しました(笑)
そんなことで、この「明蘭 ~才媛の春~」についてとりあえず備忘録的に記事にしてみることにしました。

明蘭 ~才媛の春~」は全73話(1話45分ほど)で、題名に示すように、主人公は盛明蘭(せいめいらん)でチャオ・リーインさんが演じています。


☆あらすじ

盛明蘭は、盛家の四女として生まれてくる。
盛家は五品の役人である盛紘(せいこう)の下に正室(正妻)の王若弗(おうじゃくふつ)と2人の側室(側妻)の林噙霜(りんきんそう)と衛恕意(えいじょい)がいる。
王若弗の下に長女(第一子)の盛華蘭(せいからん)と長男の盛長伯(せいちょうはく)と三女の盛如蘭(せいじょらん)が生まれ、林噙霜の下に次男の盛長楓(せいちょうふう)と次女の盛墨蘭(せいぼくらん)が生まれ、衛恕意の下に盛明蘭が生まれる。
正室の生まれの3人は嫡子であり側室の生まれの3人は庶子である。
盛明蘭が幼い時に生母(実母)の衛恕意は、林噙霜の策謀により出産で母子共に命を落とす。
母を失った盛明蘭は以後は盛紘の義母である大奥様(盛夫人)に育てられる。
ここまでが5話の頭までで、それ以後は大人になった盛明蘭の話となる。

大奥様(盛夫人)に育てられた盛明蘭は賢く控えめな美しい女性になる。
そんな盛明蘭に盛家の私塾に共にかよっていた斉家(斉国公家)の一人息子の斉衡(せいこう)(若公爵)が一目惚れして求愛するも盛明蘭は自分が庶子であることもあり遠回しに拒否をするも、母親の平寧郡主(へいねいぐんしゅ)の反対にも屈しない斉衡の熱意に負けてその求愛を受け入れる。
しかし、斉衡を好きな女性は多くおり権力者の邕王(ようおう)の策謀によりその娘の嘉成県主(かせいけんしゅ)を娶らざるを得なくなり、結果的に盛明蘭を裏切ることになる。

一方盛家での盛明蘭は叔母の衛氏の助けもあり、母の衛恕意の死が林噙霜の策謀であることを知る。
林噙霜は女の武器を使って盛紘を意のままに操っており、それに業を煮やした王若弗が林噙霜を牽制するために買ってきた側室(側妻)が衛恕意であり、その衛恕意が子を産み盛家で力をつけるのを恐れて殺害したということである。
このことを知った盛明蘭は母の仇を取るために、ちょうど林噙霜の子の盛墨蘭が玉の輿に乗るために梁家(永昌伯爵家)の六男の梁晗(りょうかん)と好きあっているのを利用して逢引をさせ、何回かの逢引の後その現場を父親の盛紘に抑えさせ、恥ずべき行為に怒った盛紘は林噙霜に激しい言葉を浴びせると林噙霜は盛紘を罵り伸し上がる為に盛紘を利用しただけだと本音を吐く。
これには盛紘も堪忍袋の緒が切れて、家同士の面子の為に盛墨蘭を梁晗に嫁がした後に、林噙霜を杖打ちの刑に処す。
林噙霜はこの杖打ちがもとで死に、盛明蘭はやっと母の仇を討つ。

顧家(寧遠侯爵家)の次男である顧廷燁(こていよう)は、父親の顧偃開(こえんかい)が顧家の窮乏を救うために金のある商家の白氏を後妻として迎えてできた子である。
しかし、その前の妻の死には不審な点があり、前妻の子で長男である顧廷煜(こていいく)は顧廷燁を激しく憎んでおりことある毎に貶めようとする。そして、顧偃開はその都度顧廷燁に厳しい罰を与える。
しかし、前妻(最初の妻)の妹で3番目の妻である秦氏(しんし)はいつも顧廷燁をかばう。
そんな顧廷燁が我慢しきれず父親の顧偃開に母のことで問い詰めると顧偃開はショックで倒れ亡くなる。
そうすると秦氏は本性を現し、顧偃開の死を顧廷燁のせいにして追い出す。
顧廷燁はここで初めて秦氏の優しさは罠だったと気づく。

顧廷燁が顧家から追い出されると玉の輿に乗ることを目的に顧廷燁の情婦になっていた元芸妓の朱曼娘(しゅばんじょう)は見切りをつけ、顧廷燁の財産を勝手に持ち出して売り飛ばし、それがばれると二人の間の子である長女の顧書蓉(こしょよう)と長男の顧書昌(こしょしょう)のうち顧書昌を連れて出奔(しゅっぽん)してしまう。
顧廷燁は顧書昌を探し奪い返す為に顧書蓉を連れて従者の石頭(せきとう)と共に探索の旅に出る。
途中で皇族の後裔(こうえい)である趙宗全(ちょうそうぜん)を助けたり、義祖母(盛夫人)に連れられて本家に行く途中で盗賊に襲われている盛明蘭を助けた時には顧書蓉の将来のことを諭(さと)され、趙宗全の推薦状をもらって軍に入る。
そこで夜襲を見抜き手柄を立てたり再三盛明蘭を助けたりする。
顧廷燁は書蓉の世話を乳母の常ばあやに教育を盛長伯の妻の海朝雲(かいちょううん)に託す。

都では皇帝が跡継ぎの太子を決めないので、しびれをきらした栄貴妃(えいきひ)と兗王(えんおう)が謀反を起こし対抗馬の邕王およびその家族を殺し、皇帝に譲位を迫る。
これに対して皇帝は秘かに趙宗全を太子にする密詔を血で書きそれを趙宗全に届けるように宮女に託す。
その宮女とひょんなことで出会った盛明蘭は宮女が死んだので代わりに届ける。
密詔を受け取った趙宗全は躊躇するも息子の趙策英(ちょうさくえい)や顧廷燁に鼓舞されて太子を受け、顧廷燁を先鋒として謀反を鎮圧する。
顧廷燁は皇帝および太子の最大の功臣となる。
皇帝は崩御し趙宗全は宋(北宋)の新しい皇帝となる。

権勢を誇る顧廷燁は、盛明蘭の賀弘文(がこうぶん)との縁談話を聞きつけると奇計を用いて盛明蘭を娶る。
盛明蘭は奇計に怒りはしたものの何度も助けられていることもあり、顧廷燁に嫁ぐことに異存はない。
盛明蘭を忘れられない斉衡は科挙に合格し妻も死んでいないので盛明蘭を娶ろうとするが、遅かりし由良之助となる。

顧家に帰還した顧廷燁は、義母の秦氏などが側室(側妻)を押し付けたりして盛明蘭をいじめるので、皇帝から下賜された広大な新居の澄園(ちょうえん)に移り住む。
そうすると、秦氏は早速侍女が足りないということで、侍女を間諜(間者,スパイ)として送り込む。
しかし、盛明蘭はこの侍女たちを巧みな策略で追い出す。

斉衡が謀反人狩りを上奏したため、顧家でも従弟や弟が捕まり、親族が泣きついてきたので、顧廷燁は救うことと引き換えに母の白氏の名誉を回復させまた病弱な兄が死亡したので顧家を継ぐ。
このことに激しい憎しみを抱く義母の秦氏は顧廷燁を失脚させるために陰謀を巡らす。

まず、顧廷燁があれほど探しても見つからなかった朱曼娘を顧廷燁を憎む塩商の白亭預(はくていよ)の手助けで探し出し、顧廷燁に引き合わせる。
顧廷燁は朱曼娘から息子の顧書昌の居場所を聞き出そうと朱曼娘の側室(側妻)にして欲しいという条件をのむふりをするも居場所を教えないのでそれを拒否すると、朱曼娘は短剣で顧廷燁の胸を刺し、顧書昌は死んだと言い放つ。
顧廷燁は顧書昌が死んでいることを認めることが出来ず朱曼娘を監禁して詰問するも、朱曼娘は居場所を吐かないので、盛明蘭の策を取り入れ朱曼娘を放逐して朱曼娘の後をつけると、朱曼娘の行った先は息子の墓であった。
顧廷燁は悲嘆にくれ、朱曼娘を片田舎に監禁する。

朱曼娘が失敗すると、秦氏は義妹を使って側室(側妻)として銭鳳仙(せんほうせん)を送り込むと盛明蘭はそれを承諾したので、顧廷燁は嫉妬をしない盛明蘭に怒り心頭になり喧嘩するが、その喧嘩も自然解消する。
新居の改修祝いの宴では、沈従興(しんしょうきょう)の妻の張氏(ちょうし)を唆(そそのか)して騒動を起こさせるが、これも逆に盛明蘭と張氏の親交を深める結果となる。

朝廷は、新帝がまだ政策の運営に不慣れという理由で皇太后との連立政権となっていたが、新帝は改革を行う為には単独政権の必要があるため、徐々に権力の移行を目指す。
皇太后の元にあった玉璽を奇計で手に入れ、新帝の父の皇考という尊称も得て、今度は改革の目玉である塩税の不正を正すため桓王(かんおう)(趙策英)が護衛の沈従興と補佐の盛長伯を伴って巡察に出かけることになる。
しかし、これは根の深い問題であり、早速巡察の護衛の沈従興が罠にかけられ同行できなくなり、その代行の段成氷(だんせいひょう)もこれまた罠にかかり行けなくなったので、顧廷燁が行かざるをえなくなる。
盛明蘭の妊娠を知った顧廷燁は留守にするのが心配と常ばあやを呼ぶ。

秦氏は康夫人と仲良くなり、康夫人は実家の王若弗の姉なので伯母風を吹かして顧家に足げに通ってきては妊娠している盛明蘭を呼びつけて嫌味を言う。
これに腹を立てた常ばあや(じょうばあや)が怒鳴り込むと康夫人は怒り狂い今度は庶子の康兆児(こうちょうじ)を側室(側妻)として送り込みそこで自害させ顧家の罪にしようとする。
しかし、義祖母の大奥様(康夫人)の助力で宥陽(ゆうよう)の盛家(本家)の養子とすることで解決する。

王若弗は姉の康夫人が側室を押し付け盛明蘭を陥れようとしたのに何ら手を打たなかったので大奥様(盛夫人)に叱られ1日跪(ひざまず)かされたこともあって康夫人の謀略に唆されて義母の大奥様(盛夫人)に毒入りの菓子を食べさせる。
大奥様(盛夫人)はそれによって意識不明の重体となる。
盛明蘭は大奥様(盛夫人)を診た趙太医から銀杏の芽による毒と教えられると、ショックを受け屋敷を封鎖して翌朝王若弗を問い詰め黒幕が康夫人だと知ると、康夫人を盛家に呼び寄せ捕らえる。

この毒投与事件の始末を関わりのある盛家と康家と王家で話し合うが、体面を重んじる優柔不断の盛紘は2人(康夫人と王若弗)の加害者の生母である王夫人(おうふじん)に押し切られそうになるが、そこに妻の海朝雲からの文で急遽巡察を抜け出して戻った盛長伯が大岡裁きをして2人に刑罰を下す。
大奥様(盛夫人)は食べたお菓子が少なかったこともあり趙太医の治療によって意識を取り戻す。

監禁されている康夫人の存在を林噙霜の元侍女の周雪娘(しゅうせつじょう)から聞いた盛墨蘭は、周雪娘に火事を起こさせ康夫人を逃がす。
逃げた康夫人は秦氏を頼り身を隠す。
秦氏は謀略により盛明蘭を産気づかせて祝いの天灯を上げそれを落として火事にし混乱を起こすと盛明蘭に激しい憎しみを抱く康夫人が短刀を持って出産直後の盛明蘭を刺し殺そうとする。
間一髪のとこで巡察から戻った顧廷燁が康夫人を刺し殺して難を逃れる。

康夫人の死亡に関して、王家と康家は秦氏と白亭預と朱曼娘と徒党を組んで皇帝に直訴し朝議の場で顧廷燁を人殺しとか盗人とか罵倒して暴れたので皇帝は怒って顧廷燁を捕らえる。
顧廷燁が捕らえられたのを知った盛明蘭はなんとか顧廷燁を救おうと皇后に泣きつくとやっと面会だけ許される。
顧廷燁と面会した盛明蘭は顧廷燁から離縁を切り出されるが拒否する。
顧廷燁は詔により官職と爵位を取り上げられ秋に流罪となる処分を受ける。
盛明蘭を助けたい斉衡だったが妻の申和珍(しんかちん)の機転で夫婦揃って盛明蘭の下に行くと、申和珍が冷静さを失っている盛明蘭に有益な助力をするので妻を見直す。

斉衡と申和珍の夫婦の提言で宴を催していると、何者かが息子の団の命を狙いに来たので従者の石頭が捕らえると、それはなんと側室(側妻)の銭鳳仙であった。
盛明蘭は夫の顧廷燁を救う為にすべてを投げ打って皇帝に直訴するも皇帝は取り合わない。
そんな盛明蘭は遂に矢折れ刀尽きて絶望の淵に立たされる。
一方姉の盛墨蘭も夫の梁晗にこれまでの悪事がばれて絶望の淵に立たされる。

盛明蘭は体を壊し打つ手もなくなったので、しばらく静観することにする。
国境で紛争が起こり、皇帝は援軍を送ることにし、顧廷燁も一兵卒として参加することを許される。
ところがこの援軍の精鋭が全滅し、顧廷燁も戦死したと報告される。
そうするとこの期とばかりに、皇太后と劉貴妃(りゅうきひ)の連合軍が謀反を起こし、皇宮および都を支配する。
顧家にも謀反軍が押し寄せ激しい戦いとなり、この戦いのさなか秦氏の侍女の向(こう)に手引きされた朱曼娘が盛墨蘭の息子の団を刺し殺そうとするも、常ばあやが朱曼娘を打ち殺して難を逃れる。
死んだはずの顧廷燁は生きており沈従興と共に謀反軍の鎮圧に向かう。

顧廷燁などの働きで皇帝を救出し、謀反の首謀者の劉貴妃らを捕らえると、劉貴妃は皇太后の命に従っただけだと言うので、皇帝と皇后は皇太后の下に行くと、皇太后は皇帝が先帝の意志を無視しているのでそれに義憤を感じているだけだと謀反を否定したので皇帝は皇太后に隠居を勧告すると、皇太后は今回のことは皇帝が政敵を倒すために罠をしかけたのだと知り皇帝の有能さを認め隠居を受け入る。
よって、謀反は劉貴妃らの独断ということになった。
この期に顧家の実権を握ろうとした秦氏だが、顧廷燁が生きているのを知ると万策尽きたと悟り祠堂に火をつけて炎の中で自害する。
盛明蘭は直訴で倒れた時に皇后から顧廷燁を捕らえたのは政敵を倒すための芝居だということを聞かされていた。
ここから皇帝の本格的な新しい治世が始まる。


☆所感

題名やオープンニグクレジットの絵画表現を見ると、甘い恋愛物かと思うが、全然違っていて盛明蘭(せいめいらん)は庶子という身分や理知的ということもあって甘い恋愛要素は少ないといっていいでしょう。
恋愛に関しては、盛明蘭は受け身です。
ともかく、謀略につぐ謀略でひと時も安寧な時はないです。
この謀略が魅力で次ではどうなるんだろうということでどんどん引き込まれてしまいました。
なぜ、こんなに謀略につぐ謀略になっているかというと、その謀略をかける者が目的を達成するまで諦めないからです。
そういうことでは、信念があるといってもいいと思います。
信念があるから、後悔することも謝ることも諦めることもありません。
つまり、自分が正義(善)だということです。
正義(善)や悪は相対的です。
人間は不完全で有限だから誰も真理としての正義(善)を語ることはできないでしょう。
正義(善)は時や場所で様々な形を見せます。
その一つが「勝てば官軍、負ければ賊軍」でしょう。
勝てば、それが正義(善)となるのは一つの真実でしょう。
だから、信念のある登場人物たちは勝とうと勝てるための謀略を絶え間なく練ります。
ここが魅力です。
ともかく信念のあるものは躊躇なくそれを自分以外のどのような犠牲を払っても実行しようとします。

悪女好きのわたしとしては悪女がたくさんいて飽きないです。
しかも、一番の悪女が盛明蘭なのです。
わたしが相対的に脇役に目がいくのは、主役が善女で脇役が悪女のことが多いからです。
しかし、この物語では主役が悪女なので、主役に目がいっています。
悪女が主役だと陰惨なイメージもあるかと思うが、盛明蘭は可愛くて明るいのでそういうイメージはないです。
だから、盛紘(せいこう)や顧廷燁(こていよう)をたぶらかす林噙霜(りんきんそう)や朱曼娘(しゅばんじょう)は女狐であっても盛明蘭は小狐ということです。西洋風に言えば小悪魔というところでしょうか。
ここらへんは、チャオ・リーインさんだからこその盛明蘭と言えるかも知れません。
賢い(ずる賢い)から言葉ひとつひとつに裏があります。
しかし、相手が自分に害を及ぼさない限りその裏を使うことはないです。

そういうことで、同じ悪女でも盛明蘭は度量が大きいです。
そこが、悪女の中でも盛明蘭に惹かれる大きな理由です。
あとの悪女はかなり狭量です。

悪女の前半の脇役は林噙霜で後半の脇役は秦氏(しんし)です。
共に家で実権を握る為に息子を使って暗躍するのだが、両者の息子は心優しく野心がありません。
そんなことで独り相撲の感もあり最後は非業の死を迎えてしまいます。
林噙霜は小役人の側室(側妻)だが、秦氏は名家の正室なのでその悪辣さは留まることを知りません。
秦氏は表面的には優しく他人を思いやる気持ちを見せるので、良い人のように見えます。
しかし、恐るべき策士でどのようなことでも自分は手を汚さず、相手を唆(そそのか)して謀略の実行をさせます。
証拠を残さないということです。

朱曼娘は常ばあや(じょうばあや)に打ち殺され、林噙霜は盛明蘭の罠にかかり杖打ちが元で死亡し、康夫人は顧廷燁に刺殺され、秦氏は祠堂を焼き炎に包まれ自害します。
朱曼娘と林噙霜は貧しい生まれの為、伸し上がることしか頭にないため悔いることはありませんでした。
康夫人は母親に甘やかされているので己の欲望のままに行動したということで元々善悪の概念が欠如しているので悔い改めるというようなことは起こらないです。これは沈従興の側室(側妻)の鄒氏(すうし)も同類でしょう。
秦氏だけが炎の中で悔いるようなことを言います。これは善人の姉を慕っていたということとちゃんとした名家のお嬢さんということが関係しているのかも知れません。
そういうことから言うと、秦氏の目的は何だったのかということです。顧家に対する復讐ということかも知れません。だから、最後に祠堂を焼いたのかも知れません。
とはいってもこの悔いるようなのも芝居ではないとはいえないとこが秦氏の恐ろしさですけど。

盛明蘭は皇帝の政敵を排除するための謀略に加担していた顧廷燁が自分を騙していたことに腹を立て、顧廷燁を叩き唾を吐きかけ今度騙したら離縁すると言うが、これは当然でしょう。
死ぬ思いで心配していたのが、なんと芝居だったということなので激怒して当たり前です。
まぁ、天下国家を論ずる者は、家族より天下を優先するというのは必然でしょう。
だから、そのことを分かる盛明蘭はこのことで激怒はするも離縁はしなかったということです。
最後のシーンで盛明蘭がこのまま平穏が良いと言うと顧廷燁が安心しろというようなことを言うが、盛明蘭は顧廷燁をぽんと叩いて「いいから食事よ」と言って行こうとすると顧廷燁は「足元に気をつけろ」と言う。
顧廷燁は政権の高官なのだからこれからも波瀾万丈のことが起きるが夫婦手を携えて乗り越えて行くということでしょう。
夫婦の形は夫婦の数だけあると思われるが、この顧廷燁と盛明蘭の夫婦は元祖の狐と小狐という具合で同士というような関係でしょう。

顧廷燁は確か5度ほど(船が盗賊に襲われ溺れる,葬儀の時に盗賊に襲われ捕まりかける,密詔を趙宗全に届けるときに殺されかける,康夫人に殺されかける,家に押し掛けた謀反人に殺されかける)、盛明蘭の死の危機一髪を救っています。
だが、これはわざとでしょう。本当はもっと早く盛明蘭を救うことが出来たといえるでしょう。
なぜ、危機一髪になるまで放置したかというと、有難みが違うからです。
本人が死ぬかもしれないと思っている時に救えば本当に実感として心の底から感謝が出ます。
例えば、本家から都に戻る時に盛明蘭たちを狙う盗賊たちを秘かに成敗したが、これなども後から言ったとしてもその有難みはそれほど伝わらないでしょう。
そういうことがあるから、盛明蘭は命に係わるほどの今回の顧廷燁の欺きも許したということでしょう。

ところで、第73話の家族の集まりで、盛明蘭は姉の盛墨蘭を初めて招くのであるがこれはもしかしたら盛墨蘭を落とし込める謀略かも知れません。
盛明蘭の「受けた恩は返す」と言うことのその裏は「受けた仇は返す」と言うことだから、盛墨蘭がこれから心を改めるならまだしもいままでのように盛明蘭の足を引っ張るようだとその礼をするということでしょう。盛墨蘭が梁家でその地位が落ちているのを知っているのだから。
釘を刺すという意味での招待と思われます。
ここらへんの良い人ぶりは秦氏などと同じなのだから。
ただ、盛明蘭は秦氏などの小物と違って度量の大きい大物なので、相手がしかけない限りしかけることはないと言えます。
やられたら何倍にもして返すということです。
そういうことから言うと、盛明蘭は父の盛紘や義母(嫡母)の王若弗にも刃を向ける可能性はあるということです。
特に父親には含むものがあります。顧廷燁の子を守る姿を見て、あなたが父だったらよかったのにと言います。
盛明蘭が盛家で恩を受けたのは義祖母(盛夫人)だけです。守護者として盛夫人がいても控えめに目立たないように生きなければいけなかったのだから、盛家における盛明蘭の立場の弱さは想像がつくというものです。
義祖母(盛夫人)以外は誰も守ってくれないどころかへたしたら虐げられることすらありそうです。
顧廷燁が自分の邪魔をする兄や父や義母に対したように・・・盛明蘭も・・・

盛明蘭の恐ろしさというか凄さは悪女なのに悪女と誰にも悟られないということです。
これこそ真悪女です。
秦氏もずっとそうしてきたが、顧廷燁を追い出す時にそれをさらしてしまい、顧廷燁やその兄の顧廷煜(こていいく)にそれ(悪女ということ)がばれてしまいます。
盛明蘭はいまのところまだ誰にもばれていません。
林噙霜を罠にかけたことを知っているのは大奥様(盛夫人)だけだし、いつも攻撃されての防御だからやむなしということで逆に称賛されたりもします。
顧廷燁が盛明蘭のことを秦氏の天敵でまた軍師というのはその通りだと思います。

盛家の姉の盛華蘭(せいからん)と盛如蘭(せいじょらん)は悪女ではないです。
だから、嫁ぎ先の姑に嫌がらせをされても謀略など出来ず、ただ耐えるしかないということになります。
盛如蘭は母の王若弗(おうじゃくふつ)に似て単純で裏表がないのだが、この物語の中で唯一と言ってもいい自由恋愛をします。
父の盛紘が盛墨蘭の嫁ぎ先として書生の文炎敬(ぶんえんけい)を紹介するのだが、玉の輿を狙っている盛墨蘭は相手でないとはぐらかします。
盛如蘭は風で飛ばされた手巾を拾ってくれたことが縁でこの文炎敬と知り合い秘かに会っていました。
その盛如蘭に顧廷燁が盛明蘭を娶(めと)る奇計として婚姻を申し込むと盛如蘭は文炎敬と結婚したいと激しく抵抗し最後までその愛を貫きます。
これにはびっくりして盛如蘭を見直してしまいました。

この盛如蘭と文炎敬の逢瀬を偶然目撃してしまった盛明蘭を口止めしようとして盛如蘭が宝飾品を差し出すと盛明蘭は全部欲しいと言って姉をからかうその笑顔がとても可愛いです。
小狐の本領発揮という場面です。
この文炎敬を巡っての姉妹の会話がこの謀略の渦巻く世界にあって一服の清涼剤といえます。好きなシーンです。
盛明蘭は恋愛には疎いのであれだけ賢いのに盛如蘭に何一つ良い助言が出来ません。
つまり、盛如蘭が何に悩み悲しんでいるのか明確には分かっていないのです(笑)
というより、全般的に論理で動くことが多いので感情的なことは得意ではないといえます。
盛明蘭には情で訴えてもほとんど効果がないということです。斉衡の情も一蹴します。

盛明蘭と盛如蘭の嫁ぎ先が決まって二人で話をしている時に、話の流れから盛如蘭が「嫁ぎたくない」と言うと盛明蘭は「信用できない言葉が3つある。老人の”生きたくない”、子供の”大人になりたくない”、それから・・・女子(おなご)の”嫁ぎたくない”」といって二人で微笑みます。
女子(おなご)の”嫁ぎたくない”は置いといても、老人の”生きたくない”と子供の”大人になりたくない”はその通りだと思います。

なお、盛家(本家も含めて)では、娘の名前の最後がみんな「蘭」になっています。
盛華蘭,盛墨蘭,盛如蘭,盛明蘭,盛淑蘭(せいしゅくらん),盛品覧(せいひんらん)です。

もう一人見直したのは、斉衡(せいこう)の再婚妻の申和珍(しんかちん)です。
申和珍は夫の斉衡のよそよそしさは盛明蘭が関わっているのでないかと探りを入れるもこれといった証しはないので安心するも、たまたま一対の陶器の人形を見つけて斉衡の心に自分はいないというのを知ります。
この時、申和珍は心を奪ってやると決意します。
その申和珍の心を奪う方法は、夫を理解することでした。
理解するということは相手の心に入るということです。そして、自分を理解してくれる人を粗末にする人はいません。
夫の心に自分ではなく盛明蘭がいるからと、そのことで夫をなじったり愚痴ったりしたら余計に夫は盛明蘭が忘れられなくなり自分を遠ざけるようになるでしょう。これは自分から進んで自分と盛明蘭を比べているのだから勝てる訳がありません。だからそういうことは一切しません。
そして、夫が盛明蘭を助けようとしているのを止めないばかりかそれの手助けをします。
人はしばしばするなといわれると余計にそれに愛着を持ったりします。
申和珍は顧廷燁が捕らえられ孤立無援になった盛明蘭を秘かに助けようとする斉衡に機転をきかし自分も一緒に行き共に有益な助言を与えて斉衡以上に盛明蘭を助けます。
これを見て斉衡はわだかまりがなくなり初めて申和珍を申和珍として見ます。つまり盛明蘭のことを普通に話せるということです。
申和珍は賢いです。
申和珍は斉衡を愛しているということです。夫の斉衡(愛する人)が幸せになることを願っているということです。そして夫が幸せになれば自分も幸せになるということです。
最後の第73話で斉衡と申和珍が通りを歩きながらお互いを慈しみ合います。納得のシーンです。

斉衡が申和珍という素晴らしい妻と出会えたのは、純粋に盛明蘭を愛する心があったからこそです。
申和珍は斉衡が表層の盛明蘭をいまだに思っているということではなく、深層(本質)の純粋に人を愛する心を持っているということを理解しそこに触れたのです。
だから、斉衡は自分のことを真摯に理解してくれる申和珍に心を寄せるのは当たり前です。
おそらく、盛明蘭ではこの斉衡の純粋に人を愛する心を理解することはないでしょう。
誰かを好きになったからとて、その好きになった人が自分を理解してくれるとは限らないということです。

秦氏の送り込んだ側室(側妻)の銭鳳仙(せんほうせん)が刺客だったのには驚きました。
顧廷燁と懇(ねんご)ろになれば寝首を掻(か)こうということだったのかも知れません。
銭鳳仙は従者の石頭(せきとう)と戦うのであるが、武術はそれなりの腕前でした。
とはいっても、石頭は捕らえることを目的に戦っていたので、もし剣を持っていて殺してもいいということなら問題にならなかったでしょう。

盛明蘭がこの銭鳳仙を側室として受け入れたことに顧廷燁が嫉妬しないと腹を立て、それを盛明蘭が分からないと言うと余計に腹を立てます。
まぁ、盛明蘭は恋愛には疎いのでこういうことになります。
盛明蘭が側室を受け入れるのはあくまで論理的な利害からなので、そこが明確なのです。でも、嫉妬とかは感情的なことなのでかなり曖昧です。
盛明蘭は理知的で論理的に考えるから自分が納得しないことは受け入れないが納得すればそれにどうこういうことはないです。
そこらへんが同じ賢くても盛明蘭と顧廷燁とでは違うということです。
顧廷燁は論理より感情で動くとこがあるから、朱曼娘に騙されるということもあるのでしょう。
ここらへんは、受けた愛情の違いということもあるでしょう。
共に幼くして出産で生母を失ったが、盛明蘭は賢い祖母に愛情一杯に育てられたのに対して、顧廷燁は父親の愛情を受けなかっただけではなく家族からは邪魔者のようにされながら育ったということです。
もし、盛明蘭も祖母がいなかったら顧廷燁と同じようになりお互いの傷をなめあう関係になっていたかもしれません。
もしかしたら、顧廷燁と朱曼娘はそういうお互いの傷をなめあう関係だったのかも知れません。
人はみなそれぞれ違うのですべてを理解することはできないです。
人はお互いどのくらい分かればいいのでしょうか。

全部分かったら怖いというかよく分かりません。
すべての人が同じになればすべて理解しあえるということになるかと思います。
同じだから、例えば景色を見ても同じように綺麗だと思い、ドラマを見ても同じように面白いと思うでしょう。
正に、以心伝心です。
つまり、会話がいらないということになります。だって同じことしか言わないのだから会話が成り立たないということです。
会話というのは、お互い違うからこそ成り立つのです。
つまり、自分と相手が違うということを認めてこその存在や会話なのです。
今の流行の言葉でいえば、多様性です。
でも、ほとんどの人は自分と同じであって欲しい理解して欲しいと思うでしょう。
それは何に起因しているのでしょうか。受けた愛情の違いなのでしょうか。

顧廷燁が盛明蘭にしつこく好いているのは、”侯爵”か”顧廷燁”と言って盛明蘭を試すようなことをいうのは朱曼娘の件があったからだろう。
顧廷燁は朱曼娘が”顧廷燁”を愛していると思っていたのだが、朱曼娘が愛していたのは”侯爵”だったということが関係しているのだろう。
別に盛明蘭を疑っている訳ではないが、朱曼娘のことがトラウマになってついつい言ってしまうのかも知れません。
ここらへんも愛情を受けて育たなかったことから愛に飢えているあるいは愛が偏っているということもあるのだろう。

この物語(この時代)では、侍女はほとんど奴婢(奴隷)です。
奴婢は人の形をした物です。
だから、売買できるし持ち主が捨てたり壊したり(つまり殺したり)しても罪に問われることはありません。
この時代は、物が豊かではないので、物を所有出来る者は限られるということになります。
つまり、貧富の差です。
貧しい者は生産物を生産できなければ人(自分の子など)を生産物として差し出すということです。
だから、人の売り買いが自由なのです。
売られた者は持ち主によっては自分の元居たところよりも豊かになるかも知れないが、そういうことはあまり多くないといえます。
もし、それが多ければ人は自らを売り込むということになります。
資本主義社会もこの時代とそんなに変わっているわけではないですが。自分の能力を金に換えているということでは。
ただ、物が豊かになったのであえて奴婢(奴隷)としての需要はなくなったということです。
例えば、この時代では灯りは蝋燭などなので、その蝋燭を管理する人が必要になります。
大きな屋敷だとその管理する人が特別に必要でしょう。
ところが、今は電気なので蝋燭ほど頻繁に取り換える必要はありません。
何年かに1度蛍光灯を替えればいいくらいでしょう。
そういうことで、あえてその為の人(奴婢)はいらないのです。
今の豊かさが崩れれば当然奴婢制度は復活するでしょうけど。

盛墨蘭の一等侍女の秋江(しゅうこう)が言うには、「年頃になれば嫁ぐも残るも私たちの自由」とのことです。
これで納得することがあります。
古株の侍女に忠義の者が多いということです。
例えば、王若弗や秦氏の侍女の劉(りゅう)や向(こう)はとても忠義心が強いです。つまり、主人をそれとなく諫めることができます。
おそらくこの侍女たちは自分の意志で残った侍女なのでしょう。
盛明蘭の侍女(おそらく一等侍女)の丹橘(たんきつ)は盛明蘭が嫁に出すと言ったら残りたいと泣きました。
そういう主従のつながりがあるということです。
ちなみに、小さい頃から一緒の侍女の小桃(しょうとう)は石頭に嫁入りしたのでずっと盛明蘭の侍女でしょう。

忠義といえば顧廷燁の乳母(めのと)の常ばあやの忠義がすばらしいです。
顧廷燁が顧家から疎まれているのに自分だけは顧廷燁に忠義を尽くし朱曼娘の本性をすばやく見抜き、妊娠している盛明蘭に嫌がらせをする康夫人を罵倒して黙らせまた盛明蘭への毒の混入を見破り最後には顧廷燁の息子の団(だん)を刺し殺そうとする朱曼娘を打ち殺して団を守ります。
常ばあやがいなければ顧廷燁の生涯は悲惨なことになっていたかも知れません。
常ばあやの働きは勲一等に値するほどのものです。

そういうことから、側室(側妻)を何人も持つのが当たり前というのも同じようなことでしょう。
つまり、物が豊かでないので豊かなとこに側室(側妻)つまり子を産むあるいは性欲の処理のための奴婢として送り込むということもあるということです。うまくいけは愛を得て正室よりも豊かになるかも知れません。
だから、嫡子と庶子には大きな隔たりがあるということでしょう。庶子は奴婢の子なのだから。

嫁にいった者は、嫁に行った先の姓ではなく実家の姓を名のっています。
つまり、夫婦別姓です。
これは、家(家系)単位ということなのでしょうか。
その嫁がどこの家のものであるかを分かるようにしているということでしょう。
どこの家の者かということで、誰から見てもその後ろ盾が分かるということになります。
夫の姓にしてしまうと、そこらへんが聞かないと分からないということになります。
でも、逆にいえばその者が誰の妻であるかは覚えていないと姓名を聞いただけでは分からないということになります。
例えば、屋敷の改修の宴の時に申和珍を紹介されても申和珍では分からず、斉国公家の若公爵の正室だと言われて分かるということです。これが、斉和珍であったなら名を聞いた時に想像がつくということになります。
嫁いだ先の姓を名のる時は、〇夫人という言い方をするようです。
例えば、王若与(おうじゃくよ)は康家に嫁いだので康夫人(こうふじん)と言われます。
もしかしたら、この〇夫人と呼ばれるのは、その家で最長者の女主人がそういわれるのかも知れません。
盛家では、大奥様は盛夫人と言われるが王若弗が盛夫人と呼ばれるのは聞いたことありません。

「親は子のために長計する」が、この作品の主題の一つだと思われます。
だから、この言葉が節目節目で出てきます。

謀反軍が顧家に攻めて来て危うくなったので、顧書蓉(こしょよう)や団を隠し部屋に入らせている時に、顧書蓉は盛明蘭に「母上」と言います。
盛明蘭が嫁入りした時に顧書蓉に母上と言いなさいと言うと、顧書蓉は母上ではないと言ったので盛明蘭は「奥様」と言わせていたが、顧書蓉はだんだんと盛明蘭に情が移ってきていて盛明蘭が母親であったらいいなと思うが、実の母親が生きているのでずっと言えなかったが、その母親が死んだのでここでやっとその思いを遂げることが出来たということです。
顧書蓉にとって朱曼娘はただ生んだというだけの母親でした。

第53話から第63話を見ている時に盛明蘭が物を食べている場面が多いと思っていたら、第1話から見ていたら盛明蘭の趣味は食べることとあったので納得しました(笑)
斉衡は盛明蘭のことを食いしん坊と言っています。

盛明蘭が顧廷燁に嫁いだ時に衣装として冠を被っていたのだが、長い間被っていたので額に赤くその跡がついており、顧廷燁がそれを指摘するのであるが、えらい細かいことまで演出するんだなとちょっと笑ってしまいました。
もしかしたら、冠の跡がほんとについていたので、それをそのまま演出としてつかったのかも知れません。

脚本の心理描写が優れており、それを監督が微妙に表情に取り入れると役者が見事に表現しているといえます。
心の動きが細かい表情で読み取れるようになっています。
だから、登場人物のすべてに良くも悪くも魅力があります。
映像も時代の雰囲気を出していて趣がありとても良いです。ちゃんと影があり写実的で好感が持てます。
久しぶりに、脚本・監督・役者の三位一体の作品に出会えました。

登場人物が多くまた全73話と長いので、2~3回くらい見ないと物語の全体像(各々のつながり)はつかみにくい感じです。
面白いのでおそらく2~3回見ても飽きないと思います。というか2~3回くらい見たいです。
思うに、この作品はチャオ・リーインさんの代表作の一つになると思います。
そのくらいの重厚で秀逸な作品です。

なお、「明蘭~才媛の春~」の原題は「知否知否應是緑肥紅痩」で、「【中国時代劇トリビア】第40回「明蘭~才媛の春~」の原題「知否知否應是緑肥紅痩」に込められた意味」(https://www.cinemart.co.jp/article/news/20200622002916.html)」(シネマート(Cinem@rt)から)によると、宋代の女流詩人である李清照の『如夢令(じょぼうれい)』の詞(ツー)を引用したものとのことだが、その詞の意味はこの物語の題名してはわたしにはあまりピンときません。

そんなことで、一応ハッピーエンドで終わったが、このまま平穏ということはありえないので、波乱万丈の続編を作っても面白いかなとか思ってしまいますが・・・


☆補足

「楚喬伝~いばらに咲く花~」に関しては面白いことは面白いのだが、かなり荒唐無稽なとこもありどちらかというとチャオ・リーインさんの魅力で見ているという感じです。
チャオ・リーインさんは、主人公の楚喬で出演しています。
楚喬は元は凄腕の殺し屋のようだが今は記憶を失っていて、星児という名をもらいとある諜報組織の工作員として訓練を受けています。
日本でいえば、くノ一のような感じでしょう。

「明蘭~才媛の春~」と「楚喬伝~いばらに咲く花~」では、チャオ・リーインさんのイメージがかなり違い、ぱっと見では別人かと思ってしまいます。
「明蘭~才媛の春~」では可愛く「楚喬伝~いばらに咲く花~」ではかっこよくという感じです。

GAYO!の華流の無料ドラマとしては、「昭王~大秦帝国の夜明け~」(https://gyao.yahoo.co.jp/title/%E6%98%AD%E7%8E%8B%EF%BD%9E%E5%A4%A7%E7%A7%A6%E5%B8%9D%E5%9B%BD%E3%81%AE%E5%A4%9C%E6%98%8E%E3%81%91%EF%BD%9E/5f7c0f99-7bfa-4b09-b589-34ece2ceab07)や「将夜 戦乱の帝国」(https://gyao.yahoo.co.jp/title/%E5%B0%86%E5%A4%9C%E3%80%80%E6%88%A6%E4%B9%B1%E3%81%AE%E5%B8%9D%E5%9B%BD/610a541a-5de5-4b1d-83da-52aaac7ca9f0)や「海上牧雲記 ~3つの予言と王朝の謎」(https://gyao.yahoo.co.jp/title/%E6%B5%B7%E4%B8%8A%E7%89%A7%E9%9B%B2%E8%A8%98%20%EF%BD%9E%EF%BC%93%E3%81%A4%E3%81%AE%E4%BA%88%E8%A8%80%E3%81%A8%E7%8E%8B%E6%9C%9D%E3%81%AE%E8%AC%8E/6149a9e8-977b-4c1e-83e1-bfd92e3e64db)も好んで見ています。
「昭王~大秦帝国の夜明け~」は、始皇帝(嬴政)の曾祖父にあたる偉大な王である昭王(昭襄王)の物語です。
「将夜 戦乱の帝国」と「海上牧雲記 ~3つの予言と王朝の謎」はそれなりに面白いのだが、秘術(妖術,道術,仙術)(西洋風にいえば魔術あるいは超能力)などが出て来てかなり荒唐無稽な上にセンチメンタルヒューマニズム(感傷的人道主義)なども散見されるのでそのうち飽きるかも知れません。

何せ無料だから、つまんない作品に当たっても損することはないのでありがたいです。
今回の「明蘭 ~才媛の春~」のようなお気に入りの作品に100本見て1本当たればGAYO!を見る価値は十分にあると言っていいでしょう。

今回、チャオ・リーインさんを知って気づいたのだが、以前にもチャオ・リーインさんの出演した作品を見ています。
それは、「西遊記 女人国の戦い」という映画でアマゾンのプライムビデオで見ました。
女人国の女王の役で出ています。
しかし、この作品には特に感銘も受けずチャオ・リーインさんも憶えていません。
改めて見てみたが憶えていないのを納得する作品で途中で見るのを止めました。
やはり、作品によってその印象は変わるということです。
ある程度好みの作品でないとその世界に入らないということです。


「明蘭 〜才媛の春〜」関連のHP
明蘭~才媛の春~ │ チャンネル銀河;https://www.ch-ginga.jp/detail/meiran/(チャンネル銀河から)
「明蘭~才媛の春~」あらすじ&キャラクター紹介|Cinem@rt記事一覧 | アジアをもっと好きになるカルチャーメディア;https://www.cinemart.co.jp/article/news/20201105003462.html(シネマート(Cinem@rt) から)
明蘭-才媛の春-あらすじ-全話一覧-感想付きネタバレでありで! | 中国ドラマ.com;https://xn--gdkzb6a090wkhj.com/%E6%98%8E%E8%98%AD/1965(中国ドラマの放送予定とおすすめドラマのあらすじ:中国ドラマ.comから)
【明蘭・全73話・最終話まで】ネタバレ全話とあらすじ一覧と感想|明蘭〜才媛の春〜 | でぃりらば;https://monosirii.com/meiran/(でぃりらばから)
明蘭~才媛の春~の動画視聴・あらすじ | U-NEXT;https://www.video.unext.jp/title/SID0047733?cid=D31313&rid=SID0047733&adid=SEP&alp=1&alpad=1&alpge=1&utm_source=yahoo&utm_medium=paidsearch&utm_campaign=yahoo_s_title_korean&utm_content=SID0047733&yclid=YSS.1000429716.EAIaIQobChMIg-21ooHd8wIVnttMAh0WEwqZEAAYASAAEgJ76_D_BwE(U-NEXT(ユーネクスト)から)
明蘭~才媛の春~ | ドラマ | BS11(イレブン)|全番組が無料放送;https://www.bs11.jp/drama/meiran/(BS11(イレブン)|全番組が無料放送から)
「明蘭〜才媛の春」キャスト(私的備忘録) | 風を感じて;https://ameblo.jp/paon77/entry-12644614879.html(風を感じてから)
知否知否応是緑肥紅痩 | イーチャイナ池袋校 中国語教室;https://e-chinaikb.jp/%E3%81%8A%E3%81%99%E3%81%99%E3%82%81%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E8%AA%9E%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%80%90%E7%9F%A5%E5%90%A6%E7%9F%A5%E5%90%A6%E5%BF%9C%E6%98%AF%E7%B7%91%E8%82%A5%E7%B4%85%E7%97%A9%E3%80%91/(イーチャイナアカデミー池袋校から)
中国ドラマ「明蘭~才媛の春~ 」感想〜女性の生き方を映す上品なドラマ - ふくみみdiary;https://kodemarix.hatenablog.jp/entry/2021/09/24/093206(ふくみみdiaryから)
知否知否应是绿肥红瘦(2018年张开宙执导电视剧)_百度百科;https://baike.baidu.com/item/%E7%9F%A5%E5%90%A6%E7%9F%A5%E5%90%A6%E5%BA%94%E6%98%AF%E7%BB%BF%E8%82%A5%E7%BA%A2%E7%98%A6/20485668(百度百科_全球领先的中文百科全书から)
知否?知否?应是绿肥红瘦 - 维基百科,自由的百科全书;https://zh.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%A5%E5%90%A6%EF%BC%9F%E7%9F%A5%E5%90%A6%EF%BC%9F%E5%BA%94%E6%98%AF%E7%BB%BF%E8%82%A5%E7%BA%A2%E7%98%A6(维基百科,自由的百科全书から)

チャオ・リーインさん関連のHP
チャオリーイン(趙麗穎)最新プロフィール!性格や子供【有翡】話も | 中国ドラマ・イケメン俳優図鑑;https://love-drama.com/china-beauty12/(中国ドラマ・イケメン俳優図鑑から)
チャオ・リーイン(趙麗穎)のプロフィール・出演作品 | 華ハオ(ファーハオ);https://hualiu.yapy.jp/actor/1245/(華ハオ(ファーハオ)から)
【アジア俳優名鑑】#41 チャオ・リーイン <趙麗穎>|Cinem@rt記事一覧 | アジアをもっと好きになるカルチャーメディア;https://www.cinemart.co.jp/article/news/20200612002915.html(シネマート(Cinem@rt)から)
「明蘭」チャオ・リーイン "居心地の良い場所から飛びたつために"|Cinem@rt記事一覧 | アジアをもっと好きになるカルチャーメディア;https://www.cinemart.co.jp/article/news/20200709002954.html(シネマート(Cinem@rt)から)
赵丽颖_百度百科;https://baike.baidu.com/item/%E8%B5%B5%E4%B8%BD%E9%A2%96/10075976(百度百科_全球领先的中文百科全书から)
趙麗穎 - 维基百科,自由的百科全书;https://zh.wikipedia.org/wiki/%E8%B6%99%E9%BA%97%E7%A9%8E(维基百科,自由的百科全书から)

YouTubeから
【予告編】明蘭~才媛の春~ - YouTube(https://www.youtube.com/watch?v=QU6IYlzWRtI
 
【2/8(月)23:00スタート】「明蘭~才媛の春~」 - YouTube(https://www.youtube.com/watch?v=kpM9vgjlz2Y
<衛星劇場2019年10月>中国ドラマ 『明蘭~才媛の春~(原題:知否知否応是緑肥紅痩)』 日本初放送 60秒予告 - YouTube(https://www.youtube.com/watch?v=H6DVJ0UPuE4
知否知否应是绿肥红瘦【未删减】64(赵丽颖、冯绍峰、朱一龙 领衔主演) - YouTube(https://www.youtube.com/watch?v=KFPG-4vv3RY
The Story Of MingLan - Episode 72 (English sub)[Zhao Liying, Feng Shaofeng, Zhu Yilong] - YouTube(https://www.youtube.com/watch?v=B08NmDn8BLg
知否知否应是绿肥红瘦 第39集 - YouTube(https://www.youtube.com/watch?v=0SoERN155Wk
【辞洛•翻唱】知否知否 - YouTube(https://www.youtube.com/watch?v=PgZeLwWJqf0
《知否知否应是绿肥红瘦》主题曲《知否知否》翻唱 《翻唱者 ココ 千堂悠》 - YouTube(https://www.youtube.com/watch?v=wW82Fu2V_K4
【日本語訳+中国語+ピンイン】明蘭(知否知否应是绿肥红瘦)OST 知否知否-胡夏/郁可唯 - YouTube(https://www.youtube.com/watch?v=_xbw2cCJqfE
[歌词版]知否知否-赵丽颖冯绍峰 [知否知否应是绿肥红瘦]-片尾曲 - YouTube(https://www.youtube.com/watch?v=udtxy-xv84U
Zhao Liying - YouTube(https://www.youtube.com/watch?v=fs4xDUimCgI
 


その他のドラマの関連HP
楚喬伝~いばらに咲く花~ │ チャンネル銀河;https://www.ch-ginga.jp/detail/sokyoden/(チャンネル銀河から)
華流ドラマ「楚喬伝(そきょうでん)~いばらに咲く花~」 - 番組一覧 | アジアドラマチックTV(アジドラ)公式サイト;https://www.asiadramatictv.com/lineup/SO0000009442/(アジアドラマチックTV(アジドラ)公式サイトから)
昭王~大秦帝国の夜明け~ | 無料動画・相関図・キャスト - 中国ドラマ | 楽天TV;https://tv.rakuten.co.jp/special/shouou/(楽天TVから)
昭王~大秦帝国の夜明け~の動画視聴・あらすじ | U-NEXT;https://www.video.unext.jp/title/SID0036946?cid=D31313&rid=SID0036946&adid=SEP&alp=1&alpad=1&utm_source=yahoo&utm_medium=paidsearch&utm_campaign=yahoo_s_title_korean&utm_content=SID0036946&yclid=YSS.1000429716.EAIaIQobChMI-PD-zJTe8wIVkX8rCh2nRAUKEAAYASAAEgIEqfD_BwE(U-NEXT(ユーネクスト)から)
将夜 戦乱の帝国 | 第0話と1話無料・相関図・キャスト - 中国ドラマ | 楽天TV;https://tv.rakuten.co.jp/special/shoya/#story(楽天TVから)
将夜 戦乱の帝国 | フジテレビの人気ドラマ・アニメ・映画が見放題<FOD>;https://fod.fujitv.co.jp/s/genre/drama/ser4t57/?waad=oeEZhzUk&ugad=oeEZhzUk&yclid=YSS.1000303921.EAIaIQobChMI0c7f4pXe8wIVUjErCh2NXgcCEAAYASAAEgL6A_D_BwE(FODから)
海上牧雲記 ~3つの予言と王朝の謎 │ チャンネル銀河;https://www.ch-ginga.jp/detail/kaijo/(チャンネル銀河から)
「海上牧雲記 ~3つの予言と王朝の謎」ドラマ公式サイト;http://klockworx-asia.com/kaijo/

ウィキペディアから
 宋(王朝);https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%8B_(%E7%8E%8B%E6%9C%9D)
 北宋;https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E5%AE%8B
 南宋;https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E5%AE%8B
 公主;https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AC%E4%B8%BB
 家系;https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%B6%E7%B3%BB
 昭王(昭襄王);https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%AD%E8%A5%84%E7%8E%8B
 昭王〜大秦帝国の夜明け〜;https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%AD%E7%8E%8B%E3%80%9C%E5%A4%A7%E7%A7%A6%E5%B8%9D%E5%9B%BD%E3%81%AE%E5%A4%9C%E6%98%8E%E3%81%91%E3%80%9C


余談:スマホデビュー

やっとスマホ(スマートフォン)デビューしました(笑)
auの携帯(K003シルバー(京セラ))の3Gが2022年3月31日に終了するということで、4GLTEへの切り替えの催促が1年くらい前からたびたびありました。
ほったからしていたら10月9日(土)にau機種変更キャンペーンセンターから電話があったのでこの機会に申し込むことにしました。
4GLTEとしてスマホ(BASIO4 KYV47)と従来型のケータイ(KYF41)の選択が出来たので、このさいに世の中の趨勢に従うということでスマホにしました。

インターネットはパソコンだし写真は一眼レフだしSNSはやらないので、モバイルとしては通話くらいなのです。
それにインターネットの容量制限というのがどうにもやっかいなのです。容量制限のないパソコンを使っているとこの容量制限というのはネックです。
だから、あえてスマホにする必要がなかったのです。
が、世の中がスマホで動く感じなのでどうせならとスマホにしたということです。
操作性は携帯よりスマホの方がパソコンと似た操作なので楽でした。
そういうことではスマホにして良かったです。

10月9日に電話で申し込んで、10月14日(木)に申し込み確認書が郵送で来て、10月19日(火)にスマホが宅配で来ました。
スマホは、「BASIO4(ベイシオフォー) KVY47 ワインレッド(京セラ)(OSはAndroid10)」という2020年モデルです。
10月27日(水)に携帯からスマホに回線切り替えをしました。
回線切り替え後、正式の契約書が11月2日(火)に郵送で届きました。
これですべて完了です。

通信料金は、電話は国内掛け放題でインターネットは1GBまでで1年間が1700円ほどで2年目から2700円ほどです。
これだと料金は従来とほぼ同じです。

10月24日(日)にアマゾンでスマホの用品としてスマホケースと256GBマイクロSD(microSDXC)とUSBTypeC×TypeA3.0ケーブルを購入しました。
値段は、順に2199円と2999円と740円でした。
10月26日(火)に受取りすべて良品で問題なかったです。
USBケーブルでパソコンとスマホをつなげれるのでマイクロSDが256GBだから動画でも入れようと思います。なお、このUSBケーブルで充電も出来ます。
このマイクロSDだがスマホにセットするのにちょっと苦労しました。
マイクロSDを格納するとこが薄いうえに止めるというより乗せるという感じなのでわたしは大雑把な人間だから壊すのではないかとおっかなびっくりでのセットでした。
マイクロSDをセットする時にSIMも外れてちょっとあせりました。


本記事の参考HP一覧
GAYO!(https://gyao.yahoo.co.jp/
ウィキペディア(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8
チャンネル銀河(https://www.ch-ginga.jp/
シネマート(Cinem@rt) | アジアをもっと好きになるカルチャーメディアサイト(https://www.cinemart.co.jp/
中国ドラマの放送予定とおすすめドラマのあらすじ:中国ドラマ.com(https://xn--gdkzb6a090wkhj.com/
でぃりらば | 最新の中国ドラマネタバレ感想を書きまくっているブログです。勝手な考察や感想も(https://monosirii.com/
U-NEXT(ユーネクスト)-映画 / ドラマ / アニメから、マンガや雑誌といった電子書籍まで-│31日間無料トライアル(https://video.unext.jp/?_ga=2.59142125.1520669780.1634876678-549437816.1633507671
BS11(イレブン)|全番組が無料放送(https://www.bs11.jp/
アジアドラマチックTV(アジドラ)公式サイト(https://www.asiadramatictv.com/
楽天TV:Rakuten TV(旧楽天ショウタイム) | 楽天ポイントが貯まる、使える映画・ドラマの動画配信サイト(https://tv.rakuten.co.jp/
FOD | フジテレビの人気ドラマ・アニメ・映画が見放題(https://fod.fujitv.co.jp/
中国ドラマ・イケメン俳優図鑑 | おすすめ華流ドラマ・俳優女優の紹介(https://love-drama.com/
華ハオ(ファーハオ) | 華流ドラマ(台湾ドラマ・中国ドラマ・タイドラマ)のあらすじ・キャスト・放送予定(https://hualiu.yapy.jp/
YouTube(https://www.youtube.com/
風を感じて(https://ameblo.jp/paon77/
イーチャイナアカデミー池袋校(https://e-chinaikb.jp/
ふくみみdiary(https://kodemarix.hatenablog.jp/
百度百科_全球领先的中文百科全书(https://baike.baidu.com/
维基百科,自由的百科全书(https://zh.wikipedia.org/wiki/Wikipedia:%E9%A6%96%E9%A1%B5


蜜を求めて



Enterに戻る


クララ・タウソンさん ベスト2(決勝へ) クールマイユール女子オープンテニス 2021年10月30日(土)(ろぷろす暦2021年11月23日(土))

やっと、クララ・タウソンさんとリュドミラ・サムソノワさんの対戦が見れました。
準決勝での対決なのでそれなりの舞台です。
準決勝までの調子は両者とも上の下くらいです。
タウソンさんはコントロールがいまいちでアンフォーストエラーが多いしサムソノワさんはファーストサーブの入りが悪いです。

そんなことで調子はいまいちだったが、両者ともいま持てる力でお互い持ち味を出した白熱した試合でした。
ただ、サムソノワさんとしては第2セットのタイブレークは悔いが残るでしょうけど。
これが決勝だったら繊細な人なら今夜は眠れないと思われるほどの悔いです。

クララ・タウソン(Clara Tauson)さんが、クールマイユール女子オープンテニス(Courmayeur Ladies Open 2021,イタリア/クールマイユール,本戦2021年10月25日(月)~10月31日(日),室内ハードコート,WTA250)において、10月30日(土)に行われたシングルス本戦準決勝にてリュドミラ・サムソノワ(Liudmila Samsonova)さんを4-6,7-6(8),6-4の逆転で破りました。


第1セットの第1ゲームがクララ・タウソンさんのサービスで始まると、タウソンさんは40-15でキープします。
リュドミラ・サムソノワさんは40-0のラブゲームでキープします。
立ち上がりは両者とも上々です。タウソンさんはコントロールでサムソノワさんはサーブでのキープです。
先にブレークしたのはタウソンさんです。
タウソンさんは第3ゲームを40-15でキープすると、第4ゲームで40-0と3つのブレークポイントを握ると一つはしのがれるも40-15でブレークします。
しかし、サムソノワさんは次の第5ゲームでAー40とブレークポイントを握るとこれをものにしてブレークバックすると、第6ゲームを40-30でキープしてゲームカウントを3-3のイーブンにします。
タウソンさんは第7ゲームを40-Aとブレークポイントを許すもこれをしのぎキープすると、サムソノワさんは第8ゲームを40-30でキープします。
第9ゲームでもサムソノワさんはダブルフォールトありの40-30でブレークポイントを握るもこれはしのがれデュースになると、ネットプレーでA-40と再度ブレークポイントを握るもこれもしのがれて2度のゲームポイントを握られるもこれをしのぎ3度目のブレークポイントを握るとこれをものにしてブレークし、ゲームカウント5-4とします。
タウソンさんはラケットをコートに叩きつけます。
サムソノワさんは迎えたサービングフォーザセットの第10ゲームでは持ち味のサーブがエース3本と炸裂して40-0のラブゲームでキープしゲームカウント6-4でこのセットを取って先行します。
タウソンはトイレットブレークを取ります。

サムソノワさんはサーブとストロークの強打で押してタウソンさんにまともに打たせません。
そういうことで、タウソンさんとしては相対的にミスが多かったです。
タウソンさんとしてはサムソノワさんの強打を封じるようなことをしなければなりません。
強打がなければ、サムソノワさんからゲームを取れます。
第4ゲームのブレークはサムソノワさんのファーストサーブの入りが悪くセカンドサーブを狙ってのブレークです。
ということで、1セットに1回か2回はサムソノワさんのファーストサーブの入りが悪くなる時があるのでそこが狙い目です。
サムソノワさんはサーブとストロークの強打が通用するのでこの第1セットの調子を持続することです。
サムソノワさんは、第9ゲーム後のチェンジエンドで、ペットボトルの水を手に取って顔に注いでいました。
この大会の見た2試合ではそういう仕草がなかったので涼しくなったためかなと思っていたが、今日は顔に注いでいたので、気持ちが高揚すると顔がほてるのかあるいは気持ちを落ち着かせているのかと思われます。
ともかくこの時点ではサムソノワさんの方が少し優勢とは思われるが、まだまだ勝負の行方は分かりません。

第2セットの第1ゲームがタウソンさんのサービスで始まると、タウソンさんは、40-15でキープします。
サムソノワさんは第2ゲームをA-40でキープします。
タウソンさんが第3ゲームを40-0のラブゲームでキープすると、サムソノワさんも第4ゲームを40-0のラブゲームでキープしてお互い一歩も譲らないというそんな感じです。
第2セットはサムソノワさんが先にブレークします。
サムソノワさんは第5ゲームを40-0のラブゲームでブレークします。
タウソンさんはラブゲームでブレークされることがたまにあるので気持ち(集中力)が切れるような癖があるのでしょうか。
第5ゲーム後のチェンジエンドでのベンチで髪をおだんごにセットし直していました。
サムソノワさんはペットボトルの水を手に取って顔に注いでいました。
ところが、またしても今度はタウソンさんが次の第6ゲームを40-15でブレークバックしてゲームカウント3-3のイーブンとします。
タウソンさんが第7ゲームを40-15でキープすると、サムソノワさんは第8ゲームを40-0のラブゲームでキープします。
タウソンさんは第9ゲームでの30-15からのミスでコートにラケットを叩きつけるも、4度目のゲームポイントをエースで握ると次もエースを放ちなんとかキープします。
サムソノワさんは第10ゲームをファーストサーブの入りは悪かったがA-40でキープします。
タウソンさんが第11ゲームを40-30でキープすると、サムソノワさんは第12ゲームを40-15でキープしたので、ゲームカウント6-6となりタイブレークに突入します。
タイブレークではドラマが待ち構えていました。
タウソンさんのタイブレークカウント2-1でコントロールの良いタウソンさんがなんと連続ダブルフォールトを犯して2-3となり、サムソノワさんがウィナーで4-2とするとタウソンさんはラケットをコートに叩きつけます。
サムソノワさんは2つポイントを取って6-2と4つのマッチポイントを握ります。
これで勝負ありと思いました。おそらく誰もが思ったでしょう。
次はタウソンさんがキープして6-3となるもサムソノワさんの2つのサーブなのでどちらかであの強烈なサーブを決めれば終わりです。
ところがサムソノワさんは2つともミニブレークされタウソンさんが2つをキープしたのでマッチポイントから5連続ポイントで7-6とし逆にタウソンさんがセットポイントを握ってしまいます。
サムソノワさんはエースなどで2つキープして8-7として5つ目のマッチポイントを握ります。
しかし、タウソンさんは2つキープして9-8として再びセットポイントを握ると、サムソノワさんのショットがサイドラインを割ってミニブレークとなり、タイブレークカウント10-8で制しこのセットをゲームカウント7-6(8)で取ってセットカウントを1-1のイーブンとします。
タウソンさんは雄たけびを上げます。
今度はサムソノワさんがトイレットブレークを取ります。

サムソノワさんは優位で進んでいたのにチャンスを逃してしまいました。
先にブレークしたし第9ゲームではファーストサーブの入りが悪かったのにブレークされなかったし、何よりもタイブレークで6-2と4つのマッチポイントを握りながらものに出来ませんでした。
2つのサーブの内、どちらかでサーブが決まっていたらと思います。
6-7にされた時は、エースでしのいだのだが、このエースがマッチポイントの時に決まっていたらと思わざるをえません。
マッチポイントの時がたまたまファーストサーブの入りが悪くなる時だったのでしょうか。
それよりも何か守りに入ったというそんな感じも受けましたが。
ほんと勝負の綾(運)は分からないです。
最後まで諦めないと奇跡が起こることもあるってことです。
タウソンさんはトイレットブレークを取ったかいがあったのか、サムソノワさんに少しずつ対応していて緩急や球質の変化やコースでサムソノワさんに強打を打たせないようにしていました。
勝負の女神がどっちを愛でているのかは分かりません。
ほんと、サムソノワさんが勝っていてもおかしくないセットだったのだが。

第3セット(ファイナルセット)の第1ゲームがサムソノワさんのサービスで始まると、サムソノワさんは第2セットの結果が少し尾を引いているのか3つのダブルフォールトもあり1度40-Aでブレークポイントを許すも3度目のゲームポイントでキープします。
タウソンさんは第2ゲームを40-15でキープします。
サムソノワさんは第3ゲームはサーブが良くて40-0のラブゲームでキープします。
そうすると、タウソンさんはまた癖が出たのか第4ゲームを0-40からダブルフォールトでラブゲームのブレークを献上してしまいます。
ところが、どうしたことかこのセットもブレークの後のブレークバックということでサムソノワさんは第5ゲームを30-40でブレークバックされてしまいます。
タウソンさんは第6ゲームを40-30でキープしてゲームカウントを3-3のイーブンにします。
サムソノワさんが第7ゲームを40-30でキープすると、タウソンさんも第8ゲームを40-30でキープします。
第7ゲーム後のチェンジエンドではペットボトルの水を手に取って顔に注いでいました。
そして、運命の時が近づいてきます。
タウソンさんが第9ゲームを40-30でブレークしてゲームカウント5-4とします。
タウソンさんは迎えたサービングフォーザマッチの第10ゲームでは第1セットのお返しとばかりに圧巻のプレーを見せます。
センターラインに3連続エースで40-0とすると最後はウィナーで決めてラブゲームでキープしゲームカウント6-4でこのセットを取り逆転で勝ちました。

タウソンさんはお互いの健闘を讃えて握手後、控えめにコートに出て観客と喜びを共有すると、疲れた終わったという感じで大きくふうぅと息を吐きます。
こういうとこがほんとに面白いです。

何か変な試合って感じもします。
3セット共に同じような展開になりました。
第1・第3セットが第4ゲームに第2セットが第5ゲームに最初のブレークがあると次のゲームでブレークバックがあってゲームカウント3-3でイーブンとなり、第1・第3セットでは第9ゲームでブレークがありブレークした方がセットを取り、第2セットは両者キープしてタイブレークとなりました。
ブレークの直後にブレークバックというのはよくあるが、3セット共にこんな同じようなタイミングでブレーク/ブレークバックが起こるのは珍しいと思います。
お互いそうそうはブレーク出来ないと思っているだろうから、ブレークしたのでキープして優位に立とうということで力んだあるいは守りに入ったのでしょうか。
分かりません。

ともかく結果論で言うと、やはり第2セットのタイブレークのタイブレークカウント6-2でサムソノワさんが2本のサーブのどちらかでマッチポイントを取れなかったのが勝負の分かれ目になったといえそうです。
おそらくほとんどの人があれ(6-2)で勝負あったと思っていたでしょう。
ほんと試合は終わるまで分からないと言えます。
どっちが勝ってもおかしくない試合だったが勝ったのはタウソンさんでしたということです。

この両者は、4月12日にチャールストンのMUSCヘルス女子オープンテニス(WTA250)の1回戦で対戦しておりタウソンさんが6-3,6-3で勝っているが、わたしはまだサムソノワさんを知らない頃なので記憶にありません。
サムソノワさんとしては、今回の対戦はリベンジだったが惜しいとこで敗れたといえます。

どちらも決勝に行くんだという気迫のこもった好試合でした。
両者とも絶好調ではなかったけど持ち味を十分に出した戦いでした。

エースとダブルフォールトとウィナーとアンフォーストエラーは、タウソンさんが12(3,4,5)と4(1,2,1)と22(2,7,13)と15(7,4,4)でサムソノワさんが16(5,7,4)と8(0,4,4)と43(16,17,10)と31(11,15,5)です。
相変わらずタウソンさんのアンフォーストエラーの少なさが目立ちます。サムソノワさんの強打に対応し出した第2セット以降は8です。エースはサムソノワに負けないくらいです。
サムソノワさんは強打(大振り)の選手なのでウィナーも多いがアンフォーストエラーも多いです。
ちなみに、総ポイント数はタウソンさんが106でサムソノワさんが108なので負けたサムソノワさんの方が2ポイント多いです。

シングルス本戦準決勝(10月30日(土),本戦第6日,Mont Blanc(CC)第1試合)(2時間27分)
[5]クララ・タウソン(Clara TAUSON,デンマーク,49位) vs. [3]リュドミラ・サムソノワ(Liudmila SAMSONOVA,ロシア,42位)は、
クララ・タウソンが4-6,7-6(8),6-4で勝ちました。
第1セット 1-0,1-1,2-1,3-1,3-2,3-3,4-3,4-4,4-5,4-6(サーブはタウソンから)
第2セット 1-0,1-1,2-1,2-2,2-3,3-3,4-3,4-4,5-4,5-5,6-5,6-6,7-6(8)(サーブはタウソンから)
第3セット 0-1,1-1,1-2,1-3,2-3,3-3,3-4,4-4,5-4,6-4(サーブはサムソノワから)

タウソンさんの準決勝までの戦績は、
1回戦(25日) 6-2,6-2 シュテファニー・フェーゲレ(WTAシングルスランキング116位,スイス)
2回戦(27日) 6-4,6-1 ジュリア・ガット・モンティコネ(予選勝者(Q),同193位,イタリア)
準々決勝(29日) 3-6,6-4,6-2 アン・リー(第9シード,同48位,米国)
です。
2回戦の第1セットで第1ゲームを0-40のラブゲームでブレークされると第3ゲームも0-40でブレークされました。
幸いに相手もキープ出来なくて即座にブレークバックしたけど、不安な立ち上がりでした。

サムソノワさんの準決勝までの戦績は
1回戦(26日) 6-3,6-0 シュテファニー・ワーグナー(予選勝者(Q),WTAシングルスランキング316位,ドイツ)
2回戦(27日) 6-3,6-3 アリオナ・ボルソバ・ザドイノフ(予選勝者(Q),同175位,スペイン)
準々決勝(29日) 6-1,6-2 アンナ・カリンスカヤ(同114位,ロシア)
準々決勝の第1セットの第2ゲームをダブルフォールト2つでブレークを献上し、このセットのファーストサーブ率はなんと38%でした。
相手もファーストサーブ率が45%だっから助かったといえます。


タウソンさんの決勝の相手は、ドナ・ベキッチ選手です。
ドナ・ベキッチ選手は同日の第2試合で、第7シードのジャスミン・パオリーニ選手を6-2,6-0で破っての勝ち上がりです。
ドナ・ベキッチ選手はクロアチアのWTAシングルランキング97位、ジャスミン・パオリーニ選手はイタリアの第7シードで同56位です。

決勝は、31日(日)の第1試合です。この日はこのシングルスの決勝だけです。
日本時間では11月1日(月)の1時からとなります。


WTAから
Tauson saves 5 match points and ousts Samsonova; Vekic rolls into Courmayeur final;https://www.wtatennis.com/news/2317274/tauson-saves-5-match-points-and-ousts-samsonova-vekic-rolls-into-courmayeur-final

YouTubeから
Liudmila Samsonova vs. Clara Tauson | 2021 Courmayeur Semifinal | WTA Match Highlights - YouTube(https://www.youtube.com/watch?v=_sEXXzutqV8
 


追記(2021.11.1.月):クララ・タウソンさん 準優勝

クララ・タウソンさんは、準優勝に終わりました。

クララ・タウソン(Clara Tauson)さんは、クールマイユール女子オープンテニスにおいて、10月31日(日)に行われたシングルス本戦決勝にてドナ・ベキッチ選手に6-7(3),2-6で敗れて準優勝でした。

第1セットの第1ゲームがドナ・ベキッチ選手のサービスで始まると、クララ・タウソンさんは幸先よく40-30でブレークします。
しかし、タウソンさんは第2ゲームであっという間に0-40と3つのブレークポイントを許すとデュースにするも40-Aでブレークバックを許してしまいます。
ベキッチ選手は第3ゲームでダブルフォールトを3つも犯し40-Aでブレークを献上します。
タウソンさんはこれで立ち直るかと思ったが、第4ゲームを15-40でまたしてもブレークバックされます。

まったくサーブもストロークもコントロールが悪いです。
持ち味がこれでは勝ち目は薄いです。
この時点で勝てない(優勝出来ない)とみて見るのを止めました。
せめぎあって(好試合で)負けるのならまだしも調子の悪い負け試合を徹夜で見るのはきついです。
タウソンの試合はこの1年間で20試合以上見ているので、この試合は勝てる状態ではないのは分かります。
とは言っても、心の奥底では朝起きたらタウソンさんが勝って(優勝して)いてこれなら見るんだったのにと悔やましてくれることを願っていたのだが、ほんとに敗れていたので、かなりがっかりです。

それでも本調子でないこの大会で準々決勝でアン・リー選手に逆転勝ちし準決勝でリュドミラ・サムソノワさんとの対決を実現してくれ奇跡の逆転勝利をして楽しませてくれたのだから、準優勝でも御の字です。
サムソノワさんとの戦いでエネルギーの大半を使ってしまったということもあるのかも知れません。
調子が良くなくてもそれなりに戦えるというとこを見せてくれたのは喜ばしいことです。

もう今年はこれで終わりかな?
終わりなら、1年間お疲れ様、ありがとう!

タウソンさんのWTA250のリヨンで優勝してからの大会の出場は、
WTA500(予選勝者,1回戦),WTA250(1回戦),WTA250(ベスト8),WTA125(予選勝者,1回戦),WTA250(1回戦),全仏(2回戦),WTA250(1回戦),ウィンブルドン(1回戦),ITF100K(2回戦),WTA125(優勝),US(2回戦),WTA250(優勝),WTA250(2回戦),WTA250(準優勝)
となっています。

これを見て面白いと思ったのは、リヨンでの優勝直後のWTA500とグランドスラムを除けばWTA250以下の大会すなわちWTA500や1000に出ていないのです。
当然、ランキングから言うとWTA500や1000に出てもおかしくないと思うのですが。
何か独特の戦略でもあるのでしょうか、不可思議(笑)
そこで妄想して見ると、ようするにめんどくさくて予選に出たくないのではないかということです。あるいは体力的な問題があるのかも知れません。
WTA500とどういう訳かWTA125で予選出場しているがそれ以外は本戦からです。
こういうのもほんと面白いです。
人さまざまです。

現時点でトップ50だから、来年(2022年)はどの大会でも本戦から出場できると思うのでWTA500や1000にもたぶん登場するでしょう(笑)

WTAから
Vekic triumphs over Tauson in Courmayeur for first title in over four years;https://www.wtatennis.com/news/2319211/vekic-triumphs-over-tauson-in-courmayeur-for-first-title-in-over-four-years

YouTubeから
Donna Vekic vs. Clara Tauson | 2021 Courmayeur Final | WTA Match Highlights - YouTube(https://www.youtube.com/watch?v=sgfAfxFlzPQ
 


クールマイユール女子オープンテニスの
HPは
 https://www.courmayeurladiesopen.com/
 シングルスドロー;http://wtafiles.wtatennis.com/pdf/draws/2021/2046/MDS.pdf
WTAの表記は
 https://www.wtatennis.com/tournament/2046/courmayeur
ウィキペディアは
 https://en.wikipedia.org/wiki/2021_Courmayeur_Ladies_Open
 https://en.wikipedia.org/wiki/Courmayeur_Ladies_Open
です。


追記2(2021.11.1.月):クララ・タウソンさん 46位

クララ・タウソンさんは、準優勝によって180ポイント獲得したので11月1日(月)発表のWTAシングルスランキングにて3アップの46位となりました。
また、ベスト4のリュドミラ・サムソノワさんは110ポイント獲得したので2アップの40位となりました。


クララ・タウソンさんの
ウィキペディアは
 https://en.wikipedia.org/wiki/Clara_Tauson
ITFは
 https://www.itftennis.com/en/players/clara-tauson/800432120/den/wt/s/overview/
WTAは
 https://www.wtatennis.com/players/327793/clara-tauson
です。

リュドミラ・サムソノワさんの
ウィキペディアは
 https://en.wikipedia.org/wiki/Liudmila_Samsonova
ITFは
 https://www.itftennis.com/en/players/liudmila-samsonova/800342480/rus/wt/s/overview/
WTAは
 https://www.wtatennis.com/players/322222/liudmila-samsonova
です。


注)断りのない限り表記のWTAランキングは、2021年10月25日(月)現在です。
  ランキングは基本的に毎月曜日に更新されます。


本記事の参考HP一覧
WTA(https://www.wtatennis.com/
ウィキペディア(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8
ITF(https://www.itftennis.com/en/


舞う



Enterに戻る


本玉真唯さん 驚きのベスト8 3回戦 勝利 シカゴ ・フォール ・テニスクラシック 2021年9月30日(木)(ろぷろす暦2021年10月21日(木))

本玉真唯さんが、シカゴ ・フォール ・テニスクラシックにてWTAツアー初ベスト8に進出しました。
いやぁ、なんともかんとも素晴らしいです。
まじ、やばいです(笑)
信じられん。ありえへん。

本玉真唯(ほんたままい,Mai Hontama)さんが、シカゴ ・フォール ・テニスクラシック(Chicago Fall Tennis Classic,米国/シカゴ,本戦2021年9月27日(月)~10月3日(日),ハードコート,WTA500)において、9月30日(木)に行われたシングルス本戦3回戦にてWTAシングルスランキング43位のシェルビー・ロジャース選手を6-4,6-7(1),6-1で破りました。


第1セットの第1ゲームがシェルビー・ロジャース選手のサービスで始まると、ロジャース選手は40-15とゲームポイントを握るもここから本玉真唯さんが3連取してA-40と逆にブレークポイントを握るがロジャース選手はこれをしのぎ再度A-40でゲームポイントを握るもここをダブルフォールトで逃すと40-Aのブレークポイントでもダブルフォールトを犯しブレークを献上します。
幸先の良いスタートを切った本玉さんは第2セットで30-40とブレークポイントを許すもこれをしのぎA-40でキープして先行します。
そして、本玉さんは第3ゲームでも40-15とブレークポイントを握るがこれはしのがれるもA-40で再度ブレークしてゲームカウント3-0とリードします。
第3ゲーム後のチェンジエンドでロジャース選手は何故にかシューズを履き替えます。
ロジャース選手はシューズを替えた効果か第4ゲームで40-15とブレークポイントを握ると一つはしのがれるも40-30での本玉さんのダブルフォールトで一つブレークバックすると、第5ゲームでは40-15とゲームポイントを握ると一つはしのがれるも40-30でキープしてゲームカウント2-3と追い上げます。
本玉さんが第6ゲームを40-30からデュースになるもA-40でキープするとロジャース選手も第7ゲームを40-30でキープします。
そんな中、第8ゲームでは本玉さんのサーブが乱れダブルフォールトありの40-0でロジャース選手が再度ブレークバックしてゲームカウントを4-4とし振り出しに戻します。
流れがどちらに行くかと思っていたら、第9ゲームを本玉さんがダブルフォールトありの40-30で再々度ブレークしてゲームカウント5-4とします。
ロジャース選手はイーブンにしたので少しほっとして集中力が落ちたかあるいは逆にキープしようと力んだのかも知れません。
本玉さんはチェンジエンドでベンチに戻る時に両手特に右手を大きく回します。リラックス体操?
本玉さんは迎えたサービングフォーザセットの第10ゲームを40-0として3つのゲームポイント(セットポイント)を握ると2つはしのがれるも40-30でキープしてゲームカウント6-4でこのセットをものにします。

本玉さんは相変わらずストロークのコントロールがいいです。
ほとんどミスしないといっていいと思います。
このコントロールの良さを自由自在に使って(つまり配給の妙)ロジャース選手を翻弄します。
同じ球はふたつとないというくらいの緩急や球質の変化があるのでロジャース選手は的が絞れないので強打が打てません。
そうなると、ストローク戦では本玉さんの6:4くらいになります。
つまり、ロジャース選手の強打を封じ込めることで自分の土俵に引き込んでいるのです。
ロジャース選手は自分の思ったプレーが出来ないのでいらだち力んでますます泥沼となります。
そんなことで、第1セットを取ったのだが、このセットを取ったのは大きいと思います。
やはり経験の差があるので、追いかけるのはなかなか難しいと思うからです。
ロジャース選手に余力を残させると危険ということです。
3セットを100%の力で戦うことはなかなか難しいでしょう。
そういうことなら、第1セットをお互い100%の力で戦ったなら第1セットを取った方が有利となるでしょう。
取れなかった方は第2セットも100%の力で戦わなければならないが、取った方は状況に応じて100%の力を第2・第3セットのどちらにふりむけるかを選択できるということが可能です。

第2セットの第1ゲームがロジャース選手のサービスで始まると、ロジャース選手は40-15からデュースにされるもA-40でキープします。
本玉さんは第2ゲームを40-30で順調にキープします。
ロジャース選手が第3ゲームを40-15でキープすると、本玉さんは40-0のラブゲームでキープして一歩も譲りません。
本玉さんは第5ゲームでは40-30とこのセットでも先にブレークポイントを握るがここはロジャース選手がサーブ3本でしのいでA-40でキープします。
そうすると、ピンチの後にチャンスありということか第6ゲームではロジャース選手が40-15と2つのブレークポイントを握るもここは本玉さんがしのぎデュースとなるがA-40と3度目のブレークポイントを握るとこれをものにしこのセットは先にブレークします。
しかし、第7ゲームのロジャース選手は第5ゲームでサーブを使いすぎた為かファーストサーブの入りが悪くダブルフォールトもあり本玉さんが40-15であっさりとブレークバックしてしまいます。
このセットはここが波乱でこの後はお互いブレークポイントを許さないキープ合戦となります。
本玉さんは第8ゲーム40-15でキープするとロジャース選手は第9ゲームを40-30でキープし、ここからの第10~第12ゲームはお互い40-30でキープし、ゲームカウント6-6でタイブレークへと突入します。
第8ゲームではロジャース選手は本玉さんの30-15からのサーブのリターンをネット直撃すると叫びながら自分のももを叩きタオルのとこに行ってラケットをコートに叩きつけていました。
思うように行かないイライラが頂点に達した感じです。
タイブレークではロジャース選手がこの一点に全ての力を注ぐとばかりに集中して6連続ポイントからタイブレークカウント7-1で取ってゲームカウント7-6(1)でこのセットをものにしてセットカウントを1-1のイーブンとします。
第2セット終了後、本玉さんはトイレットブレークを取ります。

なお、見ているストリーミングの調子が第9ゲームあたりから悪くなりとぎれとぎれとなりました。

本玉さんは第1セットよりも調子は上がり、ロジャース選手の動きを見切ったようにオープンスペースを作りウィナーを決めていました。
なかなかブレークできなかったのは、ロジャース選手がストローク戦は不利ということでサーブに全身全霊を込めて打ってきたからです。
逆にいうとロジャース選手の思うように出来るのはサーブだけという感じです。
それでタイブレークまで来てこれまたここですべての力を投入してきたということです。
ここはロジャース選手の気迫が上回ったということです。
第3セットはロジャース選手がこの流れで行くとかそろそろ本玉さんのテニスを見極めてきているとかも考えられどうなるか分からない感じです。
そういうことからおそらくトイレットブレークを取ったものと思われます。

そんなことから、第3セットの第1ゲームが本玉さんのサービスで始まると、本玉さんはデュースに持って行かれるもA-40でまずキープします。
そしてなんと本玉さんは40-15でブレークポイントを握るとこれをものにして早々とブレークします。
本玉さんは第3セットを40-15でキープしてゲームカウント3-0と先行します。
ロジャース選手は第4ゲームを40-30でキープすると、第5ゲームで40-30とブレークポイントを握るも本玉さんはこれをしのぎA-40でキープします。
結果論から言うとここをキープしたので勝負あったという感じになりました。
ここをキープしたのでロジャース選手の気力をかなり削いだと思われます。
そういうことからか第6ゲームでは本玉さんが40-0と3つのブレークポイントを握るのだがロジャース選手も意地を見せてデュースにしデュース合戦となり2度のゲームポイントと2度のブレークポイントがあり本玉さんが5度目のブレークポイントで再度ブレークをしてゲームカウント5-1と大きくリードします。
迎えたサービングフォーザマッチの第7ゲームは40-15でゲームポイント(マッチポイント)を握るとこれをものにしてゲームカウント6-1でファイナルセットを取り勝利しました。

と書いているが、第6ゲームからストリーミングがほぼフリーズ状態になったのでスコアからの憶測です。
勝負の大詰めなのでアクセスが増えたのかな。

第3セットは拮抗するのかなと思っていたら、本玉さんは第3セットが一番調子良かったという感じになり、一方的になりました。
ロジャース選手は第2セットでエネルギーの大半を使ったというそんな感じでした。

本玉さんは、もう素晴らしかったです。
ほぼ完璧です。
凄いです。興奮冷めやらないです。
彼を知り己を知れば百戦殆うからず、そんなプレーでした。
自分が何を出来何が出来なくまた自分の何が通じ何が通じないかを見極めていて、それを臨機応変に適用していました。
こうやれば勝てるという見本のようなプレーでした。
まさかこんな見事なプレーが出来るとは夢にも思いませんでした。
AI世代が台頭してきているが、日本だけ蚊帳の外だと思っていたが、日本にこんな素晴らしいプレーをする選手がいることに驚きです。
ほんとストロークのコントロールが良くてほとんどミスがないので見ていて心地よかったです。
これだけ、コントロールよく決められると相手としてはストローク戦をするのが嫌になってくる感じです。
1回戦のガルシア選手にしても今回のロジャース選手にしても本来ならこのスコアは逆でしょう。
そういうことから考えても凄いと思う。
こういうことがなぜ出来るのか不思議といえば不思議です。
なかなかこの事実が信じがたく何か夢を見ているような気分です。

それにしてもほんと落ち着いていて動じないです。
何かよほどの自信とか信念とか確信とかがあるのでしょうか。
極端なことを言うと一打一打が勝つというある戦略戦術のもとに発せられているとすら言えそうです。
そのくらい無駄のない動きをしています。

日本時間で10月1日の午前3時くらいからだったので、徹夜になってしまったがほんと時間を忘れるくらいの素晴らしい試合でした。

シングルス本戦3回戦(9月30日(木),本戦第4日,コート1第3試合)(2時間33分)
本玉真唯(Mai HONTAMA,日本,200位) vs. シェルビー・ロジャース(Shelby ROGERS,米国,43位)は、
本玉真唯が6-4,6-7(1),6-1で勝ちました。
第1セット 1-0,2-0,3-0,3-1,3-2,4-2,4-3,4-4,5-4,6-4(サーブはロジャースから)
第2セット 0-1,1-1,1-2,2-2,2-3,2-4,3-4,4-4,4-5,5-5,5-6,6-6,6-7(1)(サーブはロジャースから)
第3セット 1-0,2-0,3-0,3-1,4-1,5-1,6-1(サーブは本玉から)


本玉さんの準々決勝の相手は、第2シードでWTAシングルスランキング9位のガルビネ・ムグルサ選手です。
Stadium(センターコート)の2試合目なので、日本時間では10月2日(土)の0時30分過ぎくらい開始になりそうです。
こんどはどんなプレーを見せてくれるのか楽しみです。


WTAから
Svitolina sweeps into Chicago QF; Muguruza advances as Azarenka withdraws;https://www.wtatennis.com/news/2276082/svitolina-sweeps-into-chicago-qf-muguruza-advances-as-azarenka-withdraws



追記(2021.10.2.土):本玉真唯さん 準々決勝 敗退

本玉真唯さんは、準々決勝で敗退しました。
今日(1日)は、ストロークのコントロールが悪くミスが多かったので敗退は致し方ないでしょう。

本玉真唯(ほんたままい,Mai Hontama)さんは、シカゴ ・フォール ・テニスクラシックにおいて、10月1日(金)に行われたシングルス本戦準々決勝にて第2シードでWTAシングルスランキング9位のガルビネ・ムグルサ選手に3-6,2-6で負けました。


第1セットの第1ゲームが本玉真唯さんのサービスで始まると、本玉さんはダブルフォールトもあり15-40で早々とブレークされてしまいます。
ガルビネ・ムグルサ選手は第2ゲームでダブルフォールトもあり30-40とブレークポイントを許すが、これをしのぎデュースになるとデュース合戦で4度目のゲームポイントA-40でなんとかキープします。
本玉さんは第3-ゲームでまたダブルフォールトもあり0-40のラブゲームでブレークされ、ガルビネ選手はその反対に40-0でキープしてゲームカウントを4-0と大きくリードします。
本玉さんは第5ゲームでこの試合初めて40-15でゲームポイントを握るとひとつはしのがれるも40-30でドロップショットを決めてキープします。
本玉さんは、少し調子が戻った感じで第6ゲームで40-30でブレークポイントを握るもここはしのがれてデュースになり一度ゲームポイントを握られるが2度目のブレークポイントA-40をものにしてひとつブレークバックすると、第7ゲームではダブルフォールトを連発して0-30となるもここからポイントを4連取してキープしゲームカウント3-4と追い上げます。
ムグルサ選手は第8ゲームで40-30とゲームポイントを握るもこれはしのがれデュースになりダブルフォールトもあったが3度目のゲームポイントでキープしゲームカウントを5-3とします。
本玉さんは第9ゲームではダブルフォールトもあり15-40と2つのブレークポイント(セットポイント)を許すとひとつはしのぐも、ムグルサ選手が40-30でウィナーを決めゲームカウント6-3でこのセットを取ります。

本玉さんは、持ち味のストロークのコントロールが悪くミスが多かったです。
トップ10およびセンターコートでの試合なので緊張しているのかこれが予選から5試合目で左太腿にテーピングもしているので疲れているのかと思いました。
第6ゲームと第7ゲームではストロークのコントロールが本来に戻ったという感じだったのでおそらく疲れだと思われます。
見た感じしんどそうで体の切れも悪そうでした。
ムグルサ選手もあまり良い調子ではなかったです。
本玉さんとは反対に2試合目なので実践感覚が乏しかったのかも知れません。
とはいってもムグルサ選手は調子に波があるのでなんとも言えないですが。
本玉さんに疲れがあるなら、1回戦や3回戦のようなストロークのコントロールは望めないので第2セットは苦しくなります。

第2セットの第1ゲームがムグルサ選手のサービスで始まると、ムグルサ選手は40-0と3つのゲームポイントを握るもここから本玉さんがポイントを5連取して早々とブレークします。
しかし、本玉さんは第2ゲームで15-40であっさりとブレークバックされます。
本玉さんは第3ゲームを40-30で再度ブレークするも、第4ゲームを0-40のラブゲームで再度ブレークバックされます。
このブレーク合戦に先に終止符を打ったのはムグルサ選手で、第5ゲームを40-15でキープします。
一方、本玉さんは第6ゲームも15-40とブレークポイントを握られこれはしのいでデュースにし一度ゲームポイントを握るも3度目のブレークポイントでブレークされ、ムグルサ選手がゲームカウント4-2と先行します。
ムグルサ選手は第7ゲームをデュースにされるもA-40でキープします。
本玉さんは第8ゲームでも15-40と2つのブレークポイント(マッチポイント)を許すもこれをしのぎデュースにしデュース合戦では1度ゲームポイントを握るも5度目のブレークポイント(マッチポイント)で遂に刀折れ矢尽きるという感じでブレークされ、ムグルサ選手にゲームカウント6-2でこのセットも取られ負けました。

結局、本玉さんは第2セットは一つもキープ出来ず、第1セットの第9ゲームから5連続ブレークされました。
かなりしんどそうな表情をしていました。

準々決勝で負けたとはいえ、自分のプレーが世界で通用するということが確認できたことでしょう。
この素晴らしいプレーを今後も続けられるなら間違いなくトップ100に成れるでしょう。
そして進化を続けられるならもっと上も目指せられるでしょう。
ほんと久しぶりにトップ100候補が出て来て嬉しい限りです。
日本テニス界の希望です。

ストロークの抜群のコントロールに加え多彩なショットを操り状況に応じて臨機応変にその武器を使うプレーは見ていて楽しいです。
もう次のWTAツアーの出場試合が待ち遠しいです。
お疲れさまでした、そしてありがとう!

今回は日本時間1日の午前2時くらいから始まりました。
米国での試合を見るのは寝不足助長です(笑)

シングルス本戦準々決勝(10月1日(金),本戦第5日,Stadium第2試合)(1時間40分)
本玉真唯(Mai HONTAMA,日本,200位) vs. [2]ガルビネ・ムグルサ(Garbiñe MUGURUZA,スペイン,9位)は、
ガルビネ・ムグルサが6-3,6-2で勝ちました。
第1セット 1-0,2-0,3-0,4-0,4-1,4-2,4-3,5-3,6-3(サーブは本玉から)
第2セット 0-1,1-1,1-2,2-2,3-2,4-2,5-2,6-2(サーブはムグルサから)


WTAから
Muguruza advances, Vondrousova survives Collins challenge to make Chicago semis;https://www.wtatennis.com/news/2276825/muguruza-advances-vondrousova-survives-collins-challenge-to-make-chicago-semis

YouTubeから
Mai Hontama vs. Garbiñe Muguruza | 2021 Chicago Quarterfinal | WTA Match Hightlights - YouTube(https://www.youtube.com/watch?v=4TxYG4E0Gc0
 
Garbine Muguruza (Venezuela) Vs Mai Hontama (Japan) - Chicago 2021 Quarterfinal Full Match - YouTube(https://www.youtube.com/watch?v=twxk98m4ncc
 
WTA chicago 2021- Mai Hontama vs Garbiñe Muguruza - Quartas de finais - YouTube(https://www.youtube.com/watch?v=KGJE5GeXWCg



シカゴ ・フォール ・テニスクラシックの
HPは
 https://www.chicagotennisfestival.com/
 シングルスドロー;http://wtafiles.wtatennis.com/pdf/draws/2021/2048/MDS.pdf
WTAの表記は
 https://www.wtatennis.com/tournament/2048/chicago-500
ウィキペディアは
 https://en.wikipedia.org/wiki/2021_Chicago_Fall_Tennis_Classic
です。



追記2(2021.10.4.月):本玉真唯さん 161位

本玉真唯さんは、シカゴ ・フォール ・テニスクラシックでベスト8となり125ポイント獲得したので、10月4日(月)発表のWTAシングルスランキングにて39アップの161位(468ポイント)となりました。

思うに、今年(2021年)の内にトップ100になれば、来年(2022年)のオーストラリアン・オープンは予選なしで本戦に出れるということになるでしょう。
とは言っても、今回のような予選からの快進撃もあるかもなのであまりこだわることはないかも。

WTAから
Titles spark Van Uytvanck, Muguruza ranking climbs;https://www.wtatennis.com/news/2282541/titles-spark-van-uytvanck-muguruza-ranking-climbs



追記3(2021.10.7.木):本玉真唯さん 1回戦 敗退 BNPパリバ・オープンテニス

本玉真唯さんは、BNPパリバ・オープンテニス(BNP Paribas Open,米国/インディアンウェルズ,本戦2021年10月6日(水)~17日(日),ハードコート,WTA1000)において、10月6日(水)に行われたシングルス本戦1回戦にてジャスミン・パオリーニ選手に0-6,6-3,2-6で負けました。
ジャスミン・パオリーニ選手はイタリアのLL(ラッキールーザー)でWTAシングルランキング63位です。

本試合および予選は試合を見ていないのでライブスコアからの妄想となります。
これだけ精彩を欠いて負けたのはおそらく疲れからだと思います。
先週シカゴでWTAツアーの本戦に予選から初参戦して1日(金)まで戦い、この大会では4日(月)から予選が始まりこの日(6日)は3日連続の戦いとなりました。
試合がなかった2日と3日だが、この2日間も移動とか準備とかに追われてあまり休めなかったと思われます。

そんなことでその徴候が現れたのが予選1回戦の第2セットではないかと思われます。
順調にゲームを取ってゲームカウント5-1としながらもここからゲームを4連取されてゲームカウント5-5とされます。最終的にゲームカウント7-5でこのセットも取って勝ったが、シカゴの本戦の試合を見た限りではこのスコアから4連取されるとかいうのはあまり考えられないので疲れからではないかと思うのです。
予選決勝はそれなりのスコアで勝ったが、もうかなり限界で今日(6日)の結果になったのかと思います。

そんなことを思うので、しばらく休養を取って心身を回復させ、またあの華麗なるストロークを見せてくださいませ。

なお、予選の戦績は、
1回戦(4日) 7-5,7-5 パンナ・ウドバルジ(第14シード,WTAシングルスランキング143位,ハンガリー)
予選決勝(5日) 6-3,6-4 クリスティナ・クコバ(第7シード,同112位,スロバキア)
でした。

(追記3の記事内のランキングは10月4日(月)現在です)



本玉真唯さんの
ウィキペディアは
 https://en.wikipedia.org/wiki/Mai_Hontama
ITFは
 https://www.itftennis.com/en/players/mai-hontama/800410405/jpn/wt/s/overview/
WTAは
 https://www.wtatennis.com/players/324750/mai-hontama
です。


注)断りのない限り表記のWTAランキングは、2021年9月27日(月)現在です。
  ランキングは基本的に毎月曜日に更新されます。


本記事の参考HP一覧
WTA(https://www.wtatennis.com/
ウィキペディア(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8
ITF(https://www.itftennis.com/en/


萌える



Enterに戻る


本玉真唯さん WTAツアー本戦初出場初勝利 1回戦 勝利 シカゴ ・フォール ・テニスクラシック 2021年9月27日(月)(ろぷろす暦2021年10月18日(月))

本玉真唯さんが、シカゴ ・フォール ・テニスクラシックにてWTAツアーの本戦に初出場で初勝利をしました。
おめでとうございます。
日本選手のWTAツアー初勝利って誰以来かは分からないが久しぶりの気がします。
これを刺激に日本の若手がどんどん出て来て欲しいと思います。

本玉真唯(ほんたままい,Mai Hontama)さんが、シカゴ ・フォール ・テニスクラシック(Chicago Fall Tennis Classic,米国/シカゴ,本戦2021年9月27日(月)~10月3日(日),ハードコート,WTA500)において、9月27日(月)に行われたシングルス本戦1回戦にてWTAシングルスランキング59位のキャロリン・ガルシア選手を6-3,6-0で破りました。


第1セットの第1ゲームがキャロリン・ガルシア選手のサービスで始まると、ガルシア選手は40-30とゲームポイントを握るもこれを取り切れず、デュースに入るとA-40のゲームポイントも取れず果てに40-Aとブレークポイントを許すと早々とブレークされてしまいます。
本玉真唯さんのWTAツアー本戦初のサービスゲームである第2ゲームは、緊張の為かダブルフォールトの連発などがあり30-40とブレークポイントを許すもこれをしのぎデュースにするとA-40にてキープし先行します。
ガルシア選手は第3ゲームではサーブ主体で40-15でキープします。
本玉さんは第4ゲームでも30-40とブレークポイントを許すが、これをしのぎデュースにしA-40とゲームポイントを握るもここからダブルフォールトを連発して40-Aと2度目のブレークポイントを許すもこれもしのぐとデュース合戦になりダブルフォールトもありこの後1度のブレークポイントと3度のゲームポイントの末にキープしゲームカウント3-1とリードします。
ガルシア選手は自分のネット直撃で本玉さんにキープを許すとチャンスを生かせなかった自分にいらだちラケットをコートに叩きつけました。
ガルシア選手は第5ゲームでもサーブ主体で40-30でキープします。
本玉さんは第6ゲームでは40-30とゲームポイントを握るも取り切れずデュースになりA-40とするもこれも取り切れずあげくの果てに40-Aとブレークポイントを許すとブレークされてしまいます。
このゲームはガルシア選手の強打に屈した感じです。
これでゲームカウント3-3の振り出しとなり、流れが変わるという感じです。
ところが、第7ゲームを本玉さんが40-30で再度ブレークしてしまいます。本玉さんはメマトイのような虫でも入ったのか右目を気にしていました。
本玉さんは第8ゲームを40-15でキープして再びゲームカウント5-3とリードすると、第9ゲームではダブルフォールトもあり40-15と2つのブレークポイント(セットポイント)を握るとひとつはしのがれるも40-30でブレークしゲームカウント6-3でまず第1セットを取ります。

本玉さんはストロークのコントロールが良かったです。
だから、しっかりとストローク戦をしてオープンスペースを作りそこにウィナーを打ち込むという基本が出来ていました。
ストローク戦では本玉さんが6:4くらいでポイントを取っていました。
だから、ガルシア選手はストローク戦を避けようと第3ゲームや第5ゲームのようにサーブ主体にしたり第6ゲームのように強打で相手をねじふせようとしたりしていました。
だが、サーブにしても強打の大振りにしてもよっぽど調子が良くないとそうそう決まるものではありません。
それに、これらは力みやゆらぎによってその状態は変わってきます。
これははっきりとは分からないが、ガルシア選手はアンフォーストエラーが多かったので本玉さんが微妙に緩急や球質を変化させていたのかもしれません。
ガルシア選手は本玉さんが緊張の為かダブルフォールトを連発していた第2ゲームや第4ゲームをブレーク出来なかったのが痛かったといえます。
そんなことで本玉さん優位に進んでいるとはいえ、ガルシア選手はWTAシングルスランキング4位まで行った選手なのでこのまま終わるとも思えません。

第2セットの第1ゲームが本玉さんのサービスで始まると、本玉さんはダブルフォールトがあったが40-30でキープします。
本玉さんは第2ゲームを40-15でブレークし先行します。
ここからこの第1ゲームと第2ゲームの流れのままという感じで、本玉さんは第3ゲームを40-30でキープし第4ゲームを40-30でブレークし、第5ゲームを40-15でキープしてゲームカウント5-0と大きくリードします。
ガルシア選手のサービスゲームである第6ゲームでは、ガルシア選手は15-30からダブルフォールトを連発してブレークを献上し、本玉さんがゲームカウント6-0のベーグルという信じられないようなスコアでこのセットもものにして勝ちました。
なお、ガルシア選手は右膝下あたりに湿布薬のようなものを貼っており、それがはがれそうになったのか第3ゲームの後にメディカルタイムアウトを取って貼り替えていました(と思います)。
本玉さんも左太腿にテーピングをしていたがこちらはそれを時に意識しているようなことはなかったです。

ガルシア選手の最後のセカンドサーブなんてとんでもないとこに飛んで行きました。
本玉さんは第2セットも第1セットの流れのままどんどん良くなっていくのに対して、ガルシア選手はその反対にどんどん悪くなっていったというのがこの6-0のベーグルになったと思われます。
ガルシア選手は第1セットの第7ゲームから一度もキープ出来ず5連続ブレークであり、本玉さんは第1セットの第8ゲームから一度もブレークポイントを許さず4連続キープでした。
そんなことで第2セットはスコアから見ると完璧といっていいでしょう。

今日(27日)の本玉さんのプレーはわたしのイメージだと日本のラドゥカヌという感じです。
本玉さんは最初は緊張からか乱れはあったものの中盤からは自分の持ち味を出したのに対してガルシア選手はどういう訳か本来のプレーからかなりかけ離れていました。
仮に、ガルシア選手の調子が悪かったといってもこのスコアはないと思います。
やはり、本玉さんが何かをしていてガルシア選手のリズムを崩していたと思われが・・・
そういうことで、何かラドゥカヌさんの時に感じたようにその勝因がよく分からないということです。

この試合を見ることになった顛末は以下のようなことです。
この大会の予選のとこを見ていたら「Mai Hontama(Japan)」というのが目に入りあの本玉真唯さんかなと思って調べると本人でした。
あれっ、なんでWTA500なんかに出ているんだろうと思っていたら、予選を突破して本戦1回戦の対戦相手がキャロリン・ガルシア選手ということになりました。
本玉さんは、土居美咲さんとのITFでの試合をライブストリーミングで(http://seink5.blog33.fc2.com/blog-entry-4448.html)見ているし生でも少し見ていて印象に残っているので、ガルシア選手に対してどんなプレーをするのかと思って日本時間では翌日(28日)の0時30分頃になるのだが見てみることにしたのです。
もちろん、どんなプレーをするのかということに興味があっただけで、心の奥底では勝ったら面白いのにとは思っていても現実には勝ち目は10%くらいだと思っていました。
それがなんと、6-3,6-0というスコア的には文句のない快勝だったのでびっくりです。
久しぶりに遅くなってまでも見て良かった試合でした。

久しぶりに若手がWTAツアー初勝利を挙げたので嬉しい限りです。
これを機会に、「真唯がやれたのなら私もやれる」ということでWTAツアーに日本の若手もどんどん進出して勝って欲しいと思っています。

シングルス本戦1回戦(9月27日(月),本戦第1日,コート3第2試合)(1時間14分)
本玉真唯(Mai HONTAMA,日本,200位) vs. キャロリン・ガルシア(Caroline GARCIA,フランス,59位)は、
本玉真唯が6-3,6-0で勝ちました。
第1セット 1-0,2-0,2-1,3-1,3-2,3-3,4-3,5-3,6-3(サーブはガルシアから)
第2セット 1-0,2-0,3-0,4-0,5-0,6-0(サーブは本玉から)

本玉さんの予選の戦績は、
1回戦(25日) 6-2,7-5 エミナ・ベクタズ(WTAシングルスランキング331位,米国)
予選決勝(26日) 7-5,7-6(3) ハリエット・ダート(第8シード,同141位,イギリス)
です。
なお、本玉さんは予選では第14シードでした。


本玉さんの2回戦の相手は、28日のアネット・コンタベイト 対 マディソン・ブレングルで決まります。
どちらの選手になっても、今日のガルシア選手の戦いよりも断然厳しくなると思います。
どんな戦いをするのか楽しみにしたいと思います。


WTAから
Yastremska, Kudermetova advance; Hontama stuns Garcia on WTA debut in Chicago;https://www.wtatennis.com/news/2273006/yastremska-kudermetova-advance-hontama-stuns-garcia-on-wta-debut-in-chicago


追記(2021.9.30.木):本玉真唯さん 2回戦 不戦勝

本玉真唯さんは、第11シードのアネット・コンタベイト選手が棄権したので不戦勝となり3回戦に進出しました。
アネット・コンタベイト選手は、エストニアのWTAシングルスランキング23位です。
コンタベイト選手は左大腿部の故障とのことなので前週のオストラバ・オープンテニス(チェコ/オストラバ,WTA500)で優勝しての今大会なので疲労などの影響によるものかも知れません。

本玉さんにとってのこの不戦勝は1回戦に勝ったご褒美でしょう。

本玉さんの3回戦は30日(木)に行われ、対戦相手はWTAシングルスランキング43位のシェルビー・ロジャース選手です。
コート1の3試合目なので日本時間では10月1日(金)の2時前後くらいの開始になりそうです。

WTAから
Svitolina extends Chicago winning streak; Bencic avoids upset, Kontaveit withdraws:https://www.wtatennis.com/news/2274508/svitolina-extends-chicago-winning-streak-bencic-avoids-upset-kontaveit-withdraws


シカゴ ・フォール ・テニスクラシックの
HPは
 https://www.chicagotennisfestival.com/
 シングルスドロー;http://wtafiles.wtatennis.com/pdf/draws/2021/2048/MDS.pdf
WTAの表記は
 https://www.wtatennis.com/tournament/2048/chicago-500
ウィキペディアは
 https://en.wikipedia.org/wiki/2021_Chicago_Fall_Tennis_Classic
です。


本玉真唯さんの
ウィキペディアは
 https://en.wikipedia.org/wiki/Mai_Hontama
ITFは
 https://www.itftennis.com/en/players/mai-hontama/800410405/jpn/wt/s/overview/
WTAは
 https://www.wtatennis.com/players/324750/mai-hontama
です。


注)断りのない限り表記のWTAランキングは、2021年9月27日(月)現在です。
  ランキングは基本的に毎月曜日に更新されます。


本記事の参考HP一覧
WTA(https://www.wtatennis.com/
ウィキペディア(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8
ITF(https://www.itftennis.com/en/


悲願



Enterに戻る


入浴剤 オーガニック 無添加 バスソルト バスグッズ 天然 ナチュラル ノンケミカル 自然 ゲルマバス バケツサイズ 500g 入浴剤 オーガニック 無添加 送料無料 正規品 バスソルト 日用品 石澤研究所 バスグッズ 天然 ナチュラル ノンケミカル 自然手をかざしてシュッと消毒 ウイルス対策 手をかざすだけの簡単操作 ディスペンサー 自動式 非接触式 子どもの利用 おしゃれ 手洗い 消毒剤 半透明ボトル 残量見え トイレ センサー ボトル 【sapsc1600専用オプション商品】 非接触 センサー式 アルコール ディスペンサー 360ml 大容量 センサーアルコール スプレー 消毒スプレーボトル 消毒噴霧器 自動手指消毒器 自動 噴霧器 赤外線センサー 家庭 病院 学校 会社 公的機関 飲食店 adr400【送料無料】【カード決済可能】【ショップ・オブ・ザ・マンス2021年3月度の都道府県賞を受賞致しました!】 パナソニック Panasonic エネループ PRO 単3形 4本パック(ハイエンドモデル)(BK-3HCD/4C) 目安在庫=○昭和9年創業。みそ専門店 東京亀戸「佐野みそ」 《自宅用 あとひき梅 340g》低塩 塩分8% 完熟 まろやか 国産 紀州南高梅国道一号線を通るトラック運転手から広まったその名も「みそ焼きうどん」ピリッと甘辛いみそだれが自慢の一品です。 亀山みそ焼きうどん3食☆トマトと香味野菜がぎゅっとつまった有機トマトソース アルチェネロ 基本の有機トマトソース(600g(200g×3P入))【日仏貿易】ターナー 不透明水彩 アクリル絵の具 絵具セット 水彩セット 画材セット トーヨー教材オリジナル商品 アクリルガッシュ絵の具 デザインセット レザー調バッグ 9点セット 中学生 高校生 大人有効成分5種類配合の、自然派養毛剤 SUN NAHORU サンナホル 薬用ペロビエンS 245ml 医薬部外品ヘッドランプ 充電式 前後ライト 警告灯 防水 進化版 40個COBLED ヘッドランプ 充電式 前後ライト 警告灯 防水 ヘッドライト 350ルーメン 3モード 210°広角 残量表示 角度調整可 防水 小型 軽量 作業灯 キャンプシンプルなマグネットは小物収納に最適な便利グッズ☆ マグネットピン 強力 小さい ネオジム 磁石 おしゃれ 可愛い 超強力 マグネット 冷蔵庫 ホワイトボード 事務所に最適 24個セット裏パイル地&オーソドックスデザイン♪ S-XL【ページ1】 10oz クルーネックスウェット(裏パイル) UNITED ATHLE(ユナイテッドアスレ)無地 トレーナー 綿 コットン 部屋着 裏毛 ウラケ メンズ 男女兼用 UnitedAthle【5044-01】2021AW【0428】☆ソーラーライト センサーライト IP65防水 高品質 2200mAh大容量電池 お庭をオシャレに演出できる! 節電 蓄電 【最新3面発光】ソーラーライト 屋外 センサーライト 70LED 人感センサーライト 防水 自動点灯消灯 電気代不要【超高輝度/3面発光/360°自由調整】壁掛け式 防犯ライト 屋外/軒/庭/ガーデン/玄関/駐車場/車道/ガレージ 停電・災害に洗濯板 定番 竹製せんたく板 竹素材 竹 ウォッシュボード 頑固汚れ 落とす せんたく板 波型 カーブ 泡立ち ガンコ汚れ 泥汚れ 手洗い ハンディ 洗濯用品 耐久性 母の日 家庭 主婦 洗濯板 定番 竹製せんたく板 竹素材 竹 ウォッシュボード 頑固汚れ 落とす せんたく板 波型 カーブ 泡立ち ガンコ汚れ 泥汚れ 手洗い ハンディ 洗濯用品 耐久性 母の日 家庭 主婦(刺繍名入れ無料 敬老の日,母の日のギフトにも。婦人シニア,高齢者向けファッション。70代、80代の老人,介護向け,高齢者服)パンツ レディース ウエストゴム 洋服 ■ 春夏向け シニア向け ゴム入替 パンツ サマーパンツ ヘリンボン ズボンS/M/L/LL/3L/4L/5L/6L サイズ 70代 80代 シニア向け 服 衣料 介護 老人 高齢者 シニアファッション 女性 婦人服 レディース 服ライトトレックハイキングアンブレラ 傘 【あす楽対応 平日13:00まで】 ゴッサマーギア Gossamergear LIGHTREK HIKING (CHROME) UMBRELLA Silver [GSCU0048-900]

クララ・タウソンさん 祝!優勝 ルクセンブルク・オープンテニス 2021年9月19日(日)(ろぷろす暦2021年10月10日(日))

クララ・タウソンさんが、ルクセンブルク・オープンテニスで優勝しました。
おめでとうございます!
WTAツアーで2度目の優勝(2勝0敗)です。今季2勝です。

決勝はお互いの持ち味を出した白熱した良い試合でした。

クララ・タウソン(Clara Tauson)さんが、ルクセンブルク・オープンテニス(BGL BNP Paribas Luxembourg Open 2021,ルクセンブルク/ルクセンブルク,本戦2021年9月13日(月)~9月19日(日),室内ハードコート,WTA250)において、9月19日(日)に行われたシングルス本戦決勝にて第3シードのエレナ・オスタペンコ選手を6-3,4-6,6-4で破り優勝しました。


第1セットの第1ゲームがエレナ・オスタペンコ選手のサービスで始まると、オスタペンコ選手はデュースにされるもA-40でキープします。
クララ・タウソンさんはサーブが良く40-0のラブゲームでキープします。
そうすると、タウソンさんは第3ゲームで40-15とブレークポイントを握るとこれをものにしブレークします。
タウソンさんは第4ゲームではファーストサーブの入りが悪くデュースにされるもA-40でキープしてゲームカウント3-1と先行します。
オスタペンコ選手は第5ゲームではサーブが良くなり40-0のラブゲームでキープすると、タウソンさんも負けじと第6ゲームはエース2本もあり40-0のラブゲームでキープします。
オスタペンコ選手が第7ゲームも40-15でキープすると、タウソンさんも第8ゲームをエースありで40-15でキープし一歩も譲りません。
そんな緊張に耐えかねたのはオスタペンコ選手の方で、第9ゲームでまずダブルフォールトを犯すとセカンドサーブを狙われ、15-40と2つのブレークポイント(セットポイント)を許すと一つはしのぐもストロークがネット直撃をし、タウソンさんが40-30で再度ブレークしてゲームカウント6-3でまず第1セットをものにします。

第1セットのタウソンさんはほぼ完璧でした。
サーブもストロークもコントロールが良かったし、その球も威力がありました。
また、オスタペンコ選手の強打にもよく対応していて、緩急や球質の変化で的を絞らせずアンフォーストエラーにさせていました。
だから、第4ゲームではサーブの乱れでファーストサーブが入らなくてもセカンドサーブでポイントが取れデュースにされるもブレークポイントを与えずキープしました。
タウソンさんは一度もブレークポイントを与えず3度のブレークポイントで2度ブレークと言う文句なしの出来でした。
しかし、タウソンさん優位とはいえオスタペンコ選手も調子が良いので予断を許しません。

第2セットの第1ゲームがタウソンさんのサービスゲームで始まると、タウソンさんはダブルフォールトがあった(この試合唯一)が40-30でキープします。
オスタペンコ選手も第2ゲームでダブルフォールトがあったが40-30でキープします。
タウソンさんは第3ゲームをエースありの40-15でキープします。オスタペンコ選手はアンフォーストエラーを犯す毎になんでとばかりにイラだっていました。
この第3ゲーム後のチェンジエンドでタウソンさんは髪を束ね直しており、オスタペンコ選手はタオルを頭から被り顔を覆っていました。
タウソンさんは第4ゲームで40-30とブレークポイントを握るも、ここからオスタペンコ選手がエースありダブルフォールトありのサーブで切り抜けA-40でキープします。
ここで最後のサーブをタウソンさんがチャレンジするとリアルとホークアイでインの位置が違っており(リアルではアウトに見える)抗議するもインとなります。
タウソンさんは第5ゲームを順調に40-15でキープします。
タウソンさんは第5ゲーム後のチェンジコートでも髪を束ね直していました。
オスタペンコ選手は第6ゲームを0-30から4連取してキープします。
タウソンさんは第7ゲームではファーストサーブの入りが悪くなりスーパーショットなどで40-30とするもこれを取り切れずデュースになるとオスタペンコ選手のネットインなどもあり2度目のブレークポイントとなる40-Aでこの試合初めてブレークされます。
オスタペンコ選手は第8ゲームではサーブが良くて40-30でキープしてゲームカウント5-3と先行します。
タウソンさんは第9ゲームを40-30からドロップショットを決めてキープします。
オスタペンコ選手は迎えたサービングフォーザセットの第10ゲームを40-30で取りゲームカウント6-4でこのセットをものにすると雄叫びを挙げ両手で観客を煽りました。
このようなオーバーアクションをした理由のひとつは2019年のこの大会の優勝者がオスタペンコ選手だからなのです。2020年は新型コロナウイルスの影響で大会がなかったので、実質ディフェンディングチャンピオンで連覇がかかっておりまた観客とはある意味顔見知りということです。
両者は第2セット後、トイレットブレークを取ります。

第3ゲームと第5ゲームのチェンジエンドで髪を束ね直していたように、タウソンさんは優勝を意識して少しナーバスになっていたのかも知れません。
それで、ファーストサーブの入りが悪くなった第7ゲームでいまいち集中力に欠けたのかも知れません。
それに対して、オスタペンコ選手はこのセットを落とすと優勝を逃すということになるので、持っている力のすべてを出して来たといえるでしょう。
その分の差がタウソンさんは第4ゲームをブレーク出来ず、オスタペンコ選手が第7ゲームをブレークしたということでしょう。
この時点ではどっちが有利不利はないです。
どっちが少ないチャンスを活かせるかです。
ある意味で集中力の体力勝負的な要因もあるでしょう。
そういう意味での両者のトイレットブレークでしょう。

第3セットの第1ゲームがタウソンさんのサービスで始まると、タウソンさんはエースありの40-15で難なくキープします。
オスタペンコ選手も負けじとこちらもサーブが良く40-15で難なくキープします。
ところが、何が起こったのでしょうか、何かのエアポケットにでも入ったのでしょうか。
なんと、タウソンさんは第3ゲームを0-40のラブゲームでブレークされてしまいます。
万事休す、勝負あったと思ってしまいました。
第1セット第2セット共先にブレークした方が勝っているしお互いそう簡単にはブレーク出来ないからです。
タウソンさんは第3ゲーム後のチェンジエンドの時に左脚の太腿のテーピングのとこに何か薬のようなものを塗っていました。
実はタウソンさんは準々決勝から左脚の太腿をテーピングしているのです。
心配していたのだが、ここまでは特にその影響はない様子でした。普通にプレーしています。
オスタペンコ選手はまた頭からタオルを被って顔を覆っていました。
ところがところが、あまりにも簡単にブレークしたのでこちらも何かのエアポケットに入ったのでしょうか。
オスタペンコ選手は第4ゲームで15-40とブレークポイントを許すと一つはしのぐも30-40でブレークバックされゲームカウントは2-2の振り出しに戻ります。
ほんと、勝負の綾(運)というのは分かりません。
タウソンさんは第5ゲームで40-30とゲームポイントを握るもデュースにされデュース合戦で2度のブレークポイントをしのぎ4度目のゲームポイントでやっとキープします。タウソンさんは雄叫びを挙げます。
結果論で言うとファーストサーブの入りが悪く疲労のピークと思われるとこでキープ出来たのは大きくこれで流れが変わったといえるでしょう。
オスタペンコ選手は第6ゲームでダブルフォールトがあっても40-15でキープします。
タウソンさんは第7ゲームでは調子が戻りエース2本もあり40-0のラブゲームでキープします。
オスタペンコ選手も第8ゲームを踏ん張り40-30でキープします。
タウソンさんは第9ゲームも調子よく40-15でキープすると、第10ゲームではオスタペンコ選手のダブルフォールトありのファーストサーブの入りの悪さにつけ込んで40-0と3つのブレークポイント(マッチポイント,チャンピオンシップポイント)を握ると、一つはしのがれるも40-15でオスタペンコ選手のストロークがアンフォーストエラーになり、ゲームカウント6-4でこのファイナルセットをものにして優勝します。

優勝が決まった瞬間、タウソンさんは雄叫びを挙げ、オスタペンコ選手がチャレンジをしたのでそれがアウトの表示になると再び雄叫びを挙げ、オスタペンコ選手と握手した後、コートに出て観客と喜びを共有していました。
それから、コーチのとこに歩いて行きハグはなしで握手だけでした。
タウソンさんはほとんど喜怒哀楽を出さないです。
クールというよりめんどくさいって感じです。
動作もゆったりしています。
試合中のコート内以外で走っているのを見たことがないです。
チェンジエンドの時もゆったりと歩いてコートエンドに行きます。
今回、優勝してコーチのとこに行くのも歩いて行ったのでちょっとびっくりです。
ほとんどの選手は喜びで小走りとなりますが・・・
ベンチに戻ってくるとああ!疲れたやっと試合が終わったっていう表情をしました。
ユニークです。面白いです。

タウソンさんは成長していました。
サーブもストロークもコントロールが良いのは相変わらずだが、その球の威力が増していました。
だから、相手はより適確な位置に移動する必要があります。少しでも遅れると打ち損じということになります。
また、相手の豪速球にも以前よりも打ち負けしないようになっていました。
リヨンで優勝してからの試合では、サーブもストロークもコントロールが悪く荒っぽいテニスになっていました。
タウソンさんのように賢い人がどうしたのだろうと思っていました。
そこで、妄想したのはリヨンで7試合戦い優勝したので、自分の今の力と今後の課題がはっきりしたので、新たな試みをしているのではないかということです。
今回のルクセンブルクの優勝およびその試合内容を見ると、この妄想もそれほど的外れではなかったのではないかと思います。
今回は3人のシード勢(第3~5シード,30位・33位・35位)に対していずれもフルセットになり粘り勝ちをしたということでは、まぁ、ある程度は運があるかもだが実力で勝ったといっていいと思います。
3人とも調子は上の部類だったと思います。
この結果からトップ50相手なら勝てるということがいえそうです。
次のターゲットはトップ30相手にどれだけのプレーができるかということになります。
それによっては、来年(2022年)のグランドスラムの初優勝の候補の一人になると思われます。
この人はけっこう自信家です。
先のUSオープンの2回戦で女王(1位)のアシュリー・バーティ選手と対戦したのだが、本人は気後れなく完全に勝つ気でプレーしていたように見えました。
結果は、1-6,5-7で負けたのだが。

今の女子テニス界のカオス(混沌)は上位の選手に対して下位の選手が勝負の上で畏敬を抱かなくなったということでしょう。
つまり、どこかの時点で下位の選手が上位の選手も自分と同じだと思ってしまったということです。
強い(凄い)から上位になったのではなく運が良かったから上位になっているだけで、実力的には何の差もないと思っているのでしょう。
そういう流れを作ったのはわたしはアンゲリク・ケルバーさんだと思う。
2016年の全豪オープンでセリーナ・ウィリアムズ選手を破って優勝しウィンブルドンで準優勝しUSオープンで優勝して女王(WTAシングルスランキング1位)になったのがこのカオス(混沌)の始まりでしょう。
ほとんどの人が想像もしていなかったアンゲリク・ケルバーさんがセリーナ・ウィリアムズ選手の牙城を崩してグランドスラムで優勝し女王(1位)になったということは他の選手に自分も出来るという自信を与えたと思われます。
そして、風が吹けば桶屋が儲かる式のカオス理論を借りるなら、全豪オープンの1回戦でアンゲリク・ケルバーさんからマッチポイントを握った土居美咲さんがその風ともいえそうです。
もしあの時、土居さんがマッチポイントをものにしケルバーさんを破っていたら世界はかなり違っていたものになっていたかも知れません。
そんなことでこのカオス(混沌)の源は土居美咲さんともいえないこともないかも知れません(笑)
今の女子テニス界のカオス(混沌)をみているとそんなことを思ってしまいます。

なお、エースとダブルフォールトとウィナーとアンフォーストエラーは、タウソンさんが8(3,2,3)と1(0,1,0)と31(9,10,12)と6(2,4,0)でオスタペンコ選手が2(1,1,0)と4(1,1,2)と34(11,13,10)と23(9,7,7)でした。
タウソンさんのアンフォーストエラーの少なさが際立っています。そのため、オスタペンコ選手はウィナーがアンフォーストエラーを上回ったのに勝てなかったということです。

シングルス本戦決勝(9月19日(日),本戦第7日,センターコート第1試合)(2時間3分)
クララ・タウソン(Clara TAUSON,デンマーク,70位) vs. [3]エレナ・オスタペンコ(Jelena Ostapenko,ラトビア,30位)は、
クララ・タウソンが6-3,4-6,6-4で勝ちました。
第1セット 1-0,1-1,2-1,3-1,3-2,4-2,4-3,5-3,6-3(サーブはオスタペンコから)
第2セット 1-0,1-1,2-1,2-2,3-2,3-3,3-4,3-5,4-5,4-6(サーブはタウソンから)
第3セット 1-0,1-1,1-2,2-2,3-2,3-3,4-3,4-4,5-4,6-4(サーブはタウソンから)

タウソンさんの決勝までの戦績は、
1回戦 6-2,6-2 アストラ・シャルマ(WTAシングルスランキング112位,オーストラリア)
2回戦 6-4,3-6,7-6(1) エカテリーナ・アレクサンドロワ(第4シード,同33位,ロシア)
準々決勝 6-3,6-2 マリエ・ボウズコバ(同84位,チェコ)
準決勝 6-4,2-6,6-4 マルケタ・ボンドロウソバ(第5シード,同35位,チェコ)
です。
2回戦のエカテリーナ・アレクサンドロワ選手は、タウソンさんが初優勝したリヨン(http://seink5.blog33.fc2.com/blog-entry-5625.html)で第1シードで1回戦で敗れていたのでその雪辱とばかりに本気で対峙したが返り討ちにあってしまいました。


本大会には、リュドミラ・サムソノワさんも第7シード(WTAシングルスランキング48位)で出場しており、準々決勝ではサムソノワさんの初優勝となったベルリン(http://seink5.blog33.fc2.com/blog-entry-5714.html)の決勝で破った第1シードのベリンダ・ベンチッチ(同12位)さんを返り討ちにしました。
この時は、ベルリンの時のようにサーブが良くてベンチッチさんに一度もブレークを許さず6-1,6-4で勝ったので、もしかしたらサムソノワさんとタウソンさんの決勝が見れるかもと思いました。
ところが、そうは問屋が卸さず、サムソノワさんはオスタペンコ選手に1-6,6-7(4)で完敗しました。
第2セットも1-5となったが、ここからなんとか巻き返しでタイブレークまで持っていきタイブレークでも4-2としながらここからポイントを5連取され4-7で敗退しました。
第2セットを取っていればそれなりだったが、これでは完敗と言っていいでしょう。
やはり、サムソノワさんはサーブが命です。
あのサーブでキープ出来なければストローク戦だけではトップ30には勝てないということです。
オスタペンコ選手は調子が上がってきているのか、あの全仏オープン優勝時を彷彿させるようなプレーもありました。
サムソノワさんはけっこうデリケートなのかも知れません。
ウォーミングアップのサーブの時にオスタペンコ選手のサーブの球がないのを見たら、わざわざ自分の球をわけてあげていました。
これにはちょっとびっくりで優しいんだなと思いました。敵に塩を送る?
また、試合中のチェンジエンドの時にベンチでペットボトルの水を手に取って顔に注ぐ姿をよく目にします。
顔がほてりやすいのでしょうか、それとも高ぶった気持ちを落ち着かせているのでしょうか。
こういうのも、他の選手では見たことがないので、ユニークです。


WTAから
Tauson ends Ostapenko title defence in thriller to lift second trophy in Luxembourg;https://www.wtatennis.com/news/2262530/tauson-ends-ostapenko-title-defence-in-thriller-to-lift-second-trophy-in-luxembourg
Ostapenko overpowers Samsonova in Luxembourg, to meet Tauson in final;https://www.wtatennis.com/news/2258904/ostapenko-overpowers-samsonova-in-luxembourg-to-meet-tauson-in-final

YouTubeから
Jelena Ostapenko vs. Clara Tauson | 2021 Luxembourg Final | WTA Match Highlights - YouTube(https://www.youtube.com/watch?v=CAsBT6QUtP8
 
Jelena Ostapenko vs Clara Tauson Live - YouTube(https://www.youtube.com/watch?v=XSss6FMg6cQ
 
Clara Tauson vs. Marketa Vondrousova | 2021 Luxembourg Semifinal | WTA Match Highlights - YouTube(https://www.youtube.com/watch?v=H8FvNZoeNq8
Liudmila Samsonova vs. Jelena Ostapenko | 2021 Luxembourg Semifinal | WTA Match Highlights - YouTube(https://www.youtube.com/watch?v=tw7Ts0KAzQs
Belinda Bencic vs. Liudmila Samsonova | 2021 Luxembourg Quarterfinal | WTA Match Highlights - YouTube(https://www.youtube.com/watch?v=6UoEJ5jpJi4
Clara Tauson | 2021 Luxembourg | WTA Champion's Reel - YouTube(https://www.youtube.com/watch?v=a6WVp896OJc


ルクセンブルク・オープンテニスの
HPは
 https://www.bglbnpparibas-open.com/
 シングルスドロー;http://wtafiles.wtatennis.com/pdf/draws/2021/300/MDS.pdf
WTAの表記は
 https://www.wtatennis.com/tournament/300/luxembourg
ウィキペディアは
 https://en.wikipedia.org/wiki/2021_BGL_Luxembourg_Open
 https://en.wikipedia.org/wiki/Luxembourg_Open
ウィキペディア日本語版は
 https://ja.wikipedia.org/wiki/BGL%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%B3
です。


追記(2021.9.21.火):クララ・タウソンさん トップ50間近

クララ・タウソンさんは優勝によって280ポイントを獲得したので、2021年9月20日(月)発表のWTAシングルスランキングにて18アップの52位(1300ポイント)となりました。
トップ50まであと2つです。
ベスト4のリュドミラ・サムソノワさんは110ポイント獲得したので、4アップの44位(1526ポイント)となりました。

WTAから
Rankings Watch: Mertens regains doubles No.1, Tauson makes leap;https://www.wtatennis.com/news/2263824/rankings-watch-mertens-regains-doubles-no-1-tauson-makes-leap


クララ・タウソンさんの
ウィキペディアは
 https://en.wikipedia.org/wiki/Clara_Tauson
ITFは
 https://www.itftennis.com/en/players/clara-tauson/800432120/den/wt/s/overview/
WTAは
 https://www.wtatennis.com/players/327793/clara-tauson
です。


注)断りのない限り表記のWTAランキングは、2021年9月13日(月)現在です。
  ランキングは基本的に毎月曜日に更新されます。


本記事の参考HP一覧
WTA(https://www.wtatennis.com/
ウィキペディア(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8
YouTube(https://www.youtube.com/
ITF(https://www.itftennis.com/en/


実になる



Enterに戻る


エマ・ラドゥカヌさん 祝祝!!!快挙グランドスラム初優勝 USオープンテニス2021 2021年9月11日(土)(ろぷろす暦2021年10月2日(土))

エマ・ラドゥカヌさんが、グランドスラム初優勝を飾りました。
おめでとうございます!!!
ラドゥカヌさんは、グランドスラム本戦2大会回目の予選勝者(Q)のWTAシングルスランキング150位の18歳と正に歴史的な快挙です。
グランドスラムでの予選勝者の優勝はオープン化以降では初めてとのことです。
実に、予選から10試合を戦い1セットも落とさないというこれまた驚異的なスコアでの優勝です。
異世界から舞い降りた魔法少女です。

WTAツアーでもこれが初優勝となります。とはいってもWTAツアーでも本戦2大会にワイルドカード(WC)で出場しただけでしかも1回戦で負けています。
初めて実力で本戦入りして初優勝です。

エマ・ラドゥカヌ(Emma Raducanu)さんが、USオープンテニス2021(the 2021 US Open Tennis Championships,米国/ニューヨーク,本戦2021年8月30日(月)~9月12日(日),ハードコート,グランドスラム)において、9月11日(土)に行われたシングルス本戦決勝にてレイラ・フェルナンデス(Leylah Fernandez)さんを6-4,6-3で破りました。


エマ・ラドゥカヌさんは、予選から決勝までの9試合でまだ一度もセットを奪われていません。
片やレイラ・フェルナンデスさんは、3回戦からシードに当たりすべてフルセットの末にトップ5を3人倒しています。
共に堂々たる勝ち上がりです。
2人共18歳と19歳という10代であり、またパワー(力)系ではなくコントロール(制御)系ということで新しい時代を予感する決勝です。AI世代の躍動です。
決勝は、ラドゥカヌさんは10試合目でありフェルナンデスさんは7試合目であるが、フェルナンデスさんは3回戦からフルセット4試合なので、ほぼ同等のエネルギー消費と思われ、五分五分だと思われます。

第1セットの第1ゲームがエマ・ラドゥカヌさんのサービスで始まると、ラドゥカヌさんは40-15で無難にキープします。
片やレイラ・フェルナンデスさんの第2ゲームはサーブが良くなくダブルフォールトありで0-40と3つのブレークポイントを許すもここはなんとかしのぎデュース合戦になり、お互い2度のブレークポイントとゲームポイントの末にラドゥカヌさんがこのゲームの6度目のブレークポイントでブレークします。
ラドゥカヌさんは第3ゲームで30-40とブレークポイントを許すもここをしのいでデュース合戦となって第2ゲームと似たようになり2度のブレークポイントと1度のゲームポイントの末にフェルナンデスさんがダブルフォールトで得た4度目のブレークポイントでブレークバックします。
フェルナンデスさんが第4ゲームを40-30でキープすると、ラドゥカヌさんも40-30でキープします。
第6ゲームと第7ゲームもお互いが40-30でキープします。
フェルナンデスさんは第8ゲームではデュースまで持っていかれるもA-40でキープします。
ラドゥカヌさんは第9ゲームを40-15でキープし、ゲームカウントを5-4とします。
ラドゥカヌさんは第10ゲームで15-40と2つのブレークポイント(セットポイント)を握るもこれはしのがれるがデュースにて2度目のブレークポイントでウィナーを決めブレークしこのセットをゲームカウント6-4でものにします。
セットをものにするとラドゥカヌさんは咆えて両手で観客を煽ります。
フェルナンデスさんはトイレットブレークを取ります。

フェルナンデスさんは、準決勝のアリーナ・サバレンカ戦で初めて見たのだが、その時はサーブもストロークもコントロールよく切れも伸びもありまたフットワークもよくサバレンカ選手の豪球に適確に対応していました。
サバレンカ選手は強打の選手なので生半可なサーブだと打たれると思っていたのだが、とてもコントロール(つまり配球の妙)が良くてキープしていました。
だから、サバレンカ選手に勝った時点で優勝はフェルナンデスさんだと思いました。
が、今日のフェルナンデスさんはサーブが悪いのでブレークされる危険性があります。
一方、ラドゥカヌさんはいままでと変わらない調子です。
第2セットはフェルナンデスさんのサーブの調子が上がらないとこのままずるずるといきそうです。

第2セットの第1ゲームがラドゥカヌさんのサービスで始まると、ラドゥカヌさんは40-15でキープします。
フェルナンデスさんの第2ゲームはまたしてもダブルフォールトありの0-40と3つのブレークポイントを許すもここはポイントを5連取して踏みとどまります。
そうすると、フェルナンデスさんは第3ゲームで40-15と2つのブレークポイントを握りここはしのがれデュースになるもA-40でブレークします。
しかし、ラドゥカヌさんは第4ゲームで40-30とブレークポイントを握るとあっさりとブレークバックします。
ラドゥカヌさんは第5ゲームを40-30でキープすると、第6ゲームで40-15と再びブレークポイントを握るとひとつはしのがれるも40-30でブレークし、第7ゲームを40-15でキープしてゲームカウント5-2とリードします。
フェルナンデスさんは、第8ゲームで30-40とブレークポイント(マッチポイント,チャンピオンシップポイント)を許すもここをしのいでデュースとし、デュース合戦でも1度ブレークポイントを許すもこれもしのぎ何とかキープします。
ラドゥカヌさんは迎えたサービングフォザマッチ(サービングフォザチャンピオンシップ)の第9ゲームで30-40とブレークポイントを許すもこれをしのぎデュースし、デュースでも1度ブレークポイントを許すもA-40としてこのゲーム初めて通算3度目のマッチポイント(チャンピオンシップポイント)を握ると、これをエースで決めてゲームカウント6-3でこのセットもものにして優勝します。
この第9ゲームでは、ラドゥカヌさんは30-30の時に球を追って滑り左の膝下から出血しました。
メディカルタイムアウトを取って問題なく治療しました。あやうく血染めのヒロインになるとこでした。

ラドゥカヌさんは優勝が決まると、ラケットを落とし仰向けに倒れて両手で顔を覆い喜悦していました。ラドゥカヌさんは勝つと感極まってよくラケットを落とします。
起き上がり、フェルナンデスさんとハグしてお互い健闘を讃えあい、コート入り観客と喜びを共有していました。
スタッフの元に行こうとするも適切な行き場所がないので大周りをして行きスタッフと喜びのハグをしました。
フェルナンデスさんは悔し涙です。トップ5を3人も倒しての勝ち上がりなのだから勝てる優勝できるという思いはより強かったでしょうから。

それにしても、真夏の夢のようなラドゥカヌさんとフェルナンデスさんの決勝でありラドゥカヌさんの優勝でした。
おそらく、この決勝この優勝を思い描いた人はこの世界で誰もいなかったでしょう。
これはきっと神様の悪戯(いたずら)でしょう(笑)
グランドスラム以外のWTAツアーでは予選勝者が優勝することはこのカオス(混沌)の女子テニス界で珍しいことではなくなったが、まさかグランドスラムでもそういうことが起こるとは正に夢です。
そんなことを夢想することはあってもまさか本当に起こるとは俄かに信じられないです。
一体、女子テニス界には何が起こっているのでしょうか。
今、女子テニス界は大きな分岐点に立っているということでしょう。
この先、まだまだ信じられないドラマが続くのでしょうか。

ラドゥカヌさんに関してはわたしはよく分からないです。
優勝はしたけど何か圧倒的な強さのようなものを感じないからです。
何かあれよあれよという間に優勝してしまったという印象です。
というより相手が自滅とはいわないが本来の力を出し切れなかったという感じがします。
関連する全試合を見た訳ではないので単なる妄想だが、準々決勝のベリンダ・ベンチッチさんや準決勝のマリア・サッカリ選手や決勝のフェルナンデスさんを見た限りでは、3人はこの大会で最も出来の悪いテニスをしたのではないかと思います。
3人ともサーブが思わしくなくブレークされるということになりました。
このラドゥカヌさんとの試合以外のようなサーブをしていればおそらく誰かは勝っていたと思われます。
何か蛇に睨(にら)まれた蛙のように萎縮してテニスが小さくなってしまっているという感じでした。
これがよく分からないということです。
3人供、ラドゥカヌさんとの試合の前にはトップ10(イガ・シフィオンテク選手,カロリナ・プリスコバ選手,アリーナ・サバレンカ選手)と死闘を演じており、そこで多大なエネルギーを消費して消耗しているとこに予選勝者のラドゥカヌさんということで、これなら勝てるという隙(油断)が出来たのでしょうか。
しかし、そんな偶然が3試合もあるでしょうか。
それとも、相手を自分の世界に引き込んで闘争心を削ぐとかしているのだろうか、まぁ、特定の選手だけになら可能だがすべての選手にそんなことは出来ないでしょう。
そんなことでよく分からないので、ラドゥカヌさんには、魔法少女のラドゥカヌという二つ名を贈りたいと思います(笑)
ラドゥカヌさんに関してはこれからの試合でどのような結果を残すのかを注目したいです。
このグランドスラムの優勝が安定した実力ならほんともっともっと驚くことも起こりえるからです。

コントロール系はパワー系のようにウィナーかアンフォーストエラーかというような見た目に分かりやすいものではなく、読みや配球という緻密なもので成り立っているのでラドゥカヌさんの凄さが見た目に分かりづらいのかも知れません。
少なくとも見た準々決勝からの3試合のラドゥカヌさんは安定していて自分のテニスをしていたことは確かです。
自分を律する強靭な精神力があるということなのでしょうか。

それにしても、こんなことが起こったのも当時338位だったラドゥカヌさんを本戦のワイルドカード(WC)にしたウィンブルドンです。
ラドゥカヌさんの実力を知ってのワイルドカードだったのでしょうかそれとも単に順番にワイルドカードの枠に入れていっただけなのでしょうか。
このウィンブルドンのワイルドカードがなかったら338位だったからこのUSオープンにもまだ出ていなかった可能性の方が強いでしょう。
しかし、2ヶ月前まで338位だった選手が2ヶ月後にはグランドスラムで優勝するなんて奇跡以外では考えられないです。
ほんと驚異的な運の強さを持っているともいえそうです。

やっぱり俄かには信じられないです(笑)
過去にこのようなことはあったのでしょうか。

なお、エースとダブルフォールトとウィナーとアンフォーストエラーは、ラドゥカヌさんが3(0,3)と2(2,0)と23(11,12)と25(14,11)でフェルナンデスさんが2(2,0)と5(4,1)と18(11,7)と26(15,11)です。

シングルス本戦決勝(9月11日(土),本戦第13日,Arthur Ashe Stadium第2試合)(1時間51分)
[Q]エマ・ラドゥカヌ(Emma RADUCANU,イギリス,150位) vs. レイラ・フェルナンデス(Leylah FERNANDEZ,カナダ,73位)は、
エマ・ラドゥカヌが6-4,6-3で勝ちました。
第1セット 1-0,2-0,2-1,2-2,3-2,3-3,4-3,4-4,5-4,6-4(サーブはラドゥカヌから)
第2セット 1-0,1-1,1-2,2-2,3-2,4-2,5-2,5-3,6-3(サーブはラドゥカヌから)

ラドゥカヌさんの決勝までの戦績は、
予選1回戦 6-1,6-2 ビビアネ・スクーフス(WTAシングルスランキング285位,オランダ)
予選2回戦 6-3,7-5 マリアム・ボルクバゼ(同167位,ジョージア)
予選決勝 6-1,6-4 マヤル・シェリフ(予選第4シード,同96位,エジプト)
1回戦 6-2,6-3 シュテファニー・フェーゲレ(ラッキールーザー(L,LL)、WTAシングルスランキング128位,スイス)
2回戦 6-2,6-4 ジャン・シューアイ(同49位,中国)
3回戦 6-0,6-1 サラ・ソリベス・トルモ(同41位,スペイン)
4回戦 6-2,6-1 シェルビー・ロジャース(同43位,米国)
準々決勝 6-3,6-4 ベリンダ・ベンチッチ(第11シード,同12位,スイス)
準決勝 6-1,6-4 マリア・サッカリ(第17シード,同18位,ギリシャ)
です。
なお、ラドゥカヌさんは予選では第31シードでした。
思えば、シェルビー・ロジャース選手も前の試合が女王(1位)のアシュリー・バーティ選手との死闘でした。

フェルナンデスさんの決勝までの戦績は、
1回戦 7-6(3),6-2 アナ・コニュ(予選勝者(Q),WTAシングルスランキング88位,クロアチア)
2回戦 7-5,7-5 カイア・カネピ(同70位,エストニア)
3回戦 5-7,7-6(2),6-4 大坂なおみ(第3シード,同3位,日本)
4回戦 4-6,7-6(5),6-2 アンゲリク・ケルバー(第16シード,同17位,ドイツ)
準々決勝 6-3,3-6,7-6(5) エリナ・スビトリナ(第5シード,同5位,ウクライナ)
準決勝 7-6(3),4-6,6-4 アリーナ・サバレンカ(第2シード,同2位,ベラルーシ)
です。

WTAから
The improbable run of US Open champion Emma Raducanu;https://www.wtatennis.com/news/2252363/the-improbable-run-of-us-open-champion-emma-raducanu
Raducanu triumphs over Fernandez in all-teen final to win 2021 US Open title;https://www.wtatennis.com/news/2252214/raducanu-triumphs-over-fernandez-in-all-teen-final-to-win-2021-us-open-title
How Leylah Fernandez won the hearts of New York during US Open fortnight;https://www.wtatennis.com/news/2252438/how-leylah-fernandez-won-the-hearts-of-new-york-during-us-open-fortnight
Insider Wrap: Raducanu's dominant performance, Fernandez's will and more;https://www.wtatennis.com/news/2253966/insider-wrap-raducanu-s-dominant-performance-fernandez-s-will-and-more
Champions Corner: After conquering New York, what's next for Emma Raducanu?;https://www.wtatennis.com/news/2255397/champions-corner-after-conquering-new-york-what-s-next-for-emma-raducanu-

YouTubeから
Emma Raducanu vs Leylah Fernandez Highlights | 2021 US Open Final - YouTube(https://www.youtube.com/watch?v=hRydTS4kCaE
 
Emma Raducanu vs. Leylah Fernandez Highlights HD [FULL MATCH] | US Open 2021 - YouTube(https://www.youtube.com/watch?v=0Dsyem53wM8
Championship Point | Emma Raducanu Makes History | 2021 US Open - YouTube(親子兄弟でお揃いペアルックが出来る♪ 名入れTシャツ 和風フォントの名入れ オリジナル半袖お名前Tシャツ リンクコーデ/運動会用にも/子供服/キッズ服/ジュニア服/メンズ/レディース/出産祝い/親子ペアルック/兄弟ペアルック
Emma Raducanu Wins Epic Point Against Leylah Fernandez! | 2021 US Open - YouTube(https://www.youtube.com/watch?v=SO2SlROKN4U
Emma Raducanu Celebrates Her Victory | 2021 US Open - YouTube(https://www.youtube.com/watch?v=VtiT7PLyjt0
Emma Raducanu vs Leylah Fernandez - Road to the Final | US Open 2021 - YouTube(https://www.youtube.com/watch?v=I8nhVaiRtDc
Women's Singles Final | Trophy Presentation | 2021 US Open - YouTube(https://www.youtube.com/watch?v=8E4YUyDgcz8
Emma Raducanu On-Court Interview | US Open 2021 Final - YouTube(https://www.youtube.com/watch?v=iryr3afbyFA
Leylah Fernandez On-Court Interview | 2021 US Open Final - YouTube(https://www.youtube.com/watch?v=4z95tfdmisU
Emma Raducanu: The Fairytale of New York - YouTube(https://www.youtube.com/watch?v=i56u5Prp-dY
Emma Raducanu vs Leylah Fernandez Extended Highlights | 2021 US Open Final - YouTube(https://www.youtube.com/watch?v=MIUfjnBG-Yc
Emma Raducanu vs Maria Sakkari Extended Highlights | 2021 US Open Semifinal - YouTube(https://www.youtube.com/watch?v=wYZ-BO1CMnY


USオープンテニス2021の
HPは
 https://www.usopen.org/index.html
 女子シングルスドロー;https://www.usopen.org/en_US/scores/draws/2021_WS_draw.pdf
WTAの表記は
 https://www.wtatennis.com/tournament/905/us-open
ウィキペディアは
 https://en.wikipedia.org/wiki/2021_US_Open_(tennis)
 https://en.wikipedia.org/wiki/US_Open_(tennis)
ウィキペディア日本語版は
 https://ja.wikipedia.org/wiki/2021%E5%B9%B4%E5%85%A8%E7%B1%B3%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%B3_(%E3%83%86%E3%83%8B%E3%82%B9)
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%A8%E7%B1%B3%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%B3_(%E3%83%86%E3%83%8B%E3%82%B9)
です。


追記(2021.9.14.火):エマ・ラドゥカヌさん あっという間のトップ30入り

エマ・ラドゥヌカさんは、USオープン優勝にて2000+40ポイント獲得したので、9月13日(月)発表のWTAシングルスランキングにて127アップの23位(2571ポイント)となり早々と初のトップ30入りとなりました。
準優勝のレイラ・フェルナンデスさんも1300ポイント獲得したのでこちらも45アップの28位(2254ポイント)となり初のトップ30入りとなりました。
ビアンカ・アンドレースクさんは、2019年の2000ポイントを失ったので13ダウンの20位(2777ポイント)となり実力相応の位置になりました。とはいってもまだ過分ですが。

WTAから
Rankings watch: Raducanu, Fernandez reach career highs; Hsieh returns to doubles No.1;https://www.wtatennis.com/news/2253704/rankings-watch-raducanu-fernandez-reach-career-highs-hsieh-returns-to-doubles-no-1


エマ・ラドウカヌさんの
ウィキペディアは
 https://en.wikipedia.org/wiki/Emma_Raducanu
ウィキペディア日本語版は
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%9E%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%89%E3%82%A5%E3%82%AB%E3%83%8C
ITFは
 https://www.itftennis.com/en/players/emma-raducanu/800424313/gbr/wt/s/overview/
WTAは
 https://www.wtatennis.com/players/328366/emma-raducanu
です。

レイラ・フェルナンデスさんの
ウィキペディアは
 https://en.wikipedia.org/wiki/Leylah_Fernandez
ITFは
 https://www.itftennis.com/en/players/leylah-fernandez/800400685/can/wt/s/overview/
WTAは
 https://www.wtatennis.com/players/326735/leylah-fernandez
です。


注)断りのない限り表記のWTAランキングは、2021年8月30日(月)現在です。
  ランキングは基本的に毎月曜日に更新されます。


本記事の参考HP一覧
WTA(https://www.wtatennis.com/
ウィキペディア(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8
YouTube(https://www.youtube.com/
ITF(https://www.itftennis.com/en/


飛翔



Enterに戻る



プロフィール

Author:リー
ろぷろす_ぶろぐへようこそ!

写真はアケボノソウです。






現在の閲覧者数:

カテゴリー
リスのブログ時計

by Animal Web Clock
カレンダー
04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
ユーザータグ

土居美咲 クレイモア 川口マーン恵美 石田ニコル プリシラ 岡村恭香 川村カリン ベリンダ・ベンチッチ クレア リフル 沢尻エリカ ミリア アンゲリク・ケルバー 宮廷の諍い女 エリナ・スビトリナ ジャン・シン クララ・クレフト 華妃 原発 デネヴ テレサ 放射能汚染 佐々木希 小泉沙耶香 ガラテア おおきく振りかぶって ラキ mizuano mizuano 日比野菜緒 阿部隆也 ダーエ ヘレン ダリア・ガブリロワ Fantasy Thunderbolt 東離劍遊紀 山科優衣 イチロー Riho 奥野彩加 Riho 奈良くるみ 田畑智子 エイザンスミレ 三橋廉 バイケイソウ ロクサーヌ ジーン トンイ ツルリンドウ ファースト・クラス ダリア・カサトキナ サラシナショウマ クルム伊達公子 ラインハルト アナスタシア ミアータ キルヒアイス 細越杏樹 銀河英雄伝説 ローレン・デービス アナスタシア・ポタポワ センブリ キッコウハグマ キバナアキギリ ファーストクラス マムシグサ トウゴクサバノオ アンネローゼ 松崎静香 土屋太鳳 イースレイ ハン・イェスル ヤマネコノメソウ ツリフネソウ アグニエシュカ・ラドワンスカ ギンリョウソウ クロモジ 安陵容 加藤未唯 ラウラ・シグムンド コガネネコノメソウ シュンラン アケボノスミレ 神山 安楽 クラリス 3,980円(税込)以上で 送料無料 ネコポス アシックス 靴下 Jr.ソックス XAS856 asics 吸汗・抗菌・防臭 スーパーL-ヒール 【ジュニア】 長谷真理香 フモトスミレ 風の子 麗華 クロノス 済美 田中美甫 清水綾乃 リンドウ 宝石の国 リュドミラ・サムソノワ クララ・タウソン カシワバハグマ ホウチャクソウ ヒトツバテンナンショウ ヤマトリカブト オドリコソウ キャロライン・ウォズニアッキ イワタバコ ヤマルリソウ 箱根駒ケ岳 タチツボスミレ エンレイソウ ヤマブキソウ コキクザキイチゲ 尾崎里紗 板谷由夏 フクジュソウ 笠山 オーベルシュタイン ヤン チゴユリ 北原佐和子 宇野綾花 杏子 イ・ジア 亜祐美 ルシエラ 吉冨愛子 ザゼンソウ ニリンソウ カタクリ エウロパ ハシリドコロ ルイヨウボタン カサンドラ アオイスミレ 稔山 本玉真唯 ボタンヅル 川苔山 レンゲショウマ マルバコンロンソウ ゴンズイ カナクギノキ アケボノソウ ジロボウエンゴサク イワボタン フジアザミ シハイスミレ タニギキョウ イチヤクソウ 檜洞丸 マイヅルソウ ウバユリ キツリフネ ジガバチソウ タマガワホトトギス ギンバイソウ クモキリソウ シャクジョウソウ マタタビ ニホンアナグマ 正丸 オリガ・ゴボツォワ アナ・コニュ マルチナ・ヒンギス デニサ・アレルトバ クワガタソウ トリューニヒト ジェシカ 神矢知恵子 ヘザー・ワトソン ペトラ・クビトバ タバサ 三ツ峠山 ウリノキ 大岳山 セリーナ・ウィリアムズ ナルコユリ ザビーネ・リシキ トリアシショウマ アカショウマ ツクバネソウ ヤマクワガタ 槇寄山 大羽根山 笹尾根 ツルカノコソウ イレーネ 川村カオリ ef- 星谷サトミ 佐倉みどり アリス 藤沢友里 星みか ルネ 獵魅 ラファエラ 森田有希 オフィーリア あんみ ダフ ムラサキケマン アズマイチゲ ルヴル ナガバノスミレサイシン ミミガタテンナンショウ セツブンソウ ナディア・ペトロワ 富士山 チャン・ツィイー 黒田エイミ オクタビア イワウチワ ビクトリア・アザレンカ キブシ オオバヤシャブシ シロモジ ノアザミ アマンダ・アニシモワ アオキ ミツマタ 林道臼坂黒谷線 ワン・ヤーファン メハジキ アシュリー・バーティ サネカズラ シロダモ ムベ ミツバアケビ 田島悠一郎 アキチョウジ 篠岡千代 クサボタン 送電北松山線 天ヶ峠 ダンコウバイ ショウジョウバカマ オオチャルメルソウ ミヤコアオイ ビアンカ・アンドレースク ノグルミ ジンジソウ ソフィア・ケニン カメバヒキオコシ モミジガサ コウヤボウキ 三頭山 セキヤノアキチョウジ オクモミジハグマ テンニンソウ 御前山 ヤマジノホトトギス クサアジサイ ミヤマママコナ オオバショウマ ツルニンジン レイジンソウ ナツトウダイ クサギ シモナ・ハレプ 杓子山 アンナ・カロリナ・シュミエドロバ 高岩山 フデリンドウ マグダレナ・リバリコバ ナギナタコウジュ ミヤマウズラ コシオガマ タカオヒゴタイ ミヤマハコベ イ・スンシン アマドコロ 不滅の李舜臣 フタバアオイ 森田あゆみ サニア・ミルザ アリャクサンドラ・サスノビッチ ニッコウネコノメソウ ムサシアブミ 御岳山 ユキノシタ アオホオズキ 松枝 ヒメイワカガミ ゴゼンタチバナ ヤマウツボ ベニバナヒメイワカガミ 澤柳璃子 コチャルメルソウ 日の出山 シロヤシオ 大坂なおみ ヴァーリモント サマンサ・ストーサー ウラディミール・バレンティン アルカナ ラブ・ミッション ケスラー 田中将大 リミット シャク ニッコウキスゲ オードリー 浦浜アリサ フィーア テレーゼ タオ・シンラン 鳴神山 カッコソウ ウラシマソウ アナ・イバノビッチ 武人時代 ルビンスキー ドミニク キングギドラ ソビボー ユキザサ カラマツソウ 武川岳 生藤山 旧正丸峠 センボンヤリ カンアオイ 浅間峠 ヤマラッキョウ ツクバキンモンソウ モグラ 本仁田山 ムラサキセンブリ 高水三山 惣岳山 藤原里華 キバナノショウキラン ヤマユリ 奥多摩都民の森 キャットシットワン 青梅丘陵ハイキングコース 岩茸石山 高水山 雷電山 林道平溝線 マツムシソウ ウメバチソウ オオバギボウシ テガタチドリ クガイソウ ウチョウラン ダリア・カサキナ アサギマダラ オオヤマサギソウ オノエラン ネバリノギラン キスゲ平 赤薙山 オオウバユリ シデシャジン ミヤマハンショウヅル 富士山須走口 殺無生 イワギボウシ ミヤマコゴメグサ ハナイカリ ナナフシ 清八山 ジャコウソウ トモエシオガマ ヤグルマソウ 小山莉絵 ALI 千里内麻唯 PROJECT ALI PROJECT 中山エリサ 木下あゆ美 細越アンジェリカ 源氏物語 美蘭 桃太郎 宝野アリカ SCANDAL 安藤美姫 後藤久美子 ユマ リガルド 踏杉舞 優里 SCANDAL 一真由子 斉藤静 あゆみ 山下明日香 perfume 太田めぐみ 木村カエラ 大場美沙 YUI 羞恥心 成海璃子 河原美衣 大岳大滝 土屋アンナ mie レヴィ つるの剛 Perfume 野茂英雄 いきものがかり mie yui ベス アリシア 渡辺直美 鈴木凛 青木さやか 柳原可奈子 ディートリヒ 菅野結以 イカリソウ シロバナエンレイソウ ヒトリシズカ 小林麻美 ハルトラノオ ヤマエンゴサク 正丸峠 ヤン・ウェンリー 芦ヶ久保山の花道 ミヤマキケマン アリアケスミレ ハナネコノメ ケマルバスミレ ツルキンバイ 柳沢峠 丸川峠 オオチゴユリ ミヤマスミレ ミチノクネコノメソウ ハコネシロガネソウ ヨゴレネコノメ バイカオウレン ヒメイチゲ 上木彩矢 KABO 百合 ナ・サンシル 川口凛 馬渕史香 茉歩 西遊記リローデッド バービーボーイズ 国生さゆり 鈴木彩子 ef- 福間文音 実森あずさ チャン・イーモウ 阿部薫 橘浩奈 KABO 秋野奏 恋乃葉 須藤マリ 上原美優 ヒステリア アンヌ・ヴィアゼムスキー ラショウモンカズラ ヌスビトハギ ヤマウルシ カラスザンショウ 林道木地川線 林道木地奥線 ノギラン ヌルデ ヒガンバナ カエデドコロ ミゾホオズキ サワオトギリ イヌトウバナ アクシバ クロガネモチ LKK5V3 Ryzen パク・ウネ 孝懿王妃 自作パソコン ヒヨドリバナ ミヤマガマズミ 林道戸石天ヶ峠線終点 ヤマボクチ アキノキリンソウ ウスキキヌガサソウ アケボノシュスラン サンショウソウ アオテンナンショウ アカメガシワ ハナイカダ 横峰寺 ミズタビラコ 林道臼坂黒谷線(河之内工区) ミツバウツギ ツリバナ ウリハカエデ カスミザクラ ハンカイソウ マルミノヤマゴボウ アオツヅラフジ リョウブ コミネカエデ 楢原山 ネズミモチ クマノミズキ ホタルブクロ ウツボグサ ムラサキニガナ エゴノキ ヨシノアザミ オタカラコウ ミヤマナルコユリ 林道千疋線 タムシバ 送電北松山線84番送電鉄塔 エマ・ラドゥカヌ アカマツ 林道黒谷支線 ノゲシ ナズナ ヒサカキ サンシュユ レイラ・フェルナンデス チャオ・リーイン クロバイ オウギカズラ ジャニンジン トチバニンジン ミツバコンロンソウ ヤマアイ 明蘭 ~才媛の春~ 盛明蘭 サイコクサバノオ 市道楠窪線 オシドリ シナアブラギリ ヤブムラサキ イヌザンショウ ハゼノキ ミズカクシ ハダカホオズキ クサヤツデ 【送料無料】【正規代理店商品】 【人気商品3000円OFFクーポン】【GERMAN TRAINER ジャーマントレーナー】ローカットレザースニーカー ハンドメイドスニーカー (1183) ホワイト 白 タナカユニバーサル キヅタ 市道関屋山之内線 送電松山東線45番送電鉄塔 オオツヅラフジ ヤブツバキ ニホンザル イノシシ カルガモ 【送料無料】アイアンカバー 10個セット!防水性、防風性、通気性に優れた素材を使用 ファスナー タイプ 刺繍 ブラック レッド ゴルフ クラブ アイアン カバー ヘッドカバー アイアンカバー ファスナー タイプ ゴルフ クラブ アイアン カバー ヘッドカバー トップカバー ゴルフクラブ セット アイアン用 番手 黒 スポーツ ブラック レッド 送料無料 チチタケ 林道臼坂黒谷線(臼坂工区) 送電北松山線56番送電鉄塔 イヌガヤ センダン コガクウツギ シコクカッコソウ エビガライチゴ ウツギ 川乗山 林道川乗線 林道日向沢線 ヤブウツギ サラサドウダン サカネラン クサタチバナ ササバギンラン ヤブレガサ オルガ・ダニロビッチ マルバダケブキ ハンゴンソウ キオン ヒキヨモギ カセンソウ ヒグラシ タマゴタケ ヤマブキショウマ シモツケソウ ナガバノコウヤボウキ ヤマボウシ 小堀桃子 荒川晴菜 キャロリン・ガルシア セキヤノアキヨウジ 大楢峠 ヤクシソウ ツリガネニンジン キャサリン・ベリス ヤマシャクヤク 鋸山 ツネ泣峠 ツネの泣坂 マルバノホロシ ススキ マダニ コイワザクラ グンリョウソウ マメザクラ ヤマザクラ 東三方ヶ森 ジュウガツザクラ オヤマボクチ 笠山峠 ユキワリイチゲ ヤマホトトギス ママコナ イタドリ シロバナネコノメソウ ヒメヤシャブシ アケビ 林道黒谷本線 梅ヶ峠 アセビ ハンノキ ツルウメモドキ 天子川 フキ 林道河之内支線 フウロケマン マルケタ・ボンドロウソバ ヤマフジ ヒメコウゾ ヤマグワ 林道臼坂黒谷線(関屋工区) コンロンソウ オオバタネツケバナ アブラチャン ヤマブキ 林道河之内本線 市道相之谷線 林道相之谷高月線 トネアザミ 踊平 タイワンホトtギス 林道梅沢寸庭線 レモンエゴマ ヤマホロシ ハクサンフウロ カイフウロ オミナエシ 村松千裕 奥多摩大橋 フユイチゴ コハコベ ホトケノザ ヒメオドリコソウ セイヨウアブラナ タネツケバナ オオイヌノフグリ ニコン D7500 D70 D70s ハグロソウ 

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フルカウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
QRコード
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

javascript電卓
電 卓
最近のトラックバック