M&Aに関するフルスコープサポートを行います。 M&Aアドバイザリー

  • M&Aに関するフルスコープサポート
  • 会計・税務ストラクチャー構築に関する相談
  • 買収対象事業に係る事業計画立案・実行支援

M&Aをフルサポートします

M&Aの流れ
①M&Aの検討、策定
M&Aはまずそのメリット・デメリットを把握することから始まります。
弊所ではまず貴社の経営資源や資産・負債から強みなどヒアリングを行い現状分析を行います。

②支援会社の選定
M&Aには支援会社のサポートが不可欠です。
現状分析から貴社にマッチした支援会社の紹介をします。
支援会社との仲介契約もお手伝いします

③売却価格試算
M&A支援会社の見積もった試算と照らし合わせた上で、クライアントの希望価格と摺り合わせをします。

④買い手の検索
クライアントと支援会社で買い手候補となる会社をリスト化していきます。
その中で希望に沿う買い手を絞り込んでいきます

⑤会社概要提示
買い手候補の会社に企業情報を提示します。

⑥面談
売り手と買い手候補のトップが面談を行います

⑦合意
買い手候補と合意事項を確認します。
経営者、役員、従業員の処遇や最終的な契約までの日程確認、その間に順守すべき事項、守秘義務などを確認します
それらを記載した基本合意所を作成し取り交わします。

⑧買収監査(デューディリジェンス)
買収監査では、資産・負債の状況などの財務、定款や契約関係などの法務、生産・販売活動などの事業、会社組織・従業員などの労務に関する買い手の行う調査を指します。
財務デューディリジェンス:純資産などの確認→資産(時価評価・資産性)・負債(簿外債務)
事業デューディリジェンス:収益構造、ビジネスモデルの確認 譲渡後に予測される収益の算出
法務デューディリジェンス:法律上の問題点の確認→事業に係る許認可・売り手株主の権利・労務問題・取引契約の確認

⑨交渉
M&Aについて詳細を再度お互いに話し合います。最終的には売却価格を決定します。

⑩契約
最終的な契約書を双方で取り交わし、売り手は譲渡に必要な書類を渡し、買い手から代金を受け取ります。
双方の経営者立ち合いのもと、全従業員へ説明会を行います
取引先には当日中に譲渡報告と事業の引継ぎ方法について説明をします

⑪統合(PMI)
M&A最後の仕上げです。
統合後実務的な作業が必要になります。

弊所ではM&Aの計画と実行まで全フローのサポートを行っています。海外での実績もあり様々な事例に対応可能です。
会計・税務の構築を相談を受け付けております。
M&Aは進行中の段階で破談になることもあり、全てのプロセスに対応できる者を相談役として置くことが不可欠となります。

国内外でのM&Aに精通していますのでご安心してお任せください